人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧





銀座帝国ホテルのロビーにあるラウンジバー、


「ランデブーバー」へ。












ビジネスで来たような外人さんとお偉いさんの日本人が


ブランデーとシガーを楽しみながら商談をしちゃうような場所なのだが、


銀座に詳しい方から、実はカフェとしても利用ができ、


夜中24時近くまで帝国ホテルの美味しいケーキが食べれることを教えてもらい、


以後、銀座に遅くまでいるようなときに、ケーキを食べに立ち寄ったりしている。













小学校の教室でケーキを食べた時の高揚感というか、


偉いおじさん達を横目にケーキをほおばる、


この場違いな感じが、なんかワクワクして、好き。













■帝国ホテル「ランデブーバー」
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/bar/19














■今日のカメ

■「ランデブーバー」
f0232060_07365.jpg銀座帝国ホテル1階にあるラウンジバーです。










■カウンター
f0232060_081920.jpg本革のゆったりしているイスで居心地の良いカウンター。









■ケーキサンプル
f0232060_092258.jpg日によって、ケーキの種類も違い、売り切れている場合も。この日は23時過ぎていますが、まだこんなにケーキがありました。どれにしようか迷うー。








■ショートケーキ
f0232060_0112651.jpg迷った挙句に、やっぱりいつものショートケーキ。










■ケーキ、アップ
f0232060_0122128.jpg帝国ホテルのイチゴのショートケーキは美味しいです。









■イチゴのシフォン
f0232060_0125322.jpg別の人の注文。フワフワのシフォンケーキの中に生クリームとイチゴ。









■イチゴジュース
f0232060_014446.jpgイチゴ好きな私のためにバーテンさんが特別に作ってくれた生イチゴ絞りジュース。

元々、カクテルとかに使うための熟したイチゴなので、ものすごくいい香り。めちゃくちゃ美味しい。
by meshi-quest | 2014-04-20 08:09 | 銀座





