人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧









外苑前のオシャレな雑貨店が立ち並ぶビルの一角にある


「ORGANIC TABLE BY LAPAZ ラパス」でランチ。


f0232060_1332910.jpg


f0232060_1334320.jpg


f0232060_1335560.jpg












ヴィーガン(絶対野菜主義)料理専門店で、


動物製品の使用をしない料理を出すカフェレストラン。


肉食獣としてはすごく珍しい場所にいるが、


ちょっと諸事情があって、今日はここでランチ。


フルーツウォーターとかも超ヘルシー。


f0232060_1354580.jpg


f0232060_1362879.jpg












とはいえ、肉食獣としては肉が恋しいのでw、


メニューの中でも一番肉々しかった


SOY KARA-DON(1350円)を注文。


f0232060_1384530.jpg


f0232060_1385642.jpg












自家製タルタルソースが美味しくて、


確かに想像よりはから揚げ風ではあるんだけど、


やっぱり鶏肉じゃない感は残るというかw。


ソイミートを使った料理の中ではすごくよく出来てて、


ヴィーガンじゃない人も美味しくいただけるとは思う。


雰囲気も良く、初めてヴィーガン料理を食べる人にはすごくいいお店。


f0232060_13111617.jpg


f0232060_13113865.jpg









◼︎「ORGANIC TABLE BY LAPAZ」
https://www.lapaz-tokyo.com/

















師匠のお花屋さんに真っ赤なバラが揃っていたので、


バラの赤を全面に活かした、真っ赤なアレンジメントを作る。


f0232060_20435846.jpg


f0232060_2044840.jpg


f0232060_20441879.jpg














ヒペリカムの赤い実が真っ赤な宝石のようで


エレガントな仕上がりになった。


f0232060_20464725.jpg


f0232060_20465640.jpg















こちらは別の角度から。


こちら側には少しバラを固めて配置してみた。


お花は見る角度からもだいぶ表情が変わるので見てて飽きない。


f0232060_2048476.jpg


f0232060_20483454.jpg













アレンジメントに使った花は下記の通り。



・バラ「ブラックビューティー」

・バラ「カンパネラホットピンク」

・ヒペリカム「ミッドナイトグロウ」

・フロックス「タマザキパープル」

・アセビ

・ラン






















以前、銀座の鮨の名店「はっこく」にて、


日本料理「太月」との3日間間限定のスペシャルコラボイベントがあって、



そこで「太月」の大将の望月さんをご紹介いただき、


夏の夜にゆっくりお邪魔させていただくことになった。


f0232060_2010235.jpg


f0232060_20101141.jpg














ホント毎日恐ろしい暑さが続いてる。


東京って、こんなに暑かったっけか?


お店に入っても、いつまで経っても汗が止まらない。


まずは梅酒をいただき、一息つく。


f0232060_20122124.jpg


f0232060_20123389.jpg















まず1品目は、すっぽんの冷製。


すっぽんの旨味と出汁が効いてて、元気が出そうな一品。


f0232060_2014327.jpg


f0232060_20141277.jpg
















2品目は八寸。


の煮凝り、ほおずきのべっ甲卵、枝豆のかき揚げ、


合鴨のロースト、手長海老、白瓜のお浸しなど。


f0232060_2016391.jpg


f0232060_2017929.jpg


f0232060_20171882.jpg


f0232060_20172912.jpg


f0232060_20173860.jpg


f0232060_20174793.jpg















「太月」特別仕様の削り節を一口と、


その削り節を使った一番出汁を味見で一口。


f0232060_2019248.jpg


f0232060_20191482.jpg















3品目のお椀は先ほどの絶品の出汁とアワビ冬瓜


開けると、花火がお椀に描かれて、ものすごく素敵。


f0232060_2020381.jpg


f0232060_20204695.jpg















4品目のお造りは、五島列島のブリ、北海道のムラサキウニ、


ヒゲソリダイ、カンパチの盛り合わせ。


山梨の大吟醸「七賢」といただく。


f0232060_20234415.jpg


f0232060_20235425.jpg


f0232060_2024687.jpg
















5品目は、の塩焼き。


骨まで食べられるように時間かけてじっくり火を通している。


f0232060_2026187.jpg


f0232060_20261036.jpg


f0232060_20262073.jpg


f0232060_20262754.jpg
















6品目は、冷やし鉢。


穴子の黄身揚げ、小茄子、アメーラトマトに出汁のジュレ。


暑い夏にサッパリといただける炊合せ。


f0232060_20281980.jpg


f0232060_20283317.jpg















7品目は、千葉の太刀魚の焼きびたし。


焼いた太刀魚の周りに出汁がかかっていて、出汁といただく焼魚。


f0232060_20293935.jpg
















8品目は、仙台牛を焼き茄子と胡麻のペーストで。


茄子胡麻のペーストが絶品で、脂乗っている仙台牛ともすごく合う!


f0232060_20305816.jpg


f0232060_2031747.jpg
















9品目は、夏らしくスイートコーンの炊き込みご飯。


コーンの甘味と香りとシャキシャキ感がとてもいい感じ!


