タグ:メシクエおすすめ! ( 1261 ) タグの人気記事






 


懇意にさせてもらっている裏原ビストロ「kiki キキ」でランチ。


お気に入りの梅とマリアージュフレール「マルコポーロ」を合わせた、


「kiki」オリジナルの真っ赤なドリンクと共に。これ、大好き。


f0232060_14221967.jpg


f0232060_14223362.jpg













1品目は、甘くない苺クレープ


もち粉を使ったクレープの中に、スクランブルエッグと、上には紅ほっぺ。


可愛らしいデザートのようだけど、甘くなくて、ちゃんと食事クレープになってる。


f0232060_14252027.jpg


f0232060_1425314.jpg













2品目は、ほたてのカダイフ巻


大きくて甘い北海道産ほたてを丸ごとカダイフでサクッと揚げた一品。


スープは、静岡県のお茶とあさりの出汁を合わせたもので、


洋風のお茶漬けのような感覚でいただける料理。


f0232060_14281085.jpg


f0232060_14282297.jpg













3品目は、柑橘のカプレーゼ


愛媛の賢太郎みかん、青トマト、フェタチーズに、


ラタトゥイユの野菜を使った濃厚なソースがかかってて、めちゃくちゃ美味しい。


「kiki」のコースには、必ず新鮮な野菜や果物がたっぷり取れる


サラダメニューが入っているので、すごく嬉しい。


なかなかこんなに美味しく、たくさん新鮮な野菜や果物を外では食べれない。


f0232060_14314710.jpg


f0232060_14315992.jpg












メインディッシュは、鴨肉のロースト


ソースには、15年熟成させた日本酒と醤を使って、


ほのかに醤油の香りもし、キレの良い甘さで美味しかった。


f0232060_14335650.jpg


f0232060_14341278.jpg


f0232060_14342963.jpg











ちなみに、メインディッシュにはカキフライ付きとなっているのだが、


このフライ、柿フライになっていて、ほのかに甘みがあり、すごく美味しい。


以前、「kiki」ではイチジクのフライや天ぷらもやっていたが、


果物は意外と揚げ物になることを「kiki」で知った。


f0232060_1436542.jpg











ここまででコースは終了で、あとはお好みでデザートに行くのだが、


私はここでお好みとして、メインディッシュにまた戻ることにしたw。


なんか気になった一品料理、豆腐ハンバーグ


ちょうど肉が挽きたて&ネタも作りたてで美味しいと聞いたので、注文。


f0232060_1440118.jpg











フワフワで、ちゃんと肉の味もしっかりしていて、


食べ応えのある豆腐ハンバーグ。


チーズもたっぷりかかってて、今まで食べた豆腐ハンバーグの中で一番かも。


シェフの野田さんが一口ライスを用意してくれた。


やっぱりハンバーグには米が合う。


f0232060_14413218.jpg


f0232060_14414458.jpg










今年もガンガン通ってしまいそうな予感。


今年も変わらずよろしくお願いします。










■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/















去年のクリスマス期間中に、


懇意にさせてもらってる「チクロパノラマキッチン」で、


期間限定の丸鶏イベントがあったので、お邪魔させてもらった。


という話を2017年中に報告できなかったので、ここらで報告したい。











本当に丸ごと丸鶏キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


この丸鶏、ちゃんとマリネされてて柔らかく、


お腹の中にもたっぷりスパイスが入ってて、すごく美味しい!


丸鶏の良いところは、


この1匹で、胸肉、もも肉、手羽、鶏のすべてが楽しめること!


