人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧










駅からちょっと離れた場所に


オシャレな何かが作られてたのは前から気になってて、


オープンしたら炭火焼きのイタリアンで、ディナーでお邪魔してみた。


f0232060_2231930.jpg














ガラス扉が開けられてて、外の空気が気持ちよく、


意外と店内も広く、カウンターの居心地がいい。


f0232060_2235455.jpg


f0232060_224686.jpg














お通しで出てくる自家製パンが素朴な甘味あって美味しくて、


なんだか手が止まらず、食べ続けてしまう。


f0232060_224481.jpg


f0232060_225044.jpg














1品目は、前菜の盛り合わせから。


大山どりの胸肉の低温調理、自家製鴨の生ハム、


沖縄県ロイヤルポークのポルケッタなど。


特に、鴨の生ハムはとても美味しかった!


f0232060_2281454.jpg


f0232060_2283434.jpg


f0232060_2284258.jpg
















2品目は、自家製鴨の生ハムと洋梨のサラダ仕立て。


前菜の盛り合わせにも出ていた美味しい濃厚な鴨生ハムと、


少し苦みある葉物と、甘味ある洋梨とのバランスいい組み合わせ。


f0232060_22331799.jpg


f0232060_22333115.jpg














3品目は、炭火で炙った自家製スモークサーモン


半生のような状態だが、じっくり火を通してあって、柔らかく、いい香り。


メニューに「フォアグラのテリーヌと共に」とあったのだが、


フォアグラのテリーヌは付いてこなかったw。


f0232060_2236212.jpg


f0232060_22364527.jpg














4品目は、お店おすすめの和牛の炭火焼き。


柔らかく、美味しく出来ていた。


特に、付け合わせの野菜の炭火焼きが甘くて、美味しかった。


f0232060_2241974.jpg


f0232060_22412337.jpg















5品目はタラのヴィツェンツァ風という煮込み料理。


タラとたっぷり玉ねぎのクリーム煮込みのような感じ。


f0232060_22425756.jpg


f0232060_22431075.jpg















6品目は、お店おすすめの魚介のカルボナーラ


ラグー状にした魚介をクリーム仕立てのパスタに。


いわゆる、卵黄とベーコンのカルボナーラとはちょっと違うが、


魚介のクリームパスタとして美味しく出来てる。


f0232060_22444430.jpg


f0232060_22452579.jpg














帰りがけにお土産のビスコッティをもらった。


雰囲気も良く、入りやすく、オシャレでいい感じのイタリアンで、


全体的にちゃんと美味しいのだが、コレだ!という目玉がない感じで、


思い出して食べたくなる料理があると、もっといいなあという印象。


f0232060_225005.jpg











■「egna (エーニャ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13223715/








by meshi-quest | 2018-11-30 08:06 | 吉祥寺








神戸で伺ったミシュラン兵庫掲載フレンチ「anonyme アノニム」さんから


お弟子さんが渋谷・神泉でフレンチをオープンしていると教えてもらい、


松濤美術館の近くにあるフレンチ「ソンデコネ」へ。


f0232060_2116769.jpg















ご夫婦で静かにやられている「anonyme アノニム」とは対照的に、


楽しげな音楽全開で、陽気で元気な若いシェフが出迎えてくれた。


神泉、松濤ではもう有名なフレンチになっているようで、


19時にはカウンターも含めて、一気に満席になってしまった。


f0232060_21161929.jpg














コースはおまかせの1種類のみ。


雰囲気は対照的だが、メニュー表が無くて、


小さな前菜3種に、魚と、肉と、デザートという構成は


「anonyme アノニム」とよく似ていた。


まず1品目は、かぼちゃとヘーゼルナッツのポタージュから。


香りのアクセントに中にオレンジが入ってるのが印象的。


f0232060_2122176.jpg















2品目は、ブラッタータチーズとチコリとサラミのサラダ。


このブラッタータチーズがすごく美味しくて、ビックリ。


チコリも独特の苦みが無くて食べやすく、相性が良かった。


f0232060_2125020.jpg


f0232060_21252117.jpg














フォカッチャがこれまたいい感じに


塩とオリーブオイルが効いてて、すごく好みの味だった。


美味しかったなー。お代わりが止まらないフォカッチャ。


f0232060_21264139.jpg















