人気ブログランキング |

タグ:イタリアン ( 335 ) タグの人気記事








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」で私のお花の師匠と食事。


f0232060_23213495.jpg













「チクロ」は何を食べても美味しいし、


長年お邪魔してて私の好みも知ってもらっているので、基本おまかせ。


今日も岡部シェフのおまかせコースにしてもらった。


まずは、手作りのセミドライトマトから。


大きなトマトを半分くらいの大きさになるくらいまでセミドライにして、


甘味、酸味、旨味をバランスよく引き出してる絶妙な前菜。


f0232060_23251282.jpg


f0232060_2326481.jpg













生で食べられる六甲シャンピニオン


ミントレモンでさっぱりと風味良く。


f0232060_2327737.jpg


f0232060_23272829.jpg












モンサンミッシェルムール貝


牡蠣が大の苦手な私は、ムール貝もちょっと同じ系統な感じで


本来は苦手な貝なのだが、これはそんな私でも美味しくいただけた。


旨味たっぷりのスープは、パンと共に。


f0232060_23292967.jpg


f0232060_2331119.jpg













牛の白モツシシトウのピリ辛トマト炒め。


これ、めちゃくちゃ美味しい!!


ジューシーでプリプリの白モツとピリ辛トマトとの相性が最高!


f0232060_23324978.jpg


f0232060_23325965.jpg













イワシウイキョウのピチ(パスタ)。


これもすごく美味しい!


イワシの濃厚な風味をウイキョウのアクセントで


バランス良く、飽きずに、食べやすくしてる。


魚系のパスタは味や香りがクドくなりすぎたりして難しいんだけど、


すごく上手に作られてる。


f0232060_23363376.jpg


f0232060_2337833.jpg













メインディッシュは、


グーラッシュという牛すね肉のパプリカ煮込み。


赤ワインがついつい欲しくなってしまう味。


f0232060_23385996.jpg













さっきのイワシのパスタがめちゃくちゃ美味しかったので、


岡部シェフにおまかせパスタをお代わり


シンプルにフレッシュトマトのみのパスタを作ってもらったのだが、


これも本当に美味しくて驚いた。


具はトマトだけなのに、こんなに深い味で、旨味が出るのはすごいなー。


f0232060_2348209.jpg


f0232060_23483153.jpg













最後は、デザート3種盛り合わせ。


パーティーみたいw。


ラム酒にスポンジケーキを染み込ませたババ


フルーツポンチシャインマスカットのゼリー。


ババはここ最近食べた中で、一番美味しいババだったなー。


f0232060_2351201.jpg


f0232060_23515738.jpg


f0232060_2352936.jpg


f0232060_23521878.jpg


f0232060_23523054.jpg










■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-11-05 08:08 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」でディナー。


f0232060_17132773.jpg


f0232060_17134323.jpg


f0232060_17135124.jpg
















今晩は岡部シェフのスペシャルディナーで、


今が旬のコレ!!






大好きなフレッシュポルチーニを使ったフルコースをいただく。


それにしても、笑っちゃうくらい大きいw


マリオが1UPする気持ちも分かる。


今日は私がきっと1UPする番だ。


f0232060_17145880.jpg
















まずは、フレッシュポルチーニ茸を使った


新鮮だからこそできる生のポルチーニサラダ


なかなか生でポルチーニを食べる機会も少ないが、


甘味があって、柔らかくて、すごく美味しい。


f0232060_17163221.jpg


f0232060_17164062.jpg















2品目は、ポルチーニクリームソテー


ポルチーニはすごくクリーム系と相性がいい。


生も美味しいけど、焼くと風味が増す感じ。


f0232060_1718581.jpg


f0232060_17181474.jpg















3品目は、ポルチーニトマトを使った


オイルベースのタリアテッレ


これもすごく美味しく出来てる!!


