タグ:フレンチ ( 279 ) タグの人気記事









大好きな石井シェフのフレンチ、北参道「Sincere シンシア」で食事。


今日は何を出してくれるかなー、ワクワク(≧∇≦)


f0232060_1740966.jpg


f0232060_17402283.jpg


f0232060_17404354.jpg













乾杯は、アルザスの甘めの白ワインで。


f0232060_17421066.jpg













1品目は、北海道のズワイガニウニのアミューズ。


中にはトマトとカリフラワーのムース。


濃厚でめちゃくちゃ美味しい!


f0232060_18154075.jpg


f0232060_18155244.jpg












2品目は、豪華な5種のアミューズ


小さいけど、どれもとても丁寧に作られてて、


1つ1つの食材やテーマも違ってて、面白い。


f0232060_18165330.jpg












狛犬の最中の中はフォアグラ。


f0232060_18173774.jpg













サザエの肝のクリームコロッケ。


f0232060_18181256.jpg











ポワロー葱を使ったムース。


f0232060_18192399.jpg












穴子と黒米のタルトと、白魚とハーブのタルト。


f0232060_1820159.jpg













3品目は、アジ、ホワイトアスパラガス


菜の花、アオリイカの一皿。


個性が違う食材が、食べると口の中で一気に融合するのが不思議。


f0232060_18225088.jpg


f0232060_1823258.jpg












「Sincere シンシア」の選べる手作りパン。


名物の刻印入り四角いブリオッシュは必食。


f0232060_18263843.jpg


f0232060_18265754.jpg














4品目は、足赤海老とタケノコ。


ソースは甘味ある色鮮やかなグリーンピース。


f0232060_18281197.jpg


f0232060_18284335.jpg













5品目は、銚子のかさご伊勢海老を使った


超贅沢な濃厚ブイヤベース


複雑な旨味が出てて、このブイヤベース、ホント絶品だったな。


今まで食べたブイヤベースで、一番美味しかったかも。


f0232060_18302465.jpg


f0232060_18305234.jpg


f0232060_18332080.jpg














ここで赤ワインにチェンジ。


f0232060_18314081.jpg













6品目のメインディッシュは、


山形牛のヒレとフォアグラのロッシーニだったのが、


まさかの写真撮る前に食べちゃってました・・・。











気を取り直してw、


7品目は名物の選べるストウブご飯


数種の中から好きなご飯が選べて、


いつもはここで大好きなブイヤベースご飯に行くところ、


今日は先にもっとリッチなブイヤベースを食べちゃったので、


本日は、オープン当初からある定番のイワシフォアグラご飯に。


f0232060_1837938.jpg















8品目は、よもぎのデザート。


よもぎが抹茶のような風味を出してて、イチゴとすごく相性がいい。


中には酒粕も入っていて、和風な感じのさっぱりとしたデザート。


f0232060_18383059.jpg













9品目は、ブラッドオレンジを使ったシブースト。


ブラッドオレンジの華やかな香りと、クリーミーなシブーストの組み合わせ。


f0232060_18422093.jpg


f0232060_18423071.jpg













最後は、箱庭のような中に同化した3つの小菓子


石のようなチョコと、抹茶のエクレアと、白いブールドネージュ。


f0232060_18473910.jpg


f0232060_18475240.jpg













最後はお土産のカカオのマドレーヌ。


本日も最後の最後まで、美味しく楽しい「Sincere シンシア」だった。


f0232060_1849539.jpg








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/















高円寺の路地裏にあるワインビストロ


「ABRAXAS アブラサクス」で食事。


場所は知っていたが、ビルの奥のちょっと入りづらい場所にあって、


