人気ブログランキング |

<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧








数多くの飲食店があり、なんでも揃っている便利な吉祥寺だが、


個人的に、欠けているなあと思っているジャンルがいくつかあって、


その中の1つが、とんかつだと思っている。













色々と行ってみたが、チェーン店はあれど、


正直、個人店で美味しい!と思える店があまりなかった。


とんかつ不毛地帯だ。












そんな吉祥寺で、どーしてもとんかつが食べたくなったら、


古い雑居ビルの地下にある「とんかつ 美とん (びとん)」へ。


吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_2524329.jpg



































ジューシーで、若干レア気味が流行っている昨今と対照的に、


脂少なめ、しっかり豚に火が通っている固めの揚げ方。


個人的にはジューシーとんかつの方が好みだが、これはこれで、美味しい。


吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_25558.jpg




































■「とんかつ 美とん」
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13035782/

















■今日のカメ

■「とんかつ 美とん」
吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_256299.jpgJR吉祥寺駅から徒歩2分ほど。

サンロード内の富士そば目の前のファミリープラザビル地下1階にあります。この雑居ビルの1階は、小さなレストランフロアになっているのですが、いつも割りと空いています。





■店内の様子
吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_2592229.jpgテーブルとカウンター。席数はそこそこあります。










■とんかつ定食
吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_2524329.jpgロースかつに、ご飯、味噌汁、香の物が付いた定食(1365円)。









■とんかつ、アップ
吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_25558.jpg脂少なめ、しっかり中まで火が通っている、昔ながらのとんかつです。

個人的には、もう少し脂気が欲しいところですが、これはこれで美味しいとんかつです。






■豚汁、アップ
吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_332081.jpg白味噌、山椒が入った具だくさんで美味しい豚汁でした。









■香の物
吉祥寺「とんかつ 美とん」へ行く。_f0232060_34925.jpg手作りらしく、塩加減がちょうどいい。
by meshi-quest | 2015-03-21 08:03 | 吉祥寺







渋谷にある大好きな和食屋、「並木橋 なかむら」で夕食。













久しぶりの訪問だったが、大将の川久保さんをはじめ、


スタッフの皆さんがとても温かく迎えてくれて、


久しぶりとは思えないほどの居心地の良さだった。


ホントいいお店だなあ、「並木橋なかむら」さんは。













お品書きには、春らしい旬の食材を使った料理がいっぱい。


外はまだ寒いけど、ひと足早く春を堪能させてもらった。


渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_255122.jpg























渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_262793.jpg























渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_265363.jpg




































■「並木橋 なかむら」
http://ameblo.jp/fg-nakamura/

















■今日のカメ

■「並木橋なかむら」
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_274039.jpgJR渋谷駅から徒歩10分ほど。並木橋の交差点からすぐ近くのビルの2階です。









■お品書き
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_283387.jpg「並木橋なかむら」のお品書きの表紙には、季節の食材の絵が描かれています。3月弥生は、空豆。









■お通し
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_294342.jpgお通しは、聖護院大根を使ったすり流し。ゆず酒のロックと共に。









■ポテサラ
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2122882.jpg厚切りベーコンがたっぷり入った名物ポテサラ。

鴨肉入りの時もありましたが、個人的には厚切りベーコンのポテサラが好き。うまいー。







■刺盛り
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2153034.jpg刺身の盛り合わせ。
博多の平目、博多の平政、明石の真蛸など。









■空豆
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_22726.jpg春の味覚、焼き空豆。甘くて美味しいー。










■穴子
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2274971.jpg穴子の白焼き。

「並木橋なかむら」では、穴子は醬油ではなく、昆布の佃煮と共に、海苔に巻いていただきますが、これがめちゃくちゃ美味しい。






■漬物
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2295185.jpg塩気も、酸味も控えめなので、サラダ感覚でモリモリ食べれてしまいます。









■筍
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2304333.jpg筍のバター正油風味。いい香り!