f0232060_17194371.jpg


f0232060_17195673.jpg
















4品目のメインディッシュは、


ポルチーニ牛すね肉のブラウンシチューを


サックサクのパイ包み焼きに仕上げたもの。


秋を感じる香り良く、温かいメイン料理。


f0232060_1722131.jpg


f0232060_1722940.jpg


f0232060_17222957.jpg















5品目のデザートは、ラム酒を使ったババ


さすがにポルチーニは使ってないがw、とても美味しい。


実は、ラム酒は本当はあまり得意でなく、


ババとかサバランとか強いアルコールに漬け込んだデザートも


本来はあまり得意ではないのだが、


「チクロ」のババはラム酒の効かせ方、バランスが絶妙で、


シロップも甘すぎず、くどすぎず、私でも美味しくいただける。


むしろ、好きな味。


f0232060_1725163.jpg











ポルチーニを使った料理はこの時期だけのお楽しみ。


今回のものはメニューには載ってないものばかりだが、


ポルチーニメニュー自体は入荷に合わせてたまにあるそうので、要チェック。











■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-10-23 08:07 | 西荻窪








知り合いのグルメの方にご紹介いただき、


今、恵比寿で一番美味しいイタリアンが食べられるという


「バンデルオーラ」でディナー。


f0232060_20491486.jpg


f0232060_20492589.jpg












お通しは、私が大好きなRobertoのグリッシーニ


ここのグリッシーニが小麦の味がしっかりしてて一番美味しい。


f0232060_20504272.jpg


f0232060_20505630.jpg













メニューがものすごく豊富でどれも美味しそうで迷うが、


親切な店員さんの説明を聞きつつ、オススメを注文していく。


まずは、フレッシュなブッラータチーズから。


ルッコラ、トマトと、たっぷりのオリーブオイルで。


f0232060_2053083.jpg


f0232060_20531192.jpg


f0232060_20532674.jpg













香り良く、美味しいジロール茸が入っているとのことで、


ジロール茸オムレツ


フワッフワでめちゃくちゃ美味しい!!


秋のジロール茸とポルチーニ茸に目がない私にはたまらん一品。


f0232060_2055284.jpg


f0232060_20552195.jpg












オススメの真鯛


大きな切り身をケッパーとレモンでさっぱりと。


f0232060_20562661.jpg


f0232060_20563840.jpg













肉は、イノシシをいただく。ヒレとロース。


全く臭みなく、柔らかく、これまたすごく美味しい。


f0232060_20573772.jpg


f0232060_2057479.jpg












最後は名物のクスクスをいただく。


「クスクス」は小麦粉から作られてる粉状の食べ物。パスタの親戚。


こんなにクスクスのメニューがあるお店を初めて見たw。


f0232060_205951.jpg













クスクスと言えば、モロッコ。


数年前にモロッコに行って、本場のクスクスを食べてきているが、


モロッコのようなタジン鍋で出してくれるあのクスクスとも全く違い、


海鮮たっぷりで、どこかスペインのパエリアのような雰囲気もある、


本当に独特な唯一無二のクスクスで、


クスクスのイメージが変わる一食の価値のある料理だった。


濃厚な魚介スープをかけて食べると、また一段と風味が増して美味しい。


f0232060_2133244.jpg


f0232060_213464.jpg













最後のデザートは、ティラミスカンノーリ


前菜からデザートまでどれも美味しく、ボリュームあって、素晴らしいイタリアンだった。


メニューがとにかく種類多く、他のものも食べてみたいから、ぜひまたお邪魔したい。


f0232060_217125.jpg


f0232060_2172233.jpg









◼︎「バンデルオーラ」
http://banderuola.jp/



















今年2019年10月4日に銀座Velvia館9階にオープンした


元SMAP稲垣吾郎さんと香取慎吾さんプロデュースの


話題のビストロ「BISTRO J_O」(ビストロジョー)


