人気ブログランキング |

<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧




なんだか妙に揚げ物が食べたくなり、


阿佐ヶ谷でたまたま見つけた「串揚げ naobashin」へ。











外観はオシャレなカフェ、もしくは、オシャレなBARみたいな感じだが、


若いお姉さん2人で切り盛りをしている、串揚げをメインとした居酒屋さん。











串揚げがウリということで、楽しみだったのだが、


串揚げで想像するようなサックリ感がなく、油も、衣も重い感じ。











串揚げというより、普通に揚げ物、という感じで、


まずいというほどではないのだが、正直言えば、素人串揚げかな。


串にこだわっているようだったので、期待していただけに、残念。












■「串揚げ naobashin」
http://www.naobashin94age.com/















■今日のカメ

■「串揚げ naobashin」
f0232060_07511.jpgJR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩3分ほど。北口飲み屋街の奥にあります。

いわゆる居酒屋が並ぶ飲み屋街で、カフェ風のおしゃれな外観が目立ちます。






■カウンター
f0232060_011333.jpg奥に細長いお店で、カウンターとテーブルがあります。









■テーブル
f0232060_0122353.jpgこっちはテーブル。席数は少なめです。










■お通し
f0232060_0125454.jpg烏龍茶と、お通しの生キャベツ。










■山芋千切り
f0232060_0134165.jpgちょっと太めで、食感がイマイチでした。もう少し細い千切りの方が好きかな。









■串揚げ①
f0232060_0152989.jpgうずらと、ベーコン巻きだったかな。










■串揚げ②
f0232060_016956.jpgソーセージです。










■串揚げ③
f0232060_0171479.jpgとんかつと、カマンベールチーズ。

衣のせいなのか、油なのか、揚げている温度なのか、全体的に重くて、おかずで出てくるような揚げ物っぽかったです。



東京女子医大の検査の帰りに、お昼。










若松河田駅周辺は、女子医大が占拠していて、


人も多く、需要がありそうなのに、飲食店が少ない。












なので、女子医大の帰りのお昼は、いつも困る。


最近は、保険証提示で安く食べれるイタリアン「アルファーロ」に行くのだが、


今日は、歩いててたまたま見つけたとんかつ屋「とん加”亭 とんがてい」へ。












昔ながらのとんかつ屋という感じで、


とんかつ以外にも、ハンバーグや各種フライの定食が並ぶ。


派手さはないが、意外とハンバーグが美味しかった。















■今日のカメ

■「とん加”亭」
f0232060_23495023.jpg大江戸線「若松河田駅」から徒歩5分ほど。










■店内の様子
f0232060_23512557.jpg昔ながらのとんかつ屋さんという感じ。席数は割とあります。

お昼時だったので、サラリーマンや、病院帰りと思われるおばさん達で賑わっていました。






■懐かしい電話!
f0232060_2353871.jpg現役なのかどうか分かりませんが、懐かしい電話がありました。









■「とんが」です。
f0232060_2354022.jpg「加」に「”」が付いてて、正しくは「とんがてい」だそうです。









■ハンバーグ定食
f0232060_2355997.jpgハンバーグとエビフライがセットになった定食。1100円だったかな。









■ハンバーグ、アップ
f0232060_23561674.jpgエビフライは普通でしたが、ハンバーグは古き良き洋食屋さんのハンバーグという感じで、なかなか美味しかったです。



麻布十番にあるお気に入りのカジュアルフレンチ、


「Quand l'appetit va tout va! カラペティバトゥバ」へ。












ディナータイムに立ち寄ったら、当然満席で(笑)、


時間をずらして、ラストオーダーギリギリに参上!











オーナーソムリエの長さんに今日のおすすめを聞いて、


ワインと共に、前菜、メイン、デザートを。











むむむ・・・、また美味しくなってるぞ!?


