名前はよく聞くのだが、まだ行ったことのなかった下町・門前仲町を歩いてみた。

町の名前からして、勝手に浅草っぽい雰囲気を想像して、観光客いっぱいの場所かと思っていたが、意外に生活感あふれる、住宅街で驚いた(笑)。

富岡八幡宮という大きな神社が駅のすぐそばにあり、参拝の人もちらほらいたが、観光というより地元の人が多い印象。

観光客向けの店はあまりなく、地元の人向けのスナックとパチンコ屋が多い町。

築地が近いので、新鮮な魚をウリにした居酒屋も多かった。

思っていたのと違うのも、これまた一興。ちい散歩の醍醐味(笑)。








■今日のカメ

■富岡八幡宮
f0232060_1821014.jpg東京メトロ「門前仲町駅」から徒歩3分。境内にもいくつか小さな社があり、結婚式場も併設している神社です。










■伊能忠敬像
f0232060_1822159.jpg八幡宮の鳥居をくぐって、すぐのところに日本地図で有名な伊能忠敬の像がありました。説明を読んでみると、伊能さんの家が門前仲町にあったとのこと。










■小さな鳥居
f0232060_1823853.jpg境内にある結婚式場横にあった小さな社の鳥居。










■人形供養
f0232060_1825365.jpg実は、ママがなくなった時、一度だけ富岡八幡宮に来たことがあります。

うちのママが木目込み人形を作っていて、家に10体ほど手作りの日本人形があったのですが、遺品を処分しなければならなくなった時に、東京都の条例で人形を燃やすことができないことを知り(有毒ガスが出るかららしい)、都内で特別に人形供養をやっている神社仏閣を探したところ、5件ほど検索されたうちの1つがこの富岡八幡宮でした。

1体3000円くらいで供養していただけます。都内で常設で人形供養を受け入れてくれるところは少ないので、人形供養を考えられている方はぜひ。




■深川不動尊の鳥居
f0232060_183382.jpg駅を挟んで、富岡八幡宮の反対側に深川不動尊というお寺があります。









■深川不動尊
f0232060_1831218.jpg境内の一部が工事中のようでした。










■町の様子
f0232060_183202.jpg神社の近くには数軒和菓子屋があり、「もんなか」という最中を売っていたりしましたが、町自体はパチンコ屋があったり、スーパーがあったり、観光という感じではありませんでした。










■昔ながらの喫茶店
f0232060_1833020.jpg神社仏閣がある町に来たので、抹茶系のデザートがあるような和風カフェを探してみたのですが、見つからず(笑)、結局、駅そばの昔ながらの喫茶店へ。











■抹茶オレ
f0232060_1833898.jpg一応、抹茶があったので、注文(笑)。甘味が抑えられていて、美味しかったです。










■カフェオレ
f0232060_1834739.jpgコーヒー自体は香りがよく、美味しいカフェオレでした。ただ、上に乗っていた生クリームがこってり甘すぎ(苦笑)。











■モンブラン
f0232060_1835541.jpg可もなく不可もなく(笑)、特徴のないモンブランでした・・・。
# by meshi-quest | 2009-02-17 18:01 | ちい散歩
たまたま会社の帰りがけに電車で聞いたOLさん達の会話。

「今年は、14日が土曜日だから、チョコ配らなくて済んで楽だよね~。」


大きい会社で配らなければいけない人数が多かったり、妙に媚びを売る女子がいて(苦笑)、手作りなんかを全員に配っちゃっている日には自分もあげないわけにいかなかったり、男性にとってもなんだか他人から評価されているようで嫌だとか、人によっては全く楽しくないイベントなのかもしれない。


