いま、海外で


「ミクソロジーカクテル」


なるものが流行っているらしい。













混ぜる「mix」と科学的な「ology」を合わせた造語だが、


通常のカクテルで使うようなリキュールではなく、


新鮮なハーブ、スパイス、フルーツと、


さらに数種のお酒を合わせて、


今までのカクテルの概念を超えたカクテルがミクソロジーだそうだ。














そんなミクソロジーカクテルは、


東京駅に有名店があって飲めるのだが、


ここ金沢でも駅のすぐ隣の


オシャレなビルの2階で飲めると聞き、お邪魔してみた。


一見、事務所のような緑のドアが入口。


f0232060_17511376.jpg


f0232060_17514647.jpg















中に入ると、広々とした開放感あるオシャレな店内で、


外観からは想像できない雰囲気にテンションが上がる。


f0232060_17531795.jpg


f0232060_17533097.jpg















たまたまオープン近くで入れたので、まだ席が空いてて、


窓際の、これまたオシャンティーなソファを独占。


この鹿の骨のランプ、カッコいいなあー。


f0232060_17543830.jpg














早速、オススメのミクソロジーカクテルメニューを見てみる。


組み合わせが意外過ぎて、全く味が想像できんw


勇気を持ってチャレンジしたい気になるメニューもあるが、


まずはチュートリアル的に飲みやすいカクテルをお願いしてみる。


f0232060_1757376.jpg


f0232060_17575620.jpg















「Four Seams」(フォーシームス)という看板カクテル。


石川の地酒・天狗舞と、


ジンと、レモンと、黒ごまシロップの組み合わせ。


これが見た目の華やかさと反して、


上品ですごく飲みやすく、とても美味しい。


f0232060_182711.jpg
















次のミクソロジーカクテルは、


純米酒 × ジャスミン × ミルクパンチ。


ミルクパンチは、数種のハーブを加えた独自のシロップだそう。


クジャクの羽が付いた豪華な見た目だが、


これまたものすごく上品な味わいで、一気に飲めてしまう飲みやすさ。


f0232060_184354.jpg














本当は軽く一杯のつもりだったが、


居心地の良さに加え、あまりに美味しくて、もう少し飲ませてもらうことに。


お通しの燻製ナッツも美味しいな。


f0232060_185894.jpg















続いては、洋梨 × 山わさび。


大好きな洋梨のカクテルを注文。


洋梨のいい香りが残りつつ、山わさびで甘さが抑えられてて、


とてもサッパリと飲めるカクテルになっていた。


f0232060_1865374.jpg














最後は、一番派手なものを!とお願いした一品。


棒茶 × ホワイトチョコレート × スモーク


蓋がされてるのは、中に燻製のスモークが入っているから。


f0232060_189879.jpg















これまでの3つの中では一番アルコールがきつめだが、


ホワイトチョコを一口加えながら、


スモークの香りと共に飲むカクテルは、


初めて飲む組み合わせだが、変に逸脱してなくて、


ちゃんと一般人の思う美味しいの範囲に留まっている。


f0232060_18112419.jpg


f0232060_18113461.jpg










何から何まで素晴らしいバーだった。


カクテルのプロデューサーを聞いてみたら南雲主于三さんで、


実は以前によく「XEX東京」でお世話になっていたバーテンさんだった。


ミクソロジーをされる前の当時の南雲さんの貴重なカクテルが


備忘録のように「メシクエ」に残ってて、懐かしいかぎり。


当時からすごく不思議で、


それでいて美味しいカクテルを作ってくださる素敵なバーテンさんだった。


こんなところでまたお名前を聞けるとはなあ、これだから人生は面白い。








■「ザ ステーションバー ミクソロジー」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17010698/







# by meshi-quest | 2019-01-14 08:07 | 旅行_国内










金沢の夜は意外と早い


これは寒い国あるあるなのか、


東北に行った時も夜遅くまで寒くて飲んでられないのか、


軒並み閉店時間が早くて、チェーン店を除いて


夜遅くまで料理や酒を楽しめるお店が少なかった。














狙っていた鮨屋や居酒屋が軒並みアウトになっていた夜23時過ぎ、


深夜まで新鮮な海鮮や地酒が楽しめるという


割烹居酒屋を見つけたので、早速入ってみる。


f0232060_17191379.jpg
















正直、見た目は駅近のよくある地方居酒屋さんっぽいのだが、


さすが金沢の割烹居酒屋とうたうだけのことはあって、


日本酒の品揃えが素晴らしく、


黒龍の飲み比べや、石川県地酒の飲み比べの他、


f0232060_17213014.jpg


f0232060_17214595.jpg


f0232060_17215998.jpg















さらには、普通の居酒屋さんで


黒龍の高級ライン「しずく」「八十八号」まで飲めてしまう。


せっかくなので「しずく」をグラスでいただく。素晴らしい!