家からちと遠いので、しょっちゅうは来れないのが残念だが、


やっぱ、「カラペティバトゥバ!」はいいなあー。













■「Quand l'appetit va tout va! カラペティバトゥバ」
http://www5.ocn.ne.jp/~quand/














■今日のカメ

■「カラペティバトゥバ!」
f0232060_18573938.jpg東京メトロ「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。










■店内の様子
f0232060_18585965.jpg白木の広いカウンターがメインで、奥に少しだけテーブル席。閉店近くなので、貸切状態。









■いつもの。
f0232060_1904332.jpg「カラペティバトゥバ!」に来たら必ず、コレをまず飲みます。「ケヴェルツトラミネール ドメーヌトラペ」。

最近は、長さんが黙っていても最初に出してくれるようになったw。





■アミューズ
f0232060_1931061.jpg新たまねぎの一口スープです。クリーミーで美味しい。









■青のりのリゾット
f0232060_1944088.jpg「青のりとつぶ貝のリゾット」です。










■リゾット、アップ
f0232060_196662.jpg青のりの香りと、つぶ貝の出汁がきいて美味しかった!

オリーブオイルを多用するのが「カラペティバトゥバ!」流。






■赤ワイン
f0232060_1982446.jpgおまかせでグラスの赤を。










■チーズ
f0232060_1992835.jpg「カラペティバトゥバ!」のチーズは、いつも食べ頃で、熟成していて美味しい!









■メイン
f0232060_1911598.jpg「フランス産ヒナ鶏 エストラゴン香るソース シュプレーム」です。









■ヒナ鶏、アップ
f0232060_19135911.jpgこのヒナ鶏、めちゃくちゃ美味しかった!

エストラゴンもちょうどいい感じで使われていたので、ほど良い香りでソースもバッチリでした。







■クレームブリュレ
f0232060_1916733.jpg「ピスタチオのクレームブリュレと苺のアイス」です。

濃厚なピスタチオに、甘い苺アイス。ちょっと全体的に甘めではありますが、美味しくできていました。



5年連続ミシュラン2ツ星を獲得している、


麹町にある有名なフレンチ「エメ・ヴィベール」











その味が期間限定で手軽に楽しめるというイベントを


伊勢丹新宿店の地下食品フロアキッチンスタジオでやっていたので、


友達と行ってみた。











名店「エメ・ヴィベール」とあって、キッチンスタジオには待ちの列が出来ていた。


席が空いていれば、予約など必要なく、すぐに入れる。












さて、肝心のお味だが、


結論から言ってしまうと、あまり美味しくなかった。












まあ、こういうイベント系のものなので、期待はしていなかったが、


味もさることながら、盛り付けや内容も全く印象に残らなかった。










キッチンスタジオは、本店である程度調理されたものを、


伊勢丹が雇っているスタッフが仕上げて、盛り付けしているので、


差が出るのは仕方がないんだが、この内容で2310円はないなあ・・・。












伊勢丹側の出店依頼と、「エメ・ヴィベール」側の宣伝効果期待値が合致して、


こうやって実現しているんだとは思うのだが、


双方にちゃんと相乗効果があったのかのだろうか・・・。


だって、これ食べて、本店もぜひ行ってみたい!って思わないもん(苦笑)。











店の名前を知る機会にはなるかもしれないが、


なんだか、もったいないなあ・・・。












食材のコストや調理スタッフの人件費の問題考えても、


この程度が限界になってしまうくらいなら、


手軽に家で食べれる惣菜や焼き菓子とかを販売した方が、


潔い良いし、ずっといい。













■伊勢丹キッチンフロア「エメ・ヴィベール」
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/foods/shoplist.jsp

※イベントは、4/10(水)~4/23(火)まで開催





■「エメ・ヴィベール」
http://www.aimeevibert.com/














■今日のカメ

■キッチンスタジオ
f0232060_13592725.jpg伊勢丹新宿店地下の食品フロアにある「キッチンスタジオ」。

期間ごとに色んなレストランを招いて、その店の味が楽しめるイベントをやっています。






■外観
f0232060_1451771.jpgカウンターとテーブル。席数はそこそこあります。お一人様でも入れます。









■カウンター
f0232060_146785.jpg目の前がすぐキッチン。

スタッフは、伊勢丹側の調理スタッフらしいので、簡易調理と盛り付けのみです。料理って、色んな要因で味が変わるので、本当はちゃんとその店のスタッフが管理できるといいんですけどね・・・。まあ、店もこのイベントにスタッフなんて派遣してる暇もないか。



■テーブルセット
f0232060_1483515.jpgキッチンスタジオの共通の仕様なんだと思いますが、全くその店の雰囲気を感じさせず、高級感もないので、盛り上がらないテーブルセットでした。








