人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧








懇意にさせてもらっている、


予約の取れない亀戸イタリアンの名店「メゼババ」。


待ちに待った夏の「メゼババ」イタリアン!!


f0232060_1254928.jpg













暑さを吹き飛ばすような本日の食材は、


近江牛うちもも塊、ドーーーーーーン!!!


この大きさ、このサシの入り方!!!


f0232060_1256166.jpg













近江牛ハツ、キターーーーー!!!


f0232060_12592913.jpg


f0232060_12594165.jpg












何を頼もうか、ワインを飲みながらシンキングタイム。


いつもは白が苦手で飲まない私も美味しくいただける飲みやすい


f0232060_1313512.jpg













まず1品目は、水牛ミルクブッラータ


ホントにミルクのような濃厚な味わいのブッラータチーズで、


上にはイタリアのアンチョビおじさんが作る特製のナポリのアンチョビ


ワインが進む、絶妙な前菜。


f0232060_1341637.jpg


f0232060_1342731.jpg













2品目は、トマトのブルスケッタ。


長崎県の知り合いの農家さんが自分達で食べるために作っているという


市場には出回らないすごく美味しいトマトをふんだんに使った一品。


トマトは甘すぎず、柔らかすぎず、ブルスケッタにちょうどいい感じ。


f0232060_1361313.jpg


f0232060_1364642.jpg













3品目は、三重県尾鷲のクエのカルパッチョ。


クエというと鍋を美味しくしてくれる冬の魚のイメージがあるが、


夏のクエは脂乗りすぎず、さっぱりしていて、カルパッチョに合っている。


f0232060_1383097.jpg


f0232060_1385184.jpg













4品目は、近江牛タンの焼きハム。


高級なローストビーフを食べている感じで、


ちゃんとタンの歯ごたえも残っている。


これは、ホント美味しかったなー!


f0232060_13105176.jpg


f0232060_1311552.jpg


f0232060_13111690.jpg













5品目は、浜名湖のボンゴレ


大きなアサリたっぷり入って、「メゼババ」の太いパスタとソースがよく絡んでいる。


久しぶりにすごく美味しいボンゴレをいただいた。


f0232060_1313771.jpg


f0232060_13132351.jpg













6品目は、パッションフルーツのリゾット。


パッションフルーツとお米を合わせたものは初めて!


そして、結構「メゼババ」にお邪魔しているが、


メニューにリゾットが出てきたのも初めて!!


f0232060_13214015.jpg













イタリアにレモンのリゾットというのがあるそうで、


爽やかなクリームリゾットになっていて、


ほのかにパッションフルーツの甘みもあり、種のプチプチ食感もあり、


ちょっと不思議な、食べやすい夏のリゾット。


f0232060_13254372.jpg













7品目は、いよいよ近江牛うちももの登場!!


f0232060_13264124.jpg













塊肉を豪快に焼き上げる!


店内に肉の焼けたいい香りが充満している。


f0232060_13314678.jpg












シェフの火入れがものすごく絶妙で、


柔らかく、とても美味しい近江牛だった。


f0232060_133379.jpg


f0232060_13332247.jpg












8品目はプリン


これぞプリンのお手本というような、


甘さ、形、硬さ、カラメルソースの苦味など、全てが完璧。


f0232060_133449100.jpg


f0232060_1335762.jpg












最後にグラッパを飲み出す人も出るほどの(笑)、


大盛り上がりのメゼババディナーだった。


また次が楽しみ!!


f0232060_13363054.jpg







■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/

















井の頭公園近くにあるリーズナブルな焼肉屋、


「焼肉BARさんたま」で食事。


マッコリとビールで乾杯!


f0232060_9183339.jpg


f0232060_9185066.jpg















まずは、名物の生タンステーキから。


こんなに肉厚で、ジューシーな生の牛タンが599円で食べられる!!


