人気ブログランキング |

タグ:中華 ( 145 ) タグの人気記事










新宿御苑前にある中華の名店「中国料理 礼華」でランチ。


暖かくなってきたので、外のテラス席に座る。


テラスは人気なので予約必至。春の香りがして、とても心地良い。


f0232060_15252314.jpg















ランチのミニコース「珊瑚」(3700円)。


1品目は、本日の前菜盛り合わせ。


海老の紹興酒漬け、真鯛の中華刺身、


湯葉、豚の角煮、筍炒めの5種。


f0232060_15304226.jpg


f0232060_1531861.jpg


f0232060_15311959.jpg















2品目は、フカヒレ蟹肉アボカドのスープ。


蟹の味がアクセントになっている中華風のポタージュ。


f0232060_15322773.jpg















3品目は、紋甲イカと春野菜の塩麹炒め。


塩麹の風味が効いている、お酒に合いそうな炒め物。


f0232060_15333713.jpg


f0232060_15335111.jpg
















4品目は、豚ヒレ肉と新玉ねぎの重慶式酢豚


黒酢がしっかり効いている濃厚な一品。


f0232060_1538691.jpg


f0232060_15381522.jpg















5品目は、桜海老と干し貝柱が入った中華チマキ


あまり外でも家でもチマキを食べる機会がなく、


何年かぶりかにチマキ食べたけどw、たまにはいいもんだ。


f0232060_15402136.jpg


f0232060_15403570.jpg















6品目はやわらか杏仁豆腐


杏仁の味よりもミルクの味が濃くて


「礼華」の杏仁豆腐はかなり私の好み。


f0232060_15415141.jpg









新宿御苑付近にはなぜか中華の名店がいっぱいあるのだが、


「礼華」もその1軒で、少し高めだが、昼も夜も美味しい中華を食べさせてくれる。


御苑がすぐ目の前で立地もよく、雰囲気も良いので散歩がてらにぜひ。






■「中国料理 礼華」
http://www.rai-ka.com/shinjuku/








by meshi-quest | 2019-05-14 08:07 | 新宿







懇意にさせてもらっている大好きな中華ビストロ、


「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」でディナー。


f0232060_1658616.jpg














まずは、前菜の6種盛り合わせから。


のナンプラーソース、ふきのとうのフリット、烏骨鶏の煮卵、


四川よだれ鶏、干し豆腐とじゃがいものナムル、自家製チャーシュー。


前菜からして、めちゃくちゃ美味しい!!紹興酒が進むw。


f0232060_171359.jpg


f0232060_1713838.jpg


f0232060_172275.jpg


f0232060_1721746.jpg


f0232060_1723080.jpg














大好きな焼き餃子と名物大根餅


焼き餃子はしっかり餡に味がついてるので醤油は無しでOK。


大根餅もしっかり味が付いてて、中はモチモチ、外はサクサクで絶品。


f0232060_1743555.jpg


f0232060_1751281.jpg


f0232060_1752463.jpg


f0232060_175369.jpg













野菜の素揚げは、上からたっぷりからすみパウダー。


f0232060_1761890.jpg














ふかひれのスープも毎回頼むヘビロテメニュー。


旨味たっぷりの香り良いスープ。


f0232060_1774625.jpg













岩手県産牛もも肉のロースとマコモダケの細切り炒め。


黒胡椒が効いてて、お酒に合いそうな味。


f0232060_17101745.jpg













〆は、四川麻婆豆腐とホカホカの白ご飯。


デフォルトだと私には辛いので、いつも唐辛子と花山椒を控えめにしてもらってる。


濃厚で、白飯によく合う味。


f0232060_17134769.jpg


f0232060_1714120.jpg














最後は、台湾産凍頂烏龍茶で。


緑茶のような、青い香りが引き立つ、好みの味。


「ヤスミン」はお茶にも力を入れてて、食後に美味しいお茶が飲めるので嬉しい。


f0232060_1716122.jpg








■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/








by meshi-quest | 2019-04-02 08:08 | 西荻窪








お誘いいただき、宇都宮で色んな名店の餃子を食べまくる、


宇都宮餃子クエストに行くことになった。


食べ物に関しては、フットワークがやたら軽いのが自慢だ。


昼過ぎに東京を出発して約3時間半。


なんとか2大有名餃子店を含む6店の餃子クエストを受注したので、


そのクエストの模様を報告したいと思う。











■「正嗣(まさし) 鶴田店」


f0232060_11125862.jpg











宇都宮2大餃子店のうちの1つ。


本当は本店に行こうと思っていたのだが、


どうやら「正嗣」は16時頃にはイートインが終わってしまうようで、


時間的に本店まで車で行くのが厳しかったので、


途中の鶴田店に並んで、待つこと約15分くらいで食べることができた。











まずは、焼き餃子


味も薄味で、すごく軽くて、ペロッと1人前を食べれてしまう。


そして、何と言っても、1人前6個で210円という驚きの安さ!


