2019年、今年の鰻初めを縁起良く「かぶと」でさせてもらったが、


時を開けずに、またすぐ「かぶと」に来れる幸せ。


f0232060_12412575.jpg















何度もお邪魔させてもらっているが、


思えば、大将の焼き台の目の前の席は初めてかも。


大将から「え、そうでしたっけ?!」なんて驚かれながら、


まずは、関東風の蒸して作るえり焼きから。


f0232060_12452894.jpg


f0232060_12455917.jpg


f0232060_12461592.jpg


f0232060_12463854.jpg















こちらは、関西風の蒸さないえり焼き。塩で。


今日は天然の入荷がなく、春先4月まではほとんど養殖のみ。


なので、あの1月の天然が入った日は相当レアだったんだなあ・・・。



f0232060_12471056.jpg















「かぶと」のうなぎ以外で必食の1つ、冷ややっこ


大桃豆腐という豆腐店から取り寄せてるそうだが、


箸で掴めないほどフワフワで、トロトロで、


何よりも大豆ってこんなに甘くてうまいのか!!と感激する味。


醤油は使わず、対馬の藻塩で豆腐を味わう。


豆腐の概念が変わる豆腐なので、これはぜひ。


f0232060_1250831.jpg


f0232060_1251045.jpg















「かぶと」名物の、うなぎの動いてる心臓


捌きたての証拠で、注文入ってから捌くからこそ出せる物。


毒があって苦いので、噛まずに丸飲みをする。


f0232060_12552633.jpg















ひれ焼き肝焼き


f0232060_125618100.jpg


f0232060_12562759.jpg














一口蒲焼尻尾焼き


尻尾焼きは数がないので、2本を3人でわけわけする。


f0232060_12571582.jpg


f0232060_12575296.jpg















尻尾に近いところの身とレバー


f0232060_12585474.jpg


f0232060_1259435.jpg















いよいよ、白焼き登場!!


1人1本づつ、写真は3人分。


皮がパリッとしてて、うなぎの甘味と旨味が詰まってて、


めっちゃくちゃ美味しい!!!


f0232060_1313429.jpg


f0232060_131489.jpg


f0232060_132054.jpg
















そして、メインディッシュの蒲焼!!


f0232060_1325019.jpg


f0232060_1332020.jpg


f0232060_1333393.jpg














「かぶと」ではお重の形にはせずに、


蒲焼とご飯を別に出すことで、蒲焼でも、お重風でも、


どちらも楽しめるようになっている。


ご飯は、大・中・小が選べるのだが、当然、大で!!


f0232060_1354371.jpg


f0232060_1355565.jpg


f0232060_137403.jpg










心臓から尻尾までのフルコース。


今宵も「かぶと」のうなぎは最高だった!






