タグ:中華 ( 142 ) タグの人気記事










四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


テーブルを貸し切って、仲間内で水岡シェフによる創作中華をいただく。


f0232060_11318.jpg















酒豪が集まってるグルメ会なので、


つまみもまだ出ていない最初から


紹興酒ボトル2本も入れてしまう、このやり散らかしw。


f0232060_1114731.jpg
















まず1品目は、中華前菜5種盛り。豪華!!


f0232060_1123620.jpg














白子づけマグロの南蛮香味和え。


この前菜、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_11457.jpg














押し豆腐と青菜のナムル。


これもゴマ油と程よい塩気で紹興酒が進む味。


f0232060_115190.jpg














秋刀魚プーアル茶スモーク。


f0232060_1161899.jpg














アヒルの塩漬け卵とカボチャの和え物。


カボチャの甘味と、卵の塩味がすごくバランスいい一品。


f0232060_1182331.jpg














甘海老の紹興酒漬け。酔っぱらい海老


f0232060_119143.jpg















2品目は、珍味の3点盛り。


鴨舌スモーク、大腸と葱のパリパリ揚げ、


ウイグルソーセージ


どれも普通の中華ではなかなかお目にかかれないものばかり。


味が濃厚なので、これは強いお酒が欲しくなる感じ。


f0232060_1214598.jpg


f0232060_1215438.jpg















3品目は、自家製チャーシューとおかワカメの炒め物。


おかワカメが独特の歯ごたえで、シャコシャコしてて好きな食感。


クセはないけど、ほのかに粘り気があり、本当にワカメみたいな感じ。


f0232060_1232636.jpg















4品目は、牡蠣の春巻。


盛り付けが素敵なので写真だけ。(牡蠣が苦手・・・)


