タグ:メシクエおすすめ! ( 1261 ) タグの人気記事









常連さんからお誘いをいただき、


恵比寿で人気の日本酒バー「GEM by moto ジェムバイモト」へ。


f0232060_14305410.jpg


f0232060_143142.jpg


f0232060_14313634.jpg












店主が実際に全国の様々な蔵元を回って、


本当に美味しい日本酒だけを揃えてるだけあって、


自分の好みを伝えると、それに合わせてピッタリのものを選んでくれる。


山形県水戸部酒造の「山形正宗まろら」、美味しかった!


f0232060_14452349.jpg


f0232060_14453397.jpg


f0232060_14454271.jpg














新政酒造が「ジェムバイモト」のためだけに作っている


ここでしか飲めない新政もある。


f0232060_14464384.jpg













日本酒もさることながら、料理がめちゃくちゃ美味しいと聞き、


お昼も食べずに楽しみにやってきていたのだが、


想像のななめ上を行く種類と美味しさで、素晴らしかった。











お通しはお雑煮


鶏肉が入った優しい出汁。


f0232060_14483247.jpg













おつまみのいぶりがっこチーズは


最近色んなところでも見かけるが、


ここでは一工夫あって、イチジクが入っている。


イチジクのほのかな甘みが、チーズのコクと、いぶりがっこの燻製とよく合う。


f0232060_14502381.jpg












ウニとイカの和え物、子持ち昆布のフライなど、


酒飲みにたまらないおつまもが充実。


f0232060_14513398.jpg


f0232060_14514479.jpg












ポテトサラダは、焼いたジャガイモを砕いてあって、香ばしい味。


f0232060_14524737.jpg












揚げ出しは、なんとクリームチーズを挟んだもの。


これがすごく出汁と合ってて、美味しい。


f0232060_14544194.jpg













牛すじ煮込み、出汁巻き玉子、


から揚げなどの定番人気メニューもある。


f0232060_14533391.jpg


f0232060_14534428.jpg


f0232060_1454447.jpg













お店おすすめのハムカツ、絶品だったなあ。


厚切りハムの間にブルーチーズが挟まってて、いい香り。


揚げ立てアツアツで、食べ応えも十分。


f0232060_14555794.jpg












煮込みハンバーグに、塩むすびとかもあり、


しっかり夕食も食べられるようになってる。


f0232060_14564397.jpg


f0232060_14565151.jpg













気になったので頼んでみたナポリタン


居酒屋さんでナポリタンを置いてるなんて珍しい。


昔懐かしい素朴な味で、こういう場所で食べるとひと際美味しく感じる。


生卵付きで、つけ麺のように味を変えて楽しめるようになってる。


f0232060_1458314.jpg


f0232060_14581396.jpg












値段もリーズナブルで、日本酒もご飯も美味しい。


しかも遅くまでやってるとあって、家が近かったら確実にヘビロテしてそうw。


またぜひお邪魔したいと思う。








■「ジェムバイモト」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13185126/


















いつもお世話になっている代々木上原の大人気フレンチ、


「Celaravird セララバアド」が3周年を迎えたということで、


橋本シェフにご招待いただき、1/21(日)に行われた記念パーティーに行ってきた。


f0232060_1631379.jpg












「セララバアド」を愛する常連さんで賑わい、


店内はあっと言う間に、お祝いに駆け付けたお客さんでいっぱい。


いつもは着席式の静かな「セララバアド」が、


立食でこんなにワイワイしているのを初めて見たので、新鮮だった。











さすが「セララバアド」のパーティだけあって、


立食パーティーの料理もかわいらしく、そして、豪華。


自分のホームパーティーの時にも、


料理はマネ出来ないけど、せめて盛り付けだけでも参考にしたい。


ちなみに、一番乗りして写真を撮らせてもらったので、


おそらく誰も手を付けてない原型のパーティ料理写真撮ったのは私だけだと思うw。












まずは、冬のコース料理でも出るブラックオリーブとアボカドを土に見立て、


冬の野菜のソテーを並べた「北の大地」という料理のビッグサイズ版。


f0232060_16362475.jpg












大きくて、すごく良くできているので、食べれるジオラマ


