人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧









沖縄出張


ANAを使うときは、ほぼ100%ここに来てる気がする、


最近の羽田の行きつけ、いつもの「エッグセレント・バイツ」。


f0232060_0145559.jpg












モノレールを降りて、出国ロビーへ向かう途中にあり、


場所的にも導線的にもすごく便利。


羽田について、ちょっと軽くご飯を食べ、


一息つけてから搭乗前にメールチェックしたりして、


出張ばかりするような生活が始まってから、


羽田第二では何かと活用させてもらってる。











以前はなかったのだが、ワンプレートデリが始まった。


f0232060_0193123.jpg












日替わりの前菜を2種、メインを1種選んで、


ご飯が付いてくるワンプレートディッシュ。


内容も味もいわゆるカフェ飯で、すごく美味しいというわけでもないが、


好きなものを選んで気軽にランチが出来るので悪くない。


f0232060_020871.jpg


f0232060_0201983.jpg


f0232060_0204078.jpg












ちなみに、名物のエッグタルトもランチに安く付けられる。


エッグタルトは、相変わらず、絶品。


f0232060_023226.jpg


f0232060_023115.jpg












かなり居心地良くて、羽田に来るたびに立ち寄ってるのだが、


使い続けているが故の2つだけ要望を言うと、


店内から搭乗状況が分かる電光掲示板が見えるようにして欲しいことと、


テーブル席に電源を使える場所を用意してほしいこと。


この2つが叶ったら、「エッグセレント・バイツ」は最強なんだけどなあ・・・。








■「エッグセレント・バイツ」
https://www.eggcellent.co.jp/haneda









by meshi-quest | 2018-02-18 08:06 | 沖縄








吉祥寺・井の頭公園近くにある中東料理カフェ、


「CHIOSCO by the park キオスコバイザパーク」へ。


表に食器や雑貨があるので、一見するとカフェに見えないが、


中では食事やカフェが楽しめる。


f0232060_14222720.jpg


f0232060_14224739.jpg












メニューは、トルコやエジプトなど中東料理を中心に、


ギリシャ、スペイン、台湾なども料理も並び、不思議なラインナップ。


それらをキッチン奥の大きな鉄板を使って調理をしている。


なので、中東鉄板料理、そんな感じだろうか。











前菜は、中東料理「フムス」を注文。


ひよこ豆とニンニクのペーストで、トルコに行った時に実際現地でも食べてきたが、


ここのフムスが、豆の甘みや風味がしっかり出てて、なかなか美味しかった。


フムスは、ピタパンと一緒に出てくることが多いが、このピタパンも美味しかった。


f0232060_1430283.jpg


f0232060_1430176.jpg












野菜は鉄板で焼く盛り合わせ。


1000円という値段を考えるとやや少なめではあるが、


魂のレンコンという名前の皮付きレンコンがいい感じ。


f0232060_1432063.jpg


f0232060_14331272.jpg












ここまでいい感じだったので、かなりメインディッシュへの期待が高まったのだが、


お店でウリにしていたラムチョップが肉がちょっとイマイチで、


焼きもイマイチで、前菜が美味しかっただけに残念ではあった。


f0232060_14372356.jpg











ランチも遅くまでやってて、昼からお酒も飲めるので、


ガッツリご飯を食べるというよりは、


フラッと井の頭公園散策がてら、ちょっと飲みながら、ちょっと前菜つまみながら、


そんな感じの関わり方がいいのかも。








■「キオスコバイザパーク」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13188225/








by meshi-quest | 2018-02-17 08:05 | 吉祥寺








懇意にさせていただいてる東麻布の名店「鮨 天本」で食事。


鮨好きには有名なミュシュラン2ツ星の都内有数の予約困難店でもある。


常連でも予約が取れないのだが、たまたま激運発動して伺えることになった。


今年一年の運を使い果たしちゃったのではないかと心配だ(苦笑)。


f0232060_11255372.jpg


f0232060_112719100.jpg


f0232060_1128098.jpg











旨い日本酒をいただきながら、絶品のおつまみを。


相変わらず、無洗白子がめちゃくちゃ美味しい。


白子がそこまで好きではない私が他人の白子まで食べたくなるほどw。


f0232060_11345116.jpg


f0232060_1135312.jpg


f0232060_11351759.jpg


f0232060_11352734.jpg


f0232060_11354243.jpg


f0232060_11361428.jpg


f0232060_11364250.jpg


f0232060_11365412.jpg













本日のつまみのサプライズは、くじらのレバー


すごく珍しく、滅多に手に入らないそうで、私も初めて食べた。


f0232060_11402499.jpg


f0232060_11421519.jpg













ご存知の通り、私は大のレバー嫌いであるが、


このくじらのレバー、相当味と鮮度が良いようで、


1切だけ食べることが出来る奇跡が起きた!