f0232060_9224252.jpg


f0232060_9231611.jpg















早速、ご飯w。


モリモリ食べれてしまう。


サンチュサラダとワカメスープも。


f0232060_9235746.jpg


f0232060_9241044.jpg


f0232060_9242174.jpg


f0232060_9242958.jpg















牛タン、カルビ、ハラミなど、ボリュームもあって、値段も安く、


何より激混みの吉祥寺にあって、ちょっと駅から離れてることもあり、


比較的空いてて、入れてもらいやすいのもGOOD。


f0232060_927586.jpg


f0232060_9271327.jpg


f0232060_927231.jpg


f0232060_927322.jpg


f0232060_9274099.jpg









■「焼肉BARさんたま」
http://www.san-tama.jp/store/store-bar-santama-kichijyoji/









by meshi-quest | 2019-07-30 08:06 | 吉祥寺








懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」でいつもの癒しのオア鮨タイム。









すでに告知がされているが、


「波やし」さんは2019年7月末をもって移転をする。


移転と言っても、同じ高円寺で、今より駅に近くなる。


去年から伺っていた話ではあったが、


とはいえ、長年何度もお邪魔したここが最後になるものちょっと淋しくはある。


ちなみに、跡地ではそのまま林さんの知人の方が和食屋をやる。


f0232060_159773.jpg















そんな「波やし」さんの現店舗での最後の食事


次に「メシクエ」でアップする時には、新しい店舗での様子になる。


お通しの磯つぶ貝「真澄」で乾杯。


f0232060_1512254.jpg


f0232060_1513462.jpg


f0232060_15131519.jpg














本日のお造り5種と焼き物3種。


お造りはボタン海老、アジ、中トロなど、


焼き物はマグロのタレ焼き、えいひれ、イカゲソ。


f0232060_15154513.jpg


f0232060_15161238.jpg


f0232060_15162238.jpg















毛ガニは、甲羅カニミソの上に、ほぐしたカニ身。


f0232060_1517538.jpg
















一口サーロインとり貝肝飯とおしんこサラダ。


相変わらず、とり貝肝飯はめちゃくちゃ美味しい。肝とバターの相性抜群!


f0232060_15181679.jpg


f0232060_15182557.jpg


f0232060_15183362.jpg














「波やし」さんの跡地で和食をやられる大将も


去年末から「波やし」さんで料理のサポートをしてて、


茄子の田楽や牛すじ煮込みは和食屋さんの味。


f0232060_15213875.jpg


f0232060_15214736.jpg















ばくだんとスモークサーモンハラスとおしこん盛り合わせ。


f0232060_15233993.jpg


f0232060_15225913.jpg


f0232060_15235226.jpg















にぎりは赤身中トロ大トロの3兄弟から。


f0232060_15243737.jpg


f0232060_15244798.jpg


f0232060_1525468.jpg















蒸し海老白エビ


f0232060_15253922.jpg


f0232060_15254946.jpg
















アジウニ


f0232060_15263829.jpg


f0232060_15264513.jpg















花形のトロたくと海老のアボカドマヨネーズ


f0232060_15281347.jpg


f0232060_15283352.jpg


f0232060_15283965.jpg













今日も深夜まで大満足のオア鮨だった。


さらなるパワーアップした「波やし」さんを楽しみに、


新店舗になってからもまたちょくちょくお邪魔します!


f0232060_15301567.jpg










■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








by meshi-quest | 2019-07-29 08:08 | 高円寺







新宿南口近くにある自由にカスタムができるピザ屋、


「CUCINOVA クチノバ」でランチ。


f0232060_12241527.jpg


f0232060_1224409.jpg


f0232060_1225689.jpg












マルゲリータのように通常の具が固定のピザもあるが、


一番人気は、10インチのカスタムピザ(1280円)。


サンドイッチの「SUBWAY」方式で自由にトッピングができるのだが、


その数が24種具材


4種ソース3種チーズと圧倒的で、


これらのトッピングはいくら乗せても、乗せられるだけ1280円の同じ料金!!