御茶ノ水を散歩しながら、カフェを探していたところ、


どっからどう見ても「みじんこ」の絵が描かれた、


「みじんこ」という名前の気になるカフェを見つけた。












みじんこに誘われ、魚のようにスイーッとドアに向かってみたが、


なんとまさかの11人待ち。













でも、滅多に来ないお茶の水だし、気になるし・・・ということで、


他の場所で時間を潰して、途中、かなり心折れ掛けたが(苦笑)、


2時間ほど待って、ようやく店内へ。













後で知ったが、御茶ノ水界隈では超有名なカフェで、


自家焙煎の珈琲はもちろんのこと、パンケーキが名物らしい。













確かに、フォトジェニックで、美味しいパンケーキではあったが、


正直、こんなに並ぶまでではないかなあ・・・という感じ。













■「自家焙煎珈琲 みじんこ」
http://mijinco-coffee.com/
















■今日のカメ

■「みじんこ」
f0232060_17425740.jpgJR御茶ノ水駅から、湯島天神に向かって徒歩10分ほど。

超人気店なので、予約必須。閉店間際であれば、入れそうな気がしますが。






■みじんこ看板
f0232060_1744487.jpgこのかわいいみじんこ看板が目印。










■店内の様子
f0232060_17444879.jpgカウンターとテーブル席。席数はそこそこありますが、とにかく人気のようで、入るまでに2時間待ちました。








■ブレンド
f0232060_17462013.jpgお店おすすめのブレンド珈琲。いい香り。










■エチオピア
f0232060_17471985.jpgこっちはエチオピア。ちょっと酸味があるかな。










■名物パンケーキ
f0232060_174824.jpg「みじんこ」名物のパンケーキ。すごく美しいフォルムと色。

周りを見渡すと、みんなこのパンケーキ目当てなのか、皆さん頼んでました。






■パンケーキ、アップ
f0232060_17495470.jpgミルクの風味が強い、やや甘めのパンケーキ。

美味しくできていましたが、個人的には、西荻窪の「Cafe?」(残念ながら閉店)「FUNKY B2 GARDEN」のパンケーキの方が好きかな。




西麻布にあるイタリアン、


「Quinto Gusto クイントグスト」でディナー。













雰囲気が良く、スタッフの接客も良く、


一人でも、複数でも通いやすいお店。













料理も旬の食材を活かした美味しいものばかりで、


前菜も、メインも、パスタも、デザートも、どれ食べても美味しい。


しかも、ボリュームたっぷりで、食べ応えもある。













六本木、西麻布界隈で、とても気に入っているお店の1つ。













■「Quinto Gusto クイントグスト」
http://quinto-gusto.blog.ocn.ne.jp/
















■今日のカメ

■「クイントグスト」
f0232060_16504894.jpg大江戸線、日比谷線「六本木駅」から徒歩8分ほど。星条旗通り沿いにあります。









■店内の様子
f0232060_1651269.jpgカウンターがメインで、周りに少しだけテーブル席も。小さめの店内です。









■テーブルセット
f0232060_16521176.jpgフォークとナイフに、お箸。この気軽さがいい感じ。









■赤ワイン
f0232060_1652567.jpgお店おすすめの赤ワイン。飲みやすいー。










■お通し
f0232060_1743967.jpgきびなごのカルパッチョ。










■グスト風ポテサラ
f0232060_1751887.jpgディルが入っていて、ハーブがきいた大人のポテサラ。









■チーズ3種盛り
f0232060_1761127.jpgお店おすすめのチーズを3種盛りで。ドライフルーツと、栗のハチミツ付き。









■自家製パン
f0232060_177461.jpgローズマリーが入ったパンと、ゴマたっぷりのパン。どちらも風味良くて、軽くて食べやすい。









■カプレーゼ
f0232060_1775252.jpg「スーパーフルーツトマトと水牛のモッツアレラのカプリ風」(1200円)です。

ちなみに、イタリア・カプリ島のカプリ風サラダを「カプレーゼ」と呼んでます。






■カプレーゼ、アップ
f0232060_17103667.jpgこのスーパーフルーツトマト、めちゃくちゃ甘くて驚いた。今年食べたトマトで一番甘い。さすがスーパー。

通常カプレーゼはオリーブオイルで仕上げることが多いですが、「クイントグスト」のカプレーゼは、オリジナルのトマトソースがかかっています。このカプレーゼ、すごく美味しかった!



■「日本一のラザニア」
f0232060_17121759.jpg「日本一美味しいシェフのラザニア」という名前が付いたラザニア。









■ラザニア、アップ
f0232060_1713672.jpgこのラザニア、ホント美味しかったなあ。

今まで食べた中で、原宿「カバカヴァロ」のラザニアが個人的に1位でしたが、それに匹敵する美味しさでした。






■真ハタのポアレ
f0232060_17175080.jpg「真ハタのヴァポーレ 桜えびとポルチーニ茸のソース」(3400円)。

今日からの新作ということで、私が第一号の試食者でした。






■真ハタ、アップ
f0232060_17193623.jpg真ハタの火入れが抜群で、かなり低温で身が締まらないようにゆっくり火を入れているので、白身のプリプリ感がちゃんと残っています。すごく美味しかった!







■低脂肪牛のヒレ肉
f0232060_17224896.jpgこの日のおすすめ肉料理、「低脂肪牛ヒレ肉 ホワイトアスパラ添え マルサラソース」(3900円)です。








■ヒレ肉、アップ
f0232060_17233445.jpgすごくやわらかくて、美味しいヒレ肉でした。マルサラソースともよく合っていて、絶品。









■桜のセミフレッド
f0232060_1726976.jpgセミフレッド(アイスケーキ)の中に桜の塩漬けと、周りにも桜の葉の塩漬けが付いていて、甘しょっぱいクセになる味。

春ですなあー。






■食後の飲み物
f0232060_17272286.jpgダージリンティーもたっぷりポットサービスで。




池袋に用事があった帰りに、


濃厚魚介豚骨ラーメン「BASSO(バッソ) ドリルマン」へ。













駅から激遠いが、一人淋しく、真っ暗な住宅街をひた歩く価値あり。


相変わらず、濃厚民族感涙の濃厚中華そばだった。


美味しかった。













■「BASSO ドリルマン」
http://www.drill-man.com/index.html
















■今日のカメ

■「BASSO ドリルマン」
f0232060_14324163.jpgJR池袋駅メトロポリタン口から徒歩15分ほど。目白駅方面に住宅街をひたすら歩いた、住宅に挟まれたひっそりとした場所にあります。








■濃厚中華そば
f0232060_14342864.jpg「濃厚中華そば」中盛りの特製トッピング。盛りだくさん。









■中華そば、アップ
f0232060_14354361.jpg濃厚魚介とんこつスープや独特の太麺が美味しいことはもちろんのこと、「バッソドリルマン」はトッピングがめちゃくちゃ美味しい!