3品目は、マグロとじゃがいもの組み合わせ。


マグロにしっかり味が付いてて、じゃがいもでクリーミーな味わいに。


f0232060_21451953.jpg


f0232060_21454628.jpg















4品目の魚料理は、サワラとイカとカリフラワー。


グリーンのソースが鮮やかで、食べやすい魚料理。


f0232060_21471768.jpg


f0232060_21472741.jpg















5品目はの肉料理は、鹿とビーツ。


鹿肉と、甘味あるソースやビーツとの組み合わせ。


f0232060_21483198.jpg


f0232060_21484639.jpg














デザートは、なんと3種出てくる。


1つめは、レモンクリームのムースで写真を失念・・・。


2つめは、のアイスとキャラメルソース。


f0232060_21502657.jpg















3つめは、ビターなチョコレートと洋梨。


フレッシュハーブのハーブティーと共に。


f0232060_21512543.jpg


f0232060_21514180.jpg


f0232060_21514957.jpg









裏渋谷の神泉という場所にすごく合っているフレンチというか、


堅苦しくなく、自由にカジュアルに食べれて、


それでいて、ちゃんと品もあるような、今らしいフレンチだった。






■「ソンデコネ」
https://meshi-quest.exblog.jp/30012038/








by meshi-quest | 2018-11-29 08:07 | 渋谷・神泉










超予約困難な亀戸イタリアンの名店「メゼババ」で、


晩秋のイタリア料理を堪能する。


f0232060_23584899.jpg














1品目は、近江牛タンハムから。


濃厚な味で、普通のハムとは違う、まさにタンの味。


私が好きだと思うと高山シェフが用意してくれていた赤ワインが


めちゃくちゃ好みの味で、ここ最近飲んだ赤で一番好きだった。


f0232060_011080.jpg


f0232060_012049.jpg


f0232060_01397.jpg















2品目は、鳩のフリット


フレンチで鳩のローストとかは食べたことがあったが、フリットは初。


鶏肉のフリットとはまた違う、濃厚な味わいだが、


しっかり鳥の味が感じられて、ワインに合う味。


f0232060_0491.jpg


f0232060_042661.jpg


f0232060_043648.jpg















3品目は、「メゼババ」名物のシャモバター


濃厚なバターの風味と、柔らかいシャモの肉にノックダウン。


これ、ホント好き。


f0232060_061563.jpg


f0232060_062924.jpg















4人で仲良く取り分けをして、


シャモエキスを吸った濃厚なバターはパンと一緒に。


f0232060_072264.jpg


f0232060_073276.jpg















4品目は、秋トリュフオムレツ


これでもか!というくらいのたっぷり黒トリュフ。


めちゃくちゃいい香りがする。


f0232060_092279.jpg


f0232060_094292.jpg















5品目は、愛農ナチュラルポークの骨付きグリル。


ガツンとした見た目と違って、すごく上品な味わいの美味しい豚肉。


豚肉って美味しいなあと、しみじみ思う一品。


f0232060_0114881.jpg


f0232060_012671.jpg


f0232060_01215100.jpg


f0232060_0122584.jpg














面白いワインを出してもらった。


赤い葡萄を使った赤ワインの色だけど、実は白ワイン。


確かに味は白っぽいんだけど、どこか赤の風味もする不思議な味。


f0232060_0144133.jpg


f0232060_0145066.jpg














6品目は、イタリア地茸のスパゲッティ。


キノコがすごく大きくて、ものすごく香りがいい。


相変わらず、太麺のしっかりとしたパスタが


小麦の味も感じられ、食べ応えもあって、美味しい。


f0232060_0171138.jpg


f0232060_018247.jpg















7品目は、肉のスパゲッティ


ゴロっと大きな牛肉の煮込みが入ったパスタ。


さっきの地茸のパスタと対照的に細麺でしっかり絡む。


f0232060_0195586.jpg


f0232060_020774.jpg














8品目のデザートは、プリン


甘さ控えめで、ビターなカラメルが美味しい大人のプリン。


固さもちょうど良く、とてもいい感じ。


f0232060_0211087.jpg










今年最後のメゼババになると思うが、


今年も美味しいイタリアンをいっぱい堪能させてもらった!


また来年もお邪魔させていただきます!