■ハマグリ
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2315512.jpgかなり大きな焼きハマグリです。ハマグリ出汁たっぷり。









■たたみイワシ
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_233391.jpgサービスでいただいた珍味。軽く炙ったたたみイワシの中にトロけるチーズが挟んであります。

たたみイワシとチーズって合うんですねー。酒が進む。






■名物メンチ
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2343037.jpg名物の自家製メンチ。肉汁がすごい!!










■棒寿司
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2352262.jpg真鯛の梅しそ棒寿司です。

棒寿司の中に入っている梅としそがいいアクセントになっていて、すごくさっぱりしていて、食べやすい。






■土鍋ご飯
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2365466.jpgどーしても気になって仕方がなかったので、棒寿司からの~、土鍋ご飯(笑)。

真蛸と生海苔が入っていて、アクセントにバター。めちゃくちゃうまい。






■デザート盛り合わせ
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2383496.jpg本日のデザートのきなこアイスと苺大福を盛り合わせてもらいました。通常は単品。









■苺大福、アップ
渋谷「並木橋 なかむら」へ行く。_f0232060_2394849.jpg注文が入ってから生地を伸ばして、あんと苺を詰めるという手作り苺大福。中は、大きなプレミアムあまおうが丸々1個入ってます。贅沢!
by meshi-quest | 2015-03-20 08:07 | 渋谷・神泉







六本木界隈には、意外と有名な中華料理屋がいっぱいあって、


その中でも、業界人や深夜帯のサービス業に携わっている人から


必ずと言っていいほど、名前が挙がるのが、ここ「香妃園(こうひえん)」。














電車が動き始める翌朝4時まで営業していることと、


大半の人がお目当てにしている名物「特製とり煮込みそば」で人気のお店。


六本木「香妃園 (こうひえん)」へ行く。_f0232060_1437638.jpg





























そばが見えないほどの白濁した濃厚鶏スープ。


コラーゲンたっぷりで、これだけ食べたら、


肌が翌朝にはむき卵のようにツルツルになってそうな感じ。














スープは、ホント美味しい。


ただ、個人的に、食べるたびに残念に思うのが、麺。


どうしても中華圏の白いふにゃふにゃ麺が苦手で、麺が好きになれず。


なので、「特製とり煮込みそば」は、


私にとってはスープを飲みに来ている感がある。














ちなみに、ランチも営業していて、


通常のランチ定食メニュー以外にも、グランドメニューがオーダー可能。


「特製とり煮込みそば」は、ランチにはないので、グランドメニューから。














■「香妃園」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/617
















■今日のカメ

■「香妃園」
六本木「香妃園 (こうひえん)」へ行く。_f0232060_14432321.jpg大江戸線、日比谷線「六本木駅」から徒歩3分ほど。路地裏にある瀬里奈ビルの2階にあります。









■店内の様子
六本木「香妃園 (こうひえん)」へ行く。_f0232060_14455100.jpg席数はかなりあります。入れなかったことがほぼない。









■「特製とり煮込みそば」
六本木「香妃園 (こうひえん)」へ行く。_f0232060_14455483.jpg名物の「特製とり煮込みそば」(1300円)です。かなりボリュームあります。









■とりそば、アップ
六本木「香妃園 (こうひえん)」へ行く。_f0232060_14465376.jpgこれでもか!というくらいの鶏エキスたっぷりのスープ。スープはとても美味しいです。

個人的に白いやわらか麺が苦手なだけで、苦手じゃない人には麺も普通に美味しいと思います。






友達から教えてもらった荻窪にある人気焼鳥店、


「炭火焼鳥 酉の (とりの)」へ。














小さな店内ながら、日本酒も、焼き鳥も豊富。


焼き鳥は小ぶりで、各種ブランド鶏を使用。


ただ、決してまずくはないがそこまで鶏の味が引き出せれておらず、


内容に対してやや値段高めな印象。














ハツは、プリプリで美味かった。


荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1340134.jpg
































■「炭火焼鳥 酉の」
http://torino.main.jp/
















■今日のカメ

■「酉の」
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13442479.jpgJR荻窪駅北口から徒歩1分ほど。駅近です。










■店内の様子
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13461695.jpg2階がカウンター、3階がテーブル。席数は少なめです。









■炭火焼き
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1347175.jpg目の前で焼いてくれます。カウンターと焼き場にガラスの扉があるので、そこまで煙くありません。









■柚子酒
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13483624.jpg柚子酒のロック。










■お通し
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1349533.jpgお通しがすごく豪華!