コンビニやそこら辺のファストフード行くよりも安くてお腹いっぱいになるおやつ。


そりゃ、こんなに人も並ぶし、人気なわけだー。


f0232060_1133233.jpg


f0232060_11331465.jpg













水餃子も1人前210円で。


水餃子になると、水分のせいかちょっと皮が厚くなり、重くなる印象。


個人的には焼き餃子の方が好きかな。


f0232060_11344232.jpg













■「宇都宮みんみん 本店」


f0232060_11484132.jpg











宇都宮2大餃子店のうちの、もう1つ。


こちらは20時頃まで食べれるようなので、本店に直撃。


2大餃子店と聞いてて、意外と列が短かったのでラッキーと思ったら・・・


何と道を挟んで、向こう方にまだ列があった(苦笑)。


f0232060_1151641.jpg












待つこと40分くらいで、ようやくダンジョン突入。


f0232060_11523969.jpg













まずは、焼餃子(しゃおちゃおず)から。


1人前6個で230円、こちらも安い。


本日2つ目のダンジョンに突入し、さっぱりしてて、食べやすいが、


あまり主張がない味なので、逆に少し同じ味に飽きてきてしまった・・・w。


f0232060_11565111.jpg













次に、揚餃子(やんちゃおず)。こちらも1人前6個で230円。


サクッ、パリッとした食感の皮がいい感じで、違う餃子きた!という新鮮な気分w。


f0232060_11584135.jpg













最後に、水餃子(しゅいちゃおず)。こちらも6個で230円。


元々味付けがさっぱりしてるので、水餃子になると、よりさっぱりする。


こってり好きなので、若干この水餃子には物足りなさを感じる。


f0232060_18241478.jpg













夜も更けてきて、各店舗を回っている時間が無くなったので、


困った時の「来らっせ」へ。


各エリアに点在する様々な宇都宮餃子がこの一箇所でいただける便利なフードコート。


f0232060_18283874.jpg












常設店は5店舗で、さっき本店で食べた「みんみん」を除いて、


せっかくなので、残りの4店舗の餃子を全部クエストしてみることにした。


f0232060_132475.jpg


f0232060_1372959.jpg














■「さつき」




まず、焼き餃子から。


一口食べて、「ニンニク臭っ・・・!!」となってしまった。


ニンニク自体嫌いではないのだが、ちょっとこのニンニクの効き方は苦手。


f0232060_1413583.jpg













スープ餃子も注文。


わかめスープ自体は美味しいのだが、やっぱり餃子のニンニクが・・・。


f0232060_143042.jpg













いろんな味を楽しめる餃子セットも注文。


「野州」というニンニク不使用という餃子があり、


それに期待をしていたのだが、


なんか使ってないはずなのに、ニンニクの臭いが・・・。


「下野」という栃木県産和牛を使ったという餃子も、


正直、和牛の濃厚な味が餃子に合わないのか、あまり美味しくなかった。残念。


f0232060_1454972.jpg














■「ぎょうざの龍門」




まず、焼き餃子から。


羽根付きの、普通に食べやすい餃子。


f0232060_152188.jpg













ピリ辛餃子も想像通りの味。


f0232060_1534478.jpg













揚げ海老餃子は、誰もが好きな、愛される味。


ケチャップとマヨネーズをつけて。


