<   2018年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧










弊社でお世話になっている顧問弁護士さんへのお礼を兼ねて、


懇意にさせてもらっている「中目黒伍燗(ごかん)」で食事。


f0232060_14263922.jpg


f0232060_14264751.jpg


f0232060_14265659.jpg












日本酒いっぱいで悩むー。


「天明」dot sake projectのゲーム風レアパッケージ、かわいくていいなw。


「伍燗」は半合からお酒を出してくれるので、ありがたい。


ちょっとづつ色々飲んでみるか!


f0232060_14283975.jpg


f0232060_14284990.jpg


f0232060_1429114.jpg












まずは、お清めの迎い酒から。


料理のスタートに迎い酒を振る舞ってくれるお店は少なく、


「伍燗」の料理が始まるスタートのこの感じがすごく好き。


f0232060_14315415.jpg


f0232060_14323385.jpg














1品目は、徳島のハモと土佐酢を使った前菜から。


ホワイトビーツやじゅんさい、オクラにトマトなど、


夏野菜がいっぱいで、見た目に華やか。


f0232060_14335737.jpg


f0232060_14343897.jpg













2品目は、名物の手作り胡麻豆腐


胡麻のいい香りと、モチモチの食感で、相変わらず、絶品!!


f0232060_14355240.jpg


f0232060_14361947.jpg












3品目は、八寸


悶絶美味しい手作りカニクリームコロッケをはじめ、


鯖の棒寿司、とり貝、和牛ローストビーフ、茶豆など。


f0232060_143951100.jpg


f0232060_1439093.jpg


f0232060_14391077.jpg


f0232060_14392030.jpg


f0232060_14393081.jpg













4品目は、山芋と野菜のすり流し


中には柔らかい蒸しアワビ。白味噌仕立ての優しい味。


f0232060_14412792.jpg


f0232060_14413773.jpg













5品目は、お造り


富山の白えびに、ひらめ、イワシの海苔巻きなど。


イワシは脂乗ってて美味しいのはもちろんのこと、断面が美しい!


f0232060_14425685.jpg


f0232060_14433885.jpg


f0232060_14434733.jpg


f0232060_14435528.jpg


f0232060_1444794.jpg













6品目は、豪華な甘鯛のお頭を使った若狭焼。


美味しくて、無言で身をほじってしまうw。


f0232060_144567.jpg


f0232060_14452784.jpg


f0232060_14453629.jpg













7品目は、大将の内藤さんの特別メニュー。


通常は炊き込みご飯のところ、私のリクエストでのフルコースを。


こんな本格的な和食を食べた上に、鮨も食べれるなんて幸せ!


f0232060_14472396.jpg


f0232060_14473416.jpg













まずは、ひらめから。


f0232060_14482836.jpg












えんがわに、あおりいか、キンメ。


f0232060_14491172.jpg


f0232060_1449257.jpg


f0232060_14493596.jpg













毛蟹は甘くてフワフワ、カニ味噌付き。


f0232060_14502647.jpg














大きな車海老に、ウニ。


f0232060_14511031.jpg


f0232060_14512725.jpg













のどぐろの炙りは、脂乗ってて、絶品。


f0232060_14515942.jpg













こはだに、穴子。


f0232060_14521876.jpg


f0232060_14522931.jpg













最後は、天然カンパチのネギトロと、かんぴょう巻。


f0232060_14531738.jpg


f0232060_14532681.jpg


f0232060_14533542.jpg













8品目のデザートは、とても甘い沖縄のマンゴーと、


「サマーエンジェル」という名前の美味しいプラム


f0232060_14544256.jpg


f0232060_14545515.jpg


f0232060_1455445.jpg










しっかり和食も食べさせてもらえて、その上鮨までいただけて、


本当にわがまま放題の贅沢な気分を味わせてもらえる貴重なお店。


いつも感謝!!!