f0232060_12305359.jpg


f0232060_1231444.jpg











色々と欲張って(笑)、2種のチーズに、


エビやイカ、ソーセージや野菜まで乗せた具沢山のピザが完成。


味もなかなか美味しく、焼き上がりも早い。


新宿駅からも近いし、通し営業をしてるので遅めのランチも対応してて、重宝。


f0232060_1234018.jpg


f0232060_12341331.jpg








◼︎「CUCINOVA クチノバ」

https://pizzacucinova.jp/








by meshi-quest | 2019-07-28 08:05 | 新宿









お友達の出産祝いに


キューブボックスフラワーアレンジメントを作ることになった。













リボンをほどいたの中から


生のかわいいお花がいっぱい出てくるので、


みんな驚いてくれて、すごく喜んでもらえるプレゼントだ。














今回使うお花はこんな感じ。


オレンジ色黄色の似合う女性なので、夏らしく明るい感じで。


f0232060_15154913.jpg
















キューブボックスアレンジメントの作り方を特別公開w。


まずは、キューブボックス用の特殊な防水箱の中にオアシスを入れ、


周りをグリーンで埋めていく。


f0232060_15174597.jpg
















グリーンで縁取りが出来た。


この作業はお弁当を詰めている感じで、すごく楽しいw。


f0232060_15184220.jpg















次に、大きめのお花の位置を決めて、差し込んでいく。


箱に詰めるので、先に大輪の大きめの花から入れていかないと、


後から入らなくなってしまうので、ここがポイント。


f0232060_15195313.jpg















大きな花を埋めていくように、


あとは残りの小さな花やグリーンを詰めていく。


指が入らなくなったら、ピンセットを使う。


こんな感じで完成!


f0232060_15212471.jpg


f0232060_1521556.jpg


f0232060_1522233.jpg















大きなリボンの箱の中から花束が出てくるので、


ホント喜んでもらえて、作り甲斐がある。


プレゼントには最適


お花屋さんで作ってもらうと、加工代を取られてるので


めちゃくちゃ高くなるのだが、私は花屋ではないので、


純粋に花のお代だけで作ってあげたりしている。


f0232060_15233757.jpg










アレンジメントに使った花は下記の通り。



・ヒマワリ「ホワイトナイト」

・ルベドキア

・バラ「エアフォース」(オレンジ)

・バラ「コンキュサーレ」(グリーン)

・バラ「カンパネラホットピンク」(赤)

・グラスペディア

・カイガラソウ

・オランダセダム

・アストロメリア

・リキュウソウ

・カラー

・ポリシャス























本日7月27日は土用の丑の日だそうで、


メシクエでもうなぎのお話。













うなぎと言えば、やっぱりココ!!


日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」。


本日は予約の関係で、珍しく17時からの早い会にお邪魔することに。


夏だから17時でも全然外は明るいや。


f0232060_13324784.jpg

















大将の絶品うなぎが焼き上がるのを、


くくみ酒冷奴で待ちながら、ここで土用の丑の日の小話をw。


f0232060_1337741.jpg


f0232060_1337157.jpg















うなぎは万葉の頃から日本では食べられていたそうだが、


土用の丑の日は江戸時代に平賀源内さんが


うなぎ屋のご主人から夏の売上が下がる悩みを相談されて、


「うなぎを食べると夏バテに良い!」ということを謳ったことで流行ったそう。


日本初のコピーライティングとしても有名な話。


実際うなぎはビタミンAやBを豊富に含み、疲れを癒す効果があるが、


実はうなぎの一番美味しい旬としては、


冬ごもりのために栄養を蓄えるで、夏ではない。


さらに、昔は栄養不足に栄養あるうなぎで疲れが取れたが、


最近の研究では、現代人は栄養過多なので、


疲れている原因が栄養ではなく自律神経の失調であり、


うなぎで疲れを癒していた時代とは違うという発表もあったりする。


f0232060_13465172.jpg

















面白いもんだなーw。


でも、時代が変わってもやっぱり美味しいものは美味しくて、


栄養がどうであろうが、美味しければそれで良し!!


いい香りが店内に充満し、そろそろ大将のうなぎが焼き上がってきた!


えり焼きは関東風のタレの蒸し焼きと、関西風の塩の蒸さずに焼く2種。


ひれ焼きは、うなぎのしっぽや腹ビレなど、


一番美味しいとされるところを巻き込んでたれで焼いたもの。


f0232060_13434978.jpg


f0232060_1344994.jpg


f0232060_13445923.jpg















本日は浜名湖から天然うなぎの入荷あり!


天然と養殖の食べ比べ、決定!!


f0232060_13473169.jpg


f0232060_13474194.jpg















明らかに違う天然うなぎと養殖うなぎの首の太さ!