いわゆる餃子枠ではないけど、「龍門」の中では一番これが好きかな。


f0232060_1555585.jpg













■「餃子専門店 香蘭」




まずは、焼き餃子から。


餡は普通なのだが、背面の焼き方というか、皮の食感が他と違っていて、


背面が膨らんでて、厚みがある変わった餃子だった。


f0232060_251928.jpg












ネギ餃子


正直、あまりネギの良さを感じられず、


ネギはあっても、無くても良いかな・・・という感じ。


f0232060_26363.jpg












名物(?)の黒スープ餃子


甘みがあるのに辛いという不思議なスープだが、あまり好みではないかな。


f0232060_2174085.jpg













■「宇都宮餃子めんめん」





羽根付き焼き餃子


餡にもしっかり鶏がらスープの味が染み込んでて、皮もパリッとしてて食感がいい。


先の2大宇都宮餃子店と、ここで食べた4店舗合わせた中で


個人的には「めんめん」の焼き餃子が一番美味しかった。


f0232060_212862.jpg












おろし餃子


これはかなり好み。大根おろしと餃子の相性が抜群。


おろしがいい感じで餃子の油をうまく中和してくれる。


f0232060_2353753.jpg








しばらく餃子はいいかな・・・くらい食べた1日だったw。


宇都宮餃子クエスト、終了。









by meshi-quest | 2019-03-24 08:06









四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


テーブルを貸し切って、仲間内で水岡シェフによる創作中華をいただく。


f0232060_11318.jpg















酒豪が集まってるグルメ会なので、


つまみもまだ出ていない最初から


紹興酒ボトル2本も入れてしまう、このやり散らかしw。


f0232060_1114731.jpg
















まず1品目は、中華前菜5種盛り。豪華!!


f0232060_1123620.jpg














白子づけマグロの南蛮香味和え。


この前菜、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_11457.jpg














押し豆腐と青菜のナムル。


これもゴマ油と程よい塩気で紹興酒が進む味。


f0232060_115190.jpg














秋刀魚プーアル茶スモーク。


f0232060_1161899.jpg














アヒルの塩漬け卵とカボチャの和え物。


カボチャの甘味と、卵の塩味がすごくバランスいい一品。


f0232060_1182331.jpg














甘海老の紹興酒漬け。酔っぱらい海老


f0232060_119143.jpg















2品目は、珍味の3点盛り。


鴨舌スモーク、大腸と葱のパリパリ揚げ、


ウイグルソーセージ


どれも普通の中華ではなかなかお目にかかれないものばかり。


味が濃厚なので、これは強いお酒が欲しくなる感じ。


f0232060_1214598.jpg


f0232060_1215438.jpg















3品目は、自家製チャーシューとおかワカメの炒め物。


おかワカメが独特の歯ごたえで、シャコシャコしてて好きな食感。


クセはないけど、ほのかに粘り気があり、本当にワカメみたいな感じ。


f0232060_1232636.jpg















4品目は、牡蠣の春巻。


盛り付けが素敵なので写真だけ。(牡蠣が苦手・・・)