f0232060_1320060.jpg













知り合いも一緒にいたので、丸鶏囲んでプチパーティー。


f0232060_1322654.jpg


f0232060_13221751.jpg


f0232060_13222662.jpg


f0232060_13223425.jpg


f0232060_13224375.jpg












で、翌日


あまりに丸鶏が美味しかったので、


私一人で丸鶏を食べにお邪魔させてもらった。


さすがに一人では丸鶏1匹は厳しいので、特別に半身に。


f0232060_13251824.jpg


f0232060_13252842.jpg







個人的には、デフォルトメニューにして欲しいくらいだけど、


かなり手が込んでて、準備も大変なので、期間限定でも仕方なし。










前菜の盛り合わせも囲んで乾杯。


f0232060_13345183.jpg


f0232060_1335179.jpg


f0232060_1335896.jpg


f0232060_1335219.jpg













ちなみに、この時期にやっている富有柿のフリットは、


その名の通り、富有柿を薄衣で揚げたものだが、これが絶品。


揚げた柿を食べたことがない方はぜひ!驚く味。


f0232060_1337798.jpg











■「チクロパノラマキッチン」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/








by meshi-quest | 2018-01-07 08:08 | 西荻窪








お正月と縁遠い日々を送っていた私に、


大将の内藤さんがお正月らしい料理を作ってくれるとのことで、


「中目黒伍燗」へお邪魔した。


f0232060_2341749.jpg


f0232060_2342861.jpg













ああ、こういう感じ、こういう感じ!


こんな感じが欲しかったw。


f0232060_2353619.jpg


f0232060_2354571.jpg













そして、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


祝い八寸、登場!!


f0232060_2365569.jpg













飾り包丁が入った人参の梅は、ちゃんと梅風味になってたり、


『くわい』って正月らしいけど、煮物はつまらないから揚げてみた!とか、


内藤さんらしいこだわりが散りばめられた八寸になってて、楽しい。


f0232060_238544.jpg


f0232060_2391240.jpg


f0232060_2392151.jpg













東京ではなかなか食べられない


白味噌&丸餅の関西風雑煮。


東京人だが白味噌大好きなので、


もっと東京で白味噌流行ってくれることを願う。


f0232060_23112445.jpg













そして、「中目黒伍燗」では懐石コースの途中で、


1~2貫おつまみとして、いつもにぎり鮨が出てくるのですが、


特別に今日は内藤さんが〆のご飯としてしっかり鮨を握ってくれるということで、


私の2018年の鮨初めは「中目黒伍燗」で幕を明けた!


今年もよろすし!!


f0232060_23222084.jpg


f0232060_23224189.jpg


f0232060_23225074.jpg


f0232060_2323355.jpg


f0232060_23231054.jpg


f0232060_23232665.jpg


f0232060_23233794.jpg










■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44









■今日のカメ

■「中目黒伍燗」
f0232060_2341749.jpg
東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。駅から続く高架下飲食街の「71番」という番号の場所にあります。









■店内の様子
f0232060_23362890.jpg
メインはカウンター6~7席で、小さなアットホームなお店。奥に個室も。









■テーブルセット
f0232060_233839.jpg
本日は、お正月バージョン。









■日本酒①
f0232060_2354571.jpg
山口県澄川酒造の「東洋美人」。この日本酒、めちゃくちゃ飲みやすくて、美味しいー。









■1品目
f0232060_23454190.jpg
くえのかぶら蒸し。ここ最近食べたかぶら蒸しの中で、一番美味しい。









■2品目
f0232060_23462298.jpg
「伍燗」名物の絶品胡麻豆腐。いわずもがな、美味しい。









■3品目
f0232060_2365569.jpg
お正月バージョンの「祝い八寸」。









■アップ①
f0232060_2391240.jpg
タラの芽の天ぷら、紅白なますなど。









■アップ②
f0232060_2392151.jpg
飾り包丁が入った人参や大根、チップスになったくわいなど。くわいは、私も煮たやつはあまり好きじゃなくて、揚げた方が抜群に美味しい。







■4品目
f0232060_23112445.jpg
白味噌と丸餅のお雑煮。これもすごく美味しい!