赤出汁は生麩、おかずに牛のしぐれ煮も。


f0232060_20315815.jpg


f0232060_20321720.jpg


f0232060_20322670.jpg


f0232060_20323424.jpg


f0232060_20332083.jpg


f0232060_20333369.jpg


f0232060_20334267.jpg















10品目のデザートは、たっぷり3種類も!


まずは、抹茶アイスを挟んだ最中と、


パンナコッタとのコンポート。


f0232060_20343448.jpg
















続いて、出来立ての自家製くずきり


食べる直前に作ってくれるので、すごく柔らかい。


f0232060_20355238.jpg


f0232060_20355870.jpg










表参道でこんな美味しい出汁の本格的な日本料理が味わえるのは素晴らしい。


本格的なんだけど、中はとてもアットホームで、


1人でも入れるし、夜も深夜遅くまでやっててくれるのもいい。








■「日本料理 太月」
https://tagetsu.tokyo/

















予約困難な人気焼鳥店「鳥さわ22」へ。


亀戸の焼鳥の名店「鳥さわ」の姉妹店で、私が都内で大好きな焼鳥屋さんの1軒。


f0232060_14511127.jpg


f0232060_14572420.jpg












ぬか漬け食べながら、焼鳥待ち。


f0232060_14582017.jpg


f0232060_14583148.jpg













まずは、はつもと、胸肉から。


f0232060_14595024.jpg


f0232060_150876.jpg













銀杏と、中が半熟のトロトロのうずら


f0232060_157879.jpg


f0232060_1571822.jpg












かしわ、つくね、ぼんじりなど。


f0232060_15943.jpg


f0232060_1512142.jpg


f0232060_15121064.jpg













ぼんじり、せせり


f0232060_15125288.jpg


f0232060_15132286.jpg












ここで贅沢してケンゾーエステートのrindo紫鈴をいただく。


rindo、本当に美味しい!!


焼鳥にもとても合う、私の好みの赤ワイン。


f0232060_15151137.jpg













金針菜と食道と手羽先


f0232060_15172882.jpg


f0232060_15174236.jpg


f0232060_15175451.jpg












トウモロコシとソリ


f0232060_15182510.jpg


f0232060_15185976.jpg













丸ハツと砂肝。


f0232060_15194940.jpg


f0232060_1520161.jpg









■「鳥さわ22」
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13222625/

















四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


水岡シェフの唯一無二の絶品中華をいただく。


f0232060_19281324.jpg


f0232060_19282776.jpg


f0232060_1928395.jpg












1品目の前菜6種盛り合わせドーーーーン!!!


最初からこの迫力だもんなー、参っちゃうw


紹興酒も進むわけだw


f0232060_19302347.jpg


f0232060_19304385.jpg












よだれ穴子、ニガウリとアヒルの塩卵和え、


ウニと押し豆腐の和え物、マコモダケの沙茶醤炒め、


枝豆紹興酒漬けと台湾ハイビスカスの甘酢、


カツオのスモークと塩レモンの豪華6種。


f0232060_19361625.jpg


f0232060_19365555.jpg


f0232060_19381465.jpg


f0232060_19383128.jpg


f0232060_19384391.jpg


f0232060_1939218.jpg













2品目は、酒が進む濃厚な珍味3種。


鴨舌スモーク、大腸のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


f0232060_19405782.jpg













鴨舌、超美味しい!!


f0232060_19431713.jpg













3品目は、オカワカメ金華ハムを使った炒め煮。


オカワカメのシャキシャキ感と、金華ハムの上品な出汁が絶品。


f0232060_1945658.jpg













4品目は、自家製の海老シュウマイ


ここ最近食べたシュウマイの中で、確実にピカイチ。


上に乗ってる自家製XO醤がこれまた絶品だった。


1人1個と言わずに、1皿全部食べたいw。


f0232060_1947715.jpg


f0232060_19473151.jpg













5品目は、汁なし火鍋


香辛料たっぷりのスープの中に骨まで食べられる鮎がしっかり漬かってる。


見た目ほどは辛くなくて、いい香りの暑い夏向けの魚料理。


f0232060_1950431.jpg


f0232060_19505987.jpg


f0232060_19512156.jpg


f0232060_19514715.jpg













6品目は、牛ステーキのバジル風味。


バジルのいい香りが食欲をそそる。


f0232060_19525511.jpg


f0232060_19531545.jpg












メインディッシュは、コレ!