■1品目
f0232060_1495857.jpg本イベントは、2310円のコース1種だけで、メインだけ魚と肉が選べます。

まずは、前菜で「北海道産活帆立貝のサラダ仕立てと各種野菜」です。






■サラダ、アップ
f0232060_14105975.jpg味、盛り付け共に、特筆すべきところなし。ドレッシングが酸味が強くて、イマイチでした。









■2品目
f0232060_1413216.jpg「冷製グリーンピースのクリームスープ」です。あまりグリーンピースの甘味も、香りも感じませんでした。








■3品目
f0232060_1414591.jpgメインは、魚を選びました。「真鯛のポワレと春キャベツのブレゼ レモンとハーブのソース」です。








■真鯛、アップ
f0232060_1415510.jpgレモンの酸味が強すぎて、レモンの量間違ってる?と思ったくらい。真鯛の味もよく分からず・・・。

キッチンスタジオでその店の味を判断してしまうのは酷過ぎるので、そこまではないとしても、印象はあまり良くないし、本店行くモチベーションも下がる。そう考えると、やっぱりもったいない気がしてならない。
by meshi-quest | 2013-04-18 08:05 | 新宿


阿佐ヶ谷にある有名な小料理屋「おおはま」へ。











阿佐ヶ谷の知り合いや仲の良いシェフに、


阿佐ヶ谷で美味しいお店を聞くと、必ず挙がってくる小料理屋。











ずっと行きたかったのだが、人気にも関わらず、


席数が少ないため、すぐ満席になってしまうので、なかなか行けなかった。











料理は、噂にたがわず、とても美味しくて、


手頃な値段なのに、ボリュームもあった。


茶碗蒸しを頼んだのだが、注文入ってから新鮮な卵を割って、


卵液を作り始めていて、仕事が丁寧で妥協がなかった。












グルメサイトでミシュラン星付きレストラン並みに、


高得点を付けたくなるのも分かる。


実際、4だか、4.2くらい付いてるらしい。












ただ、言葉を選ばずに言えば、


あくまで「近所にあったら、最高」ということだ。












「おおはま」の若女将さんとも話をしたが、


この点数を見て、過度な期待で、はるばる遠方から来るお客さんもいるらしい。


「ありがたいけど、うちはあくまで地元の小料理屋なんだけどね・・・」と、


若女将さんが自分でいう通り、それ以上でも、それ以下でもない。












駅からかなり離れているし、いい意味で地元感が強いお店。


もし私が遠いところに住んでいる友達を誘うか?と聞かれると、


答えは「NO」である。











そういう意味で、グルメサイトにおける点数は、


店を知るきっかけや指針にはなるけど、


やっぱり鵜呑みにはできないなあ、と思う次第なのである。












点数付ける人の価値観も、経験値も、好みも、全部バラバラだしね。


それを総合して、1つの平均点出すことに無理があるんだよね。
















■今日のカメ

■「おおはま」
f0232060_18113061.jpgJR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩15分ほど。かなり駅から離れた住宅街にあります。









■店内の様子
f0232060_18152755.jpgカウンター8席ほどの小さな店内です。

若い女将さんが一人で切り盛りしています。








■お通し
f0232060_18165737.jpgお通しは、手作りの具だくさんの豚汁。胃があったまる!









■前菜盛り合わせ
f0232060_1818498.jpg季節の野菜をたくさん使った本日の前菜の盛り合わせ(1200円)。豪華!









■前菜アップ①
f0232060_18195187.jpg茄子の揚げびたし、自家製ポテトサラダ、ブロッコリーとエビのチリソース、油揚げと青菜の煮びたしです。








■前菜アップ②
f0232060_18222942.jpg揚げ蓮根の南蛮漬け、豚肉とカブの生姜とろみ煮、わけぎとウドの酢味噌かけ、ほうれん草となめこのおろしです。








■冷やし焼きトマト
f0232060_18253547.jpg常連さんから勧められた「冷やし焼きトマト」。

焼いたことで、香りと甘味が増してる。その上にかかっている自家製ニンニクドレッシングもあっていて、確かに美味しい。






■自家製燻製
f0232060_18274781.jpg自家製燻製の盛り合わせです。うずらの卵、鶏ささみ、レバーなど。









■味噌漬け
f0232060_1829267.jpgカマンベールの自家製味噌漬け。これ、すごく美味しかった!









