タグ:フレンチ ( 311 ) タグの人気記事








東銀座にあるビストロ「le Nougat ヌガ」で友人と食事。


二階建てで、入口からの印象よりは店内が広い。


f0232060_18402856.jpg


f0232060_18404135.jpg













魅力的なメニューがいっぱいで、嬉しい悲鳴というか、


どれを頼むか悩むし、1回だけじゃ到底制覇出来なさそうw。


悩みに悩んだ末、まずはオマール海老のビスク(860円)から。


かなり濃厚で、甲殻機動隊には嬉しい美味しいビスク。


f0232060_18513830.jpg












ウフ・マヨネーズ(400円)。


これは普通かな・・。もう少しマヨネーズソースに工夫が欲しい感じ。


f0232060_1961468.jpg













生で食べられるマッシュルームとクリソンのサラダ(1580円)。


f0232060_1972739.jpg













白身魚帆立のクネル。


アメリケーヌ好きの甲殻機動隊にはたまらん一品。


白身と帆立のミンチに、濃厚なソース。これはとても美味しい!


f0232060_1985597.jpg


f0232060_19977.jpg













グラタン・ドフィノワ


アツアツのポテトグラタン。


f0232060_19105866.jpg












メインディッシュは、国産窒息鴨のロースト。


ソースは鴨のガラにワインを煮詰めたクラッシックなサルミソース。


f0232060_19211221.jpg


f0232060_19212431.jpg













デザートは、私はモンブラン


友達は、ラム酒風味のババを注文。


f0232060_19224346.jpg


f0232060_19225288.jpg


f0232060_1923411.jpg








基本はクラッシックなフレンチで、


デート使いのような盛り付けや内容には派手さはないけど、


家族や友人のちょっとした記念日とか、気軽にフレンチを楽しみたい時は良さそう。







■「ヌガ」
https://www.lenougat.jp/









by meshi-quest | 2019-02-20 08:05 | 銀座








軽井沢で食事を考えると、


なんとなく中華でも、和食でも、イタリアンでもないし、


なんだかんだで不思議とフレンチに落ち着く。


軽井沢=フレンチ感覚は、一体どこから来てるんだろうか・・・。












地元の方に聞いたお勧めのフレンチ「シェ草間」で夕食。


f0232060_18181269.jpg


f0232060_18183298.jpg













軽井沢高原野菜をたっぷり使った、


「ムニュナチュレル」コース(9200円)を。


アミューズは、アンチョビのサブレ


f0232060_18214220.jpg


f0232060_1822794.jpg


f0232060_18222686.jpg


f0232060_1827895.jpg














1品目は、洋風の茶碗蒸し


甲殻類の濃厚なビスクソースがかかっていて、美味しい!