f0232060_1245952.jpg















5品目はアンコウコンニャクの火鍋。


これがめちゃくちゃ辛くて、スパイシーで、


ちょっと私には強かったかな。


f0232060_126438.jpg















6品目は、のオーブン焼き。


上のたっぷりの薬味はニラミント


中国山岳地帯の山椒


羊の脂っこさや臭みが一気に消えるほどの強いハーブだが、


羊のような濃い味と食べるとちょうどいい感じになる。


f0232060_1295312.jpg


f0232060_1302392.jpg


f0232060_1303047.jpg


f0232060_1303896.jpg














7品目は台湾カラスミを使った汁なしビーフン。


中華風のカルボナーラを食べている感じ。


すごく食べやすい〆の一品だった。


f0232060_1343843.jpg


f0232060_1344783.jpg















8品目は、杏仁豆腐


上には、洋梨のシャーベットと桃の樹液のジュレ。


甘さ控えめで優しい味わいのデザート。


f0232060_1355367.jpg


f0232060_136193.jpg









食べ慣れてないと食べにくい料理もあるので、


正直、中華料理玄人向けのところもあるが、


中華が好きで、よくある中華とはまた違った深い中華を知りたい人には


ものすごく面白くて、良いお店だと思う。







1つのコースの中で、


変な意味ではなく、毎回、全部好きというのはあまりなくて、


すごく好きな料理と苦手な料理が入り混じってて、


それこそが発見であり、それで良いと思える中華料理店かな。







■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








by meshi-quest | 2019-01-18 08:06 | 四谷









懇意にさせてもらっている大好きな中華ビストロ、


「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」でディナー。


「ヤスミン」の中華がどれもすごく好みの味で、


急にふと思い出したかのように食べたくなる時がある。


f0232060_11382579.jpg















まずは、前菜盛り合わせと紹興酒。


盛り合わせの内容は、秋刀魚の燻製、中華ピクルス、


トリュフ塩玉子、大山鶏の四川よだれ鶏


そして、大好きな押し豆腐とじゃがいものナムル。


これだけでも十分紹興酒が進む。


f0232060_114154.jpg


f0232060_11413159.jpg


f0232060_11414087.jpg















続いて点心。


これまた大好きな大根餅焼き餃子


特に、「ヤスミン」の大根餅は、


外がカリッとしてて、中がモチモチで、おすすめ必食の点心。


f0232060_11431791.jpg


f0232060_1143304.jpg














天使の海老を使ったカダイフ巻き揚げ。


ソースは揚げ物に合う濃厚な腐乳マヨネーズソース


これもすごく美味しい。


f0232060_11452522.jpg


f0232060_11454183.jpg















大山鶏とスカモルツァチーズは紙包み揚げに。


濃厚なチーズと鶏の旨味が紙の中にギュッと詰まっている一品。


f0232060_11483687.jpg


f0232060_11485945.jpg














大山鶏が美味しかったので、油淋鶏ももらった。


茶色は正義。から揚げには目がない。


f0232060_1150180.jpg















これも大好きで、いつも頼むフカヒレスープ


メニューには普通のフカヒレスープだけしかないが、


私はここにポルチーニ茸を入れてもらって、


めちゃくちゃ香りが良いスペシャルバージョンのフカヒレにしてもらってる。


このスープは何度飲んでも美味しくて、クセになる。


f0232060_11515196.jpg














最後は、特製麻婆府豆腐


私は辛さに弱いので、少し辛さを落としてもらってちょうどいい感じ。


中華独特の旨味と油が絡んで、ご飯が止まらん。うまいなー。


f0232060_11532979.jpg


f0232060_11534118.jpg















「ヤスミン」はお茶の種類も豊富で、お茶好きにはありがたい。


台湾の東方美人茶で、後味すっきり、爽やか。


何を食べても相変わらず美味しい。


本格的な中華はどうしても1皿に量があったり、堅苦しかったり、


1人で行きにくいところが多いが、こんなに気軽に食べれるのは貴重。


f0232060_11563595.jpg








■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/








by meshi-quest | 2018-12-19 08:08 | 西荻窪