普通ならきっと一口でも食えないだろうな・・・。


f0232060_1142447.jpg












にぎりも、すごく美味しかった。


どれも絶品だったけど、対馬のブリアカムツは個人的に大好き。


あと、「天本」さんの車海老と穴子もホント美味しい。


f0232060_11451077.jpg


f0232060_1145201.jpg


f0232060_11461135.jpg


f0232060_11463324.jpg


f0232060_11464728.jpg


f0232060_1147113.jpg


f0232060_1147137.jpg


f0232060_11472698.jpg


f0232060_11473772.jpg














にぎりのサプライズは、白皮と呼ばれる、


貴重な白い皮をした甘鯛。


芳醇ないい香りがして、コクがあって、身が甘い。美味しい鯛。


くじらのレバーについで、初めての貴重な体験をさせてもらった。


f0232060_11495352.jpg


f0232060_1150762.jpg










■「東麻布 天本」
http://higashiazabuamamoto.com/









■今日のカメ

■「鮨 天本」
f0232060_11255372.jpg
大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分ほど。東京タワーのすぐ近くにあります。完全予約制。









■店内の様子
f0232060_1128098.jpg
カウンター8席ほどの小さな店内。大将の天本さんとの距離が近いので、しゃべりながら食べられるので、堅苦しくなく落ち着きます。







■テーブルセット
f0232060_11524130.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒①
f0232060_1135312.jpg
山形県米鶴酒造の「米鶴」。









■1品目
f0232060_11544925.jpg
糸島のもずく。ものすごく細くて繊細。









■2品目
f0232060_11345116.jpg
山口県のバイ貝の煮付。









■3品目
f0232060_11561762.jpg
大間のひらめ。









■4品目
f0232060_11565338.jpg
ほっき貝の茶碗蒸し。









■5品目
f0232060_11351759.jpg
羅臼の無洗白子。「天本」さんでこの無洗白子を食べると、他で白子が食べられなくなるくらい味が全く違うw。







■日本酒②
f0232060_11592678.jpg
山形県高木酒造の「十四代」。









■6品目
f0232060_11352734.jpg
対馬のまよいガツオ。脂が乗ってて、カツオというより、上品なブリっぽい味わい。









■7品目
f0232060_11354243.jpg
余市のあん肝。









■8品目
f0232060_11364250.jpg
青森県産のいくら。









■くじらレバー!!
f0232060_11402499.jpg
くじらのレバーなんて、食べるのも、見るのも初めて。当たり前かもしれませんが、くじらって肝臓あったんですねw。ほとんど出回らないし、耳にしないから。さすがくじらだけあって、レバーも大きい。






■9品目
f0232060_1142447.jpg
大のレバー嫌いの私が、なんと1枚食べれた貴重なレバー。もう1枚は、レバー好きな別の方に。









■日本酒③
f0232060_11361428.jpg
福島県宮泉銘醸の「写楽」。










■10品目
f0232060_11365412.jpg
佐島のタコ。









■にぎり①
f0232060_11451077.jpg
長崎県対馬のぶり。脂乗ってて、めちゃくちゃ美味しい。香りもいい。









■にぎり②
f0232060_1145201.jpg
京都丹後のサバ。









■にぎり③
f0232060_12211586.jpg
東京湾スミイカ。










■にぎり④
f0232060_1222291.jpg
函館松皮かれい。









■これが、白皮!
f0232060_11495352.jpg
滅多に捕れない皮が白い「白皮」。ホントに真っ白!