f0232060_18283555.jpg


f0232060_18284682.jpg















2品目は、軽井沢の高原野菜をたっぷり使ったサラダ。


白いものは、玉ねぎのムースを固めたもの。


f0232060_18352681.jpg


f0232060_18353726.jpg


f0232060_18363488.jpg















3品目は、フォアグラの冷製。


付け合わせに甘めのクグロフが付いていたのだが、


固めの冷たいフォアグラと、


パン生地でパサつくクグロフがあまり合っておらず、ちょっと残念。


フォアグラが柔らかくてクリーミーだったら、クグロフでも合うのかもだが。


冷製のフォアグラは少しクセがあり、イマイチ。


フォアグラは味がイマイチだと量はきつくなるので、


これであれば量少なめでいいので、クオリティー上げて欲しかったな・・。


f0232060_18385797.jpg















4品目の魚料理は、のムニエル。


魚の出汁と野菜のソースを合わせたものでいただく。


f0232060_1843568.jpg


f0232060_18431741.jpg















5品目のメインディッシュは、


信州黒毛和牛のヒレ肉のステーキ。


柔らかくて、ジューシーで、美味しい和牛だった。


f0232060_18442124.jpg


f0232060_1844366.jpg















6品目のデザートは3つから選べて、


洋梨好きなので、洋梨のコンポートを選択。


ただ、ちょっと洋酒がきつすぎて、洋梨の良さがあまり出ておらず、残念。


f0232060_18461825.jpg


f0232060_18463111.jpg














最後は小菓子とカモミールティー


料理の内容も、盛り付けも、味も、


年齢層高めの方向けな、クラシカルなフレンチといった感じだった。


f0232060_18481413.jpg


f0232060_1848297.jpg









■「シェ草間」
http://www.chez-kusama.com/










by meshi-quest | 2019-02-01 08:05 | 旅行_国内









懇意にさせていただいている室田シェフによる


ジビエフレンチの名店「LATURE ラチュレ」で食事。


f0232060_041169.jpg















乾杯は大好きなゲヴェルツトラミネールで。


本日は、室田シェフの特別コース。


何が出てくるのかは私も分からず、ワクワク(≧∇≦)。


f0232060_0414284.jpg
















まず1品目は、鹿の角のオブジェに乗ったブータンノワール


茶色の生地は、鹿の血で作ったもの。


元々は血や肝などがあまり得意ではないのだが、


「ラチュレ」のブータンノワールはほのかにカカオの香りがして、


全くクセも臭みもなくて、めちゃくちゃ美味しい!


f0232060_0445279.jpg


f0232060_0451221.jpg
















2品目は、栗の器に乗ったケークサレ


生地には栗のハチミツを使い、


中には鹿のサラミ


f0232060_046385.jpg


f0232060_04772.jpg















3品目は、熊のスネ肉を使ったコンソメ。


熊と言われないと気が付かないくらい、


とても上品な味わいで、久しぶりにこんな美味しいコンソメいただいた。


f0232060_0483521.jpg


f0232060_0485483.jpg


f0232060_0491373.jpg















4品目は、猪のベーコンが入ったクリームリゾット。


上からアルバ産の最高級白トリュフをたっぷり。


味も濃厚で、ものすごくいい香りの絶品リゾット!


f0232060_0511293.jpg


f0232060_0512026.jpg


f0232060_0512847.jpg


f0232060_0513656.jpg















5品目は、生で食べられる静岡県産ブラウンマッシュルーム


たんぽぽ、せりなどを混ぜた野草のサラダ。


中には鹿の心臓のソテー、上には国産の黒トリュフ。


f0232060_053256.jpg


f0232060_0534112.jpg
















6品目は、クラッシックなパイ包み焼き


中にはフォアグラ、鹿のロース、トリュフ、


鹿&アナグマ&熊の肉のミンチが入っている。


ジビエの名店ならではの豪華な一品!!


f0232060_0562849.jpg


f0232060_057354.jpg


f0232060_0571233.jpg


f0232060_05720100.jpg















7品目は、1週間熟成をさせた新潟の青首鴨が登場!!


f0232060_0591439.jpg


f0232060_059235.jpg















胸肉、もも肉、内臓の盛り合わせ。


ソースは鴨の血で繋いだサルミソース。


柔らかくてコクがあって、鴨、めちゃくちゃ美味しいなあー。


f0232060_101234.jpg


f0232060_102228.jpg















8品目のデザートは、絶品洋梨「ルレクチェ」を使った一品。


松葉茶を使って香り良いグラタン仕立てに。


洋梨好きの私にはたまらないデザート。


f0232060_125124.jpg


f0232060_1339.jpg















食後の小菓子は、ヒノキのエッセンスを入れたフィナンシェ。


ホントに食べると口の中で爽やかなヒノキの香りがする!


f0232060_134728.jpg









さすが!ジビエフレンチの名店というコース内容で、


「ラチュレ」でしか味わえない料理が満載。


東京には数多くのフレンチがあるが、


料理の味、香り、ビジュアルをちゃんと思い出せて、


また来たくなる、そんなフレンチ。


相変わらず、素晴らしい。







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








by meshi-quest | 2019-01-25 08:08 | 渋谷・神泉









懇意にさせてもらっている石井シェフのフレンチ、


北参道「Sincere シンシア」が初となる特製おせちの販売をした。


35,000円の限定50台のおせちは、ほぼ即日完売だったようで、


素早く予約をしておいて良かったー!