のディナーに行ってきた。


f0232060_13355653.jpg
















元SMAPのお二人が満を持して始動する飲食プロジェクトとあり、


連日ニュースやテレビでも放映されているそうで、


私はたまたま知り合いのグルメ会でご招待いただいたのだが、


非常に予約困難になっているとのこと。


Velvia館1階にも特別エレベーターがあり、9階直通になっていた。


f0232060_13385276.jpg
















ここが「BISTRO J_O」の9階フロア


1フロアにカフェとビストロが併設されてて、


それぞれを稲垣さんと香取さんがプロデュースされてるそう。


カフェとビストロの運営自体は、


高級レストラングループ・XEXが担当している。


f0232060_13413753.jpg


f0232060_13414947.jpg
















ビストロでのディナー予約だったので今回は行ってないが、


「J_O CAFE」はこんな感じ。


f0232060_1344931.jpg


f0232060_13442359.jpg


f0232060_13443148.jpg















いよいよ「BISTRO J_O」の店内へ。


が基調になってて、派手な感じで、かなり席数も多い。


f0232060_1346213.jpg


f0232060_13463177.jpg


f0232060_13464385.jpg


f0232060_1346521.jpg
















「1人でも食事」をテーマにしているようで、


窓側にお一人様席があるのが印象的だった。


f0232060_1348825.jpg


f0232060_13482535.jpg















料理はプリフィックスのコース(8500円)で、


サラダ、食事、メインをメニューの中から選べるようになっている。


ちなみに、お一人様だと500円引きになるのだそう。


f0232060_1350350.jpg


f0232060_13501132.jpg
















1品目は、共通の前菜で


茶碗蒸し仕立てのクラムチャウダー


別添えでお好みで焼きウニとすだちが付いている。


f0232060_1352892.jpg


f0232060_13523282.jpg


f0232060_13524299.jpg
















感想としては、正直思った以上に、


茶碗蒸しにもクラムチャウダーにもコクがなく


あとは、ぬるかったこと。


最初をすごく期待していただけに、いきなり残念。


f0232060_1354975.jpg
















ウリの1つのBISTRO J_O PIZZA食べ放題。


「ピザ」と聞いて、出来たてアツアツが回ってくるのかと思ったら、


すでにチーズもかなり固まってて、これまた残念。


しかも、各料理にこの具沢山のピザパンがあまり合わなくて、


かつ、食べ放題となっているのだが、


ほとんどスタッフが巡回しないので、


こちらからわざわざ声かけないとピザは持ってきてもらえない。


f0232060_13571612.jpg


f0232060_13572428.jpg
















2品目のサラダからはメニューで選ぶプリフィックス。


焼きカリフラワーチキンのサラダを注文。


シーザードレッシングに期待をしていたが、これも普通。


f0232060_13593356.jpg


f0232060_13595183.jpg
















そして、ここから3品目が出てくるまでが


めちゃくちゃ長かった・・・(苦笑)。


結論から言うと、お店からはコースは2時間と言われ、


フレンチコースでもないし、最初の前菜とデザート入れて6品なので


我々も2時間あれば絶対終わると思っていたら、結局3時間かかった。


という流れでの3品目の


浅利きのこのクリームスパゲッティーニなのだが、


すでに固くなってて、一部パスタは変色、温度は冷めてて、


これがそのまま出てきちゃうんだ・・・orz、という感じだった。


スタッフの方もこれ見ても替えてきますとかもなくて、うーーーーん。


f0232060_1441853.jpg


f0232060_1444865.jpg















半熟卵が付いてて、半分くらい食べた後に、


卵を入れてかき混ぜると、カルボナーラになるらしいのだが、


パスタがすでに冷めてて、固くなってるので、


うまくカルボナーラにならなかった(泣)。


f0232060_1410523.jpg


f0232060_1411396.jpg
















4品目の魚料理は、


鮪レアカツ 焼き茄子とフレッシュトマト餡を注文。


f0232060_14121468.jpg















これも出てくるまですごく時間がかかって、


揚げ物なのに到着時には衣がしっとり・・・(泣)。


さらに、この鮪がすごく筋が多くて、全く切れない(泣)。


あまりご飯で嘘を付きたくないので正直に書くが、


今まで食べた鮪のレアカツの中では一番美味しくなかった


他の人のレアカツには鮪の血合いまで残ってて・・・なんだかなあ。


f0232060_14141250.jpg
















5品目の肉料理は、


テレビ「BISTRO SMAP」でも登場したという


スパイシーチキン BISTRO仕立てを注文。


f0232060_14164196.jpg















最後の肉料理、しかも、オススメと聞いて期待するも、


めちゃくちゃしょっぱいよーー(号泣)!


