タグ:ランチ ( 541 ) タグの人気記事









渋谷で打ち合わせの帰りに、


「NICK STOCK ニックストック」でランチ肉。


f0232060_13392149.jpg


f0232060_13393254.jpg












ステーキランチを注文。


雰囲気も良さそうだったし、お腹も空いていたし、


何より看板に書かれてた「肉が旨いカフェ」という宣伝に惹かれたのだが、


実際は、正直、期待外れで、肉もイマイチ、サラダもスープもイマイチだった。


サラダの葉物とかちょっと端が悪くなってたりもして、ランチとはいえ、すごく残念。


f0232060_13413618.jpg


f0232060_13423636.jpg


f0232060_13424811.jpg













写真で見ると、ジューシーで美味しそうなステーキに見えるんだが、


うーん、実際はあまりジューシーでもなかったし、胡椒も強くて、残念だった。


f0232060_13433595.jpg











■「NICK STOCK ニックストック」
http://nick-stock.com/










by meshi-quest | 2018-01-28 08:01 | 渋谷・神泉







新居の家具巡りの一環で、久しぶりに自由が丘にきた。


実は中高6年間自由が丘の女子校に通っていたのだが、


当時の面影がほとんどないくらいに町が変わってて、驚いた。


もう自由が丘はとっくのとうに私の庭じゃなくなっていたのだな。










家具や雑貨で有名なIDEE shopの最上階にある


「自由が丘ベーカリー」で食事。


絵に描いたような『自由が丘』というか(笑)、


自由が丘マダムやオシャレ女子が陽だまりの元で食事をしている


しばらく体験してなかった世界がそこにあった。


f0232060_1381761.jpg


f0232060_1383190.jpg


f0232060_1393060.jpg












場所的にも来る機会があまりないので、


ここぞとばかり、食べたいものをガッツリ頼む。


まずは、名物のクラムチャウダー


これがめちゃくちゃ美味しくて、最近食べたスープの中でピカイチだった。必食。


f0232060_13105550.jpg












メインも滅多に来れないという自分への言い訳をつけて、


一番ボリューミーで、一番高かった


ローストビーフバーガー(1400円)を注文。


f0232060_13123836.jpg











「自由が丘ベーカリー」の名の通り、パン系の食事が多いのだが、


ローストビーフもさることながら、バンズがめちゃくちゃ美味しくて、


いつもご飯党の私も、この時ばかりはバーガーにして良かったと思うレベル。


付け合わせのトルティーヤチップスも味が濃くて、美味しい。


f0232060_13143669.jpg












友達2人はキッシュとサラダのセットを注文。


f0232060_13153011.jpg


f0232060_13154782.jpg












自由が丘は相変わらずオシャレだなー。


久しぶりに来れて楽しかった。







■「自由が丘ベイクショップ」
http://bakeshop.jp/



✳︎「自由が丘ベイクショップ」は1月にリニューアル中らしく、

この記事はリニューアル前の店内とメニューの様子です。

















自宅の引っ越しに伴って、


友達のインテリアコーディネーターさんと一緒に新居の家具巡り。


ここ数ヶ月、人生でこんなに家具を見たのは初めてというくらい、


プロに付き合ってもらって、品質の良い色んな家具屋さんを見て回った。











ここもオススメということで連れてきてもらった1軒。


「D&DEPARTMENT」という家具や雑貨を取り扱うお店で、


1階にカフェダイニングがあり、2階に家具や雑貨屋がある。


f0232060_1240899.jpg


f0232060_12413931.jpg


f0232060_12415583.jpg












「D&DEPARTMENT」は、


デザイナーのナガオカケンメイさんが「ロングライフデザイン」をテーマに創設された


プロジェクトの一環の総合施設。


プロのインテリアの世界では有名なお店だそうで、何もかもがオシャレだった。


押し付けるようなオシャレではなく、自然で肩肘張らないオシャレ。


すごく落ち着く、いい感じ。











1階には、このオシャレ空間で食事やカフェが楽しめるダイニングがあり、


