懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で癒しのお鮨。私のオア鮨


f0232060_11242349.jpg















まずは、日本酒と、お通しのバイ貝、玉子で乾杯。


f0232060_1125512.jpg


f0232060_11255999.jpg


f0232060_1126993.jpg
















本日のお造りは、ボタン海老、シメサバ


かつお、生本マグロ、青柳。


f0232060_11281385.jpg















本日の焼き物は、マグロのたれ焼き


イカゲソ、えいひれの酒の肴3種。


f0232060_11291716.jpg















大好きなカニ味噌付き甲羅の毛ガニセットと、


大きな白子やアワビが入った茶碗蒸し


f0232060_11304087.jpg


f0232060_1131421.jpg


f0232060_11311667.jpg















魚のつまみと、魚のにぎりの間に


口直しのように挟んでもらえる一口ステーキは、


サーロイン肉寿司の2種類で。


f0232060_1132469.jpg


f0232060_1133873.jpg


f0232060_11332046.jpg















魚介と納豆の旨味が詰まったばくだんとおしんこサラダ。


f0232060_11342244.jpg


f0232060_11344398.jpg


f0232060_11345532.jpg














スペシャルメニュー登場!


カニマヨ酢飯チャーハンのあんかけ風。


マヨラーの私のために、いつもの酢飯リゾットをアレンジ。


通常のご飯で作るとかなり濃厚になりそうな具材だが、


酢飯が効いてるので、各具材のコクや風味だけ残って、味わいはかろやか。


とても美味しいチャーハン。


f0232060_11365699.jpg


f0232060_11384463.jpg














にぎりは、マコガレイ赤身2段創作鮨から。


f0232060_11395741.jpg















こはだ、アジ、イワシ、サンマの光の4戦士。


f0232060_11415974.jpg


f0232060_11421592.jpg


f0232060_11422731.jpg


f0232060_11423796.jpg















ご飯にもウニを混ぜ、イカの上にもウニを乗せ、ウニまみれ


f0232060_11445948.jpg















白エビ、生すじこ、大好きなのでまたまたウニ


f0232060_11455280.jpg


f0232060_1146476.jpg


f0232060_11463335.jpg















赤貝、トロ、穴子たれと塩。


f0232060_11473037.jpg


f0232060_11474410.jpg


f0232060_11475388.jpg















最後の巻物は私のリクエストで、


エビとスモークサーモンのマヨネーズ巻きと、


生と炙りの2種ネギトロ巻き。


f0232060_11494840.jpg


f0232060_11495821.jpg









お腹いっぱい、幸せだー!


今年も早速いっぱい通わせてもらってます。






■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








# by meshi-quest | 2019-03-05 08:08 | 高円寺









札幌では、飲んだ〆にパフェを食べるらしい。


そんな夜パフェの噂は聞いていたが、


それも一部の店の、一部の人のブームかと思っていた・・・。













ところが、実際札幌に行ってみたら、


至る所に「夜パフェ」の看板があって、


外は吹雪いてて、雪が積もり、寒いというのに、


アイスクリームたっぷりのパフェを求めて、


店前に待ちの列が出来てるほど文化として根付いてて驚いた。














実際、最初に行った店は数組待ちが出てて入れなくて、


そのお店の系列店に電話してもらって、ようやく予約して入れたほどの人気。


しかも、夜の11時半の出来事w。


f0232060_211252.jpg


f0232060_2113166.jpg














店内は、20~30代の若い男女グループが多かったが、


中にはおじさま2人組もいたりして、


夜におじさままでがホントにパフェ食べてて驚く。


f0232060_21142429.jpg















夜パフェと言っても、単なるパフェを出す喫茶店ではなく、


結構アルコールが揃ってて、もちろんコーヒーや紅茶もあるが、


お酒に合わせて、パフェを楽しむ、甘党飲兵衛向けの文化のようだ。


ウイスキーとカフェラテを注文。


f0232060_21163053.jpg


f0232060_21164329.jpg














後悔をしないように生きるが成沢家の教えなので、


滅多に札幌に来れないことも考えて、パフェを2つ注文してみる。


本当は全部制覇したいところだが、そこは冷静になって留まった。


まずは、ジャスミンとティラミスと柑橘のパフェ(1250円)。


めちゃくちゃかわいくて、手が込んでる(≧∇≦)!!!