■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44
















高知を歩いていると、よく見かけるこのフレーズ


本当に、高知はのんべえに寛容な町だw。


f0232060_1184225.jpg













屋台文化が根付いている高知で、


屋台から始まり人気が出て、店舗も持つようになったという、


高知で知らない人はいないと言われている餃子店「いまどき安兵衛」へ。


f0232060_1203717.jpg


f0232060_1204724.jpg


f0232060_1205936.jpg













高知には、〆餃子という文化があり、


飲んだ後に、本当にみんな餃子を食べて帰っている。


東京だと〆ラーメンだが、それの高知バージョンだ。


f0232060_1223952.jpg


f0232060_1224930.jpg













高知の餃子は〆餃子に適していて、


1つ1つが小ぶりで、


中のアンもサッパリしているので、


飲んだ後でも確かに食べれてしまう。


逆に、これをおかずにすると物足りない感じなので、


ちゃんと飲みに特化した餃子な気がする。


f0232060_1243839.jpg













ニンニクなしも、ちゃんとある。


この皿、分かりやすくていいなあw。


f0232060_1252192.jpg


f0232060_125335.jpg













〆餃子がメジャーではあるが、ちゃんと〆ラーメンもある。


このラーメンも、すごくシンプルで、


いい意味で変に特徴がない醤油ラーメンなので、


むしろ飲んだ後にはちょうどいい感じ。


これも、メインで食べると思うとちょっと物足りなさを感じるので、


そう考えると、高知は全てがのんべえのために作られてるのかもしれん。


f0232060_12826.jpg


f0232060_128135.jpg









■「いまどき安兵衛」
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39000134/









by meshi-quest | 2018-07-30 08:06 | 旅行_国内








高知県庁の方にご紹介いただいた、


美味しい土佐料理や高知の地酒が飲める居酒屋「かもん亭」へ。


f0232060_103257.jpg














観光客っぽい人はほとんどおらず、


地元のおじさんがワイワイ楽しく飲んでいるような居酒屋。


地元の人で混んでいるのは美味しい証拠。


お店は、やっぱりその土地に住む地元のグルメな方に教えてもらうのが一番!


まずは、高知名物のゆずを使ったゆず酒で乾杯。


f0232060_114946.jpg


f0232060_123138.jpg


f0232060_124024.jpg












高知の地酒がいっぱい!!


片っ端から飲み比べをしていく。


f0232060_14950.jpg


f0232060_142213.jpg












高知名産のフルーツトマトに、


金目の刺身、野菜の天ぷら。


f0232060_154443.jpg


f0232060_16595.jpg


f0232060_161828.jpg













「やけど」という高知ではよく食べられる小魚のから揚げ。


本当にやけどをしているかのように、皮膚がはがれているのが特徴。


サッパリとした白身で、クセもなく、食べやすいから揚げ。


f0232060_175117.jpg


f0232060_18259.jpg













これも高知ではよく食べられるウツボのから揚げ。


ウナギや穴子と似ている感じで、コラーゲン質。


f0232060_193053.jpg


f0232060_194782.jpg













土佐あか牛の炭火焼き。


生産量が少ないそうで、県外にはあまり流通していない貴重な牛。


土佐あか牛は初めて食べたが、肉の旨味やコクがあって、すごく美味しい!


f0232060_1113766.jpg


f0232060_1115157.jpg













〆は、うるめイワシの棒寿司。


イワシも脂が乗っており、酢飯にゆずが使われてて、


この棒寿司、めちゃくちゃ美味しかったー!


f0232060_113633.jpg


f0232060_1131771.jpg









■「かもん亭」
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39001888/










by meshi-quest | 2018-07-29 08:06 | 旅行_国内







高知出張


生まれて初めて、あの有名な桂浜に行ってきた。


f0232060_16221886.jpg












そう、あの龍馬さんが愛していた桂浜。


浜を歩きながら、これからの日本のことを色々と考えたという桂浜。


f0232060_1633543.jpg












がとてもよく似合う、日本らしい上品な浜辺で、


考え事をしながら散歩するのにちょうどいい感じ。


f0232060_16365757.jpg








日本の観光客が多いのかと思いきや、


最近、高知には中国から大型客船が到着するらしく、周りはほぼ中華系観光客。


桂浜に中国人という意外な組み合わせに驚いた。









桂浜の横の丘を上がると、教科書でよく見たあの龍馬さんの像。


想像してたより、意外と大きくて、高くて、これまた驚いた。


やっぱり教科書の知識だけじゃダメだなあ。


実際行ってみたいと分からないことだらけ。


f0232060_16395755.jpg











日本を今一度洗濯しないとあかん!!