正直、最寄駅からも遠く、車じゃないと行きにくいような場所なのに、


満席で、待ちが出ているほどの人気っぷりだった。


f0232060_12471739.jpg


f0232060_12465615.jpg











メニューも豊富で、ランチも16:00という遅くまでやってるのも魅力的。


日替わりの本日のDishセット(1300円)を注文。


この日は、厚切りとんてきと特製ポテトサラダ添え。


濃厚な甘辛ソースが豚肉とよく絡んでていて、ご飯が進む味だった。


f0232060_12533232.jpg


f0232060_12535517.jpg


f0232060_12541091.jpg












追加で東京産のカブのポタージュも。


f0232060_12545362.jpg











近所にあったら、土日は確実にここに来てご飯食べてそうだw。








■「D&DEPARTMENTダイニング」
http://www.d-department.com/jp/shop/tokyo

















この度、13年住んでいた家を引っ越すことにした。










自分からだと作れなかった『きっかけ』をもらって、


なんかその『きっかけ』に乗ってみようと思って、


そう思った時には、完全に頭も心も引っ越しモードになってて、


このままずっとここに住むんじゃないかと思うくらい


根が張った町と家だったけど、動いてみることにした。












13年は、長い。


この歴史が家の至る所にたっぷり残りすぎてて、


荷物の整理含めて、私だけでは到底引っ越し作業が出来そうもなかった。


あと、そんなに住居をしょっちゅう変える人じゃないので、


滅多にないこの機会に、大胆なことをしてみようと思い、


実は、我が家の内装をプロのインテリアコーディネーターさんを招いて、


彼女の相談をしながら、部屋の設計や家具の購入をすることにした。











あまり他の人には言ってなかったが、


かなり長い間準備をして、設計図や見積もりとにらめっこして、


おそらくこの記事が世に出ている頃には新天地に引っ越してる時だが、


きっと今までとはまた違う、楽しい生活を送ってるんじゃないかと思う。











今回の引っ越しでは、住んでいた家の家具をほとんど捨てて、


前から好きだった味のある古道具、古家具と言われるような、


いわゆるアンティークを家の中に置きたくて、


コーディネーターの彼女の紹介で実にいろんなお店を実際に見に回った。


f0232060_13554199.jpg


f0232060_13555547.jpg


f0232060_13561689.jpg


f0232060_13563119.jpg











大量生産のものと違って、すべてが一点モノであり、


出会いも、それと一緒に暮らしたいかの相性も大事。


外苑前、自由が丘、目黒、二子玉川、遠い時には青梅や福生まで行った。


おかげで、この数ヶ月でだいぶ家具に詳しくなった。











その彼女との家具巡りの旅の間で出会った


「CASICA(カシカ)」という古家具、古道具店。


倉庫のような大きな店舗だが、めちゃくちゃオシャレで、素敵だった。


f0232060_13595174.jpg


f0232060_140746.jpg


f0232060_1401934.jpg












当然、店内では古家具や古道具を売っているのだが、


オシャレなカフェも併設していて、


デリ形式で小皿で好きなものを選ぶランチが食べれる。


f0232060_142381.jpg


f0232060_1421229.jpg












ちょっとしたところにも、古道具や古家具が使われてて、オシャレ。


f0232060_143788.jpg












ランチは、並んでいる大皿から好きなものを3品選んで、


ご飯とお味噌汁が付いて1200円。


おかずは、プラス300円で追加もできる。


メニューが豊富で、どれも美味しそうで、悩んだ末、1品足して4品に。


f0232060_14115791.jpg











小松菜と油揚げの醤油麹出汁漬け。


最近かなり注目を浴びている醤油麹。


味がしっかりしてるので、ちゃんと白飯のおかずになるお浸し。


f0232060_14125016.jpg











鱈と馬鈴薯のグラタン。


優しくて上品な味わいの和風グラタン。


f0232060_14142464.jpg












のはちみつマスタードグリル。


これは、ご飯が進む味!