今回初めて高円寺在住の友達に連れて行ってもらった。


f0232060_17233661.jpg













こじんまりとしていて静かで、


2人とかでゆっくり密談するにはいい感じ。


f0232060_17253742.jpg


f0232060_17254818.jpg


f0232060_1726171.jpg


f0232060_17262983.jpg













1品目は、ヤリイカと高知県産トマトのサラダ。


ヤリイカがすごく柔らかく、甘味あるトマトと合っていて、美味しかった。


f0232060_17283128.jpg














2品目は、カキのアヒージョ。


私はカキ食べれないので、ガーリックオイルをパンに付けていただくw。


ガーリックオイルはホント美味しいなあ、パンが止まらない。


f0232060_1729219.jpg













3品目は、仔羊のロースト。


仔羊も柔らかく美味しかったが、何より付け合わせのドフィノア、


ジャガイモのグラタンがかなり美味しくて、ビックリ。


f0232060_17313459.jpg


f0232060_17314849.jpg













4品目は、アサリと海老のパエリア


フレンチなのに、〆にパエリアがあるのが面白い。


f0232060_17324720.jpg













5品目は、デザートでリンゴのタルトとキャラメルアイス。


甘酸っぱいリンゴたっぷりのタルトに、かなりビターなキャラメル。


f0232060_17335570.jpg









すごく何かに特化していたり、特徴があるわけではないのだが、


それぞれがちゃんと外さず、ちゃんと美味しく出来ている。


高円寺の静かなる優等生ビストロという感じ。







■「ABRAXAS アブラサクス」
http://33384666.com/










by meshi-quest | 2018-05-31 08:06 | 高円寺








懇意にさせていただいている


新宿御苑前ビストロ「シャルトロ」でランチ。


f0232060_12582920.jpg


f0232060_12583928.jpg


f0232060_12584820.jpg












ランチは、「シャルトロ」名物のフレンチリゾットをやってて、


肉と魚の2種類あり、定期的に内容や具材が変わったりするのだが、


個人的には、この牛カツのカレーリゾットがお気に入り!


牛のサガリ肉のパン粉焼きがドーンと乗った豪華なリゾット。


f0232060_1305390.jpg












リゾットのメニューは変わるので、


もし幸運にもこの牛カツカレーリゾットに出くわしたら、ぜひ!!


f0232060_1321193.jpg


f0232060_1322056.jpg










■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf







by meshi-quest | 2018-05-27 08:08 | 新宿








懇意にさせていただいている、


ミシュラン1ツ星獲得のフレンチの名店「LATURE ラチュレ」。


その「ラチュレ」さんからご招待いただき、


年に1~2回だけ行われるデザートのみの特別コース会


「サロンドラチュレ」にお邪魔させてもらった。


f0232060_2003156.jpg


f0232060_2004343.jpg













コースは、パティシエの岡本さんが作るデザートコースのみで、


それにペアリングで、アルコールか、ノンアルコールを合わせる。


暑くなってきたこともあり、アルコールも、ノンアルメニューも、


私が飲めない炭酸が使われていたので、


特別に炭酸無しのアルコール、ノンアルを交えた


ハイブリットペアリングをやってもらうことに。


f0232060_2035161.jpg












まず1品目は、枝豆を使ったデザート。


「とりあえず枝豆 ~さくらんぼとホップのグラニテ~」という一品。


ビールが好きなパティシエ岡本さんが考えた居酒屋メニューデザートw。


f0232060_205424.jpg












使っているものやタイトルとは居酒屋だが、


見た目や味は、さすがフレンチ最高峰のデザート。


枝豆アイスと、枝豆ピューレと、ホップ(ビール)のグラニテ。


中には佐藤錦のさくらんぼと、サルデーニャの苦みのある蜂蜜も。


枝豆の風味が良く、青臭さは全くなく、とても美味しいデザートだった。


枝豆ビールがこんなデザートになるとは!!