f0232060_21212587.jpg


















上はジャスミンジェラード、大人のティラミスなど、


食用花のエディブルフラワーも飾りに乗ってる。


f0232060_212371.jpg
















下はジャスミンのジュレ、白ゴマのパンナコッタなど、


花のオブジェもチョコレートと飴細工で出来てて、食べれる。


f0232060_2125139.jpg





















もう1つは、「泡、時々いちご」(1750円)というパフェ。


f0232060_21264717.jpg
















上にはフレッシュながたっぷり敷き詰められてて、


赤い丸のモノはカシスの寒天、緑のモノは飴細工。


f0232060_21281412.jpg















中は、シャンパンのムースやシャンパンジュレ、


木苺のレアチーズなどが層になって敷き詰められている。


f0232060_21305178.jpg











さすが夜パフェだけあって、


食べて飲んだ後に甘いものを食べることを想定し、


ちゃんと甘さがコントロールされてて、


全体的に胃もたれしない軽い作りになってるので、


〆のパフェが食べられる仕組みになっている。










夜パフェ、楽しいなあー。


東京にも出来ないかな・・・なんて思ってたら、


このお店の姉妹店が渋谷にあることが分かり、


ちゃんと東京でも深夜まで夜パフェが出来るようだ。








■「夜パフェ専門パフェテリア ミル」
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1057878/








# by meshi-quest | 2019-03-04 08:08 | 旅行_国内







新千歳空港に行ってみて、


分かったこと、気をつけた方がいいことが3つあったので、


これから新千歳に行かれる方にぜひお伝えしたい。












1つ


新千歳空港にはたくさん美味しいソフトクリームがあるので、


絶対食べるように!と教えてもらい、空港に行ってみると、


めちゃくちゃたくさんのお店がそれぞれ独自のソフトクリームを販売してて、


我慢しきれずに、目に入ったところで手を打ってみたのだが、


まずくはないけど、だからと言って、感動するほど美味しくもなかった。


もっと他のソフトクリームもちゃんと見ておくべきだった・・・。


生き急がず、ソフトクリームはじっくり吟味すべし


f0232060_19224187.jpg


f0232060_1923234.jpg


f0232060_19232577.jpg


f0232060_19233731.jpg













2つ


新千歳空港のお土産フロアは広くて、


さすが北海道!と思わせる魅力的なお菓子や食べ物をたくさん売ってる。


他の空港と同じく離陸までのんびりと探索していたら、


急に周りのお店がバタバタとシャッターを閉め始め、


「え、え、えーーーー!!!!!」と焦ってるうちにほとんが閉まってしまった。


なんと空港内のお土産店は20時閉店らしい(苦笑)。


お土産は20時を時間厳守で動くべし。












3つ


そんなこんなでお土産物屋が閉まり始めたと思ったら、


今度はレストランフロアも慌ただしくなり、


結構余裕を持って空港に来たはずなのに、早く出るなら何でもいいと、


L.O.の10分前に何とか回転寿司屋に駆け込む始末。


f0232060_19301020.jpg


f0232060_19305369.jpg













焦って寿司を注文して、テーブルがちょっとしたパーティーに。


f0232060_19311984.jpg












生ズワイガニ、ウニ、いくら。


f0232060_193335.jpg


f0232060_19331599.jpg


f0232060_19332763.jpg


f0232060_19334988.jpg













まぐろ赤身、中トロ、カンパチ、サーモン。


f0232060_19345360.jpg


f0232060_1935985.jpg


f0232060_19352348.jpg


f0232060_19354290.jpg













ボタン海老、えんがわ、たらこ、ネギトロ。


f0232060_19404533.jpg


f0232060_1941259.jpg


f0232060_19411847.jpg


f0232060_19412767.jpg













白子は、別々に出てくるので、自分で軍艦に乗せて食べる。


f0232060_19425346.jpg


f0232060_19431147.jpg












カニ汁は、足が飛び出るほど、大きなカニが入ってる。


f0232060_19434380.jpg


f0232060_19435497.jpg