まるで箱庭を見ているかのよう。


f0232060_16371389.jpg












ブリザードフラワーのようなサラダは、


色鮮やかで、崩すのが申し訳なくなるレベル。


f0232060_16404868.jpg












ピンチョスは、敷石を並べて、お庭のような飾りに。


f0232060_1641323.jpg












キノコとチキンのブルスケッタと、生ハムのブルスケッタ。


f0232060_16421913.jpg


f0232060_16425195.jpg













スパニッシュオムレツのピンチョス。


f0232060_16432199.jpg


f0232060_16433045.jpg











ハムとチーズの一口ホットサンド。


f0232060_16453195.jpg












コースの前菜に出てきたこともある「鯛茶漬け」


一緒に食べると、球体の中の茶漬けエキスと、


鯛の刺身が口の中で融合して、鯛茶漬けになる。


f0232060_1647260.jpg


f0232060_16471551.jpg












理科の実験室のような機械や器具が多いのも、


「セララバアド」パーティーの特徴。


橋本シェフが修行をされていた世界最高峰レストラン「エル・ブリ」の


名物料理でもある「メロンのキャビア」も登場。


メロン果汁を注射器に入れて、特別な水溶液で液体を球体に変える。


これが目の前で見れたのは嬉しかった。


f0232060_16522471.jpg


f0232060_16523957.jpg


f0232060_16525258.jpg












3周年記念のパンケーキも、


この大型機械でプリントをしている。


f0232060_16545055.jpg


f0232060_1655419.jpg


f0232060_1655201.jpg













サーカス団のようなワクワクの止まらない唯一無二のフレンチ。


これからも応援しています。


橋本シェフ、スタッフの皆さん、3周年本当におめでとうございました!!!








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















おそらく去年一番通ったお店は、間違いなく「イイトコ」だ。


常連の中でも、通った回数ランキングのトップ5には確実に入ってると思う。


f0232060_1375066.jpg












あまりに家のごとく通っていたので、


私の中ではメシクエストというより、


普通に家でご飯を食べるかのごとくだったが(笑)、


久しぶりにメシクエとして、


最近食べて気に入ってるものを発表させてもらおうと思う。











春菊とゆで卵のサラダ


生の春菊とゆで卵とカニカマがピリ辛マヨネーズで和えられた一品。


生の春菊と聞くと、アクがあったり、苦みを想像してしまうが、


このサラダには一切そんなことはなく、


香りの良い、シャキシャキした葉野菜くらいの感覚でモリモリ食べれる。


f0232060_1313046.jpg













マヨネーズでたっぷり和えられているのも、


マヨラーにはたまらない。


具もたっぷりなので、おかずサラダとしてもすごくいい。おすすめ。


f0232060_13141028.jpg













メークインポテト豚肉の炒めもの。


ここ秋冬で私が頻度高く注文している一品。


照り焼き風の甘辛タレで炒められたポテトと豚肉の上に、


バターがたっぷり乗っていて、美味しくないわけがないw。


お酒にも、ご飯にも、どちらにも合う味。


f0232060_13164354.jpg













めちゃくちゃお邪魔してますが、


「イイトコ」に来ると、私のワンパターンが発動して、


飽きるまで同じものを頼んでしまうので、


いつも同じ写真になりがちなため(苦笑)、たまにこんな感じでお知らせを。


お世話になっております。






■「家庭料理とお酒 iitoco イイトコ」
http://www.nanka-iitoco.com/








by meshi-quest | 2018-01-21 08:08 | 西荻窪








吉祥寺の人気肉居酒屋「2918 (にくじゅうはち)」で食事。


f0232060_120745.jpg


f0232060_1203464.jpg












塊肉がウリで、その日入荷した塊肉をグラム単位で売っている。


大きさ、種類、脂の乗り具合など、実際見ながら選べるのがいい。


f0232060_1232313.jpg













リブロースうちもも


f0232060_1245174.jpg


f0232060_125199.jpg













店長が奥から今日のスペシャル、


ハートのリブロースを出してくれた。


リブロースは、これで決まり!