横浜中華街でもお馴染みの人気中華店「聘珍樓(へいちんろう)」が、


土日限定でホリデーランチコースをやっていて、


前菜からメイン、ご飯もの、デザートまで


バランス良く本格中華を食べさせてくれるので、たまにお邪魔している。


f0232060_0501295.jpg


f0232060_0503594.jpg














ホリデーランチコース(3250円)の1品目は、


前菜の盛り合わせから。


鴨肉、クラゲの冷菜、茹で車海老の3種。


f0232060_0523896.jpg


f0232060_0535356.jpg


f0232060_0541252.jpg














なんか点心も食べたくなったので、


別注でどび子のせシュウマイ大根餅を。


ランチタイムでも、ディナーのグランドメニューも頼めるのが嬉しい。


f0232060_055216.jpg


f0232060_0551513.jpg


f0232060_0552727.jpg














コース2品目は、海鮮と豆腐のスープ。


上品で美味しく出来てる。


f0232060_05789.jpg
















3品目は、季節の野菜と海老の炒め物。


量が少なめで、見た目にもちょっと淋しいが、味は美味しい。


f0232060_0584919.jpg














4品目は、スペアリブの豆鼓蒸し。


濃厚な味付けで、中華バンズか紹興酒が欲しくなるような味。


f0232060_0593830.jpg














5品目は、チャーシュー入りチャーハン


コースのおかずは少なめだが、ご飯ものはそこそこちゃんと量が出る。


ご飯パラパラの本格チャーハン美味しい。


f0232060_113112.jpg














6品目は、杏仁豆腐


クリーミーで、牛乳の味がしっかり出ている好みの味。


f0232060_122243.jpg










コースは1名からでも注文できるので、


一通りの本格中華を手頃に楽しみたい時には便利。







■「聘珍樓」
http://www.heichin.com/









by meshi-quest | 2018-12-02 08:07 | 吉祥寺









友達のグルメ会に呼んでいただき、


四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


f0232060_16401869.jpg


f0232060_16404044.jpg










初めて伺ったののだが、まさかのシェフが知り合いでビックリ!


シェフの水岡さんは、


私が六本木でよくお邪魔していた「黒猫夜」


何度もお会いしてた方でしたw。












せっかくの中華なので、


最初から中国産の紹興酒とチェイサーで凍頂烏龍茶を。


f0232060_16472948.jpg


f0232060_16474017.jpg














料理は、お酒別の5000円コースのみ。


1品目は、豪華な冷菜の6種盛り合わせから。


f0232060_16484447.jpg














縞エビの紹興酒漬け「酔っぱらい海老」


お酒に漬け込まれて、身がトロトロでいい香り。


f0232060_16495866.jpg













パクチーサラダと十角ヘチマの沙茶醤炒め。


パクチーはなんと納豆と和えてあって、


パクチーがこんなに納豆と合うなんて知らなかった!


アツアツのご飯にかけて食べたくなる味。新発見!!


f0232060_16522032.jpg














サンマスモーク高野コンニャクピータン


サンマは脂が乗ってて、美味しい。


ピータンを高野コンニャクと合わせてあるのは珍しい!


f0232060_16540100.jpg















漬けマグロ四川風


その名の通り、ピリ辛の漬けマグロで、紹興酒にとても合う味。


f0232060_1655095.jpg
















2品目は、珍味の盛り合わせ。


「黒猫夜」でもよく食べていた鴨舌スモーク


大腸と葱のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


鴨舌は、相変わらず、すごくリアルな形状してるけどw、美味しいなあー。


濃厚で独特で、食事というより、お酒に合うおつまみ。


追加で、台湾産の紹興酒を。


f0232060_16572217.jpg


f0232060_16573492.jpg


f0232060_16583753.jpg















3品目は、沖縄県産の「オオタニワタリ」という山菜を使った炒め物。


歯ごたえがあって、不思議な山菜。


なんども沖縄出張しているが、一度も沖縄で食べたことなかったー。


f0232060_1701661.jpg















4品目は、羊のひき肉カボチャ春巻


羊の濃厚な味に、かぼちゃの甘味がすごく合う!