バレンタインデーには賛否両論あると思うが(笑)、個人的には賛成派だ。

好きとか、嫌いとか、義理とか、義理じゃないとか、そんなの関係なく、プレゼントはなんだって、あげるほうも、もらうほうも嬉しいものだ。

あの箱を持っているだけで、なんだかウキウキ、わくわくする。

この時期になると、なんだか町中がそわそわしていて、町中にハートのマークと真っ赤な大きなリボンを付けた箱があふれ、まるでファンタジーの世界にいるようだ。

いつも下を向いて家に帰っているサラリーマンのおじさん達も、駅の特設コーナーに並んでいる真っ赤な箱をチラッと横目で見ている。そんな光景を見ると、ほほえましく思う。

私自身はチョコレートが苦手で食べれないので、滅多にチョコレート売り場に行くことがないが、この時期になると、プレゼントを探しに未知なる売り場に足を踏み入れることになるので、それだけでも冒険をしているようで、ちょっと楽しい。

うちの会社でも、同じ事業部の女性社員全員がみんなでお金を出し合って、男性社員全員分のチョコを買って、配った。

部のマネージメントをやってくれている女の子が代表して買ってきてくれたらしく、中身は見ていないのだが、今年はあまおう(イチゴ)にチョコレートが付いているものだったらしい。

美味しいと喜んでいる人がいたり、周りの女性陣にお礼を言っている人がいたり、男性陣にも好評だったようだ。

毎日、カタカタ・・・パソコンを叩き、カリカリ・・・仕事をし、そんな中で、このイベントがちょっとした清涼剤になっていると思う。


私も個人的にチョコを買いにいった。

そして、逆に、女の子からいくつかチョコをもらったりもした。いや、くれた方も、もらった方も、全く変な意味ではないのだが(笑)。

プレゼントはあげても、もらっても、嬉しいもんだ。








■今日のカメ

■井の頭公園
f0232060_17595588.jpgとある夕暮れ時の井の頭公園。寒い日なので、人もまばらです。








■公園の池
f0232060_180423.jpg暖かい日はアヒルのボートでいっぱいになるこの池も今日は静まり返っています。










■散歩道
f0232060_1801283.jpg池を囲むように続く散歩道。春になれば桜が満開。もうしばらくの辛抱。








■吉祥寺「こまぐらカフェ」
f0232060_1802174.jpg吉祥寺駅から徒歩5分くらいのところにあるカフェ。ここのお店は、ご飯、デザートともに、とても美味しい。










■入口
f0232060_1802844.jpg一階の入り口から階段を上ったところにあります。













■カウンター
f0232060_1803666.jpg東急裏の人通りを見渡せるカウンター席。なんとなく、人の往来を見ながらぼーっとしたいときに、来ています。










■バナナチーズタルト
f0232060_1804420.jpg甘さ控えめで、とても美味しいタルト。上から、バナナ、クリームチーズ、アーモンドクリーム、パイ生地で層になっています。580円だったかな。その他、色んな手作りデザートがあり、どれも美味しいです。









■チャイ
f0232060_1805298.jpgカルダモンのスパイスが効いていて、美味しいチャイ。ちょっと甘めです。最初から砂糖が入っているので、甘さ控えめが良い方は、砂糖なしで頼んだ方が良いかも。
# by meshi-quest | 2009-02-17 17:58
最近、吉祥寺が大好きで、時間があると、ふらっと電車に乗って、吉祥寺へ行く。

なので、最近のコラムも吉祥寺にまつわる話が多い。

「吉祥寺って、どこよ?」という人には、あまり親近感のない話が多いかもしれないが、そんな町があって、そんな店があって、そんなことがあるんだ、程度に読んでいただければ幸いだ。