■茶碗蒸し
f0232060_1830099.jpg注文入ってから、卵を割って、卵液を作り、蒸し器に入れて作ってくれる茶碗蒸し。

貝で出汁を取っているそうで、すごくやさしい味。







■出汁巻き
f0232060_18315339.jpgこれも、注文してから、時間かけて丁寧に焼いてくれます。うまい!









■肉詰め
f0232060_1833661.jpgピーマンの肉詰め。肉に生姜やニンニクがきいていて、餃子っぽい感じ。美味しかったです。









■蓮根揚げ
f0232060_18341482.jpg蓮根のエビすり身はさみ揚げです。サクサク。



誕生日のお祝いでご招待いただき、


乃木坂にある老舗フレンチ「Restaurant FEU フウ」へ。












乃木坂駅のすぐ側にある、大きなフランス国旗がはためく洋館。


1980年創業という、ミシュラン1ツ星の老舗レストランだ。












料理は、あまり奇をてらわないクラッシックなフレンチ。


とはいえ、和の食材を多用していて、


日本の春をイメージした季節感たっぷりの食べやすいフレンチだった。













料理も素晴らしかったのだが、フロアの方の対応がこれまた素晴らしかった。


丁寧ながらも、客に緊張させることなく、ほど良くざっくばらんに話をしてくれる。













こういう格式あるレストランだったりすると、それだけでも堅苦しくなりがちなのに、


フロアスタッフが異常に丁寧だと、客がくつろげなくなることが多い。













でも、本当に一流のお店は、さすがプロというか、


ちゃんとスタッフが心地よい空間を作ってくれるんだよなあ。












■「Restaurant FEU フウ」
http://www.feu.co.jp/















■今日のカメ

■「Restaurant FEU」
f0232060_16133598.jpg千代田線「乃木坂駅」出口の目の前にあります。六本木駅からも歩けます。









■店内の様子
f0232060_16151012.jpgクラッシックな雰囲気のフレンチレストラン。広いフロアに、席間隔空けてテーブルが置かれているので、ゆったり食事が楽しめます。








■テーブルセット
f0232060_16173134.jpgテーブルセットはこんな感じです。










■赤ワイン
f0232060_16182724.jpg完全にお任せで。香り良く、飲みやすいワインでした。









■1品目
f0232060_16191750.jpgまずは、2種のアミューズです。










■アミューズ、アップ①
f0232060_16201842.jpg一口コロッケ。中は、白身のすり身だったかな。










■アミューズ、アップ②
f0232060_16211533.jpgパプリカのムース。パプリカのいい香りがします。










■パン
f0232060_1622295.jpgサクッとした、クセのない食べやすいパン。










■バター
f0232060_16224159.jpg四角い方が有塩、丸い方が無塩。このバター、クリーミーでとても美味しかった。









■2品目
f0232060_1624228.jpgイチゴと冷製フォアグラの料理です。










■フォアグラ、アップ
f0232060_16251462.jpgこのイチゴ、全部生ではなく、3種類になっていて、生のイチゴと、フリーズドライのイチゴと、フランベしたイチゴが乗っています。

同じイチゴでも、調理法が違うので、食感も、香りも異なっています。イチゴの甘味と酸味が、フォアグラに合っていました。




■3品目
f0232060_16271849.jpg桜餅に見立てたというリゾット。

上の白い丸いものは、桜の香りが付いた泡。お皿が出てきた瞬間から、桜のいい香り。







■リゾット、アップ
f0232060_1628398.jpgどの辺がリゾットか?というと、この桜泡の下に、カニのリゾットがいます。ちなみに、その下の葉も桜の葉を揚げたもの。








■4品目
f0232060_1630184.jpgオマール海老(だったかな?)を使った一品。










■海老、アップ
f0232060_16311583.jpg甘味ある海老に、酸味のあるトマトソースがかかっていて、フランス風エビチリといった感じかな。









■5品目
f0232060_16334359.jpgメインディッシュは、仔牛。もも肉と、骨付き肉の2種盛りです。









■仔牛、アップ
f0232060_1635541.jpg均一にきれいなピンク色になっている。完璧な火入れ!