春巻は油っぽくて、あまり得意じゃないのだが、


これは全く油を感じず、皮もパリッパリで美味しい春巻だった。


f0232060_1714971.jpg















5品目は、雲南地方の冬虫夏草やキノコを使ったの蒸し料理。


茶色い細いものが漢方で有名な冬虫夏草。


初めて料理で食べた。


特にクセもなく、味もないのだが、シャクシャクしてる。健康になりそうw。


キノコの出汁がしっかり効いていて、美味しい料理だった。


f0232060_1754578.jpg


f0232060_1755685.jpg


f0232060_176761.jpg















6品目のメインディッシュは、の骨付きスペアリブ


大量のスパイスに囲まれて、ものすごいインパクト!!


f0232060_1773788.jpg















解体作業をするとこんな感じ。


すごく柔らかいので、すぐに骨から外れる。


スパイスが効いてて、いい香りで、食べ応えもあるメインディッシュ。


f0232060_1783631.jpg


f0232060_1784778.jpg














7品目は、台湾鶏ごはん


味付けされた鶏肉に、モチモチしたご飯と、八角のようなスパイス。


台湾の露店で食べたご飯を思い出すような懐かしい味。


f0232060_17102984.jpg















8品目のデザートは、杏仁豆腐


上には、桃の樹液とイチジクのシャーベット。


甘さ控えめで、サッパリといただける杏仁豆腐。


f0232060_17114645.jpg










前菜からデザートまで、他では食べられない独特な中華が楽しめる。


いわゆる餃子、エビチリ、チャーハン系はないので、


本当に中華が好きな、中華の中級者から上級者向けかな。


「黒猫夜」でお馴染みの料理も出てくるので、


「黒猫夜」が好きな方は、きっと「南三」も好きなはず。








■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








by meshi-quest | 2018-11-01 08:06 | 四谷









仲良くさせてもらっている割烹の大将のご紹介で、


中目黒にある本格中華料理ワインのお店「kujila クジラ」へ。


さすが、中目黒。


中華好きとして、こんなオシャレな中華料理があって羨ましい限り。


f0232060_21522974.jpg














とはいえ、散々飲んだ後だったので、


本日はワインは断念して、濃厚白桃ジュースを。


スッキリとした甘さで、とても美味しい。


f0232060_21541270.jpg


f0232060_21542276.jpg














まずは、名物というよだれ鶏から。


私にはちょっと辛めではあるが、鶏肉も柔らかく、とても美味しい。


f0232060_21554034.jpg


f0232060_21555395.jpg














続いて、広東風の青菜炒め。シャキシャキ。


f0232060_21571839.jpg














天然海老あひるの塩漬け卵炒め。


台湾料理で、ちょっとクセがある香りだけど、


ワインにはすごく合いそうな料理。


f0232060_2225036.jpg


f0232060_223146.jpg














最後は名物の国産牛を使った麻婆豆腐


甘味がない麻婆豆腐で、ご飯というより、ワインに合いそうな料理。


これは完全に個人的な好みとして、私はもう少し甘味がある方が好きかな。


f0232060_226345.jpg


f0232060_2264338.jpg









■「kujila クジラ」
http://hplus2013.co.jp/kujila/

















よだれ鶏


一見、なんだかすごーく汚い言葉に見えるが(笑)、


よだれが出るほど辛くて美味しいという


れっきとした中華料理の人気前菜の1つだ。












このよだれ鶏をウリにしている中華レストランが渋谷にあり、


ランチでもよだれ鶏が食べれるので、


打ち合わせを兼ねて、会社の仲間と食事。


f0232060_10345283.jpg













渋谷の、あまりみんなが行かない方面にあって、


かつ、入口横ににデカい「串カツ田中」の看板があるため、


全くこの店の存在に気づけないのだが、


そのおかげで、渋谷のランチ戦争を高みの見物できるほど


いつも空いてて、ゆったり出来て、居心地がいい。超穴場