胃を温めるための鶏スープと、蒸し鶏と、野菜のマリネ。







■とりわさ
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1350464.jpg上品に盛り付けられたとりわさ。うずらの卵付き。










■とりわさ、アップ
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1351511.jpgきれいなピンク色です。










■鶏ロース
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13525282.jpg「鶏ロースと焼き野菜 つぶマスタードソース」です。

ちょっとマスタードが強くて、鶏の味が負けている印象。






■日本酒①
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13543543.jpgお店おすすめのスッキリ辛口。










■出汁巻き
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13551450.jpgフワフワで、とても美味しい出汁巻き玉子でした。










■笹身
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13563044.jpg笹身の一夜干し。かなり塩味が強く、身も固くて、ちょっとイマイチでした。









■焼鳥①
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_13573491.jpgシャモロックの正肉、だったかな。










■焼鳥②
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1401424.jpgこっちはシャモロックのロース、だったかな。










■焼鳥③
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_141163.jpgハツ。










■日本酒②
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1413187.jpgこれもお店におまかせ。辛口。










■焼鳥④
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1423515.jpg砂肝。










■焼鳥⑤
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1431360.jpg岩手鴨だった気がする。










■焼鳥⑥
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1455386.jpgつくね。ちょっとタレの醬油の強さが気になる。もう少し甘めがいいなあ。









■焼鳥⑦
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1472114.jpg南部鶏の笹身のわさび。ちょっとパサッとしてた。










■焼鳥⑧
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1483511.jpgぼんじりだったような気もするが、失念・・・。










■焼鳥⑨
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_1494364.jpgプチトマトベーコン巻き。










■土佐ジロー塩焼き
荻窪「炭火焼鳥 酉の」へ行く。_f0232060_14104271.jpg本日のおすすめの土佐ジローの手羽中、手羽元の塩焼き。かなり筋肉質で、歯応え十分。美味しい鶏でした。




















中目黒にあるアバ料理(内臓料理)ビストロ、


「Tatsumi たつみ」でディナー。













メシクエでもよく書かせてもらっているが、私はレバーが全く食べれない。


レバーどころか、臓物自体、そんなに好きじゃないし、むしろ苦手な食材だ。













そんな私のことを知りながらも、


臓物苦手な人でも美味しく食べれる臓物料理を出してくれると、


知り合いに紹介され、お邪魔してみることにした。













食べれないより、当然、食べれる方がいい。


1つでも苦手なものが無くなった方が、食の世界が広がる。













さて、実際お邪魔してみたところ、


私の予想を超える臓物主役っぷりだったが、


確かに、知り合いが勧めてくれただけあって、


臓物苦手でも美味しくいただけるものが多かった。


中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19174793.jpg




























中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19181756.jpg





































ただ、トリッパ(ハチノス)のトマト煮込みとか、


他店で想像するトリッパの3倍くらいでかいトリッパで、


苦手な私でも食べれるとは言え、ちょっと後半ギブアップ。














きっとそもそも臓物好きな人の方がより楽しめるお店だと思う。














■「Tatsumi たつみ」
http://www.hr-tatsumi.com/















■今日のカメ

■「Tatsumi」
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19245084.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩8分ほど。

目黒銀座商店街内。お気に入りのイタリアン「クオーレアズーロ」のお隣です。







■店内の様子
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19275378.jpg小さめの店内で、席数も少なめ。テーブルと、奥にカウンターもあります。