f0232060_1261015.jpg














サービスも良く、雰囲気も良く、スタッフも明るく、楽しい。


さらに、メニューも豊富で、リーズナブルなので、人気があるのも分かる。


ワインもなみなみとグラスいっぱいに居酒屋スタイルで。


f0232060_1282739.jpg


f0232060_1283699.jpg


f0232060_1284751.jpg












炙り肉すしもある。


f0232060_12111936.jpg













粗びきのハンバーグ


「2918」のハンバーグは肉の味が濃厚で、かなり美味しい。


f0232060_12123284.jpg













肉がメインの居酒屋だが、アジフライとかもあって、


このアジフライも厚みあり、サクサクで上手に揚ってて、美味しい。


f0232060_12133460.jpg














そして、メインディッシュは先ほどのハートのリブロースとうちもも。


付け合わせは、いくつか種類から好きなものが選べ、


今回は、ほうれん草ソテー、マッシュポテト、フライドポテトの3つを。


f0232060_1219658.jpg


f0232060_1219279.jpg


f0232060_12193827.jpg


f0232060_12194795.jpg












ハートも恋焦がれて、いい感じで、こんがり焼けてる。


f0232060_12204241.jpg













デザートも色々とあって、マンゴーかき氷はふっくら山盛り。


f0232060_12221233.jpg












特製プリンは、なんと上に卵黄が乗ってて、不思議な味。


f0232060_1223292.jpg












とにかく、いつ来ても色々と楽しく、美味しい居酒屋。









■「2918」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13193381/









by meshi-quest | 2018-01-19 08:07 | 吉祥寺







四谷三丁目のとても重宝させてもらってる焼鳥居酒屋、


「キッチンどろまみれ」で食事。


遅い時間にも、美味しい焼鳥や野菜が食べれるので、助かる。


f0232060_2004785.jpg












相変わらず、お通しの手作りしゅうまいがうまい。


韻を踏んでしまうほどにうまい。


最初のお通しがリッチだと、その後の飲みに気合が入る。


f0232060_202514.jpg


f0232060_203663.jpg











まずは、前菜。


生マッシュルームのトリュフ塩。


生でも食べれて、甘みがある、美味しいマッシュルーム。


f0232060_2055933.jpg












ミモレットを振りかけた揚げ銀杏


f0232060_2064357.jpg












5時間煮込んだ牛すじ煮込みと、サラダに、から揚げ。


f0232060_2083028.jpg


f0232060_2084526.jpg


f0232060_2093118.jpg


f0232060_2095146.jpg












焼鳥は、ねぎま、手羽先、つくねなど。


焼き加減も良く、ボリュームあって、美味しい焼鳥。


f0232060_2011122.jpg


f0232060_20112965.jpg


f0232060_2011457.jpg


f0232060_20115944.jpg











最後は、石井農園直送の葉野菜をたっぷり使った、


冬季限定の名物草鍋


その名の通り、草の葉野菜をたっぷり入れるのだが、


野菜も美味しく、出汁も美味しいので、ペロリと食べれてしまう。


f0232060_2014470.jpg


f0232060_20142868.jpg











野菜だけでなく、やまと豚も鍋へ。


f0232060_20152624.jpg











この期間限定の草鍋はすごく美味しいのでおすすめ。


鍋だけでもまた食べに行きたいなー。








■「キッチンどろまみれ」
http://kitchen-doromamire.com/








by meshi-quest | 2018-01-18 08:07 | 四谷







常連さんに連れられて、広尾にあるお酒も飲めるカレー屋さん、


「広尾のカレー」へ。


『きっかわこうじ』というロックな名前の大将が


美味しいカレーと楽しいトークを出してくれるお店。


f0232060_18591886.jpg


f0232060_1859308.jpg


f0232060_1933879.jpg













お酒のつまみとなるメニューが豊富で、


大きなじゃがいもがゴロッと入った特製ポテトサラダ


トマトとシソのサラダなど、


f0232060_1931885.jpg


