タグ:中華 ( 140 ) タグの人気記事










横浜中華街でもお馴染みの人気中華店「聘珍樓(へいちんろう)」が、


土日限定でホリデーランチコースをやっていて、


前菜からメイン、ご飯もの、デザートまで


バランス良く本格中華を食べさせてくれるので、たまにお邪魔している。


f0232060_0501295.jpg


f0232060_0503594.jpg














ホリデーランチコース(3250円)の1品目は、


前菜の盛り合わせから。


鴨肉、クラゲの冷菜、茹で車海老の3種。


f0232060_0523896.jpg


f0232060_0535356.jpg


f0232060_0541252.jpg














なんか点心も食べたくなったので、


別注でどび子のせシュウマイ大根餅を。


ランチタイムでも、ディナーのグランドメニューも頼めるのが嬉しい。


f0232060_055216.jpg


f0232060_0551513.jpg


f0232060_0552727.jpg














コース2品目は、海鮮と豆腐のスープ。


上品で美味しく出来てる。


f0232060_05789.jpg
















3品目は、季節の野菜と海老の炒め物。


量が少なめで、見た目にもちょっと淋しいが、味は美味しい。


f0232060_0584919.jpg














4品目は、スペアリブの豆鼓蒸し。


濃厚な味付けで、中華バンズか紹興酒が欲しくなるような味。


f0232060_0593830.jpg














5品目は、チャーシュー入りチャーハン


コースのおかずは少なめだが、ご飯ものはそこそこちゃんと量が出る。


ご飯パラパラの本格チャーハン美味しい。


f0232060_113112.jpg














6品目は、杏仁豆腐


クリーミーで、牛乳の味がしっかり出ている好みの味。


f0232060_122243.jpg










コースは1名からでも注文できるので、


一通りの本格中華を手頃に楽しみたい時には便利。







■「聘珍樓」
http://www.heichin.com/









by meshi-quest | 2018-12-02 08:07 | 吉祥寺









友達のグルメ会に呼んでいただき、


四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


f0232060_16401869.jpg


f0232060_16404044.jpg










初めて伺ったののだが、まさかのシェフが知り合いでビックリ!


シェフの水岡さんは、


私が六本木でよくお邪魔していた「黒猫夜」


何度もお会いしてた方でしたw。












せっかくの中華なので、


最初から中国産の紹興酒とチェイサーで凍頂烏龍茶を。


f0232060_16472948.jpg


f0232060_16474017.jpg














料理は、お酒別の5000円コースのみ。


1品目は、豪華な冷菜の6種盛り合わせから。


f0232060_16484447.jpg














縞エビの紹興酒漬け「酔っぱらい海老」


お酒に漬け込まれて、身がトロトロでいい香り。


f0232060_16495866.jpg













パクチーサラダと十角ヘチマの沙茶醤炒め。


パクチーはなんと納豆と和えてあって、


パクチーがこんなに納豆と合うなんて知らなかった!


アツアツのご飯にかけて食べたくなる味。新発見!!


f0232060_16522032.jpg














サンマスモーク高野コンニャクピータン


サンマは脂が乗ってて、美味しい。


ピータンを高野コンニャクと合わせてあるのは珍しい!


f0232060_16540100.jpg















漬けマグロ四川風


その名の通り、ピリ辛の漬けマグロで、紹興酒にとても合う味。


f0232060_1655095.jpg
















2品目は、珍味の盛り合わせ。


「黒猫夜」でもよく食べていた鴨舌スモーク


大腸と葱のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


鴨舌は、相変わらず、すごくリアルな形状してるけどw、美味しいなあー。


濃厚で独特で、食事というより、お酒に合うおつまみ。


追加で、台湾産の紹興酒を。


f0232060_16572217.jpg


f0232060_16573492.jpg


f0232060_16583753.jpg















3品目は、沖縄県産の「オオタニワタリ」という山菜を使った炒め物。


歯ごたえがあって、不思議な山菜。


なんども沖縄出張しているが、一度も沖縄で食べたことなかったー。


f0232060_1701661.jpg















4品目は、羊のひき肉カボチャ春巻


羊の濃厚な味に、かぼちゃの甘味がすごく合う!