f0232060_2082718.jpg













本来のペアリングはモヒートっぽい炭酸ドリンクか、


まさにビールのどちらかだったのだが、炭酸が飲めない私は、


甘めの白ワインにチェンジ。


f0232060_2010033.jpg













2品目は、なんと串揚げw。


「串揚げ?!トマトチーズ ~大石早生プラムのソルベ~」というタイトル。


f0232060_20111842.jpg













見た目はまんま串揚げだが、


中はチーズケーキのベースにトマトが入ってて、


ちゃんと甘くて、デザートになっている。


甘味と酸味のバランス良いプラムソルベがアクセントになってる。


f0232060_20124428.jpg


f0232060_20125362.jpg











ペアリングは、ガスパチョトニック。


夏野菜を絞ったジュースに、ウスターソースが入ってて、


串揚げデザートと相性がいい、面白い味のドリンク。


f0232060_20143034.jpg












3品目の最後のデザートは、オードブルの定番「生ハムメロン」


「生ハムメロン ~トンカ豆のグラス~」というタイトルの一品。


f0232060_20154924.jpg













デザートに生ハムが使われているのは初めて見たがw、


「レノン」という風味良いオレンジのメロンの器が、


カリカリに焼かれた生ハムになってて、本当に生ハムメロンだった。


f0232060_2017987.jpg












ペアリングは、よもぎ、せり、かきどおしなどの


数種の葉を入れた野草茶


ほのかな苦みが、ハーブのような香りが、


メロンの香りを引き立てつつ、メロンの甘さを抑えてて、いい組み合わせ。


f0232060_20183359.jpg








すごく未来感のある、いい意味で実験的なデザートばかり。


特別コース会「サロンドラチュレ」、堪能させてもらった!






■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








by meshi-quest | 2018-05-23 08:08 | 渋谷・神泉








吉祥寺の路地裏にある大人気ビストロ、


「ビストロハッチ」で食事。


f0232060_173649100.jpg


f0232060_173707.jpg












ここは、いつも美味しそうなものがてんこ盛りで悩む。


ワインとチーズを摘まみながら、メニューを吟味。


f0232060_1739230.jpg


f0232060_17391211.jpg












ようやく、決まったーーー!