■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/



















鮨好きの友達から紹介してもらい、


鮨グルメ界で噂になっている全鮨が熟成という


鮨熟成士・白山さんのお店「熟成鮨 万」へ。


f0232060_237186.jpg













広尾の高級マンションの1室にあり、


看板はないので、普通にマンションのインターフォンを押して、


オートロックを解錠してもらって中に入る。


エレベーターを降りると、すぐ目の前がお店で、


ガラス越しにカウンターが見え、大将の白山さんが優しく出迎えてくれる。


f0232060_238517.jpg














まず、1品目は毛蟹松茸の前菜から。


早速日本酒をいただく。


f0232060_231053100.jpg


f0232060_2311930.jpg


f0232060_23111898.jpg
















2品目は、自家製あん肝と八王子生姜の蒸し物。


f0232060_23115994.jpg


f0232060_2312167.jpg














熟成鮨をしっかり楽しんでほしいという思いから、早速にぎりへ。


まずは名刺代わりという、シャリと海苔のみの味見。


赤酢がしっかり効いてて、すごく美味しいシャリ。


シャリに使っているお酢も笑顔で教えてくださった。


f0232060_2314577.jpg


f0232060_2315943.jpg














続いて、大間の本マグロ


「万」は全ての鮨が熟成した魚を使っていて、これは28日熟成


コクがあって、深い味わい。


マグロってこんな味になるんだな、驚いた。


f0232060_23174169.jpg















大間の赤身のづけ、10日熟成


マグロの切り付けが美しい。


f0232060_23183972.jpg















大間のトロ35日熟成


すごい脂が乗っているのに、


熟成のおかげか全くくどくなく、ホント美味しい。


今まで食べたことない味と香りと色のトロをしている。


f0232060_23204547.jpg
















15日熟成こはだと、25日熟成キンメ


白身は熟成を長くやると、


最後はどんな白身も味や香りが一緒になってしまうらしく、


白身の種類によって、ちゃんと個性が出るよう熟成日数を変えてるのだそう。


f0232060_23221849.jpg


f0232060_23223398.jpg














ここで、3品目のつまみ。


焼き海老の組み合わせ。


f0232060_23271961.jpg















17日熟成さよりと、25日熟成小鯛


さよりは昨今皮をむいた透き通ったものが多いが、


そもそもは皮付きで下ごしらえをするのが本来のさよりの仕事だそう。


皮付きのさよりは初めて食べたかも。


f0232060_23295196.jpg


f0232060_23295994.jpg















12日熟成の北海道古平のボタン海老


なんとも言えないねっとり感と濃厚な風味は、熟成鮨ならではの絶品。


f0232060_23324063.jpg















30日熟成の羅臼のブリ


わさびの代わりにエシャレットを使って風味良く。


元々ブリは好きだけど、熟成ブリはすごく美味しいー。


f0232060_23335431.jpg















12日熟成かわはぎは、中に濃厚な肝を挟んで。


f0232060_2335055.jpg
















4品目のおつまみは、甘鯛のうろこ揚げ。


この甘鯛がビックリするくらいサクサクで上手に揚ってて、素晴らしかった。


f0232060_2336662.jpg















20日熟成の江戸前のサバと、


15日熟成の長崎県の剣先イカ


f0232060_2337172.jpg


f0232060_2338960.jpg















35日熟成すじこと、


10日熟成の長万部のホッキ貝


ホッキ貝は今まで食べた中で一番美味しかったかも。


生のホッキより、熟成したホッキの方が甘味や香りが断然増してる!


f0232060_23395059.jpg


f0232060_2340065.jpg















12日熟成の長崎対馬の穴子


穴子の熟成は初めて食べた!


f0232060_23411873.jpg














のすり流しと、かんぴょう巻


f0232060_2342510.jpg


f0232060_23421439.jpg













〆の玉も当然熟成魚を使っていて、


13日熟成甘鯛のすり身を使っている玉子。


濃厚な味わいで、玉子もすごく美味しかった。


f0232060_23442517.jpg











一部の鮨ネタを熟成しているところはよくあるが、


「万」のように最初から最後まですべて熟成鮨を出してくれるところは珍しい。


今まで他店でもいくつも熟成鮨を食べてきたが、


変に強い香りがしたりして、相性が悪いところが多く、


でも、ここ「万」に来て、初めて美味しい熟成鮨に出会った気がした。











大将がなぜ熟成鮨を始めたか、魚がなぜ腐るかの研究をした話など、


まるで医学や科学の研究者の話を聞いているようで、


めちゃくちゃ面白かった。


本当に心から熟成鮨を愛している人なんだなあと思った。










素晴らしい鮨屋さんに出会った。


また近々ぜひ伺わせていただこうと思う。







■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/

















春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース


f0232060_11483092.jpg















オープンからお邪魔していてもう何回目の秋コースになるのか、


さすがに毎年何回もお邪魔していると、


仕方がないことなのだが、コースの流れや内容が被るところがある。


今年の夏のコースは比較的昨年のコースと被るところが多かったが、


今回の秋のコースは去年の秋と違う料理が満載で楽しかった!