というわけで、早速、特製おせちを開けてみる。


f0232060_2185094.jpg















肌触りの良い高級な風呂敷を開けてみると、


小さなわっぱと、3段重が現れる。


だいたいこれで4人くらいでいただける量と種類が入っている。


f0232060_21114890.jpg


f0232060_2112093.jpg















まずは、一番上のわっぱ。


中には「Sincere シンシア」名物の〆の土鍋ご飯で出てくる、


イワシフォアグラのご飯が入っていた。


いつものアツアツの土鍋で食べるご飯は最高だが、


冷めたものをレンチンしても、味と素材がいいので、ちゃんと美味しい。


f0232060_21141946.jpg















次に、お重の一段目


f0232060_21155158.jpg
















中身は、下記の通り。


上左から、

数の子の燻製と筍

バフン雲丹、海老、カリフラワームースコンソメジュレ

・まさとの洋風チーズ伊達巻


真ん中左から、

栗きんとんパティシエ恵介風 オレンジ風味

・和歌山のリエット

帆立の炙り、根セロリスパイス風



下左から

・銚子の金目蕗味噌焼き

槍烏賊のズッキーニチョリソー詰め

ポルチーニとプルロットのマリネ


f0232060_21223526.jpg


f0232060_21225733.jpg


f0232060_2123669.jpg


f0232060_21231660.jpg
















続いて、お重の二段目


f0232060_21251130.jpg
















中身は、下記の通り。


上左から、

の燻製ロースト

天使海老

・石黒さんのホロホロ鶏のガランティーヌ、トリュフ風味


下左から、

・高さんの野菜のピクルス

たらば蟹サラダ

オマール海老のサラダ アメリケーヌマヨネーズ


f0232060_21275490.jpg


f0232060_2128439.jpg


f0232060_2128134.jpg
















最後のお重の三段目


f0232060_21291865.jpg















中身は、下記の通り。


上左から、

黒毛和牛ローストビーフマデラ風味

のヴァプール 肝ソース


下左から、

スモークサーモンとそのムース、北海道いくら

・メツゲライクスダのシャルキュトリー


f0232060_21353024.jpg


f0232060_21355614.jpg


f0232060_2136440.jpg















その他、別添えとして、


フォアグラとイチジクの鯛焼き最中


最中とフォアグラは別々になっていて、


自分で最中に挟んで食べる。


f0232060_2138483.jpg


f0232060_21382410.jpg


f0232060_21383243.jpg


f0232060_21383925.jpg















食後にはなんとチーズケーキも用意されている。


いつものコースではアレンジしたデザートが多いので、


何気に「Sincere シンシア」のクラッシックなチーズケーキ食べたの初めてだが、


甘さ控えめで、ベイクドだけど硬すぎずしっとりしてて、


好みのチーズケーキだった。


f0232060_21401685.jpg


f0232060_21402767.jpg















実は、おせちは食べないor自分で作るのどちらかだったので、


レストランや料亭のおせちを注文するのは初めて。


今回仲良い「Sincere シンシア」が初のおせちをやると聞いたので、


注文してみたのだが、肉、魚がバランス良く入ってて、


見た目にもお祝い感があって楽しげで、ご飯やデザートまで付いてくるので、


ある程度人数が集まるお正月だったら、すごくお得でいいなあ!