生首になってからもうなぎは生きてるが、天然は元気いっぱいで、


香りも天然の方は草っぽい、川っぽい香りがする。


f0232060_1348581.jpg
















名物のうなぎの心臓の丸飲み。


今年ももうすでにだいぶ「かぶと」さんで心臓飲んでるな、私w。


f0232060_1351392.jpg
















天然えり焼き、ひれ焼き、くし巻き(尻尾近くの身)。


f0232060_135344.jpg


f0232060_13531687.jpg


f0232060_13532476.jpg


f0232060_13533433.jpg
















そして、いよいようなぎのメインディッシュへ。


大将の仕事に目が釘付けw


白焼き、キタ――(゚∀゚)――!!


f0232060_13574592.jpg


f0232060_13575561.jpg


f0232060_1358219.jpg


f0232060_13583747.jpg
















こっちが天然


f0232060_13582218.jpg















こっちが養殖。お酒が進む。


f0232060_13591068.jpg
















最後は蒲焼の登場!!待ってました!!


f0232060_140880.jpg


f0232060_140185.jpg















こっちが天然


f0232060_1404610.jpg
















こっちが養殖


f0232060_141795.jpg















幸せなうなぎをいただいた。


いいビジュアル。


いい写真が撮れる料理は、たいてい味もホント美味しい。


f0232060_1474040.jpg


f0232060_1475020.jpg


f0232060_1475962.jpg









■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/
















懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で、


紺野シェフおまかせの夏のフルコースをいただく。


f0232060_13384041.jpg


f0232060_13391466.jpg


f0232060_13392682.jpg













1品目は、カリフラワーのムースと雲丹と、


透明になるまでエキスを抽出したトマトのジュレの前菜。


美しい紫色は、紫カリフラワーのパウダー。


f0232060_1351184.jpg


f0232060_13511424.jpg


f0232060_13512351.jpg













2品目は炙った穴子スモークメロンのサラダ。


メロンはウリに近い感じのサラダ感覚で食べれるさっぱりとした味。


その他、たっぷりのハーブと生マッシュルームも。


f0232060_13544320.jpg


f0232060_1355531.jpg













3品目は、つぶ貝のブルゴーニュバタータルト。


タルトの中に濃厚なつぶ貝バターとグリーンピースとチーズ。


f0232060_13562939.jpg













4品目は、大きなどんこ椎茸のソテー。


美味しい椎茸を食べてもらうために、


中にはフォアグラ黒米のリゾット、ソースはフォンドボー。


f0232060_135865.jpg


f0232060_13581654.jpg













5品目は、真鯛のポワレ。


上にはイカスミのパリパリ生地、下にはジャガイモのガレット。


f0232060_13594887.jpg


f0232060_13595976.jpg













6品目のメインディッシュは、うずら


横にはうずらの卵も添えてあり、黄身をくずしてソースに絡める。


うずら、柔らかくてとても美味しかったなー。


f0232060_142206.jpg


f0232060_1422985.jpg


f0232060_1424149.jpg













7品目のデザートは、カモミール甘夏のアイス。


夏らしく、爽やかにさっぱりと。


f0232060_1435656.jpg


f0232060_144826.jpg









今日も素晴らしいコースだった。


本当に最初から最後までワクワクさせてもらえて、そして、美味しい。


「organ」さんに来る度に、紺野さんの料理をいただく度に、


この「美味しい」という言葉の意味、


「美しく」そして「味がいい」ということを改めて想う。







■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html









by meshi-quest | 2019-07-26 08:08 | 西荻窪








白金台・シェラトン都ホテル東京内にある、


中華料理の名店「四川」でディナー。


f0232060_2391988.jpg


f0232060_2393330.jpg


f0232060_2394712.jpg












席数はかなりあるが、人気で奥の席までほぼ満席。


本日は入口近くの窓側テーブル席に。


f0232060_23113725.jpg


f0232060_23115226.jpg













早速、甕出し紹興酒w。


f0232060_23123453.jpg


f0232060_23124674.jpg













「四川」のよだれ鶏


結構辛めではあるが、コクがあって、とても美味しい。


f0232060_23144871.jpg


f0232060_2315977.jpg












大根餅小籠包


大根餅は元々大好きだが、「四川」の大根餅はかなり良くできてる。


f0232060_23163619.jpg


f0232060_23164728.jpg


f0232060_23165859.jpg













カシューナッツの唐辛子炒め。


すごい量の唐辛子で一見辛そうに見えるが、風味付けなので、見た目ほど辛くない。


f0232060_23174955.jpg


f0232060_23184987.jpg













トマトの炒め物。