特製トッピングにすると、チャーシューも通常と炙りの2種、メンマも通常と穂先の2種付いてきて、どれもすごく美味しい。




高円寺にあるブラッスリー、


「Brasserie Beaujolais ブラッスリーボジョレー」へ。












ここは、「わだえみワインスクール」というワイン教室が運営している


ワインと酒のつまみを楽しむ小さなお店。













よく「酒と料理を提供する飲食店」という意味で、


「ブラッスリー」と「ビストロ」という名前が出来てくるが、


一応、定義上は、大きなカフェレストランが「ブラッスリー」、


それより小さくて気軽に入れるのが「ビストロ」らしいので、


それで考えると、「ビストロ」のような気がする。












キッチンがかなり狭く、家庭用コンロで、


女性シェフが奮闘しながら料理をしていたが、


この設備と広さとは思えない立派なフレンチが出てきて、驚いた。













一方、ワインは、特に驚きもなく、残念ながら普通だった。


教室がやっているということで、


自分の中の期待感が異様に上がってしまったのかもしれないが、


もう少しワインは他店とは違う何かがあったらなあ・・・。ちと残念。













■「Brasserie Beaujolais ブラッスリーボジョレー」
https://www.facebook.com/Brasserie.Beaujolais
















■今日のカメ

■「ブラッスリーボジョレー」
f0232060_14174258.jpgJR高円寺駅南口から徒歩3分ほど。氷川神社の隣にあります。

カウンターやテーブル合わせて、MAXで12人くらいの小さめの店内。






■赤ワイン
f0232060_14184326.jpgお店おすすめの赤ワインをグラスで。うーん、普通かな。









■ウォッシュチーズ
f0232060_14194113.jpgワインにチーズはすごく大事。「エポワス」を頼んでみたが、あまり熟成してなくて、これもイマイチ。








■新玉ねぎのムース
f0232060_14222860.jpg「塩水雲丹と新玉ねぎのムース」(900円)。春の新作だそうです。









■新玉ムース、アップ
f0232060_14232232.jpg新玉ねぎの甘味と香りがしっかり出ていて、とても美味しいムースでした。塩水雲丹がもう少し濃厚で、コクがあるやつだと、もっと良かったかな。








■ラムチョップ
f0232060_14251337.jpgラムチョップ(1400円)。美味しく出来てはいましたが、若干火を入れすぎて、硬くなってたかな。家庭用キッチンっぽかったので、これが限界かもしれませんが。
by meshi-quest | 2014-04-16 08:02 | 高円寺





久しぶりに、八丁堀にある大好きなバル、


「maru 2階」へ。












1階にある酒屋「宮田屋」さん直営の人気バルで、


ワインは、壁にズラーッと並ぶボトルから自由に選び、


料理は、その日のおすすめ食材を、店内中央にある炭火で豪快に焼いてくれる。













ちなみに、2階のほか、3階にも直営店があるが


3階は、2階よりも若干フォーマルな感じで、メニューも少し違う。













いつ行っても満席で、店内大盛り上がりだが、


この日も、事前に予約して、なんとか入れた次第。


厚切りの岩中豚の炭火焼、めちゃくちゃ美味しかった!












■「maru」
http://maru-miyataya.com/

















■今日のカメ

■「maru 2階」
f0232060_13341812.jpg日比谷線「八丁堀駅」出口の目の前にあります。

1階は酒屋とスタンディングバー、2階はカジュアルなバル、3階は2階よりちょっとフォーマルなバル。個人的には2階の雰囲気が好き。






■壁一面にワイン
f0232060_13404745.jpg酒屋直営だけあって、ワインの種類は膨大で、しかも安い。

自分で好きなワインを探すのも良し、お店の人に好みを伝えておすすめのワインを出してもらうのも良し。





■炭火焼
f0232060_1343714.jpg店内のど真ん中に炭火焼釜があって、モクモクと煙を上げながら、スタッフが肉や魚や野菜を焼いてます。








■赤ワイン
f0232060_13472777.jpgおすすめの赤ワインをボトルで。これ、すごく飲みやすいー。









■エポワス
f0232060_13482681.jpg赤飲み始めると、絶対チーズが欲しくなる。

いい感じで熟成していたウォッシュチーズ「エポワス」。トロトロ。







■生ハム
f0232060_1350811.jpg「maru」には、4種の生ハムが常設されています。

これは、「ハモンイベリコベジョータ」(後足、スペイン)と、「ノワールドビゴール」(黒豚、フランス)の2種盛り。うんまい!






■カプレーゼ
f0232060_13523951.jpg「花畑牧場のモッツアレラチーズとフルーツトマトのカプレーゼ」です。

花畑牧場のチーズ、初めて食べましたが、すごく美味しかったです。クリーミー。






■焼きハマグリ
f0232060_1355245.jpgハマグリの炭火焼。濃厚な貝汁がたまらん。










■炭火焼串の盛り合わせ
f0232060_13552893.jpgトマトベーコン巻き、ぼんじり、もも肉など、いろんな串の盛り合わせ。









■岩中豚の炭火焼
f0232060_13574342.jpg特製だれを何度も肉に付けながら焼き上げる、厚切り岩中豚の炭火焼。

やわらかくて、めちゃくちゃうまい!