■にぎり⑤
f0232060_1150762.jpg
白皮のにぎり。普通の甘鯛よりも、甘味とコクがある。香りもすごくいい。









■にぎり⑥
f0232060_12244310.jpg
さわらの松前漬け。









■にぎり⑦
f0232060_1227956.jpg
福岡姪浜の鯛。









■にぎり⑧
f0232060_11463324.jpg
対馬のアカムツ。









■にぎり⑨
f0232060_11464728.jpg
長万部のほっき。









■にぎり⑩
f0232060_12283324.jpg
愛知県知多半島のこはだ。









■にぎり⑪
f0232060_12291825.jpg
金目鯛。









■にぎり⑫
f0232060_12294854.jpg
大間のマグロ。









■にぎり⑬
f0232060_12301614.jpg
熟成をかけた中トロ。









■にぎり⑭
f0232060_1147113.jpg
大トロ。醤油ではなく塩で。









■にぎり⑮
f0232060_1147137.jpg
ムラサキウニ。









■にぎり⑯
f0232060_11472698.jpg
大分県の車海老。









■にぎり⑰
f0232060_11473772.jpg
対馬の穴子。









■にぎり⑱
f0232060_12325223.jpg
最後は、フワフワのデザートのようなたまご。









■お椀
f0232060_12332935.jpg
赤出汁。








代々木にある具沢山サンドウィッチカフェ、


「FARO(ファーロ)」でランチ。










インスタ映えするサンドウィッチが食べれるということで、


だいぶランチタイムから過ぎてたが、店内は女の子で賑わってて、大人気。


f0232060_12455150.jpg


f0232060_1246418.jpg












種類が多く、どれにしようかものすごく迷う中、


昨年のクリスマスに出してた期間限定サンドウィッチで、


好評だったので復刻しているというビットーリオ(1300円)に。


f0232060_12481622.jpg











サンドウィッチには、コールドプレスがセットで付いてくる。


コールドプレスは、最近原宿や代官山などのおしゃれなお店で増えてきてる、


低速回転のジューサーを使って、熱を加えずにすりつぶしたジュースのこと。


今日は、バナナとオレンジのコールドプレス。


f0232060_12504079.jpg













そして、サンドウィッチがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


インスタ映えはもちろんのこと、そもそもサンドウィッチとして美味しい。


生ハムやマスカルポーネチーズなど具沢山で食べ応えもあり、


さらに、ゴマの風味が効いたパンがめちゃくちゃ美味しい。


f0232060_12515530.jpg


f0232060_1252414.jpg


f0232060_12521632.jpg













これは、仮にインスタ萎えしてもw、普通に美味しいので人気が出そう。


テイクアウトだけでなく、近隣の会社へのケータリング対応もしてる。


関係してる会社が新宿に数社あるので、今度ケータリングしてもらうかなー。








■「FARO」
http://faro-caffe.tokyo/















先日3周年を迎えた大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で冬のコース。


f0232060_11532015.jpg


f0232060_11545946.jpg


f0232060_1155980.jpg












常連特権(笑)、本日も橋本シェフの調理が目の前で見れるアリーナ席へ。


f0232060_11561572.jpg


f0232060_11562678.jpg













1品目は、冬を感じる「樹氷 コットン」


生け花が出てきたかのような、まさに冬の綿の枝。


f0232060_11581950.jpg












でも、実はこれは食べれる綿枝で、


ナッツキャラメルのわたあめ。


f0232060_1201660.jpg












こちらは食べられない本物。よく似てる。


f0232060_1204367.jpg












この枝は実は食べられる枝。


クラッカー生地で出来てて、ちゃんと樹氷のように


白く雪がかぶってるように作られてる。すごいな。


f0232060_1215586.jpg













2品目は、「毛玉 ビーツ」


真っ赤なビーツのサクサク生地の中に、西洋わさびのクリームが入ってる。


f0232060_1253723.jpg


f0232060_1254717.jpg












3品目は、「林檎」


まさに林檎の登場w。


周りは食べずに、中のマンチェゴチーズをりんご生地で巻いた部分を食べる。


f0232060_1274938.jpg


f0232060_128362.jpg












4品目は、黒米を使った料理。


黒米の上に、雲丹と馬肉、泡はシャルドネビネガーで風味付けされている。


f0232060_12111972.jpg


f0232060_12113198.jpg












5品目は、冬のコース名物の「食べられる折り鶴」


根セロリで作られた美しい折り鶴と、


付け合わせはインカの目覚めとフォアグラ。


この折り鶴、毎回食べるのを躊躇するくらい美しいのだが、


冬のコースに3年連続で来てることを考えると、


もうかれこれ、3羽くらい食い殺してしまってる気がするw。


f0232060_12125042.jpg


f0232060_12132179.jpg


f0232060_12133058.jpg














ここで、セララバアドのココットで焼き上げるパンが登場。