f0232060_1245952.jpg















5品目はアンコウコンニャクの火鍋。


これがめちゃくちゃ辛くて、スパイシーで、


ちょっと私には強かったかな。


f0232060_126438.jpg















6品目は、のオーブン焼き。


上のたっぷりの薬味はニラミント


中国山岳地帯の山椒


羊の脂っこさや臭みが一気に消えるほどの強いハーブだが、


羊のような濃い味と食べるとちょうどいい感じになる。


f0232060_1295312.jpg


f0232060_1302392.jpg


f0232060_1303047.jpg


f0232060_1303896.jpg














7品目は台湾カラスミを使った汁なしビーフン。


中華風のカルボナーラを食べている感じ。


すごく食べやすい〆の一品だった。


f0232060_1343843.jpg


f0232060_1344783.jpg















8品目は、杏仁豆腐


上には、洋梨のシャーベットと桃の樹液のジュレ。


甘さ控えめで優しい味わいのデザート。


f0232060_1355367.jpg


f0232060_136193.jpg









食べ慣れてないと食べにくい料理もあるので、


正直、中華料理玄人向けのところもあるが、


中華が好きで、よくある中華とはまた違った深い中華を知りたい人には


ものすごく面白くて、良いお店だと思う。







1つのコースの中で、


変な意味ではなく、毎回、全部好きというのはあまりなくて、


すごく好きな料理と苦手な料理が入り混じってて、


それこそが発見であり、それで良いと思える中華料理店かな。







■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








by meshi-quest | 2019-01-18 08:06 | 四谷









懇意にさせてもらっている大好きな中華ビストロ、


「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」でディナー。


「ヤスミン」の中華がどれもすごく好みの味で、


急にふと思い出したかのように食べたくなる時がある。


f0232060_11382579.jpg















まずは、前菜盛り合わせと紹興酒。


盛り合わせの内容は、秋刀魚の燻製、中華ピクルス、


トリュフ塩玉子、大山鶏の四川よだれ鶏


そして、大好きな押し豆腐とじゃがいものナムル。


これだけでも十分紹興酒が進む。


f0232060_114154.jpg


f0232060_11413159.jpg


f0232060_11414087.jpg















続いて点心。


これまた大好きな大根餅焼き餃子


特に、「ヤスミン」の大根餅は、


外がカリッとしてて、中がモチモチで、おすすめ必食の点心。


f0232060_11431791.jpg


f0232060_1143304.jpg














天使の海老を使ったカダイフ巻き揚げ。


ソースは揚げ物に合う濃厚な腐乳マヨネーズソース


これもすごく美味しい。


f0232060_11452522.jpg


f0232060_11454183.jpg















大山鶏とスカモルツァチーズは紙包み揚げに。


濃厚なチーズと鶏の旨味が紙の中にギュッと詰まっている一品。


f0232060_11483687.jpg


f0232060_11485945.jpg














大山鶏が美味しかったので、油淋鶏ももらった。


茶色は正義。から揚げには目がない。


f0232060_1150180.jpg















これも大好きで、いつも頼むフカヒレスープ


メニューには普通のフカヒレスープだけしかないが、


私はここにポルチーニ茸を入れてもらって、


めちゃくちゃ香りが良いスペシャルバージョンのフカヒレにしてもらってる。


このスープは何度飲んでも美味しくて、クセになる。


f0232060_11515196.jpg














最後は、特製麻婆府豆腐


私は辛さに弱いので、少し辛さを落としてもらってちょうどいい感じ。


中華独特の旨味と油が絡んで、ご飯が止まらん。うまいなー。


f0232060_11532979.jpg


f0232060_11534118.jpg















「ヤスミン」はお茶の種類も豊富で、お茶好きにはありがたい。


台湾の東方美人茶で、後味すっきり、爽やか。


何を食べても相変わらず美味しい。


本格的な中華はどうしても1皿に量があったり、堅苦しかったり、


1人で行きにくいところが多いが、こんなに気軽に食べれるのは貴重。


f0232060_11563595.jpg








■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/








by meshi-quest | 2018-12-19 08:08 | 西荻窪









横浜中華街でもお馴染みの人気中華店「聘珍樓(へいちんろう)」が、


土日限定でホリデーランチコースをやっていて、


前菜からメイン、ご飯もの、デザートまで


バランス良く本格中華を食べさせてくれるので、たまにお邪魔している。


f0232060_0501295.jpg


f0232060_0503594.jpg














ホリデーランチコース(3250円)の1品目は、


前菜の盛り合わせから。


鴨肉、クラゲの冷菜、茹で車海老の3種。


f0232060_0523896.jpg


f0232060_0535356.jpg


f0232060_0541252.jpg














なんか点心も食べたくなったので、


別注でどび子のせシュウマイ大根餅を。


ランチタイムでも、ディナーのグランドメニューも頼めるのが嬉しい。


f0232060_055216.jpg


f0232060_0551513.jpg


f0232060_0552727.jpg














コース2品目は、海鮮と豆腐のスープ。


上品で美味しく出来てる。


f0232060_05789.jpg
















3品目は、季節の野菜と海老の炒め物。


量が少なめで、見た目にもちょっと淋しいが、味は美味しい。


f0232060_0584919.jpg














4品目は、スペアリブの豆鼓蒸し。


濃厚な味付けで、中華バンズか紹興酒が欲しくなるような味。


f0232060_0593830.jpg














5品目は、チャーシュー入りチャーハン


コースのおかずは少なめだが、ご飯ものはそこそこちゃんと量が出る。


ご飯パラパラの本格チャーハン美味しい。


f0232060_113112.jpg














6品目は、杏仁豆腐


クリーミーで、牛乳の味がしっかり出ている好みの味。


f0232060_122243.jpg










コースは1名からでも注文できるので、


一通りの本格中華を手頃に楽しみたい時には便利。







■「聘珍樓」
http://www.heichin.com/









by meshi-quest | 2018-12-02 08:07 | 吉祥寺









友達のグルメ会に呼んでいただき、


四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


f0232060_16401869.jpg


f0232060_16404044.jpg










初めて伺ったののだが、まさかのシェフが知り合いでビックリ!


シェフの水岡さんは、


私が六本木でよくお邪魔していた「黒猫夜」


何度もお会いしてた方でしたw。












せっかくの中華なので、


最初から中国産の紹興酒とチェイサーで凍頂烏龍茶を。


f0232060_16472948.jpg


f0232060_16474017.jpg














料理は、お酒別の5000円コースのみ。


1品目は、豪華な冷菜の6種盛り合わせから。


f0232060_16484447.jpg














縞エビの紹興酒漬け「酔っぱらい海老」


お酒に漬け込まれて、身がトロトロでいい香り。


f0232060_16495866.jpg













パクチーサラダと十角ヘチマの沙茶醤炒め。


パクチーはなんと納豆と和えてあって、


パクチーがこんなに納豆と合うなんて知らなかった!