f0232060_14152881.jpg












最後は、鶏とプチトマトのココナッツアドボ


ココナッツ風味のシチューのような感じ。


パクチーも入ってて、エスニックな味わいで、ご飯が進む。美味しくできてる。


f0232060_1416942.jpg













食後に、和漢チャイを。


「和漢」というだけあって、いわゆるチャイより、


少し薬膳っぽい香りがして、体に良さそうな風味がする。


f0232060_14182349.jpg












家具を見るだけでなく、カフェだけでも十分楽しめるお店。


ちょっと遠いのでなかなか来れないけど、また機会があれば来てみたい。







■「CASICA」
https://casica.tokyo/









by meshi-quest | 2018-01-16 08:08








仲良くさせてもらっているインテリアデザイナーさんの紹介で、


オシャレな雑貨屋屋並ぶ外苑前の路地裏にある「ジェイクック」でランチ。


f0232060_1338981.jpg














「店内がすごく雰囲気良く、オシャレなんです」と、


デザイナーさんが言う通り、


すごく自然に色んな古家具やグリーンが馴染んでいて、


「無理をしたオシャレ」ではなく、お店の個性を感じる自然なオシャレ。


初めて来たのに、居心地が良かった。


f0232060_1341133.jpg


f0232060_13411188.jpg













年配のご夫婦が切り盛りされていて、


ランチのご飯もアットホーム。


チキンと大根のデミグラスソース煮込みは、


ご飯との相性が良く、美味しくできていた。


f0232060_13423513.jpg


f0232060_13425649.jpg


f0232060_1343484.jpg


f0232060_13431280.jpg












■「ジェイクック」
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13013647/














 