f0232060_194434.jpg


f0232060_1942087.jpg













自家製餃子や昔ながらのハムカツなども。


f0232060_1961891.jpg


f0232060_1963962.jpg











最後の〆は、国産牛テール牛骨を数時間煮込んだというカレー。


お酒の後でも食べられて、コクはありつつ、まろやか。


つまみをいっぱいいただいたので、これはハーフサイズ。


f0232060_19121347.jpg













カレーの種類の豊富で、カレーだけでなく、カレーラーメンやまぜそばも。


季節野菜たっぷりの野菜カレーもある。


f0232060_19135789.jpg











今回初めて伺ったのだが、


大将のきっかわこうじさんは、とても丁寧で、すごく色んな話をしてくれて、


複数で行っても、一人で行っても楽しめそうなお店。


チェーン店以外でなかなか遅くまでカレーたべれるお店がないので、


近所の方は重宝してるんだろうなー。








■「広尾のカレー」
http://www.hiroo-no-curry.jp/

















北海道十勝に本拠地がある食肉調理集団エレゾ


完全紹介&会員制ジビエ料理専門店「エレゾハウス」に行ってきた。


f0232060_1234485.jpg














エレゾの名前は、色んな著名レストランで聞いていて、


ジビエ肉と言えばエレゾ社というくらい、


多くの名店を虜にし、新鮮な最高級ジビエを卸している。


f0232060_1234599.jpg












そのエレゾ社が完全紹介&会員制の直営レストランを持っており、


ずっと行きたいと思っていて、


とあるレストランからのご紹介で念願の会員にならせてもらった。


f0232060_12393318.jpg


f0232060_1239518.jpg













エレゾ社には、おそらく唯一だと思うが、


ハンターという、まるでゲームのような職業の社員がいて、


厳重なルール、基準で狩猟をし、自社の加工所で加工をしている。


f0232060_12415522.jpg













店内には、命の料理人というキャッチが掲げられており、


食を通じて、命を知り、命と向き合って欲しいという


エレゾ社のメッセージが至る所に込められている。


f0232060_12435747.jpg













きちんとした紹介者が必要で、


紹介後も身分が証明できる細かな会員登録がいる。


フレンチでは珍しく、パンは一切出てこない。


命を感じてもらうメインディッシュにたどり着くまでに、


パンでお腹いっぱいになって欲しくないという思いからだそうだ。












正直、普通のレストランに比べるとかなり敷居は高いが、


それでも、そこまでしても守る理由も分かり、


そこまでしても行く価値のあるレストランであった。


メインディッシュで3種の月齢(年齢)と性別の違うエゾ鹿をいただいたが、


今まで食べたことがないような鹿の味の違いを感じた。











そして、一番驚いたのは、


食べ終わった後に、一切口にジビエ臭が残ってないこと。


どんなに新鮮なジビエを食べても、口の中にはジビエ臭が多少は残るものだが、


逆にエレゾ社に言わせると「残らないのが普通で、残らないのが本当」。











すごい料理とすごい体験をさせてもらって、


ぜひ料理写真をお見せしたいところだが、料理写真の露出はNG。


「東京カレンダー」は特別に許可が出ているようなので、


料理の内容はぜひ下記で見ていただければと思う。


https://tokyo-calendar.jp/article/7788











■「エレゾハウス」
http://elezo.com/table/elezohouse.php









by meshi-quest | 2018-01-15 08:08 | 渋谷・神泉








ご招待いただき、ザ・キャピトルホテル東急の中華レストラン、


「星ヶ岡」でディナー。


ここは、土・日・祝限定で、


都内で有名な高級中華オーダーバイキングをやってる人気店。


f0232060_1213131.jpg


f0232060_1214245.jpg


f0232060_122320.jpg













平日は、通常のホテル中華レストランとして営業しつつ、


土日祝は、高級中華オーダーバイキング目当てで


入口まで人が溢れている人気っぷり。


ちなみに、完全予約制で、予約ですぐ満席になる。












この「星ヶ岡」のオーダーバイキングが


なぜここまで人気かというと、


たとえば、このグランドメニューの


8400円フカヒレの姿煮


f0232060_12113128.jpg













これも注文すると、クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!