f0232060_1724337.jpg


f0232060_1725148.jpg















1人前1800円というちょっとお高めではあるが、


ハイクオリティーな魚が楽しめる刺身の盛り合わせをはじめ、


f0232060_17264814.jpg















めちゃくちゃ具沢山の贅沢なあら汁に、白エビのから揚げ。


f0232060_17275534.jpg


f0232060_17281052.jpg















初めて食べる能登牛のステーキは、


柔らかくて、サッパリとした食べやすい牛肉だった。


f0232060_17303146.jpg


f0232060_1730402.jpg















スモークサーモンのコロッケは普通かな。


バーニャカウダは加賀野菜を使っているとのことで期待してたけど、


特にバーニャソースが冷えてて美味しくなくて、残念だった。


f0232060_17322923.jpg


f0232060_17325352.jpg















〆の寿司8貫盛りは、ネタが新鮮で、


居酒屋寿司としてはクオリティーが高かった。


f0232060_1734721.jpg


f0232060_17341638.jpg














蟹レタス炒飯の黒酢あんかけは、


期待ほどカニ感がなくて、普通かな。


f0232060_17361256.jpg















能登栗を使っているというモンブランも、


「能登栗」という名前で触手が動いたが、


上品さがなく、雑に甘くてあまり美味しくなかったな、残念。


f0232060_17372572.jpg











金沢の割烹居酒屋だけあって、


鮮魚に関する料理や地酒は美味しかったが、


野菜やご飯もの、デザートなどはあまり得意じゃないのか、イマイチ。


この辺まで全てがレベル高いと、もっと個人的に評価上がるのだが、


差し引き、ちょっと鮮魚と地酒分がプラスかなという感じの居酒屋だった。






■「かっぽう居酒屋 水魚」
http://www.suigyo.gr.jp/








# by meshi-quest | 2019-01-13 08:06 | 旅行_国内









金沢のランドマークの1つ、近江町市場へ。


魚も野菜も冬の幸に溢れていて、


平日だというのにお客さんも多く、ものすごく活気がある。


ちょうど旬のズワイガニがいっぱい店先に並んでいて、色鮮やか。


f0232060_136633.jpg


f0232060_1362822.jpg


f0232060_1364459.jpg


f0232060_1372750.jpg


f0232060_1374084.jpg


f0232060_1374994.jpg














お腹が空いたので、


市場の中にある回転寿司「もりもり寿し」でランチ。


市場内にはいくつか回転寿司があったのだが、


中でもここは大人気のようで、店前に列が出来てて、空席待ちの状態。


ランチピークはだいぶ過ぎてたが、30分くらい待って、ようやく入れた。


f0232060_13145840.jpg


f0232060_13151135.jpg


f0232060_13174212.jpg














まずは、一番人気という近江町三点盛り(700円)から。


本マグロの赤身、のど黒、石黒鯛の豪華3貫。


ネタも分厚く、新鮮で、回転寿司でこのレベルの寿司が食べれるのは、


さすが海の町・金沢といった感じ。


f0232060_13204311.jpg


f0232060_1321574.jpg















続いて、ブリの三点盛り(700円)。


天然ぶり、ハマチ、ぶりの炙りの3貫。


これも脂が乗ってて、分厚くて、食べ応えがある!


f0232060_13223548.jpg















まぐろの3点盛り(700円)は、


中トロ、赤身、ネギトロ軍艦の3貫。


f0232060_13233246.jpg















海の町ならではの、生ズワイガニの寿司。


カニ身が甘くて、とても美味しい。


f0232060_1324313.jpg















これも金沢ならではの香箱ガニの軍艦と、キンメ。


香箱の回転寿司が普通に食べれるなんて、ホント驚き。


f0232060_13261348.jpg


f0232060_13262988.jpg















〆は、香箱カニの半身を丸ごと使った味噌汁


こんな卵たっぷりの濃厚な味噌汁を回転寿司で味わえるのは貴重。


金沢は回転寿司のレベルが異常に高いと聞いていたが、


噂に違わぬハイクオリティーだった。


下手に普通の鮨屋さん行くくらいなら、回転寿司でも十分かもなあ。


f0232060_13305735.jpg


f0232060_1331123.jpg









■「もりもり寿し」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000911/









# by meshi-quest | 2019-01-12 08:08 | 旅行_国内









去年2018年の末に金沢出張に行ってきた。










本当に金沢は素敵な町だ。


小京都とはよく言ったもので、町並みは京都を彷彿とさせる。


古き良きものと新しいモダンなものがうまく融合してて、何を見ても美しい。


チャンスがあれば喜んで何度もお邪魔したい町の1つだ。


f0232060_14361247.jpg


f0232060_14363967.jpg


f0232060_14365232.jpg















さすが北陸といった寒さで、冷たさが刺さる。


東京ではまだ暑い重装備で出てきたが、寒さを舐めないで良かったー。


そんなめっさ寒い北陸の冬ではあるが、


冬の幸が満載なので、全然大丈夫!!