さて、吉祥寺に出没する頻度が高くなるにつれ、この町に自分が落ち着ける居場所(カフェ)探しをするようになった。

散々いろんな店に行った結果、今は5つくらいのお気に入りを作って、気分によって居場所を変えている。

先に、お気に入りの1つである「おちゃらか」の紹介をさせてもらったが、もう1つ、かなり利用頻度の高いお気に入りのお店を紹介しようと思う。

「ABcafe」

「えびかふぇ」と読む。

地下にあり、ちょっと入口も分かりにくいお店なのだが、特に、ここのシェイクとデザートはとても美味しく、頻繁に行かせていただいている。

ドリンクは、「バナナシェーク」か「ロイヤルミルクティー」。

ケーキは、「チーズケーキ」か「いちごのミルフィーユ」(たまにどっちも頼む)。

コレが、ワンパターンな私のお決まりのオーダー。

バナナシェークは、バナナの香りと、ミルクの香りがふんわり残っていて、甘すぎず、飽きの来ない、美味しさ。

チーズケーキは、ちょっと他とは違う感じで、味がいい意味で軽いというか、チーズケーキにありがちな「くどさ」がなくて、サクサク食べれるチーズケーキという感じ。

それでいて、チーズやミルクの香りはちゃんと残っていて、個人的には、ここのチーズケーキが一番好きかも。

夜12時過ぎまでやっているので、深夜にお茶したくなった時にもここへ行く。

スタッフの皆さんもとても親切で、感じがいい。


食べ物が美味しくて、値段もそこまで高くなくて、雰囲気もよくて、遅くまでやっていて、家からも比較的近くて・・・なんて個人的な条件を入れていくと、なかなかバッチリなお店が少ないのだが、その数少ない中、この条件をクリアしている、私にとって貴重なお店だ。








■今日のカメ

■ABcafe
f0232060_1757812.jpg吉祥寺から徒歩5分くらいのところにあります。繁華街のちょっとはずれに、小さなキューブ状の看板が出ています。









■地下の入り口
f0232060_17571994.jpgお店は階段を降りた、地下にあります。










■店内の様子
f0232060_17572835.jpgそれぞれ形状の違うカラフルな椅子が並んでいます。









■チーズケーキ
f0232060_17573897.jpg超美味しい、おススメのチーズケーキです。甘さ控えめ。くどくないので、サクサク食べれます。








■いちごのミルフィーユ
f0232060_17574669.jpgお店で売られているようなミルフィーユではなく、手作りのパイとパイの間に生クリームといちごが挟まっています。これも、美味しい!








■ロイヤルミルクティー
f0232060_17575554.jpg最近は、牛乳ブームが来ていて、どこ行っても、ミルクたっぷりロイヤルミルクティーを頼んでいます。










■ベリーシェイク
f0232060_1758446.jpgブルベリーだった(?)・・と思います。シェイクは数種類あります。どれも美味しいですが、個人的はバナナが一番かな。












■時計
f0232060_17581434.jpgお店で目につく大きな時計。時計は白壁に映写されています。











■ガンプラ
f0232060_17582166.jpgお店の至る所に、ガンプラが飾ってあります。ガンダム好きには、いいかも。













■伝票
f0232060_17583070.jpgお代の伝票は、金属のボルト(?)の中に入っています。
# by meshi-quest | 2009-02-09 17:56 | 吉祥寺
「最近、大人になったなぁ」と感じることの1つに、辛いものを食べれるようになったこと、というのがある。

うちのママは辛いものが大好きで、カレーも激辛、ピザにはタバスコ、キムチも大好物、そんな人だったのだが、その娘は反動なのか、全く辛いものが食べれなかった。

ところが、最近では家でもチゲ鍋を作ってみたり、外でもピリ辛程度のものであれば美味しくいただけるようになった。

大人になって、大人の味が分かるようになってきたのか、はたまた、年取って、舌の感覚が弱ってきたのか(笑)。


さて、旨辛ラーメンで有名な蒙古タンメン中本。

会社がある新宿にもあり、数年前に同僚と食べに行き、確かに、ものすごーく辛いのだが、辛さの中にちゃんと旨さがあることを感じた。

それ以来、元々辛いものが得意なわけではないのでしょっちゅうではないにせよ、なんか無性に食べたくなるときがあって、たまにお邪魔している。

今日は吉祥寺店。

いつも満席。

やっぱり、すげー辛い。

けど、旨いんだよな~、このラーメン。




■蒙古タンメン 中本
http://www.moukotanmen-nakamoto.com/








■今日のカメ

■蒙古タンメン 中本 吉祥寺店
f0232060_17551138.jpgJR吉祥寺駅から徒歩5分くらいのところにあります。真っ赤な看板が目印。










■店内の様子
f0232060_1755204.jpg店内はカウンターのみ。いつも満席です。











■メニュー
f0232060_17552964.jpgタンメンも色んな種類があり、辛さも10段階あります。辛くないものもあります。










■蒙古タンメン①
f0232060_17553831.jpg私がいつも頼むのはコレです。お店の一番の定番タンメンで、辛さも中間くらいです。真っ赤なタレで、中身が見えなくなってます(笑)。770円也。これに野菜大盛りと、卵をトッピングしています。