セララバアドのパンは、外がカリッとしてて、


中はモチモチしてて、パンだけでも売って欲しいくらい美味しい。


f0232060_23413973.jpg














6品目は、冬コース定番の「冬の大地」という一皿。


土に見立てたブラックオリーブパウダーの上に、


発酵バターで作った雪と、冬の野菜のソテーが埋まってる。


f0232060_23434852.jpg


f0232060_23435864.jpg












7品目は、カルドッソと呼ばれるスペイン風の魚介リゾット。


中には、蟹とホワイトアスパラガスと菜の花。


蟹の濃厚な風味がたまらない、とても美味しいリゾット。


f0232060_23462611.jpg


f0232060_2347336.jpg













8品目は、トリュフと百合根のムースを合わせた一皿。


トリュフのいい香りと、百合根の素朴な甘みが口に広がる。


f0232060_23484096.jpg













9品目は、セララバアドの名物にもなっている、


橋本シェフが目の前で燻製チップを焚いて作ってくれる瞬間燻製シリーズ。


今日の食材は、アンコウ


アンコウの周りにはじゃがいもをまとわせてソテーしてあるので、サクサク。


燻製のいい香りも食欲をそそる。


f0232060_23505949.jpg


f0232060_23511752.jpg













10品目は、とても柔らかく美味しい紀州鴨


ほんのり甘い紅玉りんごのピューレと合わせて。


f0232060_23555478.jpg


f0232060_2356615.jpg













11品目は、白いモンブラン


白いメレンゲの雪山の中にモンブランが隠れている。


f0232060_23575111.jpg


f0232060_2358428.jpg













最後の12品目は、白い吐息というデザート盛り合わせ。


寒い冬の日のガラス窓をイメージした入れ物は曇っていて、


f0232060_23592674.jpg













指で落書きが出来てしまうw。


f0232060_23595636.jpg












中を開けると、こんな感じ。


スノーボールというデザートは、


エルダーフラワーのジュースが入った球体の中に、


本物のスノーボールのようにキラキラした雪の結晶が入ってて、


球体を動かすと、ちゃんと中の結晶もキラキラと揺れる。


f0232060_023387.jpg


f0232060_02362.jpg












手紙を蝋で止めるシーリングスタンプは、


本物のようだが、ラズベリーソーダで出来たチョコレート。


この黒い封筒の中に何が入っていたかは秘密w。


f0232060_035738.jpg













今日も最後までワクワクとドキドキが止まらない、


楽しいセララバアドだった。


なんかフレンチと言うより、「セララバアド」という、


1つのブランドというか、いちジャンルの料理な気がする。








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















あまり話す機会がないので、話しておくと、


ちゃんぽんという食べ物がかなり好きだ。









私が好きなものがミックスされているのがいい。


「濃厚なとんこつスープ」

「太麺」

「肉も海老もなるとも入ってる野菜炒め」


素晴らしい。










その昔、長崎に行った時に、地元のちゃんぽん屋で美味しいちゃんぽんを食べて以来、


地味に東京でも美味しいちゃんぽんを食べれる店を探していたりする。










知り合いからの紹介で、高円寺の外れにある


昔ながらのちゃんぽん屋「唐八景」へ。


よくラーメン屋さんがちゃんぽんも出すというのはあるのだが、


ちゃんぽん一本筋、ちゃんぽん専門店って、東京にもあるんだな・・・。


f0232060_18413933.jpg


f0232060_18415339.jpg











かなり外も中も年季が入ってて、


正直、ちょっと心配になってしまうレベル(苦笑)。


でも、大将が親切で優しそうなので、黙ってちゃんぽんを待ってみる。


f0232060_18435879.jpg


f0232060_18441360.jpg












ちゃんぽん(野菜大盛り)。


なかなか本格的で、フォトジェニックなちゃんぽんの登場に驚く。


f0232060_18491862.jpg












ちょっと塩と胡椒が多いかな・・・というのはあるが、


なかなかちゃんぽんしてて、さすがちゃんぽん専門店という感じではあった。


美味しかったけど、塩と胡椒で舌が少し疲れてしまうので、


私が食べ続けたいと思うちゃんぽんとはちょっと違ったかな。


f0232060_18591429.jpg












デザートにバナナが出てきた。


久しぶりにバナナ丸ごと食べたw。


f0232060_1905344.jpg









■「唐八景」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13049710/







by meshi-quest | 2018-02-13 08:06 | 高円寺








昔、秋葉原にオフェスがあった時に、


香川が本店の美味しいうどん屋「香川 一福」の


都内一号店が神田に出来て、オープン直後にすぐお邪魔し、


長らく通わせてもらったのだが、最近、神田以外にもちょこちょこ店舗が増えてる。










立川に用事があった帰りに、立川にも「一福」があったことを思い出し、


ちょっと遅めのランチを。


f0232060_18262323.jpg










おー、空いてるーーーー!!!!


神田店が出来た頃には、ランチからだいぶ時間が過ぎてても、


外に行列が出来てるほどだったので、


こんなにすぐに入れて、すぐ食べれるなんて、幸せ!