みんなにも食べてもらったが、


舌がヒリヒリする、化調の味がすごい、


そんな感想のオンパレードだった。


f0232060_1419322.jpg
















6品目のデザートは共通のデザートの3種盛り合わせで、


ロールケーキ、モンブランタルト、マカロンの3つ。


まずいわけではないが、美味しいわけでもない感じ。


ハーブティーも普通。


f0232060_14211494.jpg


f0232060_14212253.jpg


f0232060_14212924.jpg











オープンに至るまで、どんな大人の事情があったのか分からないが、


普通にビストロとして、味も、内容も、サービスもダメだった。


嘘は付けない。


稲垣さんや香取さんのことも詳しくは分からないけど、


なんとなく「やさしさ」「温かさ」「親近感」とかがあった気がしてて、


かつ、「BISTRO SMAP」の番組もあってか、


なんとなくグルメで料理に精通してるイメージがあり、


それら全てが壊れてしまうような感じだった。


なんだかかわいそうになってしまった。











実際食べてるお客様に笑顔、笑い声、感動の声とかなかったし、


帰っていくお客様もそそくさと帰っていく感じで、


きっとみんな期待外れだったんだと思う。


いいレストランって、食べてる時から帰る時までお客さんは笑顔だし、


スタッフに「美味しかった!」「また来ます!」と声をかけたりするんだが。


切り取った写真や作られたプロモーション映像ではなく、


今のこの状況をちゃんと見て、今後良くなっていってくれるといいなあ。









■「BISTRO J_O」
https://friendshop.tokyo/










by meshi-quest | 2019-10-09 08:00 | 銀座










懇意にさせてもらっている吉祥寺イタリアン


「ヴィネリアハーベスト」でディナー。


吉祥寺の中道通り商店街で数少ない深夜までやってるお店。


しかも気軽に入れて美味しいので、12時近いのにほぼ満席。


f0232060_2215568.jpg


f0232060_221646.jpg














まずは、前菜の盛り合わせ。


「ハーベスト」さんの前菜盛り合わせは、


毎回内容が変わり、種類も多く、ボリュームもあって、いつもワクワクする。


f0232060_22245844.jpg
















アオリイカと枝豆のソース、


夏鹿のテリーヌ、


生しらすのフリット、


のフリット、


トウモロコシの冷奴 生ウニ添え、


白桃とブラッタータ、


真蛸焼き茄子のマリネの豪華盛り!!


f0232060_22282061.jpg


f0232060_22284054.jpg


f0232060_2230723.jpg


f0232060_22301673.jpg


f0232060_22302446.jpg


f0232060_22303452.jpg


f0232060_22304320.jpg















米ナスのパルミジャーノグラタン パルマ風。


自家製トマトソースがものすごく美味しくて、


このままパスタで食べたい感じw。


茄子グラタン、最高!


f0232060_22322514.jpg


f0232060_22325723.jpg















車海老マヨ ヴェッキオサンペーリという料理。


ヴェッキオサンペーリはシチリアの地酒の名前。


メニューに中華のような「車海老マヨ」と書かれてて、


甲殻機動隊としては注文しないわけがない一品だがw、


中華のエビマヨっぽさもありつつも、


どこかイタリアンのニュアンスもある不思議な料理。


f0232060_22373460.jpg


f0232060_22374738.jpg















ポルチーニを使ったフワフワオムレツ


ポルチーニ大好き!卵料理大好き!


f0232060_22402898.jpg


f0232060_22403916.jpg















そして、メインは大好きな鶏バター!!


出来立てのいい香り!


たっぷりバターの中で鶏肉が美味しそうに焼かれてる。


カロリーなんて、知ったこっちゃないわw。


f0232060_22422560.jpg














早速、いただきます!!


鶏バター、めちゃくちゃ美味しい(泣)。


夜中にこんな美味しいものを食れて幸せ。


f0232060_2245589.jpg


f0232060_22451359.jpg










■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/










by meshi-quest | 2019-09-30 08:08 | 吉祥寺








懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」でディナー。


f0232060_129669.jpg


f0232060_1294710.jpg


f0232060_1295973.jpg


f0232060_1213814.jpg















ものすごい数のワインがあるのだが、


私の最近のお気に入りは甘めのこの赤ワイン。


葡萄の味がしっかり効いてて、少しだけ微発泡してて、


大人のファンタという感じで好きw。


f0232060_12114970.jpg


f0232060_12115710.jpg















まずは、赤肉メロンの冷たいスープから。


メロン好きにはたまらない一品で、めちゃくちゃ美味しい!