f0232060_1272270.jpg












オーダーバイキングのお値段が大人12,000円なので、


このフカヒレ姿煮を頼んだ時点で、2/3以上、元が取れてしまう。


そして、通常メニュー用のちゃんとしたフカヒレなので、


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_12101637.jpg













こんな感じで、普段だとなかなか手が出ないような高級中華を、


蒸し鶏や蒸し豚の前菜から、


f0232060_1213520.jpg


f0232060_12132547.jpg


f0232060_12133463.jpg












海老のチリソースやフワフワの卵白揚げなどの海老料理、


f0232060_12152368.jpg


f0232060_12153969.jpg












蟹身たっぷりのフカヒレスープに、


蟹爪揚げなどの蟹料理、


f0232060_12164118.jpg


f0232060_12165135.jpg













和牛のオイスター炒めや、茄子とひき肉の炒めなどの肉料理、


f0232060_12173234.jpg


f0232060_12174250.jpg












シュウマイ、餃子など、皮が厚めの本場中国式の本格点心、


f0232060_12184121.jpg


f0232060_12185027.jpg













最後は〆の麻婆豆腐にチャーハンまで、


グランドメニューにあるものがすべて好きなだけ注文できてしまう。


f0232060_12193577.jpg


f0232060_12194698.jpg












食材も高級なものを使っていて、味も美味しく、


ちょっと高級な中華で数皿頼んだ時点で、


これくらいの値段行ってしまうことを考えたら、


これだけ好きなものを食べれて12,000円はお得。











ちなみに、デザートもオーダーバイキングで注文できたのだが、


今回は特別にサプライズがあって、デザートは頼まずに、


同じ館内の「キャピトルバー」に移動。











まさかのホールケーキが出てきて、テンション上がる!


HAPPY BIRTHDAYはあれど、


HAPPY NEW YEARのチョコプレート見たのは初めてかもw。


f0232060_12253190.jpg








去年の年末に疲れ果ててた私を見かねた方からのサプライズプレゼント。


ご招待いただき、本当にありがとうございました。












ちなみに、


お茶が好きすぎて台湾やスリランカまで行った私が、


こよなく愛しているロイヤルブルーティーという


ワイングラスで飲む最高級茶があるのだが、


この『キャピトルバー』はこのロイヤルブルーティーを3種も常備してて、


しかも、グラスで飲ませてもらえる!!


f0232060_12295822.jpg













これ、お茶マニアにはたまらない話なのだが、


このマニアックなお茶が3本が常備されていることもなかなかない上、


開栓すると香りが飛んでしまうので、


ボトル売りしかしてくれないところが多い中、グラス単位で飲めるのがレア。











さらにちなむと、ロイヤルブルーティーの中でも、


私は個人的にこのFallin in Loveという名前のお茶が大好きで、


お茶の概念がひっくり返るくらい美味しい。


初めて飲んだ時の衝撃を今でも覚えてるほど感動するので、


お茶に興味があり、これに遭遇することがあったら、


ちょっと高いけど、ぜひ飲んでいただきい一品。


f0232060_12395081.jpg












■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/




■「ロイヤルブルーティー」
http://www.royalbluetea.com/






by meshi-quest | 2018-01-12 08:08








ミュシュラン2ツ星の都内有数の予約困難店、


東麻布「鮨 天本」で食事。


この予約困難店の予約を2つも獲得するという


鮨の神様からのとんでもないご加護を受け、本日その2つのうちの1つめ。


f0232060_15434326.jpg


f0232060_15435776.jpg


f0232060_15443182.jpg


f0232060_15444169.jpg












本日、大将天本さんの目の前というアリーナ席。


天本さんの仕事を見ながら、美味しいつまみと日本酒を堪能。


f0232060_15473066.jpg


f0232060_1547447.jpg


f0232060_15484762.jpg


f0232060_1547552.jpg


f0232060_1548835.jpg


f0232060_15482360.jpg












中でも北海道羅臼の無洗白子と、


対馬あかむつのしゃりご飯、めちゃくちゃ美味しかったな。


f0232060_15501282.jpg


f0232060_15502389.jpg












にぎりも素晴らしかった!