やわらかく、とても美味しかったです。







■6品目
f0232060_16372249.jpg赤ワインが残っているので、ちょっとだけウォッシュチーズをいただきました。









■7品目
f0232060_16382066.jpg1つめのデザートは、「生マカロン」です。










■生マカロン、アップ
f0232060_1639735.jpgまさに生マカロンでw、マカロン生地部分がモチモチになっていて、中にはマカロンに使うようなペーストが入っています。

ちなみに、モチモチ部分は葛餅で出来ているそうです。





■8品目
f0232060_16404515.jpg2つめのデザートは、素敵なお皿に盛られたチョコレートづくし。









■チョコ、アップ
f0232060_16414130.jpgとても濃厚なチョコレートでした。










■小菓子
f0232060_16423730.jpg食後の飲み物と一緒に出てきたプティフール。マカロンとチョコレート。



中野にあるお気に入りのスペインバル「VITA」へ。












スペイン料理って、美味しいなあー。


卵とか、トマトとか、じゃがいもとか、魚介とか、


個人的に大好きな食材が多用されている。











とはいえ、家で作ろうとすると、意外と面倒な料理が多いので(苦笑)、


美味しいスペイン料理屋さんは貴重。












■「SpainBar VITA」
http://spainbar-vita.com/
















■今日のカメ

■「VITA」
f0232060_16572219.jpgJR中野駅北口から徒歩5分ほど。

線路沿いを歩いた、料理専門学校や住宅街がある方面にあります。







■店内の様子
f0232060_16565147.jpgカウンターがメインで、奥にテーブルが数席あります。テラス席もあります。









■サングリア
f0232060_16591064.jpgいつもデキャンタでサングリア。デキャンタなのに、美味しいので、すぐ飲み終わってしまうw。









■アミューズ
f0232060_17437100.jpg左がVITA自家製モチモチパンと、右がキノコのマリネ。









■焼きホタテのプリン
f0232060_17104771.jpgVITAに来ると、必ず頼む「焼きホタテのプリン アブルーガのせ」です。

アブルーガとは、キャビアを意識して作られたニシンの加工品です。






■ホタテプリン、アップ
f0232060_17131997.jpg濃厚なホタテムースと、ちょっと塩気があるアブルーガがあってます。バケットに乗せていただきます。








■スペインオムレツ
f0232060_17143744.jpgこれも必ず頼むスペインオムレツ。じゃがいもたっぷり。

付け合せで出てくる自家製アイオリソース(ニンニクマヨネーズソース)が絶品。






■ピンチョス①
f0232060_17191344.jpgVITAでは、ピンチョス(小さく切ったパンの上に料理が乗った軽食)が充実していて、2つ400円くらいから注文できる。

これは、「極上アンチョビと野菜のマリネ」のピンチョス。





■ピンチョス②
f0232060_1722143.jpg「ズワイガニとトマトのバジルアイオリソース」です。









■ピンチョス③
f0232060_17234217.jpg「ヤリイカのゴルゴンゾーラ詰め」です。ゴルゴンゾーラの味で酒が進む。









■ピンチョス④
f0232060_17244620.jpg「イベリコ豚タンの赤ワイン煮込み」です。やわらかくて、美味しい。

しかし、ピンチョス食べるごとに、知らず知らず、相当量のパン食べている気がする・・・(苦笑)。






■イカスミのコロッケ
f0232060_17263979.jpg「ウニとイカスミのコロッケ」です。ウニとイカスミの濃厚コンビ。









■イカスミ、アップ
f0232060_17275410.jpg中も真っ黒!










■パエリア
f0232060_1728463.jpg具だくさんの魚介パエリア。うまい!