メロンの甘味や香りを感じつつも、


決してデザートではなく、ちゃんとおかずのスープになってる。


f0232060_1218918.jpg


f0232060_12181965.jpg















群馬産ゴールドラッシュのパンナコッタ。


コーンの甘味と旨味がしっかり詰まったおかずなパンナコッタ。


濃厚な美味しいコーンポタージュを固めた感じ。


f0232060_12224021.jpg














沖縄産完熟マンゴーとスペック。


マンゴーのトロピカルな甘みに、生ハムの塩気がピッタリ。


生ハムメロンのマンゴートロピカル版。


f0232060_12253292.jpg


f0232060_12254551.jpg















ブッラータチーズと2種のトマトのカプレーゼ。


美味しいブッラータチーズに、これまたトマトの甘酸っぱさがいい感じ。


f0232060_12271210.jpg


f0232060_12272051.jpg















ジャガイモのマリナート。


「マリナート」は茹でてマリネをした料理。


蛸とジャガイモでポルトガルやスペインっぽさもある。


これもすごくお酒に合う味!


f0232060_12294515.jpg


f0232060_12303332.jpg















大阪泉州の水茄子のフリットとパルマ産生ハム


油を吸った茄子は最強w。


水茄子好きとしては、たまらん一品。


f0232060_12463069.jpg














千葉県産スルメイカのインズィミーノ。


「インズィミーノ」はイタリアの煮込み料理。


イカの旨味で一緒に煮込まれた青菜も美味しい。


f0232060_12584714.jpg















パスタは、ブッロ・エ・サルビアという、


手打ちのタヤリンを使ったセージのバターパスタ。


「サルビア」はセージのこと。


いい香りが口いっぱいに広がる、さわやかな味わい。


f0232060_131812.jpg















メインは、私が大好きな鶏バター


バターたっぷりで、鶏肉もとっても柔らかい!


f0232060_1324391.jpg


f0232060_1325133.jpg














最後は、クラッシックなプリン


こういうシンプルで、美しいプリンを出してくれるお店、


最近少なくなったなあ。しみじみ。


f0232060_1335913.jpg











■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-09-27 08:08 | 西荻窪









懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」へ。


土日だけ2時から営業をしていて、


お酒も飲めるし、美味しいつまみも食事も食べられる。


f0232060_22303186.jpg
















本日は、「チクロ」さんの内装のお手伝いをさせていただき、


スワッグと投げ入れを作りにお邪魔させてもらった。


1mのスワッグはお店入ってすぐの大きな壁に飾っていただいた。


f0232060_22335477.jpg
















併設している隣のカフェに移動して、投げ入れを作る。


f0232060_22344187.jpg
















レジ横のカウンターの目立つ場所に置いていただき、


座ってコーヒーを飲まれるお客様にも見ていただける。


f0232060_22365927.jpg
















天井が割と高いので、その高さを生かして、


まるでお店の中に木が生えているかのように


背の高い大きな投げ入れを作った。


美味しいコーヒーを飲みながら、お客様が少しでも癒されてくれるといいな。


f0232060_22389100.jpg
















無事に一仕事を終えたのでw、昼から飲みながらのランチ。


前菜の盛り合わせ。


茄子のカポナータとヒラマサのカルパッチョ。


f0232060_22405893.jpg


f0232060_2241880.jpg


f0232060_224114100.jpg















パスタは肉たっぷりのボロネーゼ


太めのパスタとも相性が良くて、すごく美味しい!


f0232060_22422054.jpg











西荻窪「チクロ」さんにフラワーアレンジメントが飾られてますので、


お近くの方はお食事と共に、ぜひ見に来てくださいね!!


よろしくお願いします!









■「チクロパノラマキッチン」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2019-09-01 08:08 | 西荻窪