■テーブルセット
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19285643.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■これ、すごくいい!
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19292929.jpgスプーンを折り曲げて作ったナイフ&フォーク置きですが、使ったフォークをちゃんとスプーンが受け止めてくれるので、すごく便利です。あと、箸があるのも嬉しい。







■パン
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19313424.jpgいい意味で主張がないバケットなので、どんな料理でも合いそうな感じ。









■1品目
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19324448.jpgアラカルトで注文しました。メニューはとても豊富で、内臓料理だけでなく、魚料理もあります。

これは、カツオとフルーツトマトのマリネ。







■2品目
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19345586.jpgオニオングラタンスープ。かなり甘みが強いスープでした。









■3品目
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19374892.jpg有機野菜のたっぷりサラダ。










■4品目
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_1941472.jpgトリッパの煮込み。かなり大きなトリッパが入ってます。「イカ??」と思ったくらい。









■5品目
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19174793.jpg肉料理メニューが豊富で、迷ったので、「本日の肉の盛り合わせ」を注文することに。

5種の肉が盛りあわされていました。すごいボリューム。






■肉アップ①
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19455777.jpgオーストラリア産仔羊のロースト。










■肉アップ②
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_1946575.jpg和牛ハツのステーキ。このハツは、めちゃくちゃ美味しかったです。

5種の肉の中では、このハツが一番だったかな。







■肉アップ③
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19474614.jpgハラミ。普通かな。










■肉アップ④
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19483922.jpg鹿・・・だったかな。ちょっと血の臭みがありました。









■肉アップ⑤
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_1949329.jpg鶏もも肉。










■6品目
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19502290.jpg本日のおすすめメニューにあった黒トリュフのカルボナーラ。

かなり楽しみにしてたのですが、正直あまり美味しくありませんでした。胡椒とチーズとクリームが強すぎて、黒トリュフの香りが消えてしまっている上、重めのクリームなので後半味に飽きます。もっとサラッとした軽いクリームの方が合いそう。



■食後のドリンク
中目黒「Tatsumi たつみ」へ行く。_f0232060_19524915.jpg美味しい紅茶でした。








ここメシクエでも何度か紹介させてもらっている、


私が主催している飲み会、通称「なるさわ会」。


中でも、私が生まれた3月会と、1年の締めくくりの12月会は、


私が特に仲良くさせていただいるお店にお願いをし、


大好きな人達をたくさん呼んで、かなり派手なパーティーをさせてもらっている。














今年は、西荻窪の大好きな家庭料理居酒屋「iitoco イイトコ」さんが


パーティーを快く引き受けてくださった。


日程と人数と、今までどんなパーティーをしてきたかだけお伝えして、


パーティーの内容は完全におまかせのお楽しみでお願いしてたのだが、


私の想像のはるか上を行く、シークレットに次ぐシークレットな、


とても楽しいパーティーだった。













テーマは、「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」。


宝箱から、美味しい唐揚げが現れたり、当然スライムも出現したり(笑)、


本当に冒険をしているかのような面白いパーティーだった。


「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1145514.jpg
























「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1155261.jpg
























「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1161926.jpg
























「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_116452.jpg


































メシクエ史上に残る大冒険をさせてもらった。


最後は、芋焼酎というボスにやられたが(笑)、素晴らしい冒険だった。


長らく準備いただき、こんなに楽しくて、


心温まるパーティーをしてくれたiitocoなっちゃんとけいちゃんに心から感謝します。


本当にありがとうございました!


「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1111867.jpg

























「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11133425.jpg




































■「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」
http://www.nanka-iitoco.com/















■今日のカメ

■テーブルセット
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1114412.jpg今回は、貸切パーティーにさせてもらいました。

お誕生日席に、お花の飾り。頭に飾る花飾りです。








■MESHI QUESTメニュー①
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11162111.jpg今回は「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」というタイトルで、特別に手作りメニューまで用意してくださいました。すごい!