この黒い棒は、


なんと30年ものの切り干し大根


f0232060_19551334.jpg














7品目は、30年ものの切り干し大根を使った炒飯。


中には鉄観音の茶葉やからすみも入ってて、風味豊か。


やや塩気のある切り干し大根に鉄観音がいい香りのアクセント。


f0232060_19572863.jpg













8品目は、メロンのシャーベットとミルク杏仁。


上には桃の樹液のジュレがかかってて、


メロン、桃好きの私にはたまらない一品。


f0232060_2003419.jpg









他店ではなかなか食べれない食材と調理法の、


本当に唯一無二な中華を堪能させてもらった。


毎月、月変わりで来たくなるお店。(予約困難だけどw)







■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








by meshi-quest | 2019-08-28 08:08 | 四谷








新宿御苑前にある味な鉄板焼き「あじぱん」で食事。


まずは、お通しの鶏皮ポン酢で一杯。


f0232060_18592434.jpg


f0232060_18593654.jpg













東京人はみんなもんじゃが好きと思われてそうだが、


人生で数えるくらいしかもんじゃを食べたことがない東京人がココにて(私)、


もんじゃの作り方もよく分からん人もココにいて(私)、


そんな感じだけど、珍しくもんじゃを頼んで、作ってみることにした。


f0232060_1924762.jpg













超気まぐれのコンビーフもんじゃ作成開始。


作り方の紙を見てみると、


まずは、どうやら具だけを取り出して、具だけ鉄板で焼くらしい。


f0232060_1961577.jpg


f0232060_1965547.jpg













ここから粉もんのプロと思われる関西人にバトンタッチして、


真ん中に穴を開けて土手を作ってもらう作業に。


f0232060_1984792.jpg












あ・・・


f0232060_1992395.jpg


f0232060_19102446.jpg













ああああ!!!


川氾濫のち土手決壊w


東京人と関西人が協力し合った結果、素人感満載のもんじゃ完成。


見た目はイマイチだがw、固まると普通に食べれるもんじゃに。


f0232060_1915273.jpg














気を取り直して、


クラゲとバター醤油の蒸し焼きキャベツ


f0232060_1913124.jpg


f0232060_19161864.jpg













長芋の鉄板焼きと牛ステーキ


f0232060_191657100.jpg


f0232060_19172097.jpg












〆は安定の豚平焼


今日も楽しく美味しい鉄板焼きだった。


f0232060_19184239.jpg







◼︎「あじぱん」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13152360/









by meshi-quest | 2019-08-27 08:08 | 新宿









懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で癒しのオア鮨タイム。


いつもとちょっと違うのは、


8月頭に同じ高円寺内ではあるが、駅近に移転されたこと。


祝・移転&新装開店、

おめでとうございます!!




f0232060_21314754.jpg
















前の「波やし」さんと内装も変わり、


大将の林さんがお客さん全員と話せるようなコの字型のカウンターになった。


白が基調で、上品で、素敵な店内。


f0232060_21343040.jpg















早速、日本酒で乾杯。


日本酒をその日の気分で選べるように味見させてくれたり、


つまみから始まって、最後に好きなにぎりを出してくれる流れは健在。


お通しは、アジのなめろう


f0232060_21394449.jpg


f0232060_214058.jpg


f0232060_2140167.jpg















本日のお造りは戻り鰹、シマエビ、サバ、中トロ、白イカのゲソ。


f0232060_21421115.jpg


f0232060_21422030.jpg















焼物は稚鮎、マグロのハラミ、シンイカのゲソ焼きの3種。


f0232060_21433185.jpg















大好きな毛ガニは、カニ味噌付きで甲羅ごと。


カニ身もほぐしてくれてるので、すごく食べやすい。


f0232060_21445838.jpg















一口サーロインステーキとおしんこサラダ。


f0232060_21461239.jpg


f0232060_21462015.jpg















ハマグリと干しエビの酢飯リゾットとばくだん。


f0232060_21473338.jpg


f0232060_2147488.jpg


f0232060_21475724.jpg
















にぎりは、中トロから。


f0232060_2148209.jpg














メイチダイと車海老。


f0232060_2149369.jpg


f0232060_21491136.jpg
















イワシとシンコ。美しい!