まずは、蝦夷目春のクネルリヨネーズ。


クネルとは、肉や魚をすり潰して、ゆでたり蒸したりしたもの。


フランス風かまぼこっぽくて、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_17425855.jpg


f0232060_174384.jpg











2品目は、静岡県産たけのこのコンフィ。


上にはたっぷりのパルミジャーノ。


たけのことチーズって、こんなに相性いいんだ、驚き。


f0232060_17443852.jpg


f0232060_1744537.jpg












3品目は、エスカルゴといろいろキノコのバターソテー。


バターの風味がとてもいい感じで、ワインが進む。


f0232060_1746352.jpg












4品目のメインディッシュは、牛ハラミのステーキ。


上には、「マルシャン・ド・ヴァン・バター」という、


赤ワインとエシャロットを煮詰めて作ったバターが乗ってる。


f0232060_1755462.jpg


f0232060_17551389.jpg













5品目の〆は、玉ねぎたっぷりのアマトリチャーナ


ちょっと他と変わっているのは、上からもたまねぎを乗せてること。


インザ玉ねぎ、オンザ玉ねぎ。


f0232060_1752869.jpg


f0232060_17521642.jpg








何を食べても、何を飲んでも外れなく、


居心地良くて、値段もリーズナブルで、


すべてのバランスがいい、優秀なビストロ。







■「ビストロ ハッチ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13144978/









by meshi-quest | 2018-05-22 08:08 | 吉祥寺







吉祥寺の井の頭公園口にある、美味しいパン屋さん併設のビストロ、


「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」でランチ。


f0232060_11413897.jpg












ちょくちょく買わせてもらっている美味しいパン屋さんの奥がビストロになってて、


パンを作ったり、焼いたりしている様子を見ながら、


いい香りに包まれてのランチが楽しめる。


f0232060_11431029.jpg












ブイヤベースランチ(1860円)を注文。


ディナーの方が種類は多いが、焼き立てのパンも付いてくる。


f0232060_1144267.jpg


f0232060_11443964.jpg











まずはサラダから。


新玉ねぎと卵とベーコンのサラダ。


f0232060_11472063.jpg











スープも甘みたっぷりの新玉ねぎ


f0232060_11481066.jpg











メインは、ブイヤベース。


本日の白身魚はソイ


濃厚な魚介の旨味がたっぷり出汁に出ている。


f0232060_11493194.jpg


f0232060_11494451.jpg











デザートは、プレーンのシフォンケーキ


紅茶は、とても香り良いストロベリーフレーバーで、


一緒に食べるとイチゴのシフォンケーキのような味になる。


ランチは平日でも大人気で満席のことが多いが、


美味しいパンと料理が食べられるので、ついつい並んででも来たくなる1軒。


f0232060_11512171.jpg


f0232060_11513697.jpg









■「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13159064/








by meshi-quest | 2018-05-21 08:07 | 吉祥寺








代官山にあるお気に入りの魚介イタリアン「Ata」にて、


私の関係会社のスタッフと食事。


人数が多いので、今日はアラカルトではなく、お店お任せのコース料理。











1品目は、「Ata」の特製パテカンと、ロースハムの盛り合わせ。


元々、パテ・ド・カンパーニュがあまり好きではなかったのだが、


この「Ata」のパテカンを食べて、全く臭みなく、肉の旨味が詰まってて、好きになった。


f0232060_1283741.jpg












2品目は、名物のAtaのアイオリ


ヤリイカ、エビ、ムール貝などの魚介と色んな野菜を


特製のアイオリソースに付けて食べる名物前菜盛り合わせ。


f0232060_12105668.jpg


f0232060_12111886.jpg


f0232060_12112994.jpg












3品目は、マグロのうなじ


味付けしてソテーしたマグロのうなじの部分を、


チーズと一緒に焼肉のように葉っぱに巻いていただく。


マグロがすごくジューシーで、本当に肉を食べているかのよう。


f0232060_12131378.jpg












4品目は、鯖の生ハム


燻製した鯖と、水牛のモッツアレラを合わせて、カプレーゼのようにしたもの。


魚介イタリアンならではの珍しいカプレーゼ。


f0232060_12153799.jpg












5品目は、カニのワカモレ


フワフワの揚げ立てのエビせんをカニ身とアボカドにたっぷり付けていただく。


これがスナック感覚でどんどん食べれて、止まらなくなるw。


f0232060_1217866.jpg












6品目は、茄子のミートグラタン


(酔ってたのか、写真がボケてるのはご愛嬌w)


f0232060_12182261.jpg













7品目のメインディッシュは、活オマール海老


甘みがあって、プリプリしてる!!


f0232060_12244361.jpg


f0232060_12245854.jpg












8品目は、エビのグラタン


「Ata」のグラタンは、魚介のクリームソースが絶品で、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_12273472.jpg












デザートは、コースとは別注。


ストロベリーパフェと、クリームダンジュ


クリームダンジュは、フランス・アンジュ地方の郷土菓子で、


フロマージュブランに生クリームを合わせたフワフワのケーキ。


料理もさることながら、


最後のデザートまでしっかり楽しめる、素晴らしいイタリアン。


f0232060_12314839.jpg


f0232060_12315976.jpg









■「Ata アタ」
http://ata1789.com/

















白金台にある人気フレンチ「TIRPSE ティルプス」でディナー。


f0232060_2119061.jpg


f0232060_21191378.jpg














フレンチの名店「カンテサンス」で修業されていたスタッフが、


「カンテサンス」の元跡地を引き継いでやられて、


オープンから2ヶ月でミシュランの星獲得をして話題になり、


その当時、お邪魔させてもらっていたが、久しぶりの再訪。


f0232060_21194836.jpg


f0232060_2120140.jpg













コース1品目は、3種のスナック


インカのめざめを使ったスナック、


ブラックオリーブと新玉ねぎを合わせたものなど。


個性的な青い皿にスナックがすごく映える。


f0232060_21221284.jpg


f0232060_212236100.jpg













2品目は、ハニーキャベツのムースと文旦を合わせたもの。


f0232060_2123321.jpg













3品目は、〆鯖


ソースがなんと発酵させたキウイ


キウイのとがった甘味や酸味が丸くなってて、不思議と鯖に合う。


f0232060_21251727.jpg


f0232060_21252739.jpg













4品目は、ほうれん草と真鯛を合わせたもの。


緑がめちゃくちゃ色鮮やかで美しい!


f0232060_21275290.jpg


f0232060_2128238.jpg













5品目はシェフのスペシャリテで、イカのリゾット


このイカスミのリゾットがめちゃくちゃ美味しくて、驚いた!