■MESHI QUESTメニュー②
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11175159.jpgちゃんとロゴまで!剣がナイフになってるのも、ステキw。









■MESHI QUESTメニュー③
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11183843.jpg「にげる」と「ぼうぎょ」も用意されていましたが(笑)、全員「ガンガンいこうぜ」の指示が出ていたので、最後まで食べて飲みました。

ただ、「どうぐ」(ウコン、胃薬)は使ったかも。






■MESHI QUESTメニュー④
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1120566.jpg角生えた私の絵も描いてくれていました。ナイフとフォークの強そうな武器所持w。

この元になった写真は、メシクエをPCブラウザから開いていただけるとご覧いただけます。スマホからじゃ、確か見れなかった気がする。





■パーティー仕様
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11221056.jpg壁にもいっぱいバースデーの飾りつけ。

こんなにバースデーパーティーらしいパーティーをしてもらったのは、子供の頃以来かも。嬉しい。







■前菜①
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11252195.jpg「なすのアジア風マリネ」です。ナンプラーのいい香り。









■前菜②
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1124928.jpg「おばけ木の子のブルスケッタ」です。お酒が進む味!









■前菜③
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11271844.jpg「厚切りサーモンのマリネ」です。ホントに厚切り。食べ応えあり。









■前菜④
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11282050.jpg「鰤の旨味薬草ダレ漬け」です。

いい味の薬草に漬けられていてw、冒険が元気にどんどん進みます。







■前菜⑤
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11302412.jpg「軽がるレンコンのステーキ」です。

シャキシャキでホント美味しいレンコンでした。簡単そうに見えて、なかなかこう美味しく火が通せない。






■大きな宝箱きた!
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11312631.jpgiitocoのなっちゃんとけいちゃんに運ばれて、大きな宝箱がやってきました。

冒険中盤、初の宝箱GET!







■でかい宝箱だ。
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11331790.jpg割りと重いぞ。何が入ってるんだろうか・・・。










■開けるぞ・・・
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11352256.jpg

「遊び人りえぞうは たからばこをあけた」








■なんと!
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11365567.jpg

「なんと遊び人りえぞうは たからばこのなかから たからばこをみつけた!」







■次こそは・・・
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1138136.jpg重さから察するに、お宝いっぱい、もしくは、ミミックの可能性大(笑)!









■開けてみると・・・
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11394569.jpg揚げたてのiitoco特製唐揚げがいっぱい!

すげー、お宝発見!!
ホントにイベント内容を聞いてないので、普通に驚いちゃいました。






■みんなで山分け
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11413280.jpgみんなでお宝山分け中。










■ポテトケーキ、登場!
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11421878.jpg真っ白いケーキがやってきました。

ケーキの正体は、クリーミーで美味しいマッシュポテト!







■特製ハンバーグも。
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_1143195.jpg私はよく食べさせてもらっているiitoco特製ハンバーグ。ニンニクたっぷりで、とても美味しい。

みんな初めての人ばかりでしたが、ホント大好評でした。






■デザート①
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11451265.jpg観覧車がやってきました。ちゃんと回ります。観覧車には、小さなチーズケーキが乗っています。かわいいなあー。








■デザート②
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11461738.jpgなっちゃん手作りのティラミスやタルトなど各種ケーキ。ケーキもいっぱい!!









■デザート③
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11472898.jpgアップルパイのホールケーキ。










■ここで、宝箱再び!
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11481644.jpg冒険終盤、なんと2つの宝箱を発見。










■まず、大きい方から開けます。
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11492655.jpg宝箱の選び方で性格が出そうですが、大きいのから開けました、わたし。

中には、無数のスライムたちがw。







■スライムかわいいー。
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11511142.jpg観覧車のチーズケーキに乗っかったスライム。

ああ、かわいい。








■では、小さい方も開けます。
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11521319.jpgなんと、大きなスライムが鎮座してましたw。笑っております。









■齊藤プロデューサーと。
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11535050.jpg私の元上司、ドラゴンクエスト10のエグゼクティブプロデューサー。私が大好きな偉大なるプロデューサーです。