f0232060_10382825.jpg













ランチのよだれ鶏コース(1300円)を。


まずは、りんご、レモン、ぶどうを合わせた


ヨーグルトドリンクのサービスから。


f0232060_10401839.jpg













次に、3種のたれを使っていただく蒸し野菜


生野菜はよくあるけど、ランチから蒸し野菜食べれるのは嬉しい。


f0232060_10422468.jpg














点心は、黒豚か海老が選べて、黒豚焼売に。


蒸し立てで、とても美味しい。


f0232060_10435023.jpg














メインは、よだれ鶏。


よだれ鶏は、「初代よだれ鶏」の上海式と、


「二代目よだれ鶏」の四川式の2種から選べ、


私は上海式の初代を。


f0232060_10452581.jpg












柔らかい蒸し鶏の上に、


香味野菜の入ったピリ辛の醤油ベースのたれがたっぷりかかっていて、


辛すぎず、ご飯が進むちょうどいい味になっている。


f0232060_10473459.jpg













ちなみに、こっちが別の人が頼んだ「二代目」の四川式


四川式は、上海式よりも辛く、


芝麻醤をベースにしてて、担々麺っぽい感じ。


よだれ鶏の食べ比べをしたい方はぜひ。


f0232060_10493331.jpg









■「チャイニーズファンよだれ鶏」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13176432/








by meshi-quest | 2018-09-18 08:06 | 渋谷・神泉








中野にある「鉄板中華 仁」で食事。


f0232060_1703311.jpg


f0232060_1712520.jpg












「紅琥珀」(べにこはく)という日本で作られた紹興酒で乾杯。


f0232060_1724792.jpg


f0232060_1725975.jpg













桂花という6000円のコースを。


昔はアラカルトで注文できたが、最近はコースのみにしたのだそう。


1品目は、中華前菜の盛り合わせから。


水ダコ、牛タン、自家製チャーシュー、


生ホタルイカの老酒漬け、豚耳など。


f0232060_1762440.jpg


f0232060_1763425.jpg


f0232060_1764420.jpg












2品目は、本マグロの中華刺身。


日本の醤油&わさびのサッパリとした刺身と違い、ゴマ油の効いた濃厚な味わい。


これはこれで、紹興酒のような強いお酒にはすごく合う。


f0232060_1792567.jpg


f0232060_1793540.jpg












3品目は、気仙沼産のふかひれの姿煮


上海蟹のカニ味噌も一緒に煮込まれているそうで、


このふかひれ、ものすごく美味しくて、いい味だった!


f0232060_17103234.jpg













4品目は、北京ダッグ


よく「なぜ北京ダッグは皮しか食べないのか?」という話を聞くが、


実は、中国では身も食べるし、煮込みになって出てきたりもする。


日本の北京ダッグは、確かにあまり身を出さないなあ。


f0232060_17121963.jpg











5品目は、お店オススメの宮崎牛のヒレ。


牛の味がしっかり出ていて、柔らかく、美味しいヒレだった。


f0232060_17155532.jpg


f0232060_171644.jpg












6品目の〆は、麻婆豆腐


辛さを控えめにしてもらったんだが、それでも私には辛く、


かなりスパイシーで私はちょっと苦手なタイプの麻婆豆腐だった。


f0232060_17173575.jpg












9品目は、牛乳の味がしっかり出ている濃厚な杏仁豆腐


杏仁豆腐はミルたっぷりの方が好きなので、好みの味。


f0232060_17183980.jpg









フラッと行って、アラカルトで鉄板中華が食べられる気軽さが好きだったが、


コースになってしまったのは、個人的にちょっと残念。


とはいえ、味は変わらず、一通りおすすめ料理が食べられるので、


フラッとではなく、ちゃんと中華食べるぞ!の時にはいいのかも。








■「鉄板中華 仁」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13117682/








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