龍馬さん、初めまして。


高知に何度かお邪魔してますが、ようやくお会いできました。


f0232060_16433882.jpg











ちなみに、1つだけ桂浜で残念だったことを言うと、


桂浜に土佐犬センターという超気になる場所があると聞き、


土佐犬見たい!!!と思って探しに行ってきたのだが、


残念ながら、動物保護の関係もあってか、土佐犬センターは閉鎖され、


その跡地はお土産物屋さんになっていた・・・。


f0232060_16484152.jpg












さて、お昼に地元の方に教えていただいた、


高知で有名な鰻屋「かいだ屋」へ。


プロペラ機の看板が目印。


f0232060_16501787.jpg


f0232060_1650412.jpg


f0232060_16505560.jpg











店内はお座敷があり、かなり席数もあり、かなり広いのだが、


さすが人気店だけあって、入れ違いにどんどんお客さんがきて、ほぼ満席。


f0232060_16524699.jpg












うな重(3300円)を注文。


サラダと肝吸い付き。


f0232060_16533195.jpg












東京の蒸すうなぎと違って、高知のうなぎは関西式で、


通称「まむしやき」という、パリッと焼くうなぎ。


タレも甘めで、関東のうなぎと違うけど、これはこれでとても美味しい。


昼から美味しいうなぎが食べれて、栄養補給万全で仕事に向かう。


f0232060_1704289.jpg









■「かいだ屋」
http://kaidaya.hp.gogo.jp/pc/







by meshi-quest | 2018-07-28 08:06 | 旅行_国内







住所非公開の会員制馬肉専門店「ローストホース」と、


恵比寿の人気焼肉店「虎の穴」がコラボをしたドリームレストラン、


「虎馬」で元スクエニの同僚と食事会。


f0232060_1734730.jpg


f0232060_174988.jpg


f0232060_1742419.jpg













赤ワインと、


「虎馬」名物生グレープフルーツサワーで乾杯。


f0232060_1751844.jpg


f0232060_1754473.jpg


f0232060_1755655.jpg












1品目は、生野菜肉味噌


自家製肉味噌がとても美味しい。


f0232060_17124719.jpg
  

f0232060_1713865.jpg


f0232060_17132121.jpg












2品目は、馬肉専門店と牛肉専門店のコラボならではの一品。


馬刺し牛刺しの盛り合わせ。


馬は、ふたえご、さんかくしん、たてがみ


牛は飛騨牛のタン、イチボ、ほほにくなど。


f0232060_17162745.jpg


f0232060_17174371.jpg


f0232060_17201177.jpg


f0232060_17202896.jpg













3品目は、肉寿司。


和牛のにぎりと、


馬トロとたてがみの軍艦


f0232060_1722730.jpg


f0232060_1722287.jpg


f0232060_17224420.jpg












4品目は、ピリ辛のしまちょうと青唐辛子の炒め。


しまちょうがジューシーでプリプリで、お酒が進む。


f0232060_1724275.jpg













5品目は馬のハラミの串焼き、6品目は牛スジ煮込み。


「虎馬」の柔らか牛スジ煮込みは絶品!!