そして、堀井雄二先生や鳥山明先生についで、日本で一番スライムの似合う方です。





■無事、冒険終了!
「MESHI QUEST ~そして、iitocoへ~」_f0232060_11133425.jpg返事がないただのしかばねになる人も出ずに、無事に全員冒険終了しました。

楽しかったです。ありがとうございました!
by meshi-quest | 2015-03-16 08:08 | 西荻窪







秋葉原の路地裏にある牛かつ屋「牛かつ 壱弐参」へ。













このレアな感じの牛かつが、たまらなく美味しい。


秋葉原「牛かつ 壱弐参」へ行く。_f0232060_2254036.jpg

























とんかつも美味しいけど、牛かつもホント美味しい。


豚もいけど、牛もいい。














結果、きっと「かつ」という料理がすごいんだな。


「かつ」、バンザイ。













■「牛かつ 壱弐参」
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13147309/dtlmap/
















■今日のカメ

■牛ロースかつ定食
秋葉原「牛かつ 壱弐参」へ行く。_f0232060_2275719.jpg「牛ロースかつ麦めしとろろセット」(1300円)です。

麦めし&とろろは、牛だから合う気がします。豚のとんかつだと、ちょっと合わない。







■牛かつ、アップ
秋葉原「牛かつ 壱弐参」へ行く。_f0232060_2254036.jpg言うことなしの絶品。自家製付けだれと、わさびとの相性が抜群。牛かつ、うまいなあ。







なんだかひたすら歩きたくなって、


吉祥寺の賑やかな町を抜けて、ぐんぐん歩いて、


気が付いたら住宅街に迷い込んでいて、


さすがにちょっと疲れたなという時に見つけた喫茶店。













元々、荻窪にあって、次に吉祥寺に移転して、


そこから鎌倉に移転して、また吉祥寺に戻ってきたらしい。


言われてみると、吉祥寺っぽさもあるが、鎌倉っぽさもある。













そして、なんだか私が最近気に入って通っている


井の頭公園そばの喫茶店「トムネコゴ」にも似てるなあと思ったら、


「トムネコゴ」も元々鎌倉にあったらしい。


ということは、結果、鎌倉が好きなのかもしれない。


まあ、いいや。













本日のケーキは、「冬のチーズケーキ」。


洋酒と林檎が効いている、確かに冬らしいケーキだった。


吉祥寺「かうひいや3番地」へ行く。_f0232060_282912.jpg




































■「かうひいや3番地」
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13139274/
















■今日のカメ

■「かうひいや3番地」
吉祥寺「かうひいや3番地」へ行く。_f0232060_210823.jpgJR吉祥寺駅から徒歩20分ほど。中道通り商店街を抜けて、三鷹方面にひたすら歩いていったところにあります。








■店内の様子
吉祥寺「かうひいや3番地」へ行く。_f0232060_2133634.jpg古い和家具と、古書と、レコード。珈琲と自分の時間を楽しむための空間。









■カフェオレ
吉祥寺「かうひいや3番地」へ行く。_f0232060_2141044.jpgモコモコ泡が特徴のカフェオレ。










■チーズケーキ
吉祥寺「かうひいや3番地」へ行く。_f0232060_2144751.jpg「冬のチーズケーキ」という名前。冬の果物の林檎と、体が温まる洋酒がたっぷり。スフレタイプで柔らかいチーズケーキ。
by meshi-quest | 2015-03-14 08:04 | 吉祥寺






誕生日のお祝いでご招待いただき、


麻布十番にある「中国飯店 富麗華 (フレイカ)」でディナー。













北京ダックで有名なお店で、コース料理のメインも北京ダック。


麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1295666.jpg




























中国でも、日本でも、今まで何度か北京ダックを食べたが、


正直あまり美味しいと思える店がなく、


生まれて初めて北京ダックを美味しいと思った。


すごく香りが良く、しつこくなく、なんというか、


ダックの身を食べずに、皮を食べる理由が分かる北京ダックだった。














とはいえ、やっぱり、いまだ北京ダックを見るたびに、


皮を剥がされた身も食べたくなるのは、貧乏性なのだろうか。


不思議な食べ物だな、北京ダックは。













■「中国飯店 富麗華」
http://www.chuugokuhanten.com/storefureika/















■今日のカメ

■「富麗華」
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1353821.jpg大江戸線、南北線「麻布十番駅」から徒歩10分ほど。