懇意にさせてもらっている裏原ビストロ「kiki キキ」でランチ。


お気に入りの梅とマリアージュフレール「マルコポーロ」を合わせた、


「kiki」オリジナルの真っ赤なドリンクと共に。これ、大好き。


f0232060_14221967.jpg


f0232060_14223362.jpg













1品目は、甘くない苺クレープ


もち粉を使ったクレープの中に、スクランブルエッグと、上には紅ほっぺ。


可愛らしいデザートのようだけど、甘くなくて、ちゃんと食事クレープになってる。


f0232060_14252027.jpg


f0232060_1425314.jpg













2品目は、ほたてのカダイフ巻


大きくて甘い北海道産ほたてを丸ごとカダイフでサクッと揚げた一品。


スープは、静岡県のお茶とあさりの出汁を合わせたもので、


洋風のお茶漬けのような感覚でいただける料理。


f0232060_14281085.jpg


f0232060_14282297.jpg













3品目は、柑橘のカプレーゼ


愛媛の賢太郎みかん、青トマト、フェタチーズに、


ラタトゥイユの野菜を使った濃厚なソースがかかってて、めちゃくちゃ美味しい。


「kiki」のコースには、必ず新鮮な野菜や果物がたっぷり取れる


サラダメニューが入っているので、すごく嬉しい。


なかなかこんなに美味しく、たくさん新鮮な野菜や果物を外では食べれない。


f0232060_14314710.jpg


f0232060_14315992.jpg












メインディッシュは、鴨肉のロースト


ソースには、15年熟成させた日本酒と醤を使って、


ほのかに醤油の香りもし、キレの良い甘さで美味しかった。


f0232060_14335650.jpg


f0232060_14341278.jpg


f0232060_14342963.jpg











ちなみに、メインディッシュにはカキフライ付きとなっているのだが、


このフライ、柿フライになっていて、ほのかに甘みがあり、すごく美味しい。


以前、「kiki」ではイチジクのフライや天ぷらもやっていたが、


果物は意外と揚げ物になることを「kiki」で知った。


f0232060_1436542.jpg











ここまででコースは終了で、あとはお好みでデザートに行くのだが、


私はここでお好みとして、メインディッシュにまた戻ることにしたw。


なんか気になった一品料理、豆腐ハンバーグ


ちょうど肉が挽きたて&ネタも作りたてで美味しいと聞いたので、注文。


f0232060_1440118.jpg











フワフワで、ちゃんと肉の味もしっかりしていて、


食べ応えのある豆腐ハンバーグ。


チーズもたっぷりかかってて、今まで食べた豆腐ハンバーグの中で一番かも。


シェフの野田さんが一口ライスを用意してくれた。


やっぱりハンバーグには米が合う。


f0232060_14413218.jpg


f0232060_14414458.jpg










今年もガンガン通ってしまいそうな予感。


今年も変わらずよろしくお願いします。










■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/
















ホテルレストランの良いところは、


当然、ホテルは無休で宿泊客がいるので、いつでも開いている。


正月であっても、受け入れ態勢、バッツグーン。


f0232060_036610.jpg













町が静まり返って、どこもお休みしている中、


同じような考えのご飯難民のお客さんがホテルに集まり、


ホテル内のレストランは、どこもかしこも満席。


しばらく待って、ようやく着席。


f0232060_1291324.jpg











友達と話をしながら、ちょっと遅めのランチ。


海老のグリルとチコリのサラダ。


クミンなどのカレーっぽいスパイスが海老に効いてて、ワインに合うサラダ。


f0232060_1364542.jpg













特製ビーフメンチカツのサンドウィッチ。


さすがホテルのビーフカツだけあって、牛肉の味が濃くて、本格的。


ランチというより、ディナーにもなりそうなサンドウィッチ。


f0232060_1402957.jpg


f0232060_1403989.jpg













タラバ蟹と帆立貝ラディッキオのクリームソースパスタ。


魚介の味がしっかり出てて、これ、かなり美味しかった。


カニ身も帆立も具だくさんで、好きな味のクリームパスタ。


f0232060_1422831.jpg


f0232060_143963.jpg










たまには、ホテルレストランランチもいいもんだ。









■ウェスティンホテル東京「ザ・ラウンジ」
http://www.thelounge.westin-tokyo.co.jp/jp/


















赤坂に「金舌」という高級焼肉店があって、


そこのカジュアルラインとして、


いまや都内各地で大人気のkintan


f0232060_1313082.jpg













焼肉屋の、方や堅苦しく昔ながらのイメージ、


方やファミリー感ある雑多な感じのどちらも払拭し、


気軽にオシャレに美味しい焼肉が食べれるお店として、


肉食獣的ににも重宝している。


f0232060_1344314.jpg






「青雲」のお線香並みに煙が少なく、


仕事途中のランチでも焼肉が楽しめるのがありがたい。











なんと期間限定で、こんなランチをやっているらしく、


1人忘年会を敢行することにした。


f0232060_139165.jpg












タンもうまいが、カルビもうまい。


サラダ、スープ、ご飯はお代わり自由。


メニューも豊富で、夜のグランドメニューからも一部選べる。


ちなみに、もやしナムルは別注。


f0232060_1311823.jpg


f0232060_13112840.jpg


f0232060_13113757.jpg


f0232060_13114580.jpg


f0232060_13115846.jpg


f0232060_13121110.jpg


f0232060_13122158.jpg









思いがけず、いい焼肉忘年会ができた。








■「恵比寿焼肉kintan」
http://www.ebisu-yakiniku-kintan.com/#















とある休日。


ランチでも、ディナーでも伺わせてもらってる「鳥焼 晴京」へ。


f0232060_1725259.jpg


f0232060_1732139.jpg


f0232060_1734056.jpg











平日は、鶏専門店ならではの親子丼や唐揚げなどランチ定食がメインだが、


土日のランチだけは、定食の他に、


ありがたいことに、ディナーメニューの焼鳥や一品料理も注文できる。


f0232060_18372368.jpg


f0232060_18381833.jpg


f0232060_18383823.jpg


f0232060_18385259.jpg












昼間からしっかり焼き立ての焼鳥食べれるのは嬉しい。


f0232060_1842341.jpg


f0232060_18422017.jpg


f0232060_18423547.jpg


f0232060_18425173.jpg










「鳥焼 晴京」の焼鳥は、全体的に小ぶりだが、


その日特選の正肉は、かなり大ぶりで、食べ応えがある。


1本600円とちょっと高めだが、ブランド鶏ごとの旨味や味の違いを感じる。


昼からちょっとリッチに讃岐コーチン甲斐路しゃも


f0232060_18504456.jpg










平日のランチもいいが、休日のランチは優雅でまたこれもいい。







■「鳥焼 晴京」
http://www.toriyaki-harukyo.com/











by meshi-quest | 2017-12-12 08:06 | 新宿







表参道の路地裏にある人気カフェ「76CAFE」でランチ。


f0232060_12121749.jpg


f0232060_12123234.jpg


f0232060_12124935.jpg











ランチのメニューが豊富で、唐揚げだったり、パスタだったり、カレーだったり、


なんかしらその日の気分で食べたいものがある。


今日は、豚バラの生姜焼き定食をチョイス。


f0232060_1222513.jpg











生姜焼きは、生姜がやや強めだが、ご飯が進む味。


ボリュームもあり、プラス100円で目玉焼きがトッピングできる。


気軽に入れて、気軽に食べれるカフェ飯。


f0232060_1224299.jpg


f0232060_12243499.jpg










■「76CAFE OMOTESANDO」
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13037285/







プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