f0232060_17254841.jpg


f0232060_1726287.jpg













7品目は、メインの塊肉第一弾、牛タンから。


タンを丸ごと1本なので、切る場所でタン先、タン元など部位が異なり、味も違う。


f0232060_17284562.jpg


f0232060_1729614.jpg


f0232060_17292122.jpg


f0232060_17294166.jpg


f0232060_17295931.jpg













8品目の塊肉第二弾は、和牛のリブ


骨つきのまま焼き上げて、スタッフの方が豪快に骨から肉を削いでくれる。


f0232060_17325172.jpg


f0232060_17331433.jpg












9品目の塊肉第三弾は、馬肉のおび


馬のお腹の部分の肉。


f0232060_17353961.jpg


f0232060_17364526.jpg













10品目の〆は、炊き立ての土鍋ご飯を使った肉屋のカレー


カレーはなんか別腹w。


f0232060_17375140.jpg


f0232060_17381717.jpg












11品目は、「虎馬」名物のかき氷


パウダースノーのサラサラな練乳氷の上に、


きな粉と、バニラアイスと、黒蜜のトッピング。


不思議と、サラッと食べれてしまう逸品。


f0232060_17395435.jpg


f0232060_17402154.jpg


f0232060_17405189.jpg








今日も馬と牛のフルコースを堪能させてもらった!


牛と豚とか、豚と鶏の組み合わせはあっても、


このが一緒に味わえるところはなかなかないんだよなー。





■「虎馬」
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13210783/
















吉祥寺駅前の、ビルの階段を上って2階にある定食屋、


「階段ノ上ノ食堂」でランチ。


駅前にあって、意外と静かで、


ちゃんとした定食を食べさせてもらえるので、ちょくちょくお邪魔している。


f0232060_16272867.jpg


f0232060_16274227.jpg













全定食に付いてくるサラダ


健康的、かつ、新鮮で昼からいい感じの野菜。


f0232060_16532944.jpg












前菜5種の盛り合わせ。


手作り豆腐、アサリの酒蒸し、豆アジのマリネ、ポテトサラダ、香の物。


f0232060_1655221.jpg


f0232060_16551461.jpg


f0232060_1655266.jpg













選べるメインは、小田原の地アジフライに。


f0232060_16564397.jpg













厚みあって、サクサクの揚げ立てのアジフライは格別。


美味しい和定食だった!


f0232060_16572255.jpg








■「階段ノ上ノ食堂」
http://kaidan-shokudo.tokyo/








by meshi-quest | 2018-07-26 08:07 | 吉祥寺








渋谷にめちゃくちゃ詳しい方から教えていただいた、


隠れ家日本酒居酒屋「ウメバチ」へ。


雰囲気良く、飲みなれた人が集う、大人な居酒屋という感じ。


新南口の路地裏のビルの上にあり、教えてもらわないとなかなか辿り着けない場所。


f0232060_15135647.jpg


f0232060_1514117.jpg












スッキリ辛口で!というオーダーで出してくれた


「田中六十五」の「6513」


これがめちゃくちゃ美味しくて、


本日この後も、こればかり飲ませてもらうことに。


ちなみに、65は山田錦の精米歩合65%から、13はアルコール度数13%から。


f0232060_15185617.jpg












まずは、山わさびの醤油漬け。


わさびのツンとした香りが日本酒と合う、大人のつまみ。


器もすごくおしゃれ。


f0232060_1601681.jpg


f0232060_160336.jpg












ハツ、砂肝、レバーのもつ刺し3種盛り合わせ。


砂肝の断面の美しいこと!綺麗なピンク!


f0232060_1625781.jpg


f0232060_163201.jpg


f0232060_1633366.jpg


f0232060_1634675.jpg












ささみの昆布〆。


ねっとり、しっとりしてて、なんとも言えない食感。


昆布の風味や塩加減もちょうどいい。


f0232060_1651246.jpg


f0232060_165305.jpg












自家製揚げ出し豆腐と原木椎茸味噌。


鶏料理もさることながら、この揚げ出し豆腐がめちゃくちゃ美味しかった。


カリッと揚げられた手作り豆腐も美味しいし、


上に乗っている原木椎茸味噌も絶品。


あと2つくらい食べたかったw。


f0232060_1672248.jpg











鶏手羽先揚げと、山ノ芋唐揚げ。


手羽先がジューシーで、これまた美味しかった!


f0232060_1691316.jpg


f0232060_1693858.jpg












〆は、名物の鶏パクチー鍋!!