f0232060_2129273.jpg


f0232060_2129387.jpg













6品目は、トリュフとフォアグラ。


f0232060_21304920.jpg


f0232060_2131435.jpg













7品目は、2週間熟成させたサワラ


ソースは、卵黄のオランデーズソース。


f0232060_21322963.jpg


f0232060_21323850.jpg













8品目は、青森県産の銀の鴨


付け合わせは肉厚の原木しいたけ。


f0232060_21334649.jpg


f0232060_21335686.jpg


f0232060_2134588.jpg













9品目は、晩白柚(ばんぺいゆ)と、


セロリを組み合わせた爽やかなデザート。


f0232060_21344332.jpg













10品目は、トンカ豆、あまおう、


よもぎなどを使った和の雰囲気があるデザート。


私の誕生日のお祝いもしていただき、ハッピーバースデー仕様に。


f0232060_2139933.jpg












最後の小菓子は、ジャスミンのマカロンと金柑のタルト。


相変わらず、どれも美しく、写真映えのする料理ばかり。


残念ながら、「TIRPSE ティルプス」は年内に閉店が決まっているので、


この料理を楽しみたい方は今のうちにぜひ。


f0232060_21414837.jpg










■「TIRPSE ティルプス」
http://tirpse.com/

















吉祥寺の井の頭公園口に、


「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」という


美味しいパン屋さんがあって、


そこのパンが好きで、ちょこちょこ買っている。











そのパン屋さんがビストロもやっていて、パンの販売だけでなく、


ビストロのランチやディナーでも焼きたてのパンを出してくれるので、


フラッとご飯を食べに来たりしている。


f0232060_1753577.jpg


f0232060_17531999.jpg


f0232060_17532759.jpg












「EPEE エペ」の焼き立てのパンがめちゃくちゃ美味しい。


本日は、カンパーニュと、いちじくのパンと、紅茶のパンの3種。


このパンだけでもお酒が飲めてしまう。


f0232060_17555947.jpg


f0232060_1756820.jpg












生ハムとチーズ。


生ハムは、36ヶ月熟成したプロシュート


チーズは、フランス・サヴォワ地方のカマンベールとウォッシュ。


どちらもすごくいい香りで、ワインが進む味。


f0232060_17581791.jpg


f0232060_17585454.jpg


f0232060_1759876.jpg













愛媛・今治の無農薬野菜の鉄板焼。


通常は1つで2人分くらいのボリュームがあるのだが、


ちゃんと1人用にハーフサイズにしてくれるのがありがたい。


f0232060_1834915.jpg


f0232060_1835716.jpg












じゃがいものグラタン


クリームソースとチーズが濃厚で、これまたワインに合う!


f0232060_1852632.jpg













ちなみに、パンは食べて無くなると、どんどん追加してくれる。


オレンジピスタチオのパンを足してくれた。


パンが美味しくて、エンドレス状態に突入w。


f0232060_1864724.jpg












ふぐのフリット


ふぐに生ハムを巻いてフリットしていて、


上からトリュフのクリームソースがかかっている。


f0232060_1881779.jpg














メインは、鴨のフライドチキン風


外の衣はパリッと、中はしっとり。


かなりデカいw。


f0232060_18182344.jpg


f0232060_18183511.jpg


f0232060_18184352.jpg










パンも料理も美味しく、居心地がいい。


吉祥寺でお気に入りのビストロの1つ。







■「Boulangerie Bistro EPEE ブーランジュリー・ビストロ・エペ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13159064/