色んなお店のおせちを試してみたくなる。今年もぜひ検討してみたい。


f0232060_21443574.jpg


f0232060_21444588.jpg










■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/


















懇意にさせてもらっている山下シェフの新和食


「HAL YAMASHITA 東京」へ。


f0232060_1401098.jpg














最近六本木にあまり来ることがなかったので、


かなり久しぶりの「HAL YAMASHITA 東京」。


久しぶりにも関わらず、マネージャーの緒方さんをはじめ、


スタッフの皆さんがとても親切に変わらず接してくれたのが嬉しかった。


f0232060_1404393.jpg


f0232060_141038.jpg














黒松コース(12800円)と、


冬季限定でやっているというトマトすき焼きを別注で。


まずは、お気に入りの長野県産紅玉りんごジュース


甘味がスッキリしてて、くどくなく、食事とも合うりんご。


f0232060_1442297.jpg















コース1品目は、ボタン海老大吟醸でマリネした前菜。


上から凍らせたフォアグラを削ってかけている。


f0232060_1462999.jpg


f0232060_1465558.jpg















2品目は、鶏レバーパテの最中。


「HAL YAMASHITA 東京」印のかわいいパッケージ。


中の最中の中に、


黒糖焼酎と黒糖で作った鶏肝とレバーのパテが入ってる。


すごく食べやすいパテで、お酒が進む味。


f0232060_1485810.jpg


f0232060_150369.jpg


f0232060_1501720.jpg















サクサクの自家製パンは、


特製のクリーミーなソースに付けていただく。


f0232060_1511354.jpg















3品目は、紀伊長島直送の海鮮カルパッチョ


シマアジ、中トロ、イクラなど。


ソースはサッパリとした柚子醤油。


f0232060_153184.jpg


f0232060_1533251.jpg















4品目は、「HAL YAMASHITA 東京」山下シェフのスペシャリテ、


神戸牛の雲丹巻き、スモークキャビア乗せ。


言うまでもなく、極上、かつ、絶品。


f0232060_1561345.jpg


f0232060_1563785.jpg















5品目は、有機干し椎茸お米のポタージュ。


椎茸の香りが濃厚で、すごく美味しい。私のお気に入りのメニュー。


f0232060_158994.jpg
















6品目は、秋鮭のほう葉焼き。


味噌仕立ての秋鮭をほう葉ごと瞬間スモークしているので、とてもいい香り。


f0232060_205852.jpg


f0232060_21132.jpg


f0232060_212690.jpg


f0232060_213486.jpg















7品目は、炙り〆鯖ときゅうりを使った一皿。


ソースは、ブルーチーズとガーリックを使ったもの。


f0232060_231618.jpg


f0232060_233324.jpg















8品目のメインディッシュは、神戸牛の炭火焼き。


ソースは、バルサミコ酢を使った酸味と甘味のあるソース。


f0232060_244127.jpg


f0232060_25111.jpg















9品目は、「HAL YAMASHITA 東京」で人気という


冬季限定の神戸牛のトマトすき焼き


コースとは別に注文。


f0232060_263670.jpg


f0232060_272121.jpg














元々、「HAL YAMASHITA」シンガポール店がやっていたメニューらしく、


割り下が入った鍋に馴染みのない海外のゲストに対して、


鍋側ではなく、割り下を付けるタレの方にもってきてるのが特徴。


なので、鍋自体は、白出汁で神戸牛とトマトと野菜を煮る。


f0232060_2125319.jpg


f0232060_213967.jpg


f0232060_2131937.jpg















決してまずくはないのだが、


残念ながらトマトすき焼きという名前から来るワクワクは超えなかった。


割り下が私にとってはかなり甘かったのと、


白出汁で煮込んでしまってるため


神戸牛やトマトの旨さが薄まり、あまり感じられなかった。


f0232060_2163377.jpg














10品目は、舞茸ご飯のセット。


炊き込みご飯はかなり楽しみにしてたけど、これは普通かな。


f0232060_2182054.jpg


f0232060_2185671.jpg















11品目のデザートは、


ブランデーでマリネした干し柿の入ったティラミス


f0232060_2203222.jpg


f0232060_2204820.jpg















12品目は、鳴門金時を使った自家製スウィートポテト。


甘さ控えめで、金時の風味も良く、美味しいデザート。


f0232060_2221739.jpg


f0232060_2223580.jpg


f0232060_222498.jpg










全体的にとても美味しく、品数も多い、満足なコースだが、


後半のメインやご飯がちょっと期待と違っていたかな・・。


前半の前菜などはどれも美味しく、すごく期待感が高くなるので、


そのまま後半も盛り上がって走り抜けて終わるコースになると、さらにいいなあ。








■「HAL YAMASHITA 東京」

http://www.hal-yamashita.com/jp/





















大好きな石井シェフのフレンチ、


北参道「Sincere シンシア」で食事。


11月末に発表されたミシュラン2019にて初の1ツ星を獲得し、


本当に喜ばしい、おめでたい年となった。


石井シェフ、おめでとうございます!!


f0232060_2292269.jpg


f0232060_2210159.jpg
















さて、本日は前々から予約をしていたクリスマス特別コース。


まず1品目は、クリスマスリースをイメージした


ドーナッツ型のかわいらしいアミューズから。


カカオ生地に、カシスのゼリーとパテ・ド・カンパーニュ


f0232060_2214326.jpg


f0232060_22142215.jpg


f0232060_22143287.jpg


f0232060_22144126.jpg














2品目は、雪を眺めるサンタ雪だるま


めちゃくちゃかわいいーーーー(≧∇≦)!!!