本日も橋本シェフ目の前のアリーナカウンター席にて。


千葉県木戸泉酒造の、


樽薫の付いたブランデーのような日本酒をいただく。


初めて飲んだが、すごく美味しい食前酒。


f0232060_11505549.jpg


f0232060_1151449.jpg















本日のメニューは、この落ち葉の中から拾う。


f0232060_11514261.jpg


f0232060_1152196.jpg















カウンターの特別席2席は、


セララの料理アートの過程が目の前で見れるので楽しい。


まず1品目は、紅葉に見立てたグリッシーニの枝に、


和歌山県産豚ハムを巻き付けたもの。


f0232060_11544141.jpg


f0232060_11553318.jpg


f0232060_11554183.jpg


f0232060_11555452.jpg















2品目は、スパークリングマスカット


マスカットのシャンパンを二酸化炭素でエスプーマにしたもの。


口の中でマスカットがシュワシュワする不思議な食感。


f0232060_11572631.jpg
















3品目は、カンナくずに見立てた根セロリ


根セロリを薄く削って、食べられるカンナくずに!


中にはクリームチーズとフェンネルの香り。


f0232060_11595230.jpg
















4品目は、森の朝


秋のコースの名物の1つで、


朝もやをイメージした森の香りのするドライアイスの中に、


アボカドやピスタチオのムースを液体窒素で固めてを再現。

f0232060_1265040.jpg


f0232060_1242030.jpg


f0232060_1244724.jpg














ペアリングのドリンクは、


松の葉のシロップとジェニファーベリーを浮かべた


スパークリングドリンク。


f0232060_1254620.jpg















5品目も秋のコースの名物、落葉の森


秋の森の中でトリュフを探す豚を再現。


黒いトリュフに見立てたものは豚耳などを使った


トリュフ風味の揚げたてコロッケ。


巨峰に見立てたものはフォアグラと砂肝。


見た目にもかわいらしいだけでなく、味もちゃんと美味しい。


f0232060_1210574.jpg


f0232060_1210267.jpg


f0232060_12103458.jpg


f0232060_12105197.jpg


f0232060_1211013.jpg














去年との違いとして、さらに濃厚なキノコスープがセットに。


このキノコのカプチーノ仕立てのスープが


めちゃくちゃ濃厚で、香り良くて、美味しかった!


セララバアドの天然酵母絶品パンともすごく合う。


f0232060_1213239.jpg


f0232060_12131293.jpg















6品目は、秋の新作で、白イカを使った料理。


柔らかい白イカの中にギッシリ茸が詰まっている。


ソースは魚介から取った濃厚なビスクソース。


かなり好みの味で、めちゃくちゃ美味しかった!!