春巻は油っぽくて、あまり得意じゃないのだが、


これは全く油を感じず、皮もパリッパリで美味しい春巻だった。


f0232060_1714971.jpg















5品目は、雲南地方の冬虫夏草やキノコを使ったの蒸し料理。


茶色い細いものが漢方で有名な冬虫夏草。


初めて料理で食べた。


特にクセもなく、味もないのだが、シャクシャクしてる。健康になりそうw。


キノコの出汁がしっかり効いていて、美味しい料理だった。


f0232060_1754578.jpg


f0232060_1755685.jpg


f0232060_176761.jpg















6品目のメインディッシュは、の骨付きスペアリブ


大量のスパイスに囲まれて、ものすごいインパクト!!


f0232060_1773788.jpg















解体作業をするとこんな感じ。


すごく柔らかいので、すぐに骨から外れる。


スパイスが効いてて、いい香りで、食べ応えもあるメインディッシュ。


f0232060_1783631.jpg


f0232060_1784778.jpg














7品目は、台湾鶏ごはん


味付けされた鶏肉に、モチモチしたご飯と、八角のようなスパイス。


台湾の露店で食べたご飯を思い出すような懐かしい味。


f0232060_17102984.jpg















8品目のデザートは、杏仁豆腐


上には、桃の樹液とイチジクのシャーベット。


甘さ控えめで、サッパリといただける杏仁豆腐。


f0232060_17114645.jpg










前菜からデザートまで、他では食べられない独特な中華が楽しめる。


いわゆる餃子、エビチリ、チャーハン系はないので、


本当に中華が好きな、中華の中級者から上級者向けかな。


「黒猫夜」でお馴染みの料理も出てくるので、


「黒猫夜」が好きな方は、きっと「南三」も好きなはず。








■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








by meshi-quest | 2018-11-01 08:06 | 四谷









仲良くさせてもらっている割烹の大将のご紹介で、


中目黒にある本格中華料理ワインのお店「kujila クジラ」へ。


さすが、中目黒。


中華好きとして、こんなオシャレな中華料理があって羨ましい限り。


f0232060_21522974.jpg














とはいえ、散々飲んだ後だったので、


本日はワインは断念して、濃厚白桃ジュースを。


スッキリとした甘さで、とても美味しい。


f0232060_21541270.jpg


f0232060_21542276.jpg














まずは、名物というよだれ鶏から。


私にはちょっと辛めではあるが、鶏肉も柔らかく、とても美味しい。


f0232060_21554034.jpg


f0232060_21555395.jpg














続いて、広東風の青菜炒め。シャキシャキ。


f0232060_21571839.jpg














天然海老あひるの塩漬け卵炒め。


台湾料理で、ちょっとクセがある香りだけど、


ワインにはすごく合いそうな料理。


f0232060_2225036.jpg


f0232060_223146.jpg














最後は名物の国産牛を使った麻婆豆腐


甘味がない麻婆豆腐で、ご飯というより、ワインに合いそうな料理。


これは完全に個人的な好みとして、私はもう少し甘味がある方が好きかな。


f0232060_226345.jpg


f0232060_2264338.jpg









■「kujila クジラ」
http://hplus2013.co.jp/kujila/

















よだれ鶏


一見、なんだかすごーく汚い言葉に見えるが(笑)、


よだれが出るほど辛くて美味しいという


れっきとした中華料理の人気前菜の1つだ。












このよだれ鶏をウリにしている中華レストランが渋谷にあり、


ランチでもよだれ鶏が食べれるので、


打ち合わせを兼ねて、会社の仲間と食事。


f0232060_10345283.jpg













渋谷の、あまりみんなが行かない方面にあって、


かつ、入口横ににデカい「串カツ田中」の看板があるため、


全くこの店の存在に気づけないのだが、


そのおかげで、渋谷のランチ戦争を高みの見物できるほど


いつも空いてて、ゆったり出来て、居心地がいい。超穴場


f0232060_10382825.jpg













ランチのよだれ鶏コース(1300円)を。


まずは、りんご、レモン、ぶどうを合わせた


ヨーグルトドリンクのサービスから。


f0232060_10401839.jpg













次に、3種のたれを使っていただく蒸し野菜


生野菜はよくあるけど、ランチから蒸し野菜食べれるのは嬉しい。


f0232060_10422468.jpg














点心は、黒豚か海老が選べて、黒豚焼売に。


蒸し立てで、とても美味しい。


f0232060_10435023.jpg














メインは、よだれ鶏。


よだれ鶏は、「初代よだれ鶏」の上海式と、


「二代目よだれ鶏」の四川式の2種から選べ、


私は上海式の初代を。


f0232060_10452581.jpg












柔らかい蒸し鶏の上に、


香味野菜の入ったピリ辛の醤油ベースのたれがたっぷりかかっていて、


辛すぎず、ご飯が進むちょうどいい味になっている。


f0232060_10473459.jpg













ちなみに、こっちが別の人が頼んだ「二代目」の四川式


四川式は、上海式よりも辛く、


芝麻醤をベースにしてて、担々麺っぽい感じ。


よだれ鶏の食べ比べをしたい方はぜひ。


f0232060_10493331.jpg









■「チャイニーズファンよだれ鶏」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13176432/








by meshi-quest | 2018-09-18 08:06 | 渋谷・神泉








中野にある「鉄板中華 仁」で食事。


f0232060_1703311.jpg


f0232060_1712520.jpg












「紅琥珀」(べにこはく)という日本で作られた紹興酒で乾杯。


f0232060_1724792.jpg


f0232060_1725975.jpg













桂花という6000円のコースを。


昔はアラカルトで注文できたが、最近はコースのみにしたのだそう。


1品目は、中華前菜の盛り合わせから。


水ダコ、牛タン、自家製チャーシュー、


生ホタルイカの老酒漬け、豚耳など。


f0232060_1762440.jpg


f0232060_1763425.jpg


f0232060_1764420.jpg












2品目は、本マグロの中華刺身。


日本の醤油&わさびのサッパリとした刺身と違い、ゴマ油の効いた濃厚な味わい。


これはこれで、紹興酒のような強いお酒にはすごく合う。


f0232060_1792567.jpg


f0232060_1793540.jpg












3品目は、気仙沼産のふかひれの姿煮


上海蟹のカニ味噌も一緒に煮込まれているそうで、


このふかひれ、ものすごく美味しくて、いい味だった!