サンタと雪だるまの顔はメレンゲ


胴体は柚子とフォアグラ


横のシュー生地の中にはオニオンサワークリームが入っている。


f0232060_22165027.jpg


f0232060_22171426.jpg


f0232060_22172890.jpg
















3品目は、活伊勢海老の登場!


手で押さえてないと大暴れして脱走してしまうw。


f0232060_22194644.jpg















伊勢海老は、瞬時にさばいて、海老味噌と和え、


つぶ貝、ウニ、コンソメジュレ、キャビアなどとタルタル仕立てに。


f0232060_22211022.jpg


f0232060_22213174.jpg














「シンシア」の絶品自家製パンは、


いつもの店名刻印入りのブリオッシュと、


栗の食パン、バケットの3種を選択。


f0232060_22232019.jpg


f0232060_22234157.jpg















4品目は、旬の北海道産白子のムニエル。


群馬県金子さんの甘味あるやトリュフと合わせた一品。


白子がプリプリで美味しいー!


f0232060_2227957.jpg


f0232060_22272818.jpg















5品目は、フォアグラキンキ、加賀レンコンなどが入った


体が温まるコンソメスープを冬のパイ包みにした一品。


パイはサックサクで、コンソメスープもいい出汁が出てて、すごく美味しい。


f0232060_22285942.jpg


f0232060_2229972.jpg


f0232060_22292114.jpg
















6品目は、サックサクの甘鯛の鱗焼き。


ズワイガニと海苔のあんかけソース仕立て。


f0232060_2231576.jpg


f0232060_22312452.jpg















7品目のメインディッシュは、来年の干支である島根の


ものすごく上品な味わいで、言われないと猪だと全く気付かかないレベル!


シンプルに炭火で焼いて、ソースはカカオのソースでいただく。


f0232060_22374490.jpg


f0232060_2238335.jpg


f0232060_22383581.jpg















8品目の選べる〆のストウブご飯は、


なんだかんだで結局、ブイヤベースご飯を選択。


ここ最近、ずっとコレw。


「シンシア」ブイヤベースの魚介のスープの美味しさのトリコになってる。


f0232060_22401956.jpg


f0232060_22403261.jpg


f0232060_22404018.jpg















9品目の1種類目のデザートは、


玉露洋梨のパンナコッタ。


長野県産のシルバーベルという洋梨を使った


口直しにピッタリのさわやかなデザート。


洋梨が大好物なので、これはたまらんw。


f0232060_2243311.jpg


f0232060_22432645.jpg















10品目の2種類目のデザートは、


和栗をふんだんに使ったモンブラン


粉雪のようにフワフワに削ったフワフワの和栗がたっぷり。


f0232060_22453411.jpg


f0232060_22455653.jpg















最後は、ジオラマの中に隠された食べられる小菓子3種。


持ち帰りのお土産には、シンシア特製のカカオマドレーヌ


f0232060_22471361.jpg


f0232060_22472346.jpg


f0232060_22473473.jpg











今年の「シンシア」の通常のクリスマスコースメニューも入れつつも、


私用にアレンジをしていただいた


年内最後の「シンシア」訪問にふさわしいディナー。









今年もよくお邪魔させていただきました。


来年もぜひよろしくお願いします!


大好きです、「シンシア」!!!







■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/

















吉祥寺にある人気カジュアルフレンチ、


「1er Etage プルミエレタージュ」でディナー。


スタッフの皆さんが私の好みや食べる量も知っててくれるので、


とても気楽に、たびたびふらっと立ち寄らせてもらっている。


融通やわがまま聞かせてもらえるって、


ホント客にとって大事で、また思い出して行きたくなるお店になる。


f0232060_23172130.jpg


f0232060_2318307.jpg















1品目は、本日のおすすめの北寄貝のソテー。


付け合わせに温かいヴィシソワーズ


クリーミーな北寄貝のソースは、かなり好みの味で、美味しかった!