寒ブリも、サワラも、ウニも、穴子も絶品。


f0232060_15532175.jpg


f0232060_15534171.jpg


f0232060_15535385.jpg


f0232060_1554368.jpg


f0232060_15541859.jpg


f0232060_15543256.jpg


f0232060_15544178.jpg













特にカワハギは美味しかったなあ。


ネタとしゃりの間に肝が挟んであって、濃厚だった!


f0232060_15552853.jpg













あと、私が普段だとそこまで積極的に食べない、


とこぶしほっきのにぎりも、驚くほど美味しかった。


f0232060_15563791.jpg


f0232060_15564759.jpg











相変わらず、本当にすごい鮨屋さん。








■「東麻布 天本」
http://higashiazabuamamoto.com/









■今日のカメ

■「鮨 天本」
f0232060_15435776.jpg
大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分ほど。東京タワーのすぐ近くにあります。








■店内の様子
f0232060_15443182.jpg
カウンター8席ほどの小さな店内です。すごく落ち着きます。









■テーブルセット
f0232060_15444169.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■天本さんの目の前で。
f0232060_15473066.jpg
本日は、大将天本さんの目の前の席で食事。天本さんとはお友達でもあるので、色々と話をしたり、にぎってる姿を見ながら食べれるのが楽しい。







■日本酒①
f0232060_13225075.jpg
奈良県今西酒造の「みむろすぎ」。飲みやすい!









■つまみ①
f0232060_13241349.jpg
福岡県糸島のもずく。









■つまみ②
f0232060_13251869.jpg
福岡県姪浜の真鯛。









■つまみ③
f0232060_13261251.jpg
北海道厚岸のつぶ貝。









■つまみ④
f0232060_132707.jpg
佐島のたこ。









■つまみ⑤
f0232060_1547552.jpg
福岡の赤ナマコ。ナマコはそんなに好きじゃないのですが、このナマコは食べれる!臭みなく、すごくコリコリとした食感がいい感じ。








■つまみ⑥
f0232060_15484762.jpg
茶碗蒸しの上に、このこ(ナマコの卵巣)が乗っています。









■日本酒②
f0232060_1547447.jpg
福島県曙酒造の「天明」。









■つまみ⑦
f0232060_15501282.jpg
北海道羅臼の無洗白子。上には田中農場の濃厚な卵黄がかかっています。めちゃくちゃ美味しい!








■つまみ⑧
f0232060_1333571.jpg
スルメイカの塩辛。









■つまみ⑨
f0232060_1548835.jpg
氷見の迷いガツオ。カツオというより、上品なマグロを食べているような感じ。これもすごく美味しい。









■日本酒③
f0232060_15482360.jpg
京都松本酒造の「まつもと」。田んぼのIDが書かれていて、どこの田んぼの米で作ったかわかるようになっている。田んぼによって、味が違うらしい。