■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/


















友達からの紹介で、中野の超人気の美味しいビストロがあると聞き、


何度かお電話させてもらったが、


繋がらなかったり、予約一杯だったりで、


ようやく念願かなってお邪魔できたビストロ「松㐂(マツキ)」。


f0232060_1294828.jpg


f0232060_1212154.jpg














中野ブロードウェイなどがある賑やかな方の中野ではなく、


あまり行くことがなかった方の中野側にあって、


こんなところにビストロあったんだ!という場所。


門構えからの想像よりも店内は意外に席数があったが、


予約により全席満席で、途中カウンターの後ろに立ち飲みが出るほどの人気。


f0232060_12957100.jpg


f0232060_12125115.jpg















料理は、アミューズ、前菜、スープ、主菜の


5000円のプリフィックスコースのみ。


まずはアミューズで、玉ねぎのキッシュから。


おお、これは・・・!!フォルムといい、味といい、


仲良くさせてもらっているフレンチの名店「オテル・ドゥ・ミクニ」の


名物アミューズ「玉ねぎのキッシュ」にすごく似てて、



結局聞けなかったけど、シェフは三國さんのところで修業してたのかな・・。


ミクニのキッシュは日本一美味しいと思ってるのだが、


こちらもとても美味しく出来ていて、絶品だった。


f0232060_12173356.jpg


f0232060_12175142.jpg















次にスープ


白いんげん豆と野菜とバジルのスープ。


やさしい味で、野菜たっぷりなので美容と健康に良さそうな感じ。


f0232060_12222737.jpg


f0232060_12223637.jpg


f0232060_12224523.jpg















選べる前菜は、北海道ホッキ貝とカルドンチェッロのバターソテーに。


カルドンチェッロはイタリア産の肉厚のキノコ。いい香り。


f0232060_1224457.jpg


f0232060_12245549.jpg














メインはサクラマスのパネ。


ソースは風味良いフキノトウのタルタルソース。


シンプルなサクサクのフィッシュフライ。上手に揚っていた。


f0232060_12263099.jpg


f0232060_12265393.jpg















主菜は本当は魚か肉かで1種だけなのだが、


なかなか来る機会もないので、追加料金で肉料理も注文してみることに。


豚肩ロース 白菜 黒トリュフご飯。


出汁が入った雑炊風になっていて、和食もちょっと感じる一品。


とても軽いのでサラッと食べれる。

f0232060_12302862.jpg


f0232060_12303993.jpg















デザートは別料金で、苺のミルフィーユ


甘さ控えめで美味しく出来てる。


水出し紅茶もいい香りで相性が良い。


f0232060_12321343.jpg


f0232060_12322581.jpg


f0232060_12323461.jpg









これまであまり中野になかった感じで、


味、内容、雰囲気含めて、人気があるのも納得のビストロ。


ただ、個人的にはもう少しメニューに種類と、


もう少し味なり、量なりに緩急が欲しかったな、という感じ。







■「松㐂(マツキ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13205335/

















吉祥寺ハモニカ横丁
内にある大人気カレー屋「ピワン」で


久しぶりにランチを食べる。


f0232060_1154529.jpg















いつも狭い横丁の中に長蛇の列が出来てて、


店内は着席2席、立ちの3席入れても5席がマックスで、


土日はもちろんのこと、いつ行っても混んでて諦めるのだが、


たまたまこの日は打ち合わせが1つ直前で飛んだので、


珍しく少し待つ時間が出来たのだ。


f0232060_11573231.jpg















本日はチキンカレーとうずらのキーマカレーの2種。


インスタ映えする美しいピワン盛り。


f0232060_11593279.jpg














相変わらず、超絶スパイシーなサラサラカレー。


丁寧に美味しく作られているが、


そもそもこのタイプのカレーが好きかどうかで好き嫌いが分かれる。


スパイスが胃腸を直撃するのか、変な意味ではなく、


ピワンのカレーを食べた後はたいていちょっとお腹痛くなるw。


f0232060_1214647.jpg


f0232060_122482.jpg














店内が狭く、入ってきた入口から出ようとすると、


座っている皆さんを立たせて外に出てもらわないといけなくなるためw、


出口は反対側に別にあって、ところてん方式になっている。


こういう感じはハモニカ横丁っぽくて、好き。


f0232060_1233312.jpg








■「ピワン」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13148453/









# by meshi-quest | 2019-03-06 08:03 | 吉祥寺









懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で癒しのお鮨。私のオア鮨


f0232060_11242349.jpg















まずは、日本酒と、お通しのバイ貝、玉子で乾杯。


f0232060_1125512.jpg


f0232060_11255999.jpg


f0232060_1126993.jpg
















本日のお造りは、ボタン海老、シメサバ


かつお、生本マグロ、青柳。


f0232060_11281385.jpg















本日の焼き物は、マグロのたれ焼き


イカゲソ、えいひれの酒の肴3種。


f0232060_11291716.jpg















大好きなカニ味噌付き甲羅の毛ガニセットと、


大きな白子やアワビが入った茶碗蒸し


f0232060_11304087.jpg


f0232060_1131421.jpg


f0232060_11311667.jpg















魚のつまみと、魚のにぎりの間に


口直しのように挟んでもらえる一口ステーキは、


サーロイン肉寿司の2種類で。


f0232060_1132469.jpg


f0232060_1133873.jpg


f0232060_11332046.jpg















魚介と納豆の旨味が詰まったばくだんとおしんこサラダ。


f0232060_11342244.jpg


f0232060_11344398.jpg


f0232060_11345532.jpg














スペシャルメニュー登場!