■蒙古タンメン②
f0232060_17554913.jpg上の真っ赤な部分をどかすと、こんな感じで麺が出てきます。私にとっては、ゆっくり食べないと食べれないほど辛いんですが、でも、美味しいんです。








■中居遺産に認定されたようです。
f0232060_1756025.jpgTBSの番組でしょうか。「中居遺産に認定されました」という大きなのぼりが立っていました。
# by meshi-quest | 2009-02-09 17:54 | 吉祥寺
吉祥寺を歩いていたら、作家の志茂田景樹さんを見かけた。


もう御年70近いかと思うが、赤のスカジャンに、ブルーとグリーンのタイツにスニーカー、背筋もピンとしていて、年を感じさせない感じだった。

すごく色んな意味で目立つんだが(笑)、なんというかカッコ良かった。

年を取ると、どうしても自分の今に合わせてなのか暗い落ち着いた色を身にまとったり、年を盾に、言い換えると、年を言い訳に、どんどん自分の理想としているものから離れた方へ流されてしまいがちだが、「貫く」というのは大事だなと思った。


今の会社であるスクウェア・エニックス(旧エニックス)に入った理由は色々とあるのだが、実は、その中の1つに服装が自由というのがあった。

聞く人によっては「くだらねー」と思うかもしれないのだが、私にとって服は自分の精神をコントロールするためのすごく重要な要素なのだ。

朝起きた時の自分の状態に合わせて、それをコントロールするために、服を選んでいるといっても過言ではない。

その時の自分に合わない色だったり、気に入らない服を着てしまうと、その日一日落ち着かなくて、精神が暴走してしまう。

以前、このコラムにも書いたが、当時、同じように合格通知をいただいていた某航空会社のアテンダントの職を断った理由は色々とあるのだが、その中の1つは、「制服を着る」だった。

航空会社を受けている時点で制服を着なければいけないことは分かっていたので、もちろんそれ以外に大きく嫌だった部分があったのだが(苦笑)。


志茂田さんを見ていて、あの方も服が自分をコントロールしているような気がした。

もちろん、作家であり、タレントであり、という部分は往々にしてあるんだろうが、それにしても、個人の想いや考え方もすごく強いのだと思う。

私もあんな風に、好きなものを身にまとい、好きなことを貫いて、堂々としていられるような年の取り方をしたい、と思った。



さて、以前も紹介させていただいたTLAK BACK。

ホントここの料理はいつ食べても美味しいんだよなぁ。

ああ、幸せ。




■TALK BACK
http://talkback.jp/








■今日のカメ

■ごちゃまぜサラダ
f0232060_1753781.jpgドレッシングがとても美味しいです。ボリュームもあります。










■日本一のガーリックトースト
f0232060_17531983.jpgTALK BACKに来たら、ガーリックトーストを食べないと始まりません!やっぱり絶品。










■シェフの気まぐれオムレツ
f0232060_17532773.jpgこの日はエビのカレークリームだったかな。卵がふわふわで、これも美味しかったです。









■鯛のグリル
f0232060_1753373.jpg鯛だったと思います。シンプルに焼き上げたお料理でしたが、すごく香りがよく、美味しかったです。










■ポルチーニ茸のクリームリゾット
f0232060_17534992.jpg個人的に、ガーリックトーストの次におススメなのが、このリゾット。鴨のひき肉(だったかな?)が入っていて、かなり濃厚なブラウンクリームソースで出来ています。とっても美味しい!!









■自家製サングリア
f0232060_1754360.jpgすっきりとしていて、ワインが苦手な人でも飲みやすいサングリアです。
# by meshi-quest | 2009-02-03 17:52 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