■店内の様子
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1364636.jpg席数はかなりあり、個室も完備。席もゆったりしていて、店内では中国楽器「二胡」の生演奏がされていました。








■テーブルセット
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_139446.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■紹興酒
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1402460.jpg中華料理には、やっぱり中国のお酒が一番。10年ものの紹興酒をロックで。









■1品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1412096.jpg北京ダックからデザートまで付くコース料理でした。

1品目は、皮付きチャーシューなど、中華前菜の盛り合わせ。






■2品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1422164.jpgホタテ、アスパラ、黄ニラの塩炒め。さっぱりしていて、とても美味しい。









■3品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_144641.jpg金華ハムで出汁を取ったフカひれと白菜のスープ。これも、とても上品なお味。いい出汁が出てます。









■4品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1295666.jpg北京ダック、登場!










■こんなに、コンパクトにw
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1453958.jpg先ほどのダックが、こんなコンパクトな姿になりました。

今まで食べた中で一番美味しい北京ダックでした。香りも、焼き加減もいいし、味噌ダレもダックの味を邪魔せず、いいバランス。





■5品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1503199.jpg黒酢の酢豚。

酢豚はあまり好きな方ではないのですが、この酢豚はすごく美味しかった。







■6品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1512727.jpgマコモ茸と青菜のさっぱり炒め。










■7品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1523065.jpg肉汁たっぷりの餃子。かなり皮が厚めでしっかりしていて、好みの味。









■8品目
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_1533047.jpgご飯の上に、甘辛に煮られた椎茸が乗ったもの。〆の一品。









■デザート
麻布十番「中国飯店 富麗華」へ行く。_f0232060_155646.jpg晩白柚(ばんぺいゆ)を使ったプリン。これも、すごく美味しかった。

晩白柚は、ザボンの一種の大きな柑橘類。






ご招待いただき、浅草橋にある和風居酒屋、


「旬鮮和食 みらい」へ。













刺身でも食べれる鯛を、贅沢に使った鯛しゃぶ。


鯛しゃぶ、久しぶりに食べたな。


うまかった。


浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_14595033.jpg





































■「旬鮮和食 みらい」
http://r.gnavi.co.jp/gaj6000/
















■今日のカメ

■「みらい」
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_1502449.jpgJR浅草橋駅から徒歩3分ほど。駅近くの居酒屋が集まっている一角にあります。









■店内の様子
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_1525441.jpg2階と3階がお店で、2階はテーブル、3階には半個室の座敷もあります。









■お通し
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_1535927.jpgお通しは、イカを使った野菜のマリネ。あと、烏龍茶。休肝。









■ぬか漬け
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_155886.jpg何気なく1品目で頼んだきゅうりのぬか漬けですが、食べたことがない不思議な味がしてビックリ。

お店の人に聞いたところ、独自のぬかで、中にビール酵母を入れているとのこと。






■枝豆
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_1561489.jpg普通に枝豆。










■あさり酒蒸し
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_15744.jpgかなり酒が効いていて、大人のあさりバターでした。









■鯛しゃぶ①
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_157536.jpgお鍋がウリとのことで、いくつか種類がある中、鯛しゃぶにしました。

刺身で出しているのと同じ鯛を使用。







■鯛しゃぶ②
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_1584911.jpgかなり野菜もたっぷり。










■鯛しゃぶ③
浅草橋「旬鮮和食 みらい」へ行く。_f0232060_1593718.jpg野菜はしっかり煮込んで、鯛はサッと湯に通して。タレのポン酢も美しかったです。
by meshi-quest | 2015-03-12 08:04 | 上野・浅草
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