実はメニューには載っていない裏メニュー


美味しいトマトがある時だけ、特別に作ってくれる。


f0232060_23204652.jpg


f0232060_2321190.jpg













私が「四川」で一番好きなアオリイカのミルク炒め


これがめちゃくちゃ美味しくて、でも他の中華店ではあまりないので、


「四川」来ると、必ず頼む一品。


f0232060_23224292.jpg













エビのチリソース


甲殻機動隊としては垂涎の一品。


f0232060_23244260.jpg













回鍋肉青菜の塩炒め。


f0232060_23254395.jpg


f0232060_2326932.jpg













〆は、「四川」特製の麻婆豆腐


「四川」の全力の味だと、私にはピリピリ&辛すぎなので、


唐辛子と花椒の量を調節してもらって、ちょうどいい感じ。


f0232060_23402695.jpg


f0232060_23404197.jpg












デザートはメロンを丸ごと使った期間限定メロン杏仁豆腐


メロンが大好きで、メロンを丸ごとお腹いっぱい食べるのが子供の頃の夢だったなあ。


大人になって、夢が1つ叶ったw。


f0232060_23425337.jpg


f0232060_23432256.jpg








■「四川」
http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/restaurant/rest/02/1179824_4809.html
















懇意にさせていただいている広尾の熟成鮨の名店「熟成鮨 万」へ。


f0232060_22241100.jpg













まずは、1週間熟成のハマグリを使った濃厚な出汁から。


熟成のおかげだと思うが、普通のハマグリの何倍も凝縮された香りと味がする。


f0232060_22262845.jpg


f0232060_2226529.jpg











2週間熟成のカツオと、


2ヶ月熟成の酒盗との組み合わせ。


これは日本酒必須!


f0232060_22282059.jpg


f0232060_2227551.jpg












「万」では野菜も熟成!


新潟の雪室の中で2週間熟成して甘みが増した


ズッキーニの炭火焼き。


めちゃくちゃ甘くて、ホント美味しい!!


f0232060_22301483.jpg


f0232060_22302471.jpg













18日熟成のマナガツオ


f0232060_22313286.jpg


f0232060_22314553.jpg













いよいよにぎり


まずは、「万」特製の絶品ガリと名刺代わりのシャリ


f0232060_22331015.jpg


f0232060_22333869.jpg











長崎壱岐の本鮪中トロ。熟成20日


f0232060_22353456.jpg












熟成20日赤身のづけ。


わさびではなく、福井の地がらしで。


f0232060_22375593.jpg













31日熟成の沖縄はえ縄のトロ


すごい脂が乗っているが、熟成のおかげで旨味とコクだけ残って、脂っこくない。


f0232060_22401182.jpg













33日熟成の本あら


18日熟成の黒ムツ


f0232060_22414580.jpg


f0232060_2242021.jpg












5日熟成のアジ


32日熟成のキンメ


f0232060_22434987.jpg


f0232060_2244370.jpg












28日熟成のシマアジと、


50日熟成のカンパチ


f0232060_22464796.jpg


f0232060_2247358.jpg













5日熟成のケンサキイカと、


6日熟成の石川の大羽イワシ


f0232060_2249439.jpg


f0232060_22491923.jpg












10日熟成のゴマサバと、


5日熟成のボタンエビ


f0232060_2251777.jpg


f0232060_22512117.jpg












13日熟成の江戸前の穴子と、


18日熟成の甘鯛のすり身を入れた


味噌汁は旬のじゅんさい。


相変わらず、素晴らしい熟成鮨だった!


f0232060_22532596.jpg


f0232060_22533844.jpg


f0232060_22535248.jpg








■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/
















吉祥寺にある大好きな定食屋「もがめ食堂」。


普段はランチでお邪魔することが多いが、


今日は珍しく、ちょっと早めの夕食を食べに。


f0232060_15493024.jpg












「美味しいご飯でお腹いっぱいに」というお店のコンセプト通り、


白飯にとても合うおかずがどれもすごく美味しい。


いつもランチは大人気で混んでて無理なお願いができないので、


今日は贅沢しちゃうよーーーーーー!!


から揚げ生姜焼きもどっちも頼んじゃったw。


f0232060_1552044.jpg













下味がしっかり付いて、サクッと揚がってるから揚げに、


濃厚な甘辛だれが美味しい生姜焼き


小鉢も充実してて、ご飯が進む美味しい定食だった。


「もがめ食堂」さんのおかずが一度に2種類も食べれるのは贅沢だなw。


ふっくらご飯は、もちろんお代わり自由!


f0232060_1554882.jpg


f0232060_15541920.jpg


f0232060_15545561.jpg


f0232060_15551356.jpg


f0232060_15552583.jpg









■「もがめ食堂」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13202037/









by meshi-quest | 2019-07-23 08:08 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