アツアツのご飯にかけて食べたくなる味。新発見!!


f0232060_16522032.jpg














サンマスモーク高野コンニャクピータン


サンマは脂が乗ってて、美味しい。


ピータンを高野コンニャクと合わせてあるのは珍しい!


f0232060_16540100.jpg















漬けマグロ四川風


その名の通り、ピリ辛の漬けマグロで、紹興酒にとても合う味。


f0232060_1655095.jpg
















2品目は、珍味の盛り合わせ。


「黒猫夜」でもよく食べていた鴨舌スモーク


大腸と葱のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


鴨舌は、相変わらず、すごくリアルな形状してるけどw、美味しいなあー。


濃厚で独特で、食事というより、お酒に合うおつまみ。


追加で、台湾産の紹興酒を。


f0232060_16572217.jpg


f0232060_16573492.jpg


f0232060_16583753.jpg















3品目は、沖縄県産の「オオタニワタリ」という山菜を使った炒め物。


歯ごたえがあって、不思議な山菜。


なんども沖縄出張しているが、一度も沖縄で食べたことなかったー。


f0232060_1701661.jpg















4品目は、羊のひき肉カボチャ春巻


羊の濃厚な味に、かぼちゃの甘味がすごく合う!


春巻は油っぽくて、あまり得意じゃないのだが、


これは全く油を感じず、皮もパリッパリで美味しい春巻だった。


f0232060_1714971.jpg















5品目は、雲南地方の冬虫夏草やキノコを使ったの蒸し料理。


茶色い細いものが漢方で有名な冬虫夏草。


初めて料理で食べた。


特にクセもなく、味もないのだが、シャクシャクしてる。健康になりそうw。


キノコの出汁がしっかり効いていて、美味しい料理だった。


f0232060_1754578.jpg


f0232060_1755685.jpg


f0232060_176761.jpg















6品目のメインディッシュは、の骨付きスペアリブ


大量のスパイスに囲まれて、ものすごいインパクト!!