■チーズケーキ
f0232060_1730635.jpg「バルデオンチーズのケーキ スペイン産アーモンドのグラッセ添え」です。

バルデオンチーズ(ブルーチーズ)の独特の臭みがいい感じ。これでまた酒もイケそうw。



ちょっと吉祥寺に用事があったのだが、時間まで間が空いてしまった。












フラフラしててもいいんだが・・・、うーむ。


というわけで、歩いている時に見つけた「Cafe Lumiere ルミエール」へ。











駅からは近いが、意外と目立たない路地裏の、さらに古い雑居ビルの4階にある。


個人的には、静かで、空いていて良かった。












クラッシックな感じの喫茶店で、


派手さはないが、ドリンクも、ケーキも豊富で使い勝手は良さそう。












■「Cafe Lumiere ルミエール」
http://r.gnavi.co.jp/gctu000/














■今日のカメ

■「Lumiere ルミエール」
f0232060_15531810.jpgJR吉祥寺駅井の頭公園口から徒歩30秒くらい。雑居ビルの4階です。









■店内の様子
f0232060_15542557.jpgテーブルがメインで、ソファ席もありました。割と広めです。









■カフェオレ
f0232060_15551751.jpgなかなか香りの良いカフェオレでした。










■レアチーズ
f0232060_1556288.jpg派手さはないですが、甘すぎず、ちょうどいいレアチーズケーキでした。
by meshi-quest | 2013-04-14 08:08 | 吉祥寺


濃厚な豚骨ラーメンが食べれると聞き、


池袋にある「麵創房 無敵家」へ。











あまり池袋は行かないので、地図を見ながら行ってみたが、


店前から曲がり角にかけてすごい行列が出来ていたので、すぐ分かった。











結論から言ってしまうと、決してまずくはないが、


期待していた豚骨っぷりはなく、私にとってはそんなに濃くもなかった。












バリバリに豚骨臭くて、ドロドロで、濃厚なラーメンが食べたい。


なかなか高円寺の「じゃぐら」を超えるお店に出会えないなあ・・・。


私の濃厚豚骨旅は続く・・・。













■「麵創房 無敵家」
http://www.mutekiya.com/














■今日のカメ

■「無敵家」
f0232060_1359468.jpgJR池袋駅東口、もしくは、メトロポリタン口から徒歩5分ほど。

遠くからも大行列が見えるので、分かりやすいです。いつもこんな混んでるのかな・・・。






■店内の様子
f0232060_1414847.jpg厨房と道路に向かって、それぞれカウンターがあります。そこそこ席数はありますが、当然満席です。









■「特丸麵本トロ」
f0232060_1434455.jpg一番人気で、かなり濃いという「特丸麵本トロ」(1000円)を注文。

なにやら二段仕込みの特濃スープだそうです。







■特丸麵、アップ
f0232060_1463516.jpg私にとっては、普通に食べやすい豚骨ラーメンで、そんなに濃くもなかったなあ。

これだったら、同じ池袋にある「麵処 グロース」の方が、豚骨臭くて、濃くて好きかな。



iOS「ファイナルファンタジーⅤ」が3/28に配信された。












配信をお祝いして、開発会社であるマトリックスさんのご厚意で、


FFⅤに関わった女子スタッフメインの会食が行われた。












色々とスケジュールがタイトだっただけに、


無事配信できて、みんなほっとしている。


私も途中からの参加ではあったが、作品のお手伝いが出来て嬉しかった。












単なる移植ではなく、iOS用に調整され、


たくさんのFF愛が詰まっている作品なので、


多くの人に遊んでもらえることを望んでいる。











さて、ここはメシクエなので、飯のことを書こうと思う。












「イルマンジャーレ」は、麻布十番駅近くにある有名イタリアンで、


今回久しぶりに来たのだが、全体的にとても美味しかった。


特に、名物の「冷たいカルボナーラ」は絶品だった。











1点、残念だったのは、フロアの接客。


パンが無くなってだいぶ経っていても、こちらが言わないと手配されなかったり、


食後のチーズの確認がなく、デザートに進んでいたり、


まあ、それはいいとしても、チーズを盛り合わせで頼んだのに、


酒を飲んでない人にも1皿づつ出てきてしまったり、若干ちぐはぐさが残った。


酒飲んでない人に、あの濃厚チーズ1皿出てきても、きつい。











せっかく料理が良かっただけに、ちと残念。


丁寧であることより、もっとカジュアルでもいいから、気配りが欲しかった。











■「IL MANGIARE イルマンジャーレ」
http://www.ilmangiare.jp/














■今日のカメ

■「イルマンジャーレ」
f0232060_16372797.jpg大江戸線・南北線「麻布十番駅」から徒歩1分ほど。










■外観
f0232060_16404035.jpg駅前のユニマット麻布十番ビルの6階です。










■テーブルセット
f0232060_16413754.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_16423232.jpgまず、アミューズは、「新玉葱のパンナコッタ」です。