f0232060_17103234.jpg













4品目は、北京ダッグ


よく「なぜ北京ダッグは皮しか食べないのか?」という話を聞くが、


実は、中国では身も食べるし、煮込みになって出てきたりもする。


日本の北京ダッグは、確かにあまり身を出さないなあ。


f0232060_17121963.jpg











5品目は、お店オススメの宮崎牛のヒレ。


牛の味がしっかり出ていて、柔らかく、美味しいヒレだった。


f0232060_17155532.jpg


f0232060_171644.jpg












6品目の〆は、麻婆豆腐


辛さを控えめにしてもらったんだが、それでも私には辛く、


かなりスパイシーで私はちょっと苦手なタイプの麻婆豆腐だった。


f0232060_17173575.jpg












9品目は、牛乳の味がしっかり出ている濃厚な杏仁豆腐


杏仁豆腐はミルたっぷりの方が好きなので、好みの味。


f0232060_17183980.jpg









フラッと行って、アラカルトで鉄板中華が食べられる気軽さが好きだったが、


コースになってしまったのは、個人的にちょっと残念。


とはいえ、味は変わらず、一通りおすすめ料理が食べられるので、


フラッとではなく、ちゃんと中華食べるぞ!の時にはいいのかも。








■「鉄板中華 仁」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13117682/
















中野在住の友達に紹介されて、


中野で人気の中華料理店「Sai(サイ)」へ。


f0232060_11253086.jpg


f0232060_11254181.jpg













まずは、紹興酒のサングリア。


最近、色んな中華店で紹興酒のサングリアを見かけるが、


紹興酒がちょっとクセがあるので苦手という女性には、


紹興酒のクセが果物で中和されるので、飲みやすくいいのかも。


f0232060_11281839.jpg













料理はアラカルトで注文。


1品目は、大好きな蒸し鶏の葱ソースがけ


かなりサッパリめの葱ソースで、


個人的にはもっと濃厚な葱油の方が好みかな。


f0232060_11294944.jpg













2品目は、点心


ショウロンポウ、豚肉としいたけの焼売、豚肉とトマトの焼売。


そして、エビのスティック春巻き。


どれもすごく美味しく出来てる。


f0232060_1132041.jpg


f0232060_11321169.jpg


f0232060_11323975.jpg














3品目は、薩摩赤鶏の広東風パリパリ揚げ。


シンプルなサクサクから揚げ。


f0232060_11343810.jpg













4品目は、エビのマヨネーズソース


中華店に来ると、エビマヨか、エビチリのどちらかは必ず頼む。


ソースも奇をてらわず、オーソドックスなエビマヨ。


f0232060_1136178.jpg













5品目は、塩味の青菜炒め


中華は全体的に野菜が少なめになりがちなので、野菜補給。


ホタテを入れて、サッパリと。


f0232060_1137911.jpg













6品目は、メインディッシュのオコゼの姿蒸し


「Sai」では、放血神経抜きの鮮魚を使っていて、


中華の代表的な魚料理、清蒸鮮魚をすごく推している。


f0232060_1143261.jpg












私も清蒸鮮魚は大好きな料理なので、


楽しみにしていたが、上手に出来ていて、確かに新鮮ではあるのだが、


もう少し油の利いた、コクのある味の方が好きかなー。


油と融合した醤油というより、醤油の味がちょっと勝ってしまってる印象。


そもそも白身としてオコゼがサッパリしすぎてたのもあるかも。


f0232060_11445630.jpg









■「Sai(サイ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13159163/

















辛い物好きの方にお誘いいただき、


美味しい火鍋が食べれるということで、


白金高輪にある「火鍋 逍遥」(現・火鍋三田)へ。


f0232060_15353295.jpg


f0232060_15354386.jpg


f0232060_15361257.jpg