最近、とても気に入っていてお邪魔させていただいてる


イタリア料理日本料理を融合させたガストロノミー、


「HaRe Gastronomia ハレガストロノミア」でディナー。


高い天井いっぱいに広がる大きな木がお出迎え。


f0232060_19481876.jpg















ティー&アルコールのハーフペアリング付きのコース。


高知県の香り良いお茶の水出しをいただきながら、


お持ち帰りが出来る選べるマイ箸


f0232060_1951712.jpg


f0232060_19511658.jpg
















まずはシェフから迎い酒


ルビーのように輝く液体は、赤しそ梅酒と合わせたもの。


f0232060_19522940.jpg


f0232060_19523999.jpg















先付八寸は、4品の前菜盛り合わせ。


玉蜀黍(トウモロコシ)のビアンコマンジャーレとじゅん菜、


オクラと煎り酒のジュレ、


メロンなどを乳酸発酵させた緑のガスパチョ


会津産馬肉と赤米のブルスケッタ。


f0232060_19563761.jpg


f0232060_19573244.jpg


f0232060_19574841.jpg


f0232060_19575636.jpg


f0232060_1958881.jpg
















お凌ぎは、サンダニエーレ産プロシュート


ストラッキーノチーズを


自家製パン・オ・ルヴァンの上に乗せたもの。


お酒のおつまみになるオープンサンドみたいな感じ。


f0232060_2002680.jpg


f0232060_2004950.jpg















お椀は、冷製のパッパ・アル・ポモドーロ


「パッパ・アル・ポモドーロ」はフィレンツェ名物のトマトのパン粥


パン粥と言っても、パンの感じはほとんど残ってなくて、


トロっとした濃厚なトマトスープみたいな感じ。


静岡のアメーラトマトと、上には焼き茄子のジェラート。


f0232060_2042164.jpg


f0232060_2043925.jpg


f0232060_2044928.jpg















油物は、飯蒸しを包んだ若鮎の棒書揚げ。


鮎の全てを食べれるように骨や皮を砕いて練り込んだ塩味のクッキーも。


f0232060_2064851.jpg


f0232060_2071328.jpg


f0232060_2073864.jpg


f0232060_208191.jpg














向附は、ハガツオスマガツオ


2種のカツオを使った海鮮サラダ。


合わせるドリンクは玉露と梅干を使った海苔の風味のあるお茶。


f0232060_20112022.jpg


f0232060_20112983.jpg


f0232060_20114127.jpg
















強肴は、植木鉢のような


パルミジャーノ・レッジャーノのクレーマと、


西京漬けにしたフォアグラ豆腐と奈良漬けの組み合わせ。


f0232060_20131081.jpg


f0232060_20142490.jpg


f0232060_20143370.jpg















焼物は、佐賀牛サーロインのビステッカと、


きたあかりとカボチャを使った詰め物パスタ


上からはオーストラリア産の黒トリュフをたっぷり。


合わせるドリンクは玄米茶に、生ハムでコクを出したお茶。


f0232060_2016336.jpg


f0232060_20171040.jpg


f0232060_2017176.jpg


f0232060_2018023.jpg
















炊合せは、車海老のポルペッティ。


甘めの出汁に加茂茄子と、上からはミントの香りのモヒートのスプーマ。


f0232060_20194968.jpg


f0232060_20195870.jpg















御飯は、脂の乗ったのどぐろを使った炊き込みご飯。


f0232060_20213440.jpg


f0232060_20214960.jpg


f0232060_20215791.jpg


f0232060_202249.jpg


f0232060_20221169.jpg















水物は、甘酒フロマージュブランのパンナコッタ。


f0232060_20225314.jpg
















菓子はメロンのズッパ・ロマーナと酒粕のジェラート。


メロンの果汁にケーキを染み込ませていただく、


メロン好きにはたまらない一品。


上の白いものはヨーグルトパウダー。


f0232060_20244223.jpg


f0232060_20245276.jpg









料理の組み合わせも、使う食材もすごく個性的で面白い。


初めての人もきっと驚き多くて楽しめるが、


色んなイタリアンを食べ尽くした人にもぜひ食べてもらいたいレストラン。


月によって替わるコースもとても楽しみ。








◼︎「HaRe Gastronomia ハレガストロノミア」
https://hare-tokyo.jp/


















神戸・三ノ宮駅から少し離れた場所に佇む人気イタリアン、


「Cicca チッチャ」でディナー。


ミシュランガイド兵庫ビブグルマン


でも紹介されたレストラン。


f0232060_1991585.jpg


f0232060_19102321.jpg
















カウンターがメインの細長い店内で、


オーナーシェフの青木さんをはじめ、スタッフの皆さんが気さくで親切で、


アットホームな感じですごく居心地がいい。


f0232060_19125693.jpg


f0232060_191363.jpg
















お任せコース9皿(8500円)を注文。


まずは、パルマの生ハムと水牛のモッツアレラ


f0232060_19155026.jpg















2品目は長崎県産剣先イカアボカドの前菜。


お好みで辛味のあるアラビアータソースを付けていただく。


f0232060_1917262.jpg


f0232060_1917107.jpg















3品目は、地野菜たっぷりのバーニャカウダ


このバーニャカウダソースがめちゃくちゃ美味しくて、


しばらくソースだけずっと舐めてたw。


f0232060_1921842.jpg


f0232060_19211666.jpg















4品目は、兵庫県産タコのテリーヌ。


添えられてる茄子のタルタルとガスパチョソース


タコとすごく合ってて、美味しい!