■日本酒②
f0232060_23542528.jpg
福島県廣木酒造「飛露喜」。









■5品目
f0232060_23564662.jpg
ブリとイカ。










■6品目
f0232060_2358062.jpg
さわら味噌幽庵。










■7品目
f0232060_11334467.jpg
フグのから揚げ。下味がしっかり付いてるので、このままで十分。









■8品目
f0232060_23584940.jpg
源助大根を炊いたもの。上にはおぼろ昆布。









■日本酒③
f0232060_02753.jpg
宮城県平孝酒造「日高見」。









■鮨初め!
f0232060_035492.jpg
いつもはおつまみの1~2貫のところ、今日は特別にこの鮨ネタでガッツリにぎりを出してくれることに。







■にぎり①
f0232060_23222084.jpg
中トロ。









■にぎり②
f0232060_23224189.jpg
クエ。









■にぎり③
f0232060_083464.jpg
シマアジ。









■にぎり④
f0232060_23225074.jpg
寒ブリ。










■にぎり⑤
f0232060_010237.jpg
アオリイカ。









■にぎり⑥
f0232060_2323355.jpg
ズワイガニ。









■にぎり⑦
f0232060_23231054.jpg
こはだ。









■にぎり⑧
f0232060_23232665.jpg
ウニ。









■にぎり⑨
f0232060_23233794.jpg
赤ムツの炙り。









■お椀
f0232060_012850.jpg
カニの赤出汁。









■デザート
f0232060_0125080.jpg
イチゴぜんざい。甘さ控えめで、いい感じの塩気のあるあんこ。








赤坂に「金舌」という高級焼肉店があって、


そこのカジュアルラインとして、


いまや都内各地で大人気のkintan


f0232060_1313082.jpg













焼肉屋の、方や堅苦しく昔ながらのイメージ、


方やファミリー感ある雑多な感じのどちらも払拭し、


気軽にオシャレに美味しい焼肉が食べれるお店として、


肉食獣的ににも重宝している。


f0232060_1344314.jpg






「青雲」のお線香並みに煙が少なく、


仕事途中のランチでも焼肉が楽しめるのがありがたい。











なんと期間限定で、こんなランチをやっているらしく、


1人忘年会を敢行することにした。


f0232060_139165.jpg












タンもうまいが、カルビもうまい。


サラダ、スープ、ご飯はお代わり自由。


メニューも豊富で、夜のグランドメニューからも一部選べる。


ちなみに、もやしナムルは別注。


f0232060_1311823.jpg


f0232060_13112840.jpg


f0232060_13113757.jpg


f0232060_13114580.jpg


f0232060_13115846.jpg


f0232060_13121110.jpg


f0232060_13122158.jpg









思いがけず、いい焼肉忘年会ができた。








■「恵比寿焼肉kintan」
http://www.ebisu-yakiniku-kintan.com/#















懇意にさせていただいてる吉祥寺の名店「肉山」の姉妹店、


「ホルモン酒場 焼酎家 わ」で食事。


今年も最後までよくお邪魔させてもらったなあ・・・。


夜中まで美味しいお肉を一人でも食べさせてもらえるところがなかなかなくて、


本当にお世話になりました。


f0232060_14343130.jpg











いつものように、牛タンとハラミを焼きながら、味噌きゅうをいただく。


炭の炎を見ながら、無心で網に肉を乗せて焼いてる時に、


不思議と1日の疲れが吹っ飛ぶ。


f0232060_1436015.jpg


f0232060_14373562.jpg


f0232060_14443139.jpg












今日は序盤に常連さんのパーティーがあったようで、


そこで出したという特別メニューのおこぼれにも預かれたw。


カンガルー肉のソーセージのホットドッグ。


甘めのバターロールに、しっかりとした味のカンガルーがよく合う。


f0232060_1448675.jpg


f0232060_14482677.jpg












宮古島の島豆腐のカプレーゼ。


島豆腐がコクがあって、オリーブオイルとトマトと相性がいい。


ヘルシーなチーズを食べている感じ。


f0232060_1451515.jpg













最後は、大将小林さんのお手製チャーシュー


その煮汁を使ったラーメンがめちゃくちゃ美味しくて、


個人的にはレギュラーメニューへの昇格希望w。


ただ、相当作るの大変だそうで、通常営業では難しいだろうなあ・・・。


f0232060_14524931.jpg


f0232060_1453836.jpg











来年も新年早々からお邪魔しそうな予感。


今年も美味しいお肉をありがとうございました!