レストランフロアも早めに閉まるので、


21時には入店22時には退店くらいの時間配分で。


以上、新千歳空港で分かったこと。







ちなみに、空港内だったから仕方がないのかもしれないけど、


回転寿司は、金沢の方がクオリティー高く、安かったかな。






■「グルメ回転寿司函太郎」
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010701/1049433/








# by meshi-quest | 2019-03-03 08:05 | 旅行_国内








札幌と言えば、スープカリー味噌ラーメン!


というわけで、吹雪の中、動ける範囲で見つけた


「SAPPORO NOODLE 零」で一杯ラーメンをいただいてみる。


f0232060_18574595.jpg


f0232060_1858098.jpg













味噌ラーメン味玉トッピングを注文。


奇をてらわず、シンプルな味噌ラーメン。


コクもありつつ、味噌の甘みが引き立つスープで、結構好みの濃厚さ。


気軽に並ばずにサクッと味噌ラーメンを楽しむにはいい。


ただ、ちょっとトッピングが淋しく、チャーシューもイマイチだったのは残念。


f0232060_1903966.jpg


f0232060_191132.jpg







■「SAPPORO NOODLE 零」
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1008930/







# by meshi-quest | 2019-03-02 08:05 | 旅行_国内









北海道在住の友達の紹介で、


札幌で美味しい鮨が食べれるという「すし乃いわ崎」へ。


雑居ビルのフロアの奥にひっそりと佇み、


看板もほとんど出てないので、教えてもらわないと絶対来れない感じ。


f0232060_2359587.jpg


f0232060_00117.jpg















基本はおまかせのコースのみで、


にぎりの合間につまみも出てくる感じ。


まずは、茶葉で炊いた柔らかいタコ伯楽星で乾杯。


f0232060_02716.jpg


f0232060_022468.jpg


f0232060_023274.jpg













ヒラメの昆布締め。いい香り。


f0232060_031790.jpg
















づけと中トロ


f0232060_034436.jpg


f0232060_035475.jpg














菜の花のおひたし。


f0232060_042535.jpg


f0232060_043398.jpg













釧路のウニ軍艦


とても甘くて美味しいウニ。ウニもさることながら、海苔もすごくうまい。


f0232060_054421.jpg














蒸しアワビ


日本酒が進む。


f0232060_063425.jpg


f0232060_064543.jpg














ものすごく甘くて美味しい毛ガニ。つまみでも、にぎりでも。


f0232060_071950.jpg


f0232060_073352.jpg













さよりと自家製カラスミ


ほんのり味噌漬けされたカラスミがとてもいいお味。


f0232060_085688.jpg


f0232060_0992.jpg















網走の釣りキンキ


f0232060_095098.jpg


f0232060_0101213.jpg














ボタン海老と活きホタテ。


f0232060_0103830.jpg


f0232060_0104721.jpg













白子の酒蒸しは北海道の地酒「二世古(ニセコ)」と共に。


f0232060_0115453.jpg


f0232060_0121076.jpg














こはだとトロたく


f0232060_0133431.jpg


f0232060_0134578.jpg














最後は穴子で。


f0232060_0143747.jpg


f0232060_0144652.jpg














真面目で実直なお鮨屋さん。


観光というよりは、鮨通向け。


静かにゆっくりと、そして上品に北海道の海の幸を堪能したい方におすすめ。


f0232060_0155217.jpg


f0232060_016059.jpg








■「すし乃いわ崎」
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1052603/









# by meshi-quest | 2019-03-01 08:07 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