f0232060_21495480.jpg


f0232060_21501891.jpg















サバと白エビ。


f0232060_21513121.jpg


f0232060_21514058.jpg















大トロとウニ。絶品。


f0232060_21521123.jpg


f0232060_21521861.jpg















穴子とトロたく。


f0232060_21525092.jpg


f0232060_21525731.jpg














お値段据え置き、いつも通り、良心的でアットホームで、


とても美味しい「波やし」鮨だった。


この先も変わらず、高円寺の鮨の名店としてご活躍をお祈りしてます!!


f0232060_21541938.jpg











■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/

*新住所は、「東京都杉並区高円寺北2-7-11」








by meshi-quest | 2019-08-26 08:08 | 高円寺







吉祥寺で中華と言えば、


1、2番に名前が挙がる有名店「知味 竹爐山房」。


久しぶりにランチに立ち寄ってみる。


f0232060_151287.jpg


f0232060_1513933.jpg


f0232060_152085.jpg













ランチにて炒地蛋鶏絲という


ジャガイモ豚肉の細切り炒め定食(1000円)をいただく。


f0232060_1545320.jpg













ジャガイモが多く、豚肉があまり入っておらず、


味もちょっと塩気が強くて、舌が疲れる感じ。


吉祥寺の有名店ではあるのだが、なんかいつも相性が悪くて、


残念ながら、満足をしたことがない。


料理は相性、好みがあるので、有名店だからといって


万人に受けるわけでもないし、全ての人にとってGOODというわけでもない。


もちろんそれについて良い悪いもなく、だからこそ、


いろんな人がいろんな角度で食べたレポートを見る意味も出てくるのだと思う。


f0232060_1593557.jpg


f0232060_15102890.jpg


f0232060_1511116.jpg








■「知味 竹爐山房」
http://www.chikurosanbou.com/









by meshi-quest | 2019-08-25 08:02 | 吉祥寺







吉祥寺にある大人気タイ料理店「アムリタ食堂」でランチ。


ここ最近、アムリタ食堂のガパオにハマってしまって、


週末のランチは高確率でアムリタでご飯を食べている。


f0232060_14493388.jpg












タイで夢中で食べた、あの味がほぼ100%再現されてる


とても美味しい豚ひき肉とバジルの炒めご飯、ガパオ


これだけ食べ続けていると、微妙な違いにも気づくもんでw、


今日は別のお母さんが作ったのか、いつもより辛め&ピーマン多め。


でもホント美味しい。


f0232060_1454826.jpg


f0232060_14544514.jpg












アムリタでしか飲めない「チェンライの幻のお茶」というお茶。


タイ北部のチェンライの山で朝霧の時間に収穫されたお茶で、


めちゃくちゃ香り良くて、ほのかな甘みもあり、隠れた逸品。


ああ、本格的にタイにまた行きたくなってきたな・・・。


f0232060_14562053.jpg












ちなみに、ランチのオンタイムは外して、かなり遅い時間に行ってるんだが、


それでも暑い中、外に待ちの列ができてて、店内はいつも満席。


美味しいから仕方ないやなー。


f0232060_14495614.jpg








◼︎「アムリタ食堂」
http://cafeamrita.jp/









by meshi-quest | 2019-08-24 08:08 | 吉祥寺










7月がお誕生日の方がいて、これまで誕生日を知らず、


遅ればせながら7月の誕生石のルビーの赤をイメージして


真っ赤なお誕生日プレゼントを作らせていただいた。


f0232060_14151712.jpg


f0232060_14152758.jpg


f0232060_14153591.jpg















花が個性的で、という色を強調したかったので、


形はシンプルに丸っこく作る。こんな感じで完成


大きなルビーの宝石が出来上がった。


f0232060_14172127.jpg















アレンジメントは、見る角度、光の加減によっても、


色々と表情を変えてくれるから楽しい。


良いお誕生日になることをお祈りして・・・。


f0232060_1418367.jpg


f0232060_14184548.jpg














アレンジメントに使った花は下記の通り。



・バラ「ブラックビューティー」

・「カンパネラホットピンク」

・フロックス「ヒゲサキブラック」

・ヒペリカム「ミッドナイトグロウ」

・アイビー














プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