f0232060_18273077.jpg










こんなに空いてるけど、味はちゃんと変わらず「一福」クオリティー。


必食の鶏天たまご天をはじめ、天ぷらモリモリで美味しくいただいた。


相変わらず、「一福」は美味しいな。


うどんも美味しいし、つゆも最高。


f0232060_18321518.jpg


f0232060_18323450.jpg


f0232060_18333135.jpg










■「香川 一福」
https://www.facebook.com/ippukutachikawa/















何らかの気まぐれで、肉食獣が野菜ソムリエ協会認定


オーガニックカフェ「あたたかなお皿」へ行くことに。


f0232060_17573846.jpg












店内は、野菜メインのオーガニックカフェというだけあって、


女性や子供連れのお母さん達がいっぱい。


店内も何だかヘルシー。


f0232060_1802092.jpg












野菜ソムリエ協会のお墨付きだけあって、


メニューも野菜たっぷり、肉もソイミートの超ヘルシーな内容。


ランチメニューのキノコのクリームリゾットを注文。


前菜も野菜、メインディッシュも野菜。


f0232060_1815414.jpg


f0232060_1831945.jpg












クリームリゾットの上にキノコのフリットが乗っていて、


野菜自体は、野菜ソムリエ協会おすすめだけあって美味しいのだが、


やっぱりというか(笑)、肉食獣には物足りなかった。


f0232060_185923.jpg








ちなみに、ここは朝ごはんも9:00からやっている。


井の頭公園散歩がてら、朝ごはんだったらいいのかも。







■「あたたかなお皿」
http://www.atatakanaosara.jp/






by meshi-quest | 2018-02-11 08:02 | 吉祥寺







私が役員をさせていただいてる会社の1つが


先日裏渋谷のおしゃれエリアに移転をした。


webデザインやアパレル系は多いが、ゲーム会社は少なく、


あまり来ないエリアだったので、ここぞとばかり、メシクエ開始。











渋谷っぽい感じのおしゃれなラテンカフェ、


「Cafe Habana Tokyo カフェ ハバナトウキョウ」でランチ。


日本初出店のカフェとのこと。


f0232060_15164749.jpg











店内は広々としてて、超ラテンな感じ。


ランチに大人しく打ち合わせしてる場合じゃない感じの陽気さ。


f0232060_15175661.jpg












トルタと呼ばれるサンドウィッチを注文。


中の具は色々と選べて、テリヤキチキンを選択。


付け合わせはたっぷりのポテトフライ。


f0232060_15203675.jpg


f0232060_15205066.jpg











めちゃくちゃボリュームたっぷりで、


これでハーフサイズなのだが、ハーフで十分。


テリヤキチキンも味付けが濃いめで、ガツンとしたランチサンドウィッチ。


チキンの他にキャベツやチーズも入ってて、特にクセもなく、食べやすかった。


f0232060_15225586.jpg











■「カフェ ハバナトウキョウ」
http://cafehabana.jp/







by meshi-quest | 2018-02-10 08:06 | 渋谷・神泉







住所非公開の会員制馬肉専門店「ローストホース」と、


恵比寿の人気焼肉店「虎の穴」がコラボをしたドリームレストラン、


その名も「虎馬(とらうま)」へ行ってきた。


f0232060_1282495.jpg


f0232060_1284114.jpg












「ローストホース」はメシクエでも何回かお邪魔しているが、


すでに会員ですら予約が取れなくて、伝説になりつつあり、


一方、「虎馬」は、一見では予約は取れないが、


一度行った人が同伴でお店に紹介すれば、その人も予約の権利を得ることができ、


かつ、「ローストホース」と違って、場所も割とオープンにしている。