カニマヨ酢飯チャーハンのあんかけ風。


マヨラーの私のために、いつもの酢飯リゾットをアレンジ。


通常のご飯で作るとかなり濃厚になりそうな具材だが、


酢飯が効いてるので、各具材のコクや風味だけ残って、味わいはかろやか。


とても美味しいチャーハン。


f0232060_11365699.jpg


f0232060_11384463.jpg














にぎりは、マコガレイ赤身2段創作鮨から。


f0232060_11395741.jpg















こはだ、アジ、イワシ、サンマの光の4戦士。


f0232060_11415974.jpg


f0232060_11421592.jpg


f0232060_11422731.jpg


f0232060_11423796.jpg















ご飯にもウニを混ぜ、イカの上にもウニを乗せ、ウニまみれ


f0232060_11445948.jpg















白エビ、生すじこ、大好きなのでまたまたウニ


f0232060_11455280.jpg


f0232060_1146476.jpg


f0232060_11463335.jpg















赤貝、トロ、穴子たれと塩。


f0232060_11473037.jpg


f0232060_11474410.jpg


f0232060_11475388.jpg















最後の巻物は私のリクエストで、


エビとスモークサーモンのマヨネーズ巻きと、


生と炙りの2種ネギトロ巻き。


f0232060_11494840.jpg


f0232060_11495821.jpg









お腹いっぱい、幸せだー!


今年も早速いっぱい通わせてもらってます。






■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








# by meshi-quest | 2019-03-05 08:08 | 高円寺









札幌では、飲んだ〆にパフェを食べるらしい。


そんな夜パフェの噂は聞いていたが、


それも一部の店の、一部の人のブームかと思っていた・・・。













ところが、実際札幌に行ってみたら、


至る所に「夜パフェ」の看板があって、


外は吹雪いてて、雪が積もり、寒いというのに、


アイスクリームたっぷりのパフェを求めて、


店前に待ちの列が出来てるほど文化として根付いてて驚いた。














実際、最初に行った店は数組待ちが出てて入れなくて、


そのお店の系列店に電話してもらって、ようやく予約して入れたほどの人気。


しかも、夜の11時半の出来事w。


f0232060_211252.jpg


f0232060_2113166.jpg














店内は、20~30代の若い男女グループが多かったが、


中にはおじさま2人組もいたりして、


夜におじさままでがホントにパフェ食べてて驚く。


f0232060_21142429.jpg















夜パフェと言っても、単なるパフェを出す喫茶店ではなく、


結構アルコールが揃ってて、もちろんコーヒーや紅茶もあるが、


お酒に合わせて、パフェを楽しむ、甘党飲兵衛向けの文化のようだ。


ウイスキーとカフェラテを注文。


f0232060_21163053.jpg


f0232060_21164329.jpg














後悔をしないように生きるが成沢家の教えなので、


滅多に札幌に来れないことも考えて、パフェを2つ注文してみる。


本当は全部制覇したいところだが、そこは冷静になって留まった。


まずは、ジャスミンとティラミスと柑橘のパフェ(1250円)。


めちゃくちゃかわいくて、手が込んでる(≧∇≦)!!!


f0232060_21212587.jpg


















上はジャスミンジェラード、大人のティラミスなど、


食用花のエディブルフラワーも飾りに乗ってる。


f0232060_212371.jpg
















下はジャスミンのジュレ、白ゴマのパンナコッタなど、


花のオブジェもチョコレートと飴細工で出来てて、食べれる。


f0232060_2125139.jpg





















もう1つは、「泡、時々いちご」(1750円)というパフェ。


f0232060_21264717.jpg
















上にはフレッシュながたっぷり敷き詰められてて、


赤い丸のモノはカシスの寒天、緑のモノは飴細工。


f0232060_21281412.jpg















中は、シャンパンのムースやシャンパンジュレ、


木苺のレアチーズなどが層になって敷き詰められている。


f0232060_21305178.jpg











さすが夜パフェだけあって、


食べて飲んだ後に甘いものを食べることを想定し、


ちゃんと甘さがコントロールされてて、


全体的に胃もたれしない軽い作りになってるので、


〆のパフェが食べられる仕組みになっている。










夜パフェ、楽しいなあー。


東京にも出来ないかな・・・なんて思ってたら、


このお店の姉妹店が渋谷にあることが分かり、


ちゃんと東京でも深夜まで夜パフェが出来るようだ。








■「夜パフェ専門パフェテリア ミル」
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1057878/








# by meshi-quest | 2019-03-04 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