f0232060_1773788.jpg















解体作業をするとこんな感じ。


すごく柔らかいので、すぐに骨から外れる。


スパイスが効いてて、いい香りで、食べ応えもあるメインディッシュ。


f0232060_1783631.jpg


f0232060_1784778.jpg














7品目は、台湾鶏ごはん


味付けされた鶏肉に、モチモチしたご飯と、八角のようなスパイス。


台湾の露店で食べたご飯を思い出すような懐かしい味。


f0232060_17102984.jpg















8品目のデザートは、杏仁豆腐


上には、桃の樹液とイチジクのシャーベット。


甘さ控えめで、サッパリといただける杏仁豆腐。


f0232060_17114645.jpg










前菜からデザートまで、他では食べられない独特な中華が楽しめる。


いわゆる餃子、エビチリ、チャーハン系はないので、


本当に中華が好きな、中華の中級者から上級者向けかな。


「黒猫夜」でお馴染みの料理も出てくるので、


「黒猫夜」が好きな方は、きっと「南三」も好きなはず。








■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








by meshi-quest | 2018-11-01 08:06 | 四谷









仲良くさせてもらっている割烹の大将のご紹介で、


中目黒にある本格中華料理ワインのお店「kujila クジラ」へ。


さすが、中目黒。


中華好きとして、こんなオシャレな中華料理があって羨ましい限り。


f0232060_21522974.jpg














とはいえ、散々飲んだ後だったので、


本日はワインは断念して、濃厚白桃ジュースを。


スッキリとした甘さで、とても美味しい。


f0232060_21541270.jpg


f0232060_21542276.jpg














まずは、名物というよだれ鶏から。


私にはちょっと辛めではあるが、鶏肉も柔らかく、とても美味しい。


f0232060_21554034.jpg


f0232060_21555395.jpg














続いて、広東風の青菜炒め。シャキシャキ。


f0232060_21571839.jpg














天然海老あひるの塩漬け卵炒め。


台湾料理で、ちょっとクセがある香りだけど、


ワインにはすごく合いそうな料理。


f0232060_2225036.jpg


f0232060_223146.jpg














最後は名物の国産牛を使った麻婆豆腐


甘味がない麻婆豆腐で、ご飯というより、ワインに合いそうな料理。


これは完全に個人的な好みとして、私はもう少し甘味がある方が好きかな。


f0232060_226345.jpg


f0232060_2264338.jpg









■「kujila クジラ」
http://hplus2013.co.jp/kujila/

















よだれ鶏


一見、なんだかすごーく汚い言葉に見えるが(笑)、


よだれが出るほど辛くて美味しいという


れっきとした中華料理の人気前菜の1つだ。












このよだれ鶏をウリにしている中華レストランが渋谷にあり、


ランチでもよだれ鶏が食べれるので、


打ち合わせを兼ねて、会社の仲間と食事。


f0232060_10345283.jpg













渋谷の、あまりみんなが行かない方面にあって、


かつ、入口横ににデカい「串カツ田中」の看板があるため、


全くこの店の存在に気づけないのだが、


そのおかげで、渋谷のランチ戦争を高みの見物できるほど


いつも空いてて、ゆったり出来て、居心地がいい。超穴場


f0232060_10382825.jpg













ランチのよだれ鶏コース(1300円)を。


まずは、りんご、レモン、ぶどうを合わせた


ヨーグルトドリンクのサービスから。


f0232060_10401839.jpg













次に、3種のたれを使っていただく蒸し野菜


生野菜はよくあるけど、ランチから蒸し野菜食べれるのは嬉しい。


f0232060_10422468.jpg














点心は、黒豚か海老が選べて、黒豚焼売に。


蒸し立てで、とても美味しい。


f0232060_10435023.jpg














メインは、よだれ鶏。


よだれ鶏は、「初代よだれ鶏」の上海式と、


「二代目よだれ鶏」の四川式の2種から選べ、


私は上海式の初代を。


f0232060_10452581.jpg












柔らかい蒸し鶏の上に、


香味野菜の入ったピリ辛の醤油ベースのたれがたっぷりかかっていて、


辛すぎず、ご飯が進むちょうどいい味になっている。


f0232060_10473459.jpg













ちなみに、こっちが別の人が頼んだ「二代目」の四川式


四川式は、上海式よりも辛く、


芝麻醤をベースにしてて、担々麺っぽい感じ。


よだれ鶏の食べ比べをしたい方はぜひ。


f0232060_10493331.jpg









■「チャイニーズファンよだれ鶏」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13176432/








by meshi-quest | 2018-09-18 08:06 | 渋谷・神泉








中野にある「鉄板中華 仁」で食事。


f0232060_1703311.jpg


f0232060_1712520.jpg












「紅琥珀」(べにこはく)という日本で作られた紹興酒で乾杯。


f0232060_1724792.jpg


f0232060_1725975.jpg













桂花という6000円のコースを。


昔はアラカルトで注文できたが、最近はコースのみにしたのだそう。


1品目は、中華前菜の盛り合わせから。


水ダコ、牛タン、自家製チャーシュー、


生ホタルイカの老酒漬け、豚耳など。


f0232060_1762440.jpg


f0232060_1763425.jpg


f0232060_1764420.jpg












2品目は、本マグロの中華刺身。


日本の醤油&わさびのサッパリとした刺身と違い、ゴマ油の効いた濃厚な味わい。


これはこれで、紹興酒のような強いお酒にはすごく合う。


f0232060_1792567.jpg


f0232060_1793540.jpg












3品目は、気仙沼産のふかひれの姿煮


上海蟹のカニ味噌も一緒に煮込まれているそうで、


このふかひれ、ものすごく美味しくて、いい味だった!