■「ホルモン酒場 焼酎家 わ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005837/








by meshi-quest | 2017-12-29 08:08 | 吉祥寺








大衆居酒屋に非常に詳しい方にご招待いただき、


大衆居酒屋界では非常に有名だという「つず久(つずく)」へ。


f0232060_10385779.jpg


f0232060_10391728.jpg


f0232060_10393858.jpg













数席だけのカウンターと、


2人座るともう一杯くらいの畳敷きの小さな小上がりは、


常連さんと、大衆居酒屋ファンの予約ですでに満席。


ちなみに、このテーブル、不思議な形をしてるなと思ったら、


なんと大きな火鉢を使っているのだそう。


f0232060_10422016.jpg












周りの常連さんに合わせ、TPO重視で、まずは熱燗。


この雰囲気に普通の徳利と猪口はないだろうと思ってたが、


そこは、さすが!すごくいい感じの熱燗セットがやってきたw。


f0232060_10451123.jpg











魚料理をメインにしていて、刺身の盛り合わせはもちろんのこと、


イクラと青海苔が入った大きな玉子焼きもめちゃくちゃ美味しかった。


f0232060_10464126.jpg


f0232060_10465055.jpg


f0232060_1047212.jpg


f0232060_10471796.jpg












メニューがどれも面白く、ツッコミどころ満載でw、


それがいい感じの大衆酒場内のコミュニケーションツールにもなってるのだが、


高倉健さん600円って(笑)。


f0232060_10482765.jpg













で、女将さんに「高倉健さんって、何ですか?」と聞くと、


笑顔で「あれよ!黄色い・・・あれ!!美味しいわよ!」と言われ、


おそらく高倉健さんの代表作黄色いハンカチを指してて、


黄色い何かが来るんだろう・・・とは思ったが、


まさかの黄色いカリフラワー(笑)。


f0232060_10504856.jpg


f0232060_10505784.jpg









この茹でた黄色いハンカ・・・じゃなくてカリフラワーが、


すごく甘味があって、塩茹での塩加減も絶妙で、とても美味しかった。


「高倉健さん」というメニューじゃなくても頼んでいたレベル。











〆は、この「つず久」のスペシャリテとも言える、


元祖わざび飯をいただく。


このわさび飯は「つず久」が最初で、


これが食べたくて遠方からもお客様が多数やってくる。


f0232060_10543864.jpg












釜炊きをした、炊き立てのホカホカご飯の上に、


北海道直送のえぞワサビを乗せて、


さらに醤油と海苔をかけていただくシンプルなご飯なのだが、


このえぞワサビの量は女将さんに主導権があり、


とんでもない量のワサビがやってきて、とんでもない量乗せられるw。


f0232060_10571960.jpg


f0232060_1057318.jpg











白いご飯にえぞワサビが白く擬態をしてて分かりにくいが、


上の方の米じゃない形状の白いものはすべてワサビだ。


f0232060_10585777.jpg













こんなにガッツリ乗ってて、辛くないわけがなく、


あちらこちらの席で悲鳴が出て、


楽しい大衆酒場で全員が号泣をしている異様な光景w。


ただ、超絶めちゃくちゃ辛いのだが、えぞワサビが香り良く、


炊き立てご飯にすごく相性がいいので、美味しいのは美味しい。


f0232060_110546.jpg












残念ながら、ワサビマスターは女将さんなので、


ワサビの量は調整できずw、あとは根性と、


かけ放題の大量の海苔と味噌汁で乗り切るしかない。


f0232060_112076.jpg


f0232060_1122328.jpg












大衆居酒屋、めちゃくちゃ楽しかったな。


いいメシクエストだった。








■「つず久」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13011427/















私が信頼を寄せているグルメな方からのご紹介で、


神楽坂にある一軒家フレンチ、


「Le Mange-Tout ル・マンジュ・トゥー」へ。


f0232060_10272250.jpg


f0232060_10273286.jpg


f0232060_1027433.jpg












神楽坂の路地裏にあって、雰囲気的にもカップルが多いのかと思ったら、


年齢層高めのお偉いおじ様方が商談や会食をしている席が多く、意外だった。


泡も白も苦手なので、私に合わせてもらって、みんなで赤で乾杯。


f0232060_10275240.jpg












1品目のアミューズの5品盛り合わせは、


どれも手に取って一口で食べるスタイル。