f0232060_23202045.jpg


f0232060_23203297.jpg


f0232060_23204164.jpg















2品目は、シェフ特製のサラダ・ニソワーズ


自家製ツナとブラックオリーブと


いんげんが特徴の海の町・ニース風のサラダ。


f0232060_23231712.jpg


f0232060_23233544.jpg















現地ではスタッフがお客さんの目の前で混ぜて


サラダを作ってくれるそうで、


ここ「プルミエレタージュ」でも現地風に作ってくれる。


f0232060_23242582.jpg


f0232060_23252062.jpg















「STYLE BREAD」の美味しいライ麦パンとバケット。


小麦の風味がしっかり出ていて、硬さも好みのパン。


f0232060_23473855.jpg















3品目は、メニューにはない鶏肉玉ねぎの優しい煮込み。


見た目よりサッパリしていて、柔らかく、胃に優しい感じ。


付け合わせは加賀レンコンとマッシュポテト。


f0232060_23565358.jpg


f0232060_23571427.jpg















4品目は、の赤ワイン煮込み。


鰻を丸めて、豚の脂で包んでコクを出しているとのこと。


フレンチの鰻は結構煮詰めた濃くて甘いソースを使うことが多いが、


「プルミエレタージュ」のソースは甘味はなく、


鰻をちゃんと食べさせる感じ。


若干その分、川魚独特の匂いが出てしまってる感じもあったが、


甘ったるいソースよりはこっちの方が好きかな。


f0232060_23594359.jpg


f0232060_23595735.jpg















5品目のメインデッシュは、


鴨ブランドであるフランス・ペリゴール産のロティ。


ソースはバルサミコ鶏レバー


柔らかくて、鴨の旨味がちゃんと感じられる美味しいメインだった。


f0232060_025420.jpg


f0232060_03634.jpg









■「プルミエレタージュ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13217579/







by meshi-quest | 2018-12-17 08:07 | 吉祥寺









懇意にさせてもらっている大好きな石井シェフのフレンチ、


北参道「Sincere シンシア」で友人と食事。


f0232060_12174435.jpg


f0232060_1218082.jpg















本日のお目当ては、今年から始めたという


今が旬、本気のアルバ白トリュフコース!!


アルバ産の白トリュフと言えば、1個数万円の最高級の白トリュフ。


どんな料理が出てくるのか、超楽しみ!


f0232060_1219864.jpg


f0232060_12192619.jpg















1品目は、活ボタン海老


ホントにバンバン跳ねてて、活きがいい。


これを一気に剥いて、1品目のアミューズに。


上の白いムースは、トマトのエキスを抽出したもの。


f0232060_12221131.jpg


f0232060_12223013.jpg


f0232060_12223822.jpg


f0232060_12225025.jpg















2品目は、「シンシア」名物の5つアミューズ


f0232060_12235847.jpg













まず目を引くのが、このウサギの最中


中にはイチジクフォアグラが入っている。


かわいい顔と裏腹にw、中はワインにガッツリ合う大人な味。


f0232060_12251818.jpg














円筒状のサクサククリスピー生地の中には、


和栗のムースがたっぷり。


上にはブランデーの香りが添えてあって、アクセントに。


f0232060_12263186.jpg














ミニケーキのようなかわいらしいアミューズは、鹿のパテ。


飾りつけが細やかでチョコレートケーキを見ているようだが、


ちゃんと赤ワインに合いそうなコクのある美味しいパテ。


f0232060_12283717.jpg















海老のチップスの上に、


白エビと菜の花のタルタルを乗せたもの。


f0232060_12292541.jpg














球体の卵のようなアミューズは、


サーモンクリームチーズの組み合わせ。


ものすごく柔らかく、そっと手で持たないと潰れてしまいそう。


f0232060_12303931.jpg















アルバの白トリュフ、キターーーーー(≧∇≦)!!!


デカイ!!!


そして、とんでもなくいい香りがするーーーーー!!!


f0232060_12323171.jpg


f0232060_12331523.jpg














3品目は、アルバの白トリュフの香りを存分に楽しむため、


シンプルに焼き立てのオムレツと合わせる。


トリュフと卵の相性はホント抜群!!