f0232060_19224755.jpg


f0232060_1923748.jpg
















5品目は、ポレンタ半熟卵のイタリア風スクランブルエッグ。


ポレンタはコーンミールをお粥のようにしたもの。


フワフワで濃厚で、これも私の好みの味。


プラス900円で上からたっぷり


イタリア産サマートリュフをかけてもらえる。


卵とトリュフの相性は抜群!!


f0232060_1926694.jpg


f0232060_19261363.jpg















私の好きな赤ワインがあったので、グラスでいただく。


干し葡萄のようなコクと甘味が特徴で、すごく美味しい。


f0232060_19291357.jpg
















6品目は、アワビとそのワタを使った旨味ソースのラザニエッティ。


蒸しアワビもすごく柔らかく出来ていて、


濃厚なソースと平打ちのパスタがよく絡んで、とても美味しい。


f0232060_19305522.jpg


f0232060_1931330.jpg















7品目は、徳島県産フルーツトマトを使ったシンプルなトマトパスタ。


シンプルだけにトマトのコクがすごく感じられ、


トマトだけでその他の具がいらないくらいの旨味が出ていた。


f0232060_19323125.jpg


f0232060_19324888.jpg















自家製のジェノベーゼソースもこれまたすごく美味しく、


トマトパスタに相性がバッチリ合っていた。


久しぶりに美味しいジェノベーゼソース食べたなあ・・。


f0232060_19323735.jpg















8品目のメインは、徳島県産高級和牛すだち牛のイチボのロースト。


グリーンペッパーソースとジャガイモのピューレ。


柔らかくて旨味がしっかりあって、それでいて脂っぽすぎない、いい和牛だった。


f0232060_19361541.jpg


f0232060_19363078.jpg















9品目のデザートはのコンポートとシャーベット。


サッパリしてて香り良く、甘さ控えめで、食後にすごくいい感じ。


f0232060_1938415.jpg














アットホームな雰囲気だが、


出てくるお料理はクオリティー高くリストランテ並みで、


東京だったらこのお値段じゃいただけないだろうな、というものばかり。


すごく美味しかった!


また出張の際にはぜひお邪魔させていただきたいと思う。








■「チッチャ」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28034851/










by meshi-quest | 2019-08-17 08:08 | 旅行_国内








神戸の旧留地近くにあるオリエンタルホテルのレストラン、


「メインダイニングザ・ハウス・オブ・パシフィック」へ。


雰囲気も良く、眺めもいいので、


開店前に行列ができるほどの人気レストラン。


気に入っていて、出張の際にはよくお邪魔させてもらっている。


最近はいつもノートパソコン片手に、


ご飯食べながらキーボード叩いて仕事してる人とホテルの人には認識されてる模様w。


f0232060_121985.jpg


f0232060_12195799.jpg












「THE WEEKDAY」(1500円)のランチコースを注文。


まずは、コースのサラダ。


ホエー豚のベーコンとパイナップルのシトラスサラダ。


f0232060_12214296.jpg


f0232060_12215125.jpg













メインのパスタは淡路鶏のレモンクリームタリオリーニ。


ほのかに酸味のあるクリーミーなソースと淡路鶏がよくあってて、美味しい。


f0232060_12233953.jpg


f0232060_12234996.jpg








メインに肉か魚が来る2800円のコースもオススメだが、


今日は残念ながら時間がないので、パスタのみのコース。


高い場所から外の景色を見ながら仕事するののは心地良い。


少し気分も疲れも和らぐ。


f0232060_12265945.jpg








■「メインダイニングザ・ハウス・オブ・パシフィック」
https://www.orientalhotel.jp/restaurant/maindining/







by meshi-quest | 2019-08-10 08:07 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