見た目にもかわいらしいが、味もしっかりしていて、美味しい。


ブロッコリーのキューブ、たらのムースを炭の生地で挟んだもの、など。


f0232060_10321983.jpg


f0232060_10323137.jpg


f0232060_10332677.jpg


f0232060_10333598.jpg












2品目は、岡山県産の足赤海老を使った前菜。


ソースは、濃厚で香り良い、アンチョビバター。


f0232060_10343741.jpg


f0232060_10344810.jpg












都内の某超有名ベーカリーから取り寄せているパン2種。


パンがめちゃくちゃ美味しくて、お代わりが止まらず。


f0232060_1036226.jpg








パンって、料理のサブ的な扱いだけど、実はすごく大事。


パンが美味しいお店は、それだけで嬉しくなる。











3品目は、ホタテのムース


フワフワで茶碗蒸しのようなホタテ。


めちゃくちゃ好きな味。


ソースは香味野菜を使ったもの。


f0232060_10383292.jpg


f0232060_10384751.jpg












4品目は、シェフのスペシャリテのエゾ鹿のコンソメ


すごくいい香りがする、澄み切った美しいコンソメ。


エゾ鹿の生ハムも添えられている。


f0232060_1040850.jpg


f0232060_10401928.jpg


f0232060_10402999.jpg












5品目は、和歌山県の石鯛


少し酸味を効かせたクリーミーなソースで。


f0232060_10412356.jpg


f0232060_10413542.jpg













6品目のメインディッシュは、


宮崎県産の網捕りをした青首鴨


柔らかくて、しなやかで、全く臭みを感じない優しい鴨だった。


付け合わせは、ラットというじゃがいもとキノコを合わせたマッシュポテト。


f0232060_10434063.jpg


f0232060_10434843.jpg


f0232060_10435778.jpg












デザートは、2種。


1つ目は、季節のイチゴを使った真っ赤なスープ。


甘さ控えめで、イチゴ好きにはたまらない一品。


f0232060_1045997.jpg













2つ目は、惑星のような球体のチョコレート。


「スターウォーズ」最新作が公開されたこともあり、


なんだかデススターにも見えるw。


f0232060_10462433.jpg


f0232060_10465687.jpg












ちなみに、デススターの中は、こんな感じ。


パッションフルーツソースやキャラメルムースが出てくる。


f0232060_10474553.jpg












食後の小菓子は、カヌレ


前菜からデザートまで内容もボリュームもちょうど良く、


すべてが安心して食べれる、完成したフレンチだった。


f0232060_10493129.jpg


f0232060_10494435.jpg











■「ル・マンジュ・トゥー」
http://www.le-mange-tout.com/








by meshi-quest | 2017-12-27 08:07 | 神楽坂








目黒にあった超人気イタリアンメッシタ


多くのファンに惜しまれながら今年春に閉店して、はや数ヶ月。


「メッシタ」のためだけに1時間かけて目黒駅に降り立つこともあったくらい、


本当に稀有で、孤高で、素晴らしいイタリアンだった。











閉店後、「メッシタ」の店主だった美樹さんは、


長い休暇を取られ、イタリアに行ったり、


新しいスタイルのイタリアンの構想を練られたりしてたようで、


今年、ご自身の家の1階を改築して、完全紹介制&予約制で、


ほぼ常連さんだけをお招きするようなイタリアンをオープンした。


名前も看板もなく、そのまま名刺にも「鈴木家」となっている。


f0232060_9571063.jpg


f0232060_9572179.jpg


f0232060_95749100.jpg












メニューは、半分以上は、「メッシタ」で作らなかったものばかり。


その日の一番良い食材で、一番美味しく作れるものだけがメニューに並ぶ。


そして、その料理は、すごくシンプルで、


美味しいのはもちろんのこと、なんだかかっこいい。


f0232060_1053569.jpg


f0232060_1054680.jpg













カリフラワーは、大胆に茹でたカリフラワーの上に、


特製のブラックオリーブのソース。


シンプルだけど、カリフラワーって、こんなに美味しかったのか!と驚く。


f0232060_1072348.jpg













目玉焼きとからすみも、


まさに目玉焼きとからすみなのだが、


卵のコクと甘味、からすみの塩気と風味が絶妙で美味しい。


f0232060_1091986.jpg


f0232060_1092794.jpg