■新玉葱、アップ
f0232060_16433844.jpg新玉葱の甘さに加え、ホタテ(だったかな?)のジュレも入っていて、とてもやさしく美味しい料理でした。








■2品目
f0232060_16462152.jpg「帆立貝と生雲丹のブディーノ キャビア添え」です。すごくきれいな盛り付け。









■ブディーノ、アップ
f0232060_1650556.jpg「ブディーノ」とは、プティングのイタリア語意です。

帆立の出汁がきいているプディングに、濃厚な生雲丹とキャビアがあっていました。美味しい!






■パン
f0232060_1652351.jpgパンは普通だったかな。ちょっとやわらかく、中が詰まっていないパンだったのだが、個人的には、料理のソースを付けること考えると、もう少し詰まってて固めの方が好きかも。







■3品目
f0232060_1653356.jpg旬の一品。「ホワイトアスパラガスのフォンデュータソースを香ばしく」です。









■アスパラ、アップ
f0232060_16545358.jpg焦がしたチーズが香ばしく、濃厚で、とても美味しくできていました。

国産のアスパラのようで、時期も産地も影響すると思いますが、ちょっと筋があったかな。






■4品目
f0232060_16563881.jpg「イルマンジャーレ」のスペシャリテ。「冷製 滋養卵の温泉卵入り カルボナーラ 仏蘭西ボークリューズ産 季節のトリュフと共に」です。








■滋養卵
f0232060_1711937.jpg烏骨鶏(うこっけい)の卵だそうです。これをカルボナーラに各自入れて、混ぜ合わせます。









■カルボナーラ、アップ
f0232060_16583252.jpg初めて食べたとき、「イルマンジャーレ」の冷たいカルボナーラは衝撃的でしたが、以前よりもさらに美味しくなっている気がします。

濃厚で、いい香り。でも、冷やしてあるので、そこまでチーズのくどさが出ないため、食べやすい。





■5品目
f0232060_1702171.jpg「じっくりと煮込んだ黒毛和牛肉のラグー ガルガネッリ」です。









■ガルガネッリ、アップ
f0232060_173376.jpg食べやすいトマトソースでした。1つ前がクリーム系だったので、次がトマトでちょうどいい。









■6品目
f0232060_174771.jpg各種ハーブを使ったグラニテです。










■7品目
f0232060_1752927.jpgメインは、魚か肉が選べます。私は肉で。

ガラスのクロッシュ(釣鐘状のふたのこと)が出てきました。なにやらスモーク。







■メインディッシュ
f0232060_1772032.jpg「熊本産 黒豚ロース肉の低温ロースト クルミをまぶし 桜のスモークを軽く漂わせて」です。

クロッシュを取ると、中からスモークのいい香りが漂ってきました。






■黒豚、アップ
f0232060_179131.jpg肉が柔らかく、クルミの食感も良く、とても美味しくできていました。









■デザート①
f0232060_17102710.jpg小さくてかわいいアイスクリームが出てきました。しかも真っ黒w。

ゴマかと思ったら、竹炭を使っているとのこと。味は普通にバニラ系で美味しかった。






■チーズ登場!
f0232060_17115121.jpg赤ワインが残っていたので、チーズをいただくことに。









■チーズ盛り合わせ
f0232060_17124752.jpg最初にハードチーズは食べないと言ったんですが(苦笑)、盛り合わせできました。しかも、酒飲めない人にもこの皿が出たので、正直、それはちょっとなあ・・・とい感じ。







■デザート②
f0232060_17144289.jpg旬の金柑を使ったジェラードと、季節のフルーツのコンポートです。









■食後の紅茶
f0232060_1715553.jpgアールグレイを。










■小菓子
f0232060_17162751.jpgガラムマサラを使ったスパイシーなチョコと、オレンジピール入りチョコのオランジェ。









■お疲れ様でした!
f0232060_17175274.jpgマトリックス大堀社長と、FFⅤオリジナル版からのデザイナー渋谷員子氏。がっちり堅い握手!

貴重な写真をいただきましたw。本当にご苦労様でした。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