f0232060_12163461.jpg


f0232060_12164535.jpg


f0232060_12165269.jpg















ペアリングは、バラぶどうのジュース。


バラとぶどうって、こんなに合うんだなあ。


お姫様になったような気分になれる香りのジュースで、とても美味しい。


f0232060_1218693.jpg















7品目は、有明産の穴じゃこ・マジャクを使ったフリット。


ソフトシェルクラブのように殻が柔らかいので、


そのまま頭から尻尾までバリバリ食べれる。


付け合わせは酸味のあるマンゴーのマリネ。


f0232060_12203975.jpg


f0232060_122128.jpg















8品目は、丹波黒鶏の瞬間燻製。


藁を使って瞬間的に燻製をかけたもも肉と胸肉。


お皿の下にも燻薫が入っていて、


ほおずきで穴に蓋がされてて、それを外すと食べれる間も


藁の煙が出てきて、いい香りが楽しめるようになっている。


丹波黒鶏、柔らかくて、すごく美味しいー。


f0232060_12242441.jpg


f0232060_12243852.jpg


f0232060_12244794.jpg















ペアリングは、人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。


下にコブミカンの葉がついてて、ちょっとアジアンな香りに。


f0232060_12295950.jpg















9品目のメインディッシュは、静岡県のセレ豚


コクがあるのに脂身が少なく食べやすい豚肉。


いつものメインはソースでフレンチ風が多かったが、


今回は最初からソースに付けてあって、


和食の生姜焼きに近いというか、ご飯が食べたくなる味だった。


f0232060_1233896.jpg


f0232060_1233253.jpg


f0232060_1233341.jpg















ペアリングは、シティーワインと呼ばれる


江東区清澄白河で醸造しているフジマル醸造所の赤ワイン。


f0232060_12372955.jpg


f0232060_12374130.jpg















10品目のデザートは、どんぐりのアイス


で作ったパリパリのシートを壊すと、


中からやさしい甘さのどんぐりアイスとカカオのムースが出てくる。


f0232060_12392510.jpg


f0232060_12394240.jpg


f0232060_12395440.jpg














11品目は、小菓子の盛り合わせ。


松ぼっくりに見立てたアーモンドとチョコレート、


栗のマドレーヌ、あんぽ柿のマカロン、オリーブのグミなど。


一煎目と二煎目の違いを楽しむハンドドリップした日本茶と共に。


秋のコースも満喫させてもらった!!


f0232060_124217.jpg


f0232060_12421191.jpg


f0232060_12421928.jpg


f0232060_12422937.jpg


f0232060_12423844.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/



















吉祥寺某所、深夜







期間限定、人数限定で突如現れた麻咖喱(マガリ)。


シンガポール在住9年のとてもグルメなお友達が


お店に間借りをしてオープンをする秘密のカレー店にお邪魔した。


f0232060_11343315.jpg














痺れる四川風カレーということで、


香りの香辣(シャンラー)と痺れる麻辣(マーラー)を使い、


インドカレーや欧風カレーとも全く違う珍しいアジアのカレー。


f0232060_11363075.jpg















今回は「麻咖喱」オープン記念として、


ジーマガというチキンのカレーと、


f0232060_11382540.jpg















シャーマガという海老のカレーの2種盛り。


私がそもそも辛さと痺れがあまり得意ではなく、


私にはかなり辛くて完食できなかったのだが、


香りはものすごく良くて、インドとも欧風とも違う、


「麻咖喱」でしか食べられい唯一無二のカレーだった。


f0232060_11402487.jpg










またいつかどこかでオープンされるようなので、


その時には、私の知り合いの辛いカレー好きを連れて行こうと思う。







■「麻咖喱」
http://magali.strikingly.com/









by meshi-quest | 2018-11-25 08:01 | 吉祥寺








今日もせっせと花修行。


やったらやっただけの経験値が溜まっていくので、


とにかくひたすら作り続ける。


継続は力なり


f0232060_11171871.jpg


f0232060_11173189.jpg














濃厚な赤の大きなダリアを中心に据えたオールラウンドを作る。


なぜか、その赤黒いダリアの名前は、


なまはげクリムゾンという(笑)。


本当にそういう名前。


色も色、名前も名前なので、なんだか血を連想し、


良からぬことを考えてしまいそうなのだが・・・。


f0232060_1120119.jpg














もう1つ、大好きなゼラニウムを使う。


ああ、いい香り~。


ゼラニウムが好きすぎて、バスソルトとか、ハンドウォッシュとか、


家にはゼラニウムの香りがいっぱいあるのだが、元はこんな感じのグリーン。


f0232060_11215748.jpg













こんな感じで仕上がった。


丸っこくて、オールラウンドはかわいくていいな。


f0232060_1126572.jpg














アレンジメントに使った花は下記の通り。




・「なまはげクリムゾン」(赤黒いダリア)

・「サックル」(小ぶりのダリア)