■つまみ⑩
f0232060_15502389.jpg
長崎対馬の赤ムツ。下にはシャリが敷いてあって、赤ムツの脂がシャリに染みてて、とても美味しいです。








■にぎり①
f0232060_11285811.jpg
青森大間のヒラメ。上にはエンガワが乗ってます。









■にぎり②
f0232060_15532175.jpg
対馬の寒ブリ。









■にぎり③
f0232060_11304460.jpg
有明海佐賀こはだ。









■にぎり④
f0232060_1131399.jpg
11日間寝かした銚子黒ムツ。









■にぎり⑤
f0232060_11332079.jpg
銚子のキンメ。










■にぎり⑥
f0232060_15552853.jpg
三浦半島鴨居のかわはぎ。中に肝が入ってて、すごく美味しい。









■日本酒④
f0232060_11352443.jpg
福岡県白糸酒造「田中六五」。










■にぎり⑦
f0232060_11374569.jpg
宮城県金華湾の金華サバ。










■にぎり⑧
f0232060_11383527.jpg
86kg大間釣りマグロのづけ。









■にぎり⑨
f0232060_113953100.jpg
大間の中トロ。









■にぎり⑩
f0232060_11403428.jpg
大間の大トロ。










■にぎり⑪
f0232060_1141768.jpg
東京湾のスミイカ。









■にぎり⑫
f0232060_11414312.jpg
さわらの松前漬け。









■にぎり⑬
f0232060_11421882.jpg
青森県ムラサキウニ。









■日本酒⑤
f0232060_11431147.jpg
広島県宝剣酒造「寳劔」。









■にぎり⑭
f0232060_11454061.jpg
プリプリのいくら。









■にぎり⑮
f0232060_11462092.jpg
蒸し海老。









■お椀
f0232060_11471066.jpg
出汁が効いてる赤だし。









■にぎり⑯
f0232060_11475587.jpg
対馬の穴子。









■にぎり⑰
f0232060_15563791.jpg
宮城県七ヶ浜のとこぶし。









■にぎり⑱
f0232060_11491833.jpg
石巻の赤貝。









■にぎり⑲
f0232060_15564759.jpg
長万部のほっき。









■にぎり⑳
f0232060_11502416.jpg
鮨屋のデザート、甘味ある玉子。








懇意にさせていただいているフレンチビストロ「organ」で食事。


17時からオープンしているので、


ちょっと遅めの昼食、かつ、ちょっと早めの夕食にも対応してもらえる。


f0232060_1551872.jpg


f0232060_1552985.jpg












こんな変な時間に食事に行くのは私くらいかと思ったら、


オープン同時にカウンターは満席。


その他のテーブル席はすべて予約でいっぱいの大人気。


まずは、いつものゲヴェルツトラミネールと、


ウォッシュチーズ「マンステール」で乾杯。


f0232060_1585763.jpg


f0232060_1595727.jpg


f0232060_1510872.jpg













好きなものを好きなように注文。


どのメニューも美味しそうなので、いつも迷う。


私がいっぱい食べたい派なのを知ってくれてるので、


かなり多めに注文しても、ちゃんと量を調整して、


色々と食べれるようにしてくれるのがありがたい。











1品目は、対馬マグロ紫蘇のマリネ。


コクのあるマグロの周りに紫蘇が巻かれていて、いい香り。


緑のソースは春菊、黒はブラックオリーブ、


さらにスモークしたヨーグルトもかかっている。


見た目にも美しく、独創的で、すごく「organ]らしい料理。


f0232060_15173232.jpg


f0232060_15174547.jpg













2品目は、とアボカド、根セロリ、ズッキーニのカネロニ。


蟹やアボカドなど濃厚な具材をズッキーニで巻いた冷菜。


ソースに爽やかな多数のハーブを使っていて、


このソースがめちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1520359.jpg


f0232060_15204734.jpg












3品目は、私の大好物の炙り鯖とじゃがいもの料理。


厚切りの炙り鯖がめちゃくちゃ脂が乗ってて、


甘味あるじゃがいもとの相性も抜群。絶品。


f0232060_15241996.jpg


f0232060_15243388.jpg












ここで赤ワインに切り替え。


おすすめの「BURUTAL!!!(ブルタル)」という


個性的なイタリアビオワインを。


ガイコツが酸化防止剤の「SO2」を切ってるw。


インパクトあるエチケットに負けないくらいの超個性的な味だった。


酸味が少なく、華やかで、結構、好みの味。


f0232060_15275111.jpg


f0232060_1528861.jpg














4品目は、トピナンヴールのポタージュ。


日本で言う菊芋を使ったポタージュで、


上に柿やミントが乗っていて、すごく爽やかで飲みやすい。


f0232060_15295771.jpg













5品目のメインディッシュは、前菜に魚が多かったので、肉を。


山形県産三元豚のロースト。


塩麹の風味が付いていて、柔らかく、旨味が凝縮されている。


付け合わせの野菜も甘くて、美味しかったな。


f0232060_15321223.jpg


f0232060_1532206.jpg













1人でフラッと来ても、なんかパーティで食事をしているような、


そんな華やかで、楽しくて、嬉しい気分になれる。


相変わらず、私の中で最高峰のビストロ。









■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html







by meshi-quest | 2018-01-10 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