鍋の中に、根っこ付きのパクチーがすでにインされてる上、


さらに、膨大な量のパクチーがw。


f0232060_16143858.jpg


f0232060_1614498.jpg













パクチー嫌いじゃなし、むしろ、アジア料理にパクチーないと物足りない派なのだが、


さすがに一気に1日のパクチー許容量を超えてしまいw、


割と早めに戦線離脱して、


ご一緒していた本物のパクチー好きに残りをお願いすることに。


f0232060_16163268.jpg













〆は、鍋の残りのスープを利用した雑炊


スープ自体は全体的に鶏の出汁に、ほんのりパクチー風味で、優しい雑炊に。


f0232060_16181553.jpg










日本酒と鶏料理が美味しいので、鶏好きな人はぜひ。


パクチー鍋だけは、本当にパクチー好きな人だけに勧めるw。







■「ウメバチ」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13193199/








by meshi-quest | 2018-07-25 08:08 | 渋谷・神泉








深夜までやってて、安くて美味しい焼き鳥食べれた


吉祥寺の居酒屋「克ツ 井の頭」が無くなっていて、


その跡地に、新しい居酒屋が出来てたので、


緊急メシクエスト発動ということで行ってみた。


f0232060_14413548.jpg













たまたま「克ツ 井の頭」のオーナーさんがいたので聞いてみたら、


焼き鳥の「克ツ 井の頭」をやめて、鶏料理メインの新業態に変えたのだそう。


f0232060_14414926.jpg












「克ツ 井の頭」の時にもあった抹茶ハイで乾杯。


あまりハイ系を飲まないのだが、この抹茶ハイは注文入ってから、


ちゃんと目の前で抹茶を立ててくれて、


写真の通り、抹茶が濃くて美味しいので気に入ってる。


f0232060_14453038.jpg


f0232060_14454479.jpg












「克ツ 井の頭」の時より、焼き鳥も無くなり、


焼き鳥が美味しかったので、ちょっと残念。


「克ツ 井の頭」からのサイドメニューも少し残りつつ、


新しいメニューの方が増えている印象。


青唐辛子の餃子は、かなり青唐辛子が効いてて、辛いモノ好きな人向け。


f0232060_14493315.jpg


f0232060_14495493.jpg


f0232060_14521670.jpg












炊きつくねは、鶏鍋に使っているスープで鶏団子を炊いた一品。


f0232060_14533587.jpg












「とさか」名物という


「パリパリ二十七時間チキン」を注文。


24時間漬け込んで、2時間焼いて、1時間干すという、


まさに手間暇かけたチキンは、


本当に中は柔らかく、外はパリパリで、かなり美味しくできていた。


f0232060_1456458.jpg


f0232060_14561835.jpg









全体的に「克ツ 井の頭」の時同様、クオリティーの高い大衆居酒屋だと思うが、


これはあくまで個人的な好みとして、焼き鳥の「克ツ 井の頭」の時の方が


通っても食べ飽きないというか、選べる楽しさがあって、好きだったかな。







■「大衆鶏酒場とさか」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13218679/









by meshi-quest | 2018-07-24 08:05 | 吉祥寺








ランチでしょっちゅうお邪魔している大好きなイタリアン、


「ヴィッラマニョーリア」。


今日は珍しくちょうど時間も合ったので、ディナーでお邪魔。


f0232060_20101464.jpg












まずは、前菜盛り合わせから。


本格的なイタリアンだが、1人のお客さんにも優しく、


食べたいものを言うと、スタッフやシェフが、


全体を1人用にボリュームも調整して、出してくれるのがありがたい。


f0232060_20131672.jpg


f0232060_20103711.jpg












イタリア産サマーポルチーニ茸のフリット。


ポルチーニ好きとしては、たまらん一品。


カリッと揚っていて、香りもすごくいい。


f0232060_20144362.jpg












リグーリア風の野菜のカポナータ


トマトの酸味が控えめで、優しい味わいの野菜のトマト煮込み。


f0232060_20155368.jpg












牛タンのグリルは、


パセリをたっぷり使ったグリーンのソース・サルサヴェルデと共に。


f0232060_20165127.jpg













モンフェッラート風ウサギのツナ仕立て。


ウサギが本当に柔らかくて、上品なツナのような味わい。


この前菜もめちゃくちゃ美味しい。


f0232060_201924.jpg













「ヴィッラマニョーリア」は、


『ズッパ』と呼ばれる具だくさんのイタリアスープをウリにしてて、


ランチではミネストローネの1種しか食べられないが、