まずは、着席と同時に、大きなオレンジジュース絞り機で作った、


絞りたてのオレンジジュースが出てくるのだが、


駆けつけ乾いた喉にちょうど良く、甘くて美味しくて、お代わりしたくなる。


f0232060_12484825.jpg












オレンジジュースの機械の横に、グレープフルーツに穴を開ける機械があり、


これで名物の生グレープフルーツハイを作ってくれる。


メシクエ映えする写真が撮れた。


ちなみに、料理はコースのみで、飲み物は飲み放題。


f0232060_12503890.jpg


f0232060_12505263.jpg












1品目は、季節の野菜と肉味噌から。


f0232060_12525094.jpg












2品目は、「ローストホース」でも出てくる馬肉の希少部位盛り合わせ。


おび、たてがみ、ふたえご、さんかくしんの4種。写真は2人分。


f0232060_12544459.jpg













3品目は、自分で作る馬トロ軍艦


肉臭さは全くなく、上品なマグロを食べている感じ。


f0232060_12561091.jpg


f0232060_1256246.jpg











4品目は、牛トロの一番いい部分を使ったにぎり。


見た目通りで、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_12572181.jpg












5品目は、牛の外もも


f0232060_1258197.jpg












6品目は、牡蠣が入った牡蠣ポッサムと、蒸し豚。


牡蠣は食べられないので、写真だけ。


f0232060_1259588.jpg













7品目は、エビのすり身だけ使ったエビ餃子


これ、甲殻機動隊としてはたまらん一品。絶品。


f0232060_1301631.jpg













8品目は、飛騨牛の串焼き。


f0232060_131141.jpg












9品目は、牛すじ馬すじ、ハチノス、糸島ニラを使った


まさに牛と馬のコラボ店ならではの旨辛鍋。


この鍋、いい出汁が出てて、ホント美味しかったな。


鍋だけ大きいのを食べ続けたいくらいw。


f0232060_1341360.jpg













10品目のメインディシュの塊肉焼きは、3種。


まずは、大きな牛タンから。


脂が乗ってて、すごく美味しい!!


同じタンでも先の方と、後ろの方でちゃんと味が違う。


f0232060_1364519.jpg


f0232060_137494.jpg












次は、馬のひもの部分。


f0232060_1373353.jpg


f0232060_1374739.jpg


f0232060_1375938.jpg












最後は、柔らかくジューシーなハラミ


f0232060_1382761.jpg












11品目の〆のご飯は、ナムルを炊き込んだナムルにぎり


さらに、スープ代わりに、トッポギが入った韓国風雑煮も。


ボリュームたっぷり!!


f0232060_1395846.jpg


f0232060_13101224.jpg


f0232060_13102658.jpg












12品目のデザートは、「ローストホース」名物の巨大かき氷


写真は4人前の、きな粉と黒蜜のビッグマウンテン。


見た目はすごい量で驚くが、口の中でフワッと溶けるので、意外と食べれてしまう。


f0232060_1311456.jpg












馬と牛のドリームタッグらしい内容になってて、


馬だけしっかり食べたければ、やっぱり「ローストホース」なんだろうけど、


予約取れないことや、馬も食べつつ牛との食べ比べが出来ることを考えたら、


「虎馬」はすごくいいのかも。


またぜひお邪魔しますー。








■「虎馬」
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13210783/








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