・ポンポンダリア

・なでしこ

・カラー

・ゼラニウム

・紅葉ヒペリカム

・ユーカリ






















吉祥寺にはいっぱいカフェがあって、


最近のオシャレなカフェから、


創業何十年という老舗喫茶店もたくさんある。


「茶房武蔵野文庫」は私が大学生の時からあって、


まだ吉祥寺にこんなに店も人もなかった頃から


吉祥寺のカフェ文化を作っていた喫茶店の1つだ。


f0232060_1142334.jpg















しょっちゅう前を通るが、


そこにあることに学生時代から今も見慣れてしまって、


土日に並んで入るのもなあ・・・なんて思って、


長らく入ってなかったけど、10年ぶりくらいにお邪魔してみた。


f0232060_1143619.jpg














そして、小腹が空いていたので、


これまた久しぶりに名物の武蔵野文庫カレーをいただく。


サラサラしていて、香ばしく、コーヒーと本に合いそうな大人のカレー。


f0232060_1164730.jpg














ゴロっと入った大きなじゃがいもが特徴で、


これは私が大学生の時からずっと変わってない。


私はややこのカレーに苦みを感じるので、


一緒に出てくる粉チーズを大量にかけて、自分好みに変える。


f0232060_118830.jpg















アイスカフェオレは、私好みでコーヒー少なめ、ミルク多めで。


なんかホッとする、懐かしさを感じる喫茶店。


同時に、大学時代を変に思い出してしまうので、


特段嫌なことがあったわけじゃないが(笑)、


なんだか行くときは心が元気な時だけにしてるというか、


若干行くのを控えてる喫茶店であったりもする。


f0232060_1111748.jpg










■「茶房武蔵野文庫」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005823/









by meshi-quest | 2018-11-24 08:06 | 吉祥寺









吉祥寺の地下にある美味しい隠れ家イタリアン、


「ヴィネリアハーベスト」でディナー。


1人でフラッと気軽に立ち寄れて、深夜までやっているのがありがたい。


f0232060_2024168.jpg


f0232060_20241666.jpg















まずは、前菜の盛り合わせから。


シャインマスカットとブラータのカプレーゼ、


キャベツとクミンのスマカファン、真蛸と焼き茄子のマリネ、


ゴルゴンゾーラのブルスケッタなど、食べ応え十分!


f0232060_20263986.jpg


f0232060_20272659.jpg


f0232060_20274132.jpg


f0232060_20275045.jpg


f0232060_2028126.jpg














椎茸とつみれのカツレツ。


ソースに鮎熟鮓(なれずし)を使っていて、


和風なチーズソースのような味わいでクセになる味。


鮎熟鮓自体は苦手なのに、なぜかこれは何度も注文してしまうw。


f0232060_20301768.jpg


f0232060_20302740.jpg













海老とじゃがいもとチーズのフリコ。


カリッとした洋風のじゃがいもお好み焼きのような感じ。


f0232060_20315857.jpg


f0232060_20321753.jpg














メインディッシュは、フィレンツェ風鶏バター


バターの旨味をしっかり鶏が吸ってて、香り良く、とても美味しい。


どれを食べても外れなしに美味しいのが素晴らしい。


f0232060_2034622.jpg


f0232060_2034149.jpg









■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/









by meshi-quest | 2018-11-23 08:08 | 吉祥寺









蕎麦打ち名人と呼ばれている高橋邦弘さんという方がいて、


その方が自家製粉に取り組んだ最初の蕎麦屋が山梨県の山奥にある。


蕎麦好きの方に連れてきてもらって、その蕎麦屋「翁」へやってきた。


f0232060_2175533.jpg


f0232060_2181551.jpg















本当に周りには山と田んぼしかなく、


空気が澄んでて、とても静か。


周りには駅も停留所もなくて、車でしか来れないような場所。


f0232060_2193020.jpg















店内も華美な装飾は一切なく、すごくシンプルで、静かな店内。


せっかく遠くまでやってきたのだから、


蕎麦のことだけ考え、蕎麦とだけ向き合って、と言われているような感じ。


f0232060_21112066.jpg


f0232060_21113168.jpg














メニューも本当に蕎麦だけ


天ぷらとか、サイドメニューとかもなし。


せっかくなので、ざるそばと釜揚げ田舎そばの2種をいただく。


f0232060_21125589.jpg














まずは、ざるそばから。


辛味大根と、わさびと、白ネギ。


究極に引き算され、蕎麦だけをしっかりと味わうような感じ。


風味も、茹で加減も絶妙で確かに美味しかった。


f0232060_21141790.jpg


f0232060_21143156.jpg


f0232060_21144233.jpg















次に、釜揚げ田舎そば


温かい蕎麦を冷たいつゆにつけていただく。


太くてコシがあり、甘味があって、蕎麦の味をしっかり感じられるので、


ざるそばより、個人的には田舎そばの方が好きだった。


f0232060_21162146.jpg


f0232060_21163236.jpg














自分もそうだけど、なかなかこんな場所まで来る機会はないかと思うが、


近くにサントリーの白州の工場と博物館があるので、


見学ついでに、蕎麦が好きな方は立ち寄られるのはいいかも。


f0232060_21181674.jpg


f0232060_21183378.jpg


f0232060_21184499.jpg


f0232060_21185370.jpg


f0232060_211968.jpg


f0232060_21191832.jpg


f0232060_21193195.jpg


f0232060_2119402.jpg











■「翁」
http://yamanashiokina.com/









by meshi-quest | 2018-11-22 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