写真は4人前のオムレツ。


f0232060_12352925.jpg


f0232060_12354459.jpg


f0232060_12355357.jpg














付け合わせは、カプチーノ仕立ての洋風茶碗蒸し


オムレツの上にも、茶碗蒸しの上にも白トリュフいっぱい。


f0232060_12363050.jpg


f0232060_12364034.jpg


f0232060_12364979.jpg














「シンシア」の選べる絶品自家製パンは、


いつもの「シンシア」刻印ブリオッシュ栗の食パンで。


f0232060_12381359.jpg


f0232060_12383338.jpg















4品目は、北海道の活帆立と、


群馬県金子さんのめちゃくちゃ甘いのロースト。


そして、その上には白トリュフ


濃厚な貝出汁のクリームソースと白トリュフがたまらなく美味しい!!


f0232060_1240196.jpg


f0232060_12412416.jpg















5品目は、旬の蝦夷鮑秋トリュフのコンソメ。


ここは、白ではなく、黒トリュフ。


中には、キンキ馬肉まで入ってて、豪華な一品。


f0232060_1243938.jpg


f0232060_1243189.jpg















6品目は、ふぐの白子


クラッシックな鯛のパイ包み焼きの中に、


たっぷりの白子を詰め合わせた魚料理。


少し酸味の効いたクリーミーなソースと白子の相性がとてもいい。


当然、上には白トリュフも鎮座!


f0232060_12454348.jpg


f0232060_12461619.jpg


f0232060_12462482.jpg















7品目のメインディッシュは、熊本の和王の牛ヒレ肉


上には、フォアグラのロッシーニと白トリュフ


白トリュフに牛ヒレにフォアグラに、濃厚と芳醇の極みのような一品。


f0232060_1252888.jpg


f0232060_12522185.jpg


f0232060_12523110.jpg


f0232060_12524169.jpg















8品目の選べる〆の土鍋ご飯は、


5種のうち、白トリュフを使ったご飯にしようと思ったのだが、


悩んだ末、大好きなブイヤベースのリゾットにした。


こういうところに、ちょくちょくワンパターンな私のクセがが出てくるw。


f0232060_12552146.jpg


f0232060_12555112.jpg


f0232060_1256558.jpg















白トリュフはないけど、


ブイヤベースが相変わらずめちゃくちゃ美味しい!


f0232060_1256343.jpg















他の人が頼んだ白トリュフ和牛タルタルのご飯、


白エビフリットのかき揚げご飯はこんな感じ。


f0232060_12573587.jpg


f0232060_1258447.jpg















9品目のデザートは、


甘酒のムースと甘酒のアイスの雪のような白いデザート。


そして、ここにもなんと、白トリュフ!!


甘酒の甘味と白トリュフの香りと、


中に入ってるレモンのコンフィチュールのバランス良い美味しいデザートだった。


f0232060_130283.jpg


f0232060_1303680.jpg















最後はジオラマに見立てて、その中に隠された3つの小菓子


ヴェルヴェーヌ(レモンバーベナ)のハーブティー。


お土産には、カカオのマドレーヌ。


f0232060_133366.jpg


f0232060_1335650.jpg


f0232060_13431.jpg











「シンシア」初の白トリュフコースだったが、


最初から最後のデザートまで白トリュフを使い切る、


石井シェフ本気の素晴らしい白トリュフコースだった!


白トリュフの値段を考えたら、


全体的にものすごくリーズナブルなコースになってるので、


本気の白トリュフを味わいたい方はぜひ。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/








by meshi-quest | 2018-12-14 08:08 | 新宿









懇意にさせてもらっている裏原ビストロ「kiki キキ」で


シェフの野田さん特製の冬のスペシャルディナー。











まずは、洋梨緑茶のノンアルコールカクテルで乾杯。


洋梨の香りを残して、甘さだけをサッと緑茶が抑えている絶品。


乾杯だけと思っていたら、このカクテルが美味しすぎて、


結局、この後、3杯も飲み続けることにw。


f0232060_1155663.jpg















1品目は、燻製カマスのテリーヌ。


中にフォアグラと青海苔も入ってて、香り良く、コクがある。


見た目にも美しく、ものすごく美味しいテリーヌ。


f0232060_1156342.jpg


f0232060_11564553.jpg















2品目は、自家製パテ


しっかり肉の旨味が詰まってて、全くクセなく、これも美味しい!


f0232060_11572548.jpg


f0232060_1157364.jpg


f0232060_11574495.jpg















3品目は、私が大好きなイチジクの天ぷら


こんな美味しく、ジューシーなイチジクを食べれるのは「kiki」さんだけ!


f0232060_11584092.jpg


f0232060_12142428.jpg















4品目はキウイきゅうりとアボカドと鰹節のセビーチェ。


酸味あるドレッシングで軽いマリネがされてて、箸休めにちょうどいい。


f0232060_1204968.jpg















5品目は、湯葉スープの半田そうめん


付け合わせの柿のおかき揚げが秀逸!