by meshi-quest | 2018-04-26 08:08 | 吉祥寺








春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で春のコース


f0232060_1413029.jpg


f0232060_14131558.jpg


f0232060_141328100.jpg













今回面白い試みをされてて、本日のメニューの裏にQRコードがあり、


そこからサイトにアクセスると、メニューごとに和歌が設定されてて、


和歌と料理を楽しむ、和歌ペアリングになっていた。


f0232060_14145954.jpg











1品目は、「桜」という料理。


本物の桜の中に、桜の枝に見立てた食べれる枝がいて、


そこに馬肉が巻き付けられている。


今年は桜が咲いて散るのが早かったから、これが最後の見納め。


ペアリングのドリンクは、いちご100%のジュース。


f0232060_14175193.jpg


f0232060_1418272.jpg


f0232060_14181512.jpg


f0232060_14182721.jpg












2品目は、ホタルイカとグリンピースの前菜。


下のせんべいのようなものは、タピオカを揚げたもの。


ペアリングのお酒は、日本酒で。


f0232060_14201767.jpg


f0232060_14202869.jpg


f0232060_1421186.jpg












3品目は、をイメージした、


「フイトンチッド」「トペニ」「ワッカ」という名前の


3種の前菜の盛り合わせ。


f0232060_14223353.jpg













フイトンチッドは、


樹木が微生物の活動を抑制するために発生する化学物質。


まさに、あの森林浴を楽しむ朝の森のいい香りが、


微生物にとっては地獄のような香り。


この前菜も、朝の森に降り立ったかのようないい香りが付けられてて、


中には松の実のサブレが入っている。


f0232060_14262366.jpg












これは、楓の樹液を球体状に固めたもの。


口の中で、フワッと球体が破裂して、素朴な甘みの液体が出てくる。


f0232060_14273414.jpg












これは、カリッと揚った豚皮の上に乗ったブータンノワール


リンゴが甘味と酸味のアクセントになってる。


f0232060_14284471.jpg












4品目は、枯山水


コケに見立てたアンチョビバターで、じゃがいもをいただく。


f0232060_14311050.jpg


f0232060_1431202.jpg


f0232060_14312846.jpg












こっちが本物ので、


f0232060_14314696.jpg











こっちが食べられるじゃがいも


f0232060_1432599.jpg













ココットで焼き上げた、焼き立てのパン。


「セララバアド」のパンは、外がカリッとしてて、


中はモッチリ、甘味があって、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1433239.jpg


f0232060_14333346.jpg













5品目は、春の高原


長野県清水牧場さんのナチュラルチーズの上に、


ローズとクランベリーウォーターで作ったいい香りの泡が乗ってる。


お皿の周りに飛んでる蝶は、すべてリンゴで作られてて、食べられるもの。


f0232060_14352686.jpg


f0232060_143538100.jpg


f0232060_14354666.jpg


f0232060_1436040.jpg













6品目は、春の大地


アボカドとブラックオリーブで出来た土の上に春の野菜が育ってる。


f0232060_14372580.jpg


f0232060_14373418.jpg













7品目は、雨紋


しじみ出汁で作られた池の上に、鯉に見立てた海老が泳いでる。


波紋もちゃんと作られてて、芸術的!


f0232060_14384653.jpg


f0232060_14385437.jpg


f0232060_143936.jpg













8品目は、桜海老をふんだんに使ったリゾット。


出汁はあさりで、菜の花や大麦が入っている。


色鮮やかで香り良く、とても美味しいリゾット。


f0232060_14401325.jpg


f0232060_14402365.jpg












ペアリングの飲み物は、リンゴジュースと抹茶の組み合わせ。


これが意外と合ってて、りんごの甘ったるさが、


抹茶でうまく中和されるので、大人のリンゴジュースになっててビックリ。


f0232060_1442134.jpg













9品目は、春霞


深雪マス(ミユキマス)を使った魚料理。


最後に瞬間スモークがかかり、春の霞を見ているかのよう。


f0232060_14441538.jpg


f0232060_14442771.jpg


f0232060_14443789.jpg


f0232060_14445290.jpg













10品目は、岩手のホロホロ鳥


もも肉、むね肉で調理法を変えている。


ソースはキノコの濃厚なクリームソースで、


このソースがめちゃくちゃ美味しかった!


f0232060_14462440.jpg


f0232060_14463465.jpg


f0232060_14464785.jpg













11品目の最初のデザートは、芽吹き


チョコと貴醸酒のムースで土を作って、そこから新芽が出ている。


アイスは、生姜のさわやかなアイス。


f0232060_14481347.jpg


f0232060_14482737.jpg


f0232060_14483851.jpg












12品目の最後は、小菓子の盛り合わせ。


和紙という名前の、わたあめとエルダーフラワーを使ったお菓子は、


本当の和紙に見えて、いつ見てもすごいなあ・・・と感心。


f0232060_1450433.jpg


f0232060_14501637.jpg


f0232060_14502573.jpg













食後は、ハンドドリップした煎茶


1煎目と2煎目の色や香り、味の違いを楽しむ。


春のコースも堪能させてもらった。


次は、夏。また季節を感じにセララバアドに来ます。


f0232060_14514367.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