エッグホリックな人間からすれば、


当然パスタも卵で突っ走らしてもらう。


このカルボナーラも、


大きめのパンチェッタの塩味が効いてて、絶品だった。


f0232060_10114462.jpg


f0232060_10115442.jpg












これは「メッシタ」でも大人気メニューだった鶏バター


これでもか!というほど、たっぷりのバターでこんがり焼かれた鶏肉。


相変わらず、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_10131128.jpg













メインディッシュは、青森県の熟成豚


思えば、「メッシタ」では、豚って、あまり出てこなかった気がする。


ものすごいボリュームだけど、これくらい厚みと大きさあった方が、


豚汁(ぶたじる)の旨味がしっかり感じられる。


f0232060_1015230.jpg













デザートは、たっぷりティラミス


苦みも甘みも控えめで、食後にちょうどいい。


f0232060_101611.jpg











美樹さんが本当に作りたいものだけをメニューに並べ、


食べてもらいたい人に出して、やりたいお店をやる。


ある意味、客側の自由が利かないし、柔軟性もない。


人によっては好き嫌いがすごく分かれると思うが、


確実に自信があって、本当に美味しいモノ、


素晴らしいモノをプロが見せてくれる。








私は、なんか好きなんだよね。嫌いになれない。


すごく信念が感じられて、底知れぬ安心感もあって、


もちろん自由に伸び伸びできるお店も心地よいけど、


こういうお店があっても良いと思う。


それを心から楽しめる、客としてこちらの余裕があればいいだけなのだから。


ずっとこのままで。


またぜひお邪魔させていただきます。









by meshi-quest | 2017-12-26 08:08








私が知る中でもトップクラスの鮨好きが集まるグルメ会にて、


広尾「鮨 心白 (しんぱく)」で忘年会。


f0232060_10375034.jpg


f0232060_103814.jpg


f0232060_10382120.jpg












日本酒の種類が豊富で、美味しいつまみラッシュに酒がやたら進む。


f0232060_1044238.jpg


f0232060_10444773.jpg


f0232060_10445741.jpg


f0232060_10451682.jpg


f0232060_10452549.jpg


f0232060_10461065.jpg


f0232060_10462128.jpg


f0232060_10463221.jpg


f0232060_10464491.jpg


f0232060_10465484.jpg












初めて見たけど、カキ専用の日本酒というのもあるらしく、


生カキとカキのための日本酒セット。


私はカキ苦手なので、写真だけw。


f0232060_10485312.jpg


f0232060_1049128.jpg












にぎりもたっぷり食べれて、どれもすごく美味しかった。


f0232060_105111100.jpg


f0232060_10512482.jpg


f0232060_10514350.jpg


f0232060_10515954.jpg


f0232060_10521176.jpg


f0232060_10522617.jpg


f0232060_10523768.jpg


f0232060_10524653.jpg












特に、めちゃくちゃ脂が乗ってたオアカムロと、


大きくて、すごく甘味があったほっき貝は絶品だったなあ。


f0232060_10553830.jpg


f0232060_10554955.jpg












大将が気さくで、美味しいだけじゃなく、楽しい鮨屋。


鮨屋さんってどうしても固くなりやすいけど、


こうやってリラックスして、笑いながら食べれる鮨は、より美味しい。









大将の人柄を表してるかのようなこの素敵なお猪口。


チャラチャチャ~チャラチャチャ~♪


日曜日のあの音楽が脳内に流れる。


これ、超欲しいw。


f0232060_1041349.jpg










■「鮨 心白」
http://sushi-shinpaku.tokyo/









■今日のカメ

■「鮨 心白」
f0232060_10375034.jpg
日比谷線「広尾駅」から徒歩10分ほど。恵比寿三丁目の交差点の近くにあります。









■店内の様子
f0232060_10382120.jpg
カウンターのみ8席ほど。席数は少なめ。予約は半年先くらいまでいっぱいの人気店。









■テーブルセット
f0232060_1111783.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒①
f0232060_10445741.jpg
宮城県金の井酒造の「綿屋」。スッキリ辛口。