■ティラミス
f0232060_13591578.jpg「maru」はデザートもちゃんとしていて、このクラッシックティラミスもちょうど良い甘さで、とても美味しくできていました。




西麻布にあるイタリアンカフェレストラン、


「the kitchen M's ザキッチンエムズ」でランチ。


お昼はイタリアン惣菜のブッフェと、食べやすい欧風カレーが楽しめる。













カレーを注文するとき、


メニューに「普通のカレー」と「カツカレー」があると、


食べたいかに関わらず、ついカツカレーの方を選んでしまうのは、


貧乏性なのか、なんかの性なのか、カツカレーの魔力なのか・・・。













■「the kitchen M's ザキッチンエムズ」
http://r.gnavi.co.jp/eeb54x840000/















■今日のカメ

■「ザキッチンエムズ」
f0232060_13142070.jpg日比谷線「六本木駅」から徒歩5分ほど。六本木通り沿いのホテルSの路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_13155717.jpgテーブル6卓くらいの小さめの店内です。










■イタリアンブッフェ
f0232060_13172967.jpgたこのマリネ、スパニッシュオムレツ、ポテトサラダなど、ランチはイタリアン惣菜のブッフェ付きです。








■カツカレー
f0232060_1318488.jpgカツカレーはブッフェ付きで1200円。

薄めでカラッと揚がったとんかつと、スパイスがほど良い感じできいていて、食べやすい欧風カレーでした。






■食後の飲み物
f0232060_132187.jpgホットティーです。




御茶ノ水の散歩がてら


駿河台下にある昭和4年創業の老舗和菓子屋「ささま」へ。












一見、和菓子屋と気づかず、通り過ぎてしまいそうな感じだが、


御茶ノ水界隈では人気の和菓子屋のようで、


次から次にお客さんが来ていた。












イートインはできないので、名物の「松葉最中」と、


春らしい「菜種」という名前の生和菓子を購入。












最中はサクサクしていて美味しかったが、


生和菓子の方は普通かな。













■「御菓子処 ささま」
http://www.sasama.co.jp/














■今日のカメ

■「ささま」
f0232060_1657816.jpgJR御茶ノ水駅から徒歩5分ほど。駿河台下交差点の近くにあります。

創業当時はパン屋さんだったそうです。







■「松葉最中」
f0232060_1658135.jpgさっくりしていて美味しい最中でした。1つ125円。










■「菜種」
f0232060_1659376.jpg黄緑と黄色の色鮮やかな生和菓子。1つ315円。味は普通かな。




なんか複雑な感じでして、


横浜家系ラーメンの「らーめん家せんだい」という味に惚れた、


横浜「日の出らーめん」の店主が、


「らーめん家せんだい」の店主から味を受け継いで作ったのが、


この「豚骨番長」らしい。












計算式だと、


「らーめん家せんだい」×「日の出ラーメン」=「豚骨番長」


ということなんだと思う。













それはともかく、豚骨だし、番長だしということで、


濃厚民族平民代表としてお邪魔してみたわけだが、うーん、濃厚さが足らず。


濃厚心が満たされず・・・。


頼むよ、番長。













私の濃厚心を満たしてくれる番長はどこにいるんだろうか・・・。


氣志團ばりに、「オレんとこ、こないか?」と言ってくれる番長、大募集中。













■「豚骨番長」
http://www.tonkotsubancho.com/















■今日のカメ

■醤油豚骨ラーメン
f0232060_11494548.jpg醤油豚骨ラーメンに(650円)、味玉トッピング(100円)。

ラーメンはそこまで詳しくないですが、過去食べた数店の家系ラーメンと似てるので、家系なんだと思います。





■豚骨ラーメン、アップ
f0232060_11514519.jpg「濃いか?薄いか?」と聞かれると、当然「濃い」と答えますが、濃厚民族的にはこのラーメンは「濃い」に入らないんだよね。しょっぱいとかに近いかな。コクがあって、味が濃厚とちょっと違う。




ご招待いただき、西麻布にある小料理屋、


「一即夛 (いっしょくた)」へ。













メニューも値段もなく、着席すると、食べ飲みのペースに合わせて、


その日おすすめの小料理が、次から次へと出てくる。


日本酒も、焼酎も、泡盛も、銘柄は1つだけ。


大将が自分の料理に一番合った自信ある1つだけを揃えている。














小料理が13種類くらい出た時点で、ようやく、腹の具合と共に、


大将からメイン料理で食べたいものを聞かれるのだが、


野菜料理も数種、焼魚や煮魚も各種、


さらにステーキ、ビフテキ、海老フライなど、種類の多さに驚かされる。













「一即夛 (いっしょくた)」の名のとおり、


まさに、秩序なく1つにまとまっている不思議なお店。













しかし、料理も、酒も、すべて一級品。


内容も、種類もバラバラでも、


「一級」という点で、1つにまとまっているのかもしれない。


めちゃくちゃ美味しかった!