冬の幸を満喫させてもらえる割烹居酒屋「とっくりや」へ。


18時からと20時からの2時間制のみで、大人気のため予約必須。


f0232060_14405255.jpg














早速、銘酒「手取川」で乾杯。


お通しはめちゃくちゃ美味しい梅貝の煮付。


梅貝が大好きで、別途頼もうと思ってたくらいなので、お通しラッキー。


東京じゃ、こんな大きく柔らかい梅貝食べられないな・・・。


f0232060_14433770.jpg


f0232060_14434839.jpg














まずは、名物の刺身のジェンガ盛りから。


ビールと比較すると、よりその大きさに驚く(・□・;)!


f0232060_14452571.jpg














新鮮で、分厚くて、めちゃくちゃ美味しい刺身盛り合わせ。


食べ応え、ありすぎw。


f0232060_1446258.jpg















1段目のジェンガを食べ終わると、中から2段目の刺身ジェンガがw。


表から見えなかったけど、中には水ダコや赤貝、サザエまでいた。


f0232060_1448181.jpg















続いては、解禁されたズワイガニの登場!


そして、これも、ものすごい山盛りww


f0232060_1450215.jpg















特にカニ味噌の量がヤバいww


こんなに大量のカニ味噌食べたのは初めてかも。


カニ身も、カニ味噌も、甘くてホント美味しい。


f0232060_14512111.jpg














北陸名産の白エビのから揚げ。


カラッと揚ってて、塩加減も抜群で、箸が止まらない。


f0232060_1452957.jpg















お店おすすめの、今が旬の白子の天ぷら。


新鮮なので全く臭みもなく、柔らかく甘味あって、口の中でトロける感じ。


白子だけでなく、鱈の身の天ぷらも付いてくる、すごいボリューム。


f0232060_14534183.jpg


f0232060_14535768.jpg















最後の〆は、名物ののどぐろ丸ごと1匹の塩焼き。


脂が乗ってて、ものすごく美味しい!!


東京だと、とんでもない金額になりそうな贅沢品だが(苦笑)、


北陸であれば高級品には変わりないが、一応なんとかなる範囲でいただけるw。


f0232060_14565980.jpg


f0232060_14571125.jpg









冬の北陸は、食道楽だなー。


ずっと何かしら食べ続けてしまいそうだw。


1つ1つがボリュームあって、


全くメニューが制覇できないのでw、ぜひまたお邪魔したい。






■「とっくりや」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000666/








# by meshi-quest | 2019-01-11 08:08 | 旅行_国内









代官山にあるお気に入りの魚介イタリアン「Ata」で食事。


深夜2時までやっているのが本当にありがたい貴重なイタリアン。


f0232060_1221416.jpg


f0232060_1222538.jpg















まずは、名物のAtaのアイオリ


海老や野菜を特製のアイオリディップソースで。


f0232060_124623.jpg















まぐろのうなじ


濃いめに味付けされたまぐろのうなじを


チーズと一緒にサニーレタスに包んで食べる。


焼肉を食べているかのような濃厚な旨さ。


f0232060_1252838.jpg














別の人が頼んだ生牡蠣


苦手な私は写真だけ。


f0232060_126835.jpg















そして、今日はお仕事頑張ったご褒美に


奮発してオマール海老もいっちゃうよー(≧∇≦)!!


f0232060_1274245.jpg


f0232060_128750.jpg


f0232060_1281486.jpg
















オマール海老は身もさることながら、


実は、オマールを1匹丸ごと注文した人だけが作ってもらえる


超絶品のオマール海老グラタンがお目当て。


これがホント美味しくて、


これが食べたくてオマール注文したと言っても過言ではないくらい。


f0232060_1302054.jpg















最後は、牛イチボのステーキ。


柔らかくて、ジューシーでとても美味しかった!


魚メインのイタリアンだけど、肉もちゃんと美味しい。


しかし、この味を夜中でも食べれるのはホント貴重だな・・。


f0232060_1322617.jpg








■「Ata アタ」
http://ata1789.com/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