■サザエさんいる!!
f0232060_1041349.jpg
サザエさんお猪口w。あまりに馴染んてて、しばらく気が付かなかったw。超欲しい。









■1品目
f0232060_114783.jpg
きのこともずくの温かい前菜。









■2品目
f0232060_10485312.jpg
生カキ。写真だけ。









■生ガキ用日本酒
f0232060_1049128.jpg
ラベルにもしっかりとカキの絵が描かれている、生ガキのための日本酒。









■3品目
f0232060_1044238.jpg
おしゃれな盛り付けの白子。









■4品目
f0232060_11103853.jpg
ナメタガレイ。わさびは2種類用意されてて、安曇野のわさびと、鳥取のわさび。色も香りも違うので、お好みで使い分け。







■5品目
f0232060_11112674.jpg
青つぶ貝。










■6品目
f0232060_10444773.jpg
ぼらの白子。ふわふわで豆腐みたい。










■7品目
f0232060_10452549.jpg
トラフグ。










■8品目
f0232060_10451682.jpg
焼きフグ。









■9品目
f0232060_10461065.jpg
カツオ。









■日本酒②
f0232060_10462128.jpg
大将が私を見て笑いながら出してくれた日本酒。山形県亀の井酒造の「ばくれん」。美味しい日本酒。

ちなみに、「ばくれん」とは方言で「すれていてずるがしこい」という意味(笑)。





■10品目
f0232060_11183420.jpg
納豆と刺身を和えたおつまみ。









■11品目
f0232060_10463221.jpg
せいこがに。甘くて美味しい!









■12品目
f0232060_11203043.jpg
ミニあんこう鍋。スープにはあんこうの身と、エキスたっぷりのスープ。横にはあん肝。









■13品目
f0232060_10464491.jpg
甘鯛のウロコ焼きと、逗子のむきたけ、えびいも。









■14品目
f0232060_10465484.jpg
赤米の上に、たっぷりイクラが乗っています。









■日本酒③
f0232060_11235188.jpg
京都木下酒造の「玉龍」。しっかりとした味わい。









■鮨①
f0232060_11243835.jpg
ひらめ。









■鮨②
f0232060_105111100.jpg
シマアジ。









■鮨③
f0232060_10512482.jpg
真鯛。









■鮨④
f0232060_1126855.jpg
アジ。









■鮨⑤
f0232060_10514350.jpg
カマス。









■鮨⑥
f0232060_10554955.jpg
ほっき。甘味あって、大きく柔らかく、すごく美味しかった。









■鮨⑦
f0232060_10553830.jpg
アアカムロ。めちゃくちゃ脂乗ってて、絶品。地魚で、なかなか生が出回らないそう。









■鮨⑧
f0232060_10515954.jpg
くえ。









■鮨⑨
f0232060_11291647.jpg
ハガツオ。









■鮨⑩
f0232060_10521176.jpg
さば。









■鮨⑪
f0232060_10522617.jpg
本マグロのとろ。









■鮨⑫
f0232060_10523768.jpg
ウニと小柱。









■鮨⑬
f0232060_11312271.jpg
キンメ。









■鮨⑭
f0232060_10524653.jpg
カステラのような素朴な甘みのある美味しいたまご。








■日本茶
f0232060_11323083.jpg
日本茶や中国茶など、鮨屋さんには珍しくお茶が選べて、お茶の種類が豊富だったのも驚いた。お茶好きには嬉しい。これは嬉野の日本茶。