f0232060_17103234.jpg













4品目は、北京ダッグ


よく「なぜ北京ダッグは皮しか食べないのか?」という話を聞くが、


実は、中国では身も食べるし、煮込みになって出てきたりもする。


日本の北京ダッグは、確かにあまり身を出さないなあ。


f0232060_17121963.jpg











5品目は、お店オススメの宮崎牛のヒレ。


牛の味がしっかり出ていて、柔らかく、美味しいヒレだった。


f0232060_17155532.jpg


f0232060_171644.jpg












6品目の〆は、麻婆豆腐


辛さを控えめにしてもらったんだが、それでも私には辛く、


かなりスパイシーで私はちょっと苦手なタイプの麻婆豆腐だった。


f0232060_17173575.jpg












9品目は、牛乳の味がしっかり出ている濃厚な杏仁豆腐


杏仁豆腐はミルたっぷりの方が好きなので、好みの味。


f0232060_17183980.jpg









フラッと行って、アラカルトで鉄板中華が食べられる気軽さが好きだったが、


コースになってしまったのは、個人的にちょっと残念。


とはいえ、味は変わらず、一通りおすすめ料理が食べられるので、


フラッとではなく、ちゃんと中華食べるぞ!の時にはいいのかも。








■「鉄板中華 仁」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13117682/
















中野在住の友達に紹介されて、


中野で人気の中華料理店「Sai(サイ)」へ。


f0232060_11253086.jpg


f0232060_11254181.jpg













まずは、紹興酒のサングリア。


最近、色んな中華店で紹興酒のサングリアを見かけるが、


紹興酒がちょっとクセがあるので苦手という女性には、


紹興酒のクセが果物で中和されるので、飲みやすくいいのかも。


f0232060_11281839.jpg













料理はアラカルトで注文。


1品目は、大好きな蒸し鶏の葱ソースがけ


かなりサッパリめの葱ソースで、


個人的にはもっと濃厚な葱油の方が好みかな。


f0232060_11294944.jpg













2品目は、点心


ショウロンポウ、豚肉としいたけの焼売、豚肉とトマトの焼売。


そして、エビのスティック春巻き。


どれもすごく美味しく出来てる。


f0232060_1132041.jpg


f0232060_11321169.jpg


f0232060_11323975.jpg














3品目は、薩摩赤鶏の広東風パリパリ揚げ。


シンプルなサクサクから揚げ。


f0232060_11343810.jpg













4品目は、エビのマヨネーズソース


中華店に来ると、エビマヨか、エビチリのどちらかは必ず頼む。


ソースも奇をてらわず、オーソドックスなエビマヨ。


f0232060_1136178.jpg













5品目は、塩味の青菜炒め


中華は全体的に野菜が少なめになりがちなので、野菜補給。


ホタテを入れて、サッパリと。


f0232060_1137911.jpg













6品目は、メインディッシュのオコゼの姿蒸し


「Sai」では、放血神経抜きの鮮魚を使っていて、


中華の代表的な魚料理、清蒸鮮魚をすごく推している。


f0232060_1143261.jpg












私も清蒸鮮魚は大好きな料理なので、


楽しみにしていたが、上手に出来ていて、確かに新鮮ではあるのだが、


もう少し油の利いた、コクのある味の方が好きかなー。


油と融合した醤油というより、醤油の味がちょっと勝ってしまってる印象。


そもそも白身としてオコゼがサッパリしすぎてたのもあるかも。


f0232060_11445630.jpg









■「Sai(サイ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13159163/

















辛い物好きの方にお誘いいただき、


美味しい火鍋が食べれるということで、


白金高輪にある「火鍋 逍遥」(現・火鍋三田)へ。


f0232060_15353295.jpg


f0232060_15354386.jpg


f0232060_15361257.jpg













本日は、もちろん火鍋のコース。


まずは、オシャレな中華棚に盛られた前菜盛り合わせ


私自身は、実はそこまで辛い物が得意ではなく、


ただ、中国にもよく出張される方が本場の味に近く、


すごく美味しいとのことでご一緒させてもらったが、四川をなめてた・・・。


前菜からして、めちゃくちゃ辛い(笑)。


f0232060_15385620.jpg


f0232060_15393544.jpg


f0232060_15394435.jpg


f0232060_15395488.jpg


f0232060_1540462.jpg













早速、火鍋の登場!!


おお、想像以上の色をしているw。


f0232060_1541239.jpg













そして、これでもか!というくらい入ってる花山椒の実w。


香りはとても好きなのだが、舌が死ぬ覚悟をしなければ・・・。


f0232060_1542141.jpg












で、ちょっと赤い方でトライしてみたのだが、


全く持って太刀打ちできる状況じゃなかったので、


大人しく白い方に具を入れていただくことに。


f0232060_15431175.jpg


f0232060_15432082.jpg


f0232060_15433170.jpg


f0232060_1543395.jpg


f0232060_15463775.jpg


f0232060_15435772.jpg












香りはすごくいいんだけど、やっぱり舌がついていけなかったw。


辛い物好きな方は、ぜひ。


f0232060_1545239.jpg









■「火鍋 三田 (旧・逍遥)」
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13201676/
















南阿佐ヶ谷にある中華の名店「オトノハ」でランチ。


覚悟はしていたけど、開店前からもう行列w。


f0232060_1929217.jpg













いくら行列したって、席数少ない小さな店内で相席になろうとも、


やっぱり「オトノハ」の中華は美味しくて、


ディナーもいいけど、気軽にその味が食べれるランチは外せない。


f0232060_19305930.jpg













いつもの麻婆豆腐定食を。


今日の小鉢は、骨付きから揚げ


なんだか、から揚げ付きなんて、得した気分。嬉しいな。


f0232060_19322034.jpg


f0232060_1932336.jpg













「オトノハ」の麻婆豆腐は、


すごくコクがあって、ご飯が止まらなくなる味。


甘すぎず、辛すぎず、花山椒がきつすぎず、すべてがバランス良く、ちょうどいい。


何度食べても、しみじみと美味しいと思う麻婆豆腐。


f0232060_1934096.jpg













別注のデザートは、


これまたお気に入りの金木犀の杏仁豆腐


すごく華やかで癒されるいい香りがして、大好き。


f0232060_19353662.jpg











■「オトノハ」
http://otonoha.info/









by meshi-quest | 2018-04-18 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