ディナーでは4種のズッパが楽しめる。


今回は、アクアコッタという南トスカーナのズッパを注文。


f0232060_2021468.jpg













パン、玉ねぎ、セロリ、トマトのサラッとしたスープに、


落とし卵をしたスープなのだが、めちゃくちゃ美味しくて、


今まで色んなイタリアンで食べたどのズッパよりも美味しかった。


f0232060_2023859.jpg












ポルチーニ好きとして、パスタも当然ポルチーニ。


バターの香りと、大きめのゴロっと入ったポルチーニが奏でるハーモニー。


どこまでいっても、ポルチーニ。


何があっても、ポルチーニ。


f0232060_20241611.jpg


f0232060_20242561.jpg













メインディッシュは、


ローマの定番料理という牛テールの煮込み。


「コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ」という悪い魔法みたいな名前w。


フォークを刺すだけで、ホロっと身が取れる柔らかさ。


f0232060_2028241.jpg


f0232060_20281182.jpg












デザートは、ティラミスを1人用に小さめに。


ティラミスも甘さ控えめで美味しかった。


f0232060_20285317.jpg


f0232060_2029457.jpg







ランチも十分美味しいけど、


ディナーはやっぱりランチにはないメニューがたくさんあって、


「ヴィッラマニョーリア」の本領発揮な感じ。美味しかった!!






■「Villa Magnolia ヴィッラマニョーリア」
https://www.facebook.com/villamagnolia2013?ref=stream








by meshi-quest | 2018-07-23 08:08 | 吉祥寺








ひょんなことから、茨城県


お腹が空いたので、高速降りて「道の駅ごか」に立ち寄る。


初めて来たが、近隣の農家さんの農作物販売所もあり、お土産屋さんもあり、


小さいながら、充実している道の駅だった。










この「道の駅ごか」の中にあるレストラン「華こぶし」で本日ランチ。


f0232060_2071556.jpg


f0232060_2091417.jpg













正直、パッと見はよくある地方のパーキング食堂という感じなのだが、


なんかメニューがどれも魅力的で、写真も美味しそうw。


f0232060_20951.jpg


f0232060_2092736.jpg


f0232060_2094346.jpg


f0232060_2010535.jpg













うどんも、そばも充実している。


f0232060_20102961.jpg


f0232060_20104065.jpg


f0232060_2010499.jpg












カレーパンを蕎麦に乗せた、こんなメニューまであるw。


f0232060_20112558.jpg













まさかのラインナップに非常に悩んでいるところ、


なんと愛すべきキューピーの五霞工場があるじゃんか!!!!


成沢家を代表するマヨラーとして、なんとしてもマヨ料理を食わねば!!


f0232060_2014711.jpg


f0232060_20141616.jpg


f0232060_2014279.jpg












というわけで、私はマヨソースとんかつ丼


さらに、そこに温かい蕎麦も付けてしまう。


カロリーのことなんか、大事な飯時に気にしてられません。


f0232060_2016615.jpg













これが、お近くの五霞工場で作られた、


ほやほやのキューピーマヨネーズだと思うと、感慨深い。


個人的には、五霞工場のお膝元なのだから、


もっとたっぷりかけようよ!と思うのだが、


それは、私が異常なマヨラーだからなのか・・・。


とんかつもなかなか美味しい。(もっとマヨほしい)


f0232060_2019611.jpg


f0232060_20191664.jpg













これは別の人が注文したランチ。


五霞名物の手打ち幅広一本うどん


そこに、カレーを付けるという豪華ランチw。


一本うどんは本当に一本長いのが入ってて、驚いた。


f0232060_20203123.jpg


f0232060_20204764.jpg


f0232060_20205414.jpg












お土産には、五霞工場特製の瓶入りキューピーも。


なかなかマヨラーには楽しめる道の駅だった。


f0232060_2021358.jpg


f0232060_20214333.jpg










■「華こぶし」
https://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080601/8017293/









by meshi-quest | 2018-07-22 08:06
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