長年お世話になっている美容師さんと


高円寺の名店「鮨 波やし」で食事。


f0232060_950328.jpg


f0232060_9501562.jpg











「波やし」は、予約の取れない鮨屋さんとしても有名だが、


そこまでお客さんが殺到するには理由がある。


まずは、日本酒。


品揃えが良いこともさることながら、


必ず注文前に味見をさせてくれる。


その味見もそこそこ量もあるので、ちょっとした利き酒で得した気分。


f0232060_9535860.jpg


f0232060_9541269.jpg


f0232060_9542579.jpg












そして、ボリューム。


序盤のつまみは、刺身から、蒸し物、焼物、


なんと鮨屋なのに和牛のステーキまで出てくる。


このステーキもめちゃくちゃ美味しいから泣ける。


f0232060_9585221.jpg


f0232060_9593479.jpg


f0232060_9594776.jpg


f0232060_9595729.jpg


f0232060_1001830.jpg


f0232060_1004554.jpg


f0232060_101686.jpg













たっぷりつまみを食べた後で、いよいよにぎり。


お客さんのこれ食べたいもちゃんと取り入れてくれて、


一通り、大将の林さんのおすすめを出してもらった後に、


もっと食べたければ、どこまでも付き合って出してくれる。


穴子も最高だったけど、


カワハギ筋子、めちゃくちゃ美味しかったな。


f0232060_1035883.jpg


f0232060_104678.jpg


f0232060_1041868.jpg


f0232060_1042690.jpg


f0232060_1043956.jpg


f0232060_105024.jpg


f0232060_105914.jpg













これだけ飲んで、美味しいつまみもにぎりも食べまくって、


さぞかしお高いだろうに・・・と思うが、


こんなに飲んで食べても、実は普通の地元との鮨屋さんより安い


もっと言うと、私が行く銀座や恵比寿あたりの鮨屋さんの


おそらく1/3から、下手したら1/5くらいのお値段だから驚く。










こりゃ、混まないわけがないし、お客さんも殺到しないわけがないw。


色んな意味で、素晴らしい鮨屋さん。


また偶然予約が取れる自分の強運と奇跡を信じたいところ。







■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/









■今日のカメ

■「鮨 波やし」
f0232060_950328.jpg
JR高円寺駅北口から徒歩3分ほど。仲通り商店街の中にあります。









■店内の様子
f0232060_10115336.jpg
カウンターのみ10席ほど。席数は少なめです。









■日本酒①
f0232060_9535860.jpg
「こんな感じのが飲みたい」というと大将がいくつか選んで、味見をさせてくれます。この味見システムは、本当に嬉しい。この中で、まずは大信州にしました。







■1品目
f0232060_9585221.jpg
カワハギのお造り。肝醤油で。









■2品目
f0232060_9593479.jpg
大間のマグロ、ボタン海老、いわし、すみいかのお造り。









■3品目
f0232060_9594776.jpg
まぐろの筋焼、げそ、えいひれ。酒のお供セット。









■4品目
f0232060_10174169.jpg
中に、あわび、白子、カニ、ふぐが入っているとっても贅沢な茶碗蒸し。









■5品目
f0232060_10184744.jpg
せいこがに。甘くてすごく美味しい。









■日本酒②
f0232060_9541269.jpg
次の味見。山本に決定。









■6品目
f0232060_1001830.jpg
栃木の和牛サーロインステーキ。鮨屋でいただくサーロインステーキ。魚ばかりだと飽きちゃうと思って・・という大将の配慮。そして、このステーキもすごく美味しい。







■7品目
f0232060_10214697.jpg
おしんこときゅうりを混ぜた箸休め。鮨屋のサラダ。食べやすく、さっぱりしてて、食べ続けたくなる味。







■8品目
f0232060_1004554.jpg
穴子の白焼き。









■9品目
f0232060_101686.jpg
たこの旨煮。









■日本酒③
f0232060_9542579.jpg
味見の結果、星自慢に決定。









■鮨①
f0232060_1035883.jpg
ひもきゅうとあなきゅう。









■鮨②
f0232060_104678.jpg
アジとさんま。









■鮨③
f0232060_1041868.jpg
カワハギ。上に濃厚な肝がたっぷりかかってます。絶品。








■鮨④
f0232060_10271850.jpg
東京だとなかなかお目にかかれない白エビ。









■鮨⑤
f0232060_1042690.jpg
筋子たっぷり。









■鮨⑥
f0232060_1043956.jpg
すみいかとウニ。いかとウニは合いますねー。









■鮨⑦
f0232060_105024.jpg
大間のマグロ大トロ。









■鮨⑧
f0232060_105914.jpg
穴子をたれと塩で。









■鮨⑨
f0232060_10311090.jpg
ここからは私のリクエスト。蒸しエビ。









■鮨⑩
f0232060_1031484.jpg
とろたく。









■お椀
f0232060_1032166.jpg
青海苔の味噌汁。
by meshi-quest | 2017-12-24 08:08 | 高円寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