■「一即夛 (いっしょくた)」
http://tokyo-calendar.com/restaurants/3345















■今日のカメ

■「一即夛」
f0232060_1615699.jpg日比谷線「六本木駅」、千代田線「乃木坂駅」から徒歩7分ほど。西麻布交差点近くの路地裏のビル2階にあります。








■店内の様子
f0232060_16164157.jpgカウンターがメインで、奥にテーブルが1つ。席数は少なめです。

和食では有名なお店で、分かりにくい場所にも関わらず、店内満席。断りを入れている様子。予約必至。





■1品目
f0232060_16183333.jpgまずは、パプリカのスープ。濃厚で、ちょっと酸味があり、とても美味しい。

メニューはなく、最初の小料理は、すべて大将のおまかせのみ。苦手な食材は事前に聞いてくれます。






■2品目
f0232060_1620873.jpgちょうど良い茹で加減のそら豆。










■3品目
f0232060_16205749.jpgローストビーフ。めちゃくちゃうまい。










■4品目
f0232060_1622492.jpg刺身の盛り合わせ。甘鯛、ホタテ、イカ、太刀魚など、色々。まさに、いっしょくたw。









■5品目
f0232060_1623112.jpg「のれそれ」(穴子の稚魚)。

見た目もそうだが、味も食感もところてんみたいな感じ。







■6品目
f0232060_1624297.jpg中落ちに山葵。

濃厚なトロに、いい香りの山葵が絶妙。








■7品目
f0232060_1626992.jpgくじらの刺身。

くじら初体験。個人的に、なんか臭みが気になって敬遠していたのだが、これはくじら肉でも、一番いい部位を丁寧に下ごしらえしているらしく、美味しかった。





■日本酒
f0232060_16273731.jpgくじらの肉が濃厚で、日本酒にチェンジ。福島県の日本酒とのこと。スッキリしていて、すごく飲みやすい。








■8品目
f0232060_16284116.jpg赤なまこ。なまこも苦手な食材の1つでしたが、これは歯ごたえもよく、美味しかった。

色んなところに食べ歩いてるくせに、好き嫌い多く、珍味食べれない私(苦笑)。






■9品目
f0232060_16301216.jpgかずのこ。










■10品目
f0232060_16304338.jpgかわはぎの刺身。肝とあえてあります。濃厚。










■11品目
f0232060_1631366.jpg全く臭みなく、上品な味わいがするめざし。










■12品目
f0232060_16324384.jpg「もろこ」という非常に希少な魚の煮付け。小さいのに、味がしっかりしていて、めちゃくちゃ美味しい!








■13品目
f0232060_16341572.jpg薄いトーストの上に、あん肝のペーストが乗せられています。









■14品目
f0232060_16363055.jpgここからようやくフリータイム。野菜料理、焼魚、煮魚、肉など、本日入荷の食材から何でも作ってくれます。

まずは、野菜料理の中から目の前の大皿にあった筑前煮を注文。絶品。今まで食べた筑前煮の中で、一番美味しかったかも。




■15品目
f0232060_16371864.jpg焼魚も種類がいっぱいありましたが、一番脂が乗っているというのどぐろをいただきました。

贅沢に、一人1枚。脂が甘くて、皮がうまい。絶品。







■16品目
f0232060_16383646.jpg魚も食べたら、肉も食べたくなったので、厚切り牛フィレのカツレツと、大車海老の海老フライを。

これ、私一人分ですw。







■フィレカツ、アップ
f0232060_16401989.jpg箸で切れるほどのやわらかさ。うまいー!










■17品目
f0232060_16411989.jpg〆のご飯も5種くらいから選べます。

これは、名物「雲丹のまぜごはん」。








■雲丹のまぜごはん、アップ
f0232060_16421059.jpgあったかご飯に、生の雲丹がまぜこまれている(感涙)。

たまごかけご飯の雲丹バージョンという感じ。絶品。






■18品目
f0232060_16444433.jpgデザートは甘いいちご。コンデンスミルクのチューブ付き。

この気取らない感じがいいw。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