これもすごく美味しかったな。


f0232060_1221636.jpg


f0232060_1224218.jpg


f0232060_1225189.jpg















6品目は、早生みかんほおずきのカプレーゼ。


こんなにフルーツたっぷり食べさせてもらえるのも「kiki」さんだけ。


色んなフルーツが入ってるけど、ちゃんと料理を食べてるというか、


フルーツだけ食べてるような飽きは全くなく、デザート感もなく、


ちゃんと料理になっているのがホント不思議。


f0232060_1245446.jpg


f0232060_12596.jpg















7品目のメインディッシュは、鹿のしんたま。


付け合わせに、ポルチーニ茸のワッフルと、いちじくのバター。


鹿も柔らかくて美味しく、付け合わせも絶品だった。


f0232060_127575.jpg


f0232060_1271613.jpg


f0232060_1273061.jpg















8品目の〆は、戻り鰹のトムヤムご飯。


トムヤム風味のピリ辛ご飯に、戻り鰹と野菜を散りばめた一品。


f0232060_129024.jpg


f0232060_1291365.jpg















9品目のデザートは、本日のデザート3種盛り。


かぼちゃのプリン、巨峰の羊羹、


バジルとパイナップルのソルベ。


バジルのソルベがめちゃくちゃ好み。


f0232060_12105171.jpg


f0232060_12111094.jpg


f0232060_12112563.jpg










ほぼ全品にフルーツが使われてて、


こんなに1回の食事でフルーツを食べさせてもらえるのも珍しいし、


こんなにフルーツを食べても飽きないというのも珍しい。


ホント野田さんの料理はマジックみたいで、


華やかで、驚きがあって、そして最後に幸せになれる。





■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/

















吉祥寺で地元の人に長年愛されているビストロ、


「フレンチレストラン ガロパン」でランチ。


姉妹店の「トークバック」のすぐ裏にあり、


「フレンチレストラン ガロパン」はトークバックの少し高級版。


f0232060_16132458.jpg


f0232060_1613326.jpg














1960円のランチーコースを注文。


まずは、オードブルから。


キッシュに、タコのマリネに、鶏のバロティーヌ。


前菜もちゃんとしてて、ワイン飲みたくなるw。


f0232060_16174278.jpg


f0232060_1618536.jpg


f0232060_16181377.jpg


f0232060_16182760.jpg















「ガロパン」でぜひ食べてもらいたいのが、


「日本一のガーリックトースト」


ガーリックバターが絶妙で、フランスパンの焼き加減もとてもいい。


私の中でも今のところNo.1のガーリックトースト。


コースには付いてこない別注品だが、別注の価値がある。


f0232060_16195414.jpg


f0232060_16202853.jpg














スープは、コーンのポタージュ


ランチと言えど、ちゃんとフルサイズで出てくる。


f0232060_16213773.jpg
















パスタは数種から選べる。


茄子ときのことソーセージのアラビアータ


ほのかに大葉風味になっていて、食べやすいパスタに仕上がってる。


f0232060_16233536.jpg


f0232060_16234739.jpg















サラダと、メインの黒豚のチーズカツレツ。


カツレツは、黒豚肩ロースとロースハムがミルフィーユ状になってて、


豚とハムの旨味が凝縮された食べ応えるメインディッシュ。


f0232060_16263154.jpg


f0232060_16264098.jpg















デザートは、パウンドケーキ


シャーベット、ムースの3種盛り合わせ。


f0232060_16274541.jpg











オードブル、スープ、サラダ、パスタに、


メイン、デザートまで付いて1960円は超お得!!


吉祥寺でランチに手軽にフレンチコースを食べたい時におすすめ。


この価格帯で、


このボリュームと味と品数のランチコース食べれるところは他にないかも。






■「フレンチレストラン ガロパン」
http://talkback.jp/Galopin/









by meshi-quest | 2018-12-06 08:07 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