本日は、もちろん火鍋のコース。


まずは、オシャレな中華棚に盛られた前菜盛り合わせ


私自身は、実はそこまで辛い物が得意ではなく、


ただ、中国にもよく出張される方が本場の味に近く、


すごく美味しいとのことでご一緒させてもらったが、四川をなめてた・・・。


前菜からして、めちゃくちゃ辛い(笑)。


f0232060_15385620.jpg


f0232060_15393544.jpg


f0232060_15394435.jpg


f0232060_15395488.jpg


f0232060_1540462.jpg













早速、火鍋の登場!!


おお、想像以上の色をしているw。


f0232060_1541239.jpg













そして、これでもか!というくらい入ってる花山椒の実w。


香りはとても好きなのだが、舌が死ぬ覚悟をしなければ・・・。


f0232060_1542141.jpg












で、ちょっと赤い方でトライしてみたのだが、


全く持って太刀打ちできる状況じゃなかったので、


大人しく白い方に具を入れていただくことに。


f0232060_15431175.jpg


f0232060_15432082.jpg


f0232060_15433170.jpg


f0232060_1543395.jpg


f0232060_15463775.jpg


f0232060_15435772.jpg












香りはすごくいいんだけど、やっぱり舌がついていけなかったw。


辛い物好きな方は、ぜひ。


f0232060_1545239.jpg









■「火鍋 三田 (旧・逍遥)」
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13201676/
















南阿佐ヶ谷にある中華の名店「オトノハ」でランチ。


覚悟はしていたけど、開店前からもう行列w。


f0232060_1929217.jpg













いくら行列したって、席数少ない小さな店内で相席になろうとも、


やっぱり「オトノハ」の中華は美味しくて、


ディナーもいいけど、気軽にその味が食べれるランチは外せない。


f0232060_19305930.jpg













いつもの麻婆豆腐定食を。


今日の小鉢は、骨付きから揚げ


なんだか、から揚げ付きなんて、得した気分。嬉しいな。


f0232060_19322034.jpg


f0232060_1932336.jpg













「オトノハ」の麻婆豆腐は、


すごくコクがあって、ご飯が止まらなくなる味。


甘すぎず、辛すぎず、花山椒がきつすぎず、すべてがバランス良く、ちょうどいい。


何度食べても、しみじみと美味しいと思う麻婆豆腐。


f0232060_1934096.jpg













別注のデザートは、


これまたお気に入りの金木犀の杏仁豆腐


すごく華やかで癒されるいい香りがして、大好き。


f0232060_19353662.jpg











■「オトノハ」
http://otonoha.info/









by meshi-quest | 2018-04-18 08:08









元町中華街でひと際目立つ長蛇の列。


大正4年創業の豚饅頭の元祖、「老祥記」へ。


f0232060_2054144.jpg


f0232060_2055398.jpg












ここは、豚饅頭の専門店として、メニューも豚饅頭1択


テイクアウトか、席数は少ないが店内のイートインもある。


偶然、イートインが空いたので、店内で食べることに。


f0232060_2010376.jpg












お値段は、3個270円から。


3個も!と思ったが、普通の肉まんより小さいサイズなので、大丈夫そう。


f0232060_2011731.jpg













豚肉にしっかり味が付いてて、とってもジューシー。


シュウマイの皮の厚い版というか、


いわゆる肉まんともちょっと違う、独特な味。


皮も素朴な甘みがあって美味しく、これで270円なので行列も納得。


f0232060_2013680.jpg









■「老祥記」
http://roushouki.com/








by meshi-quest | 2018-04-01 08:01 | 旅行_国内








ご招待いただき、ザ・キャピトルホテル東急の中華レストラン、


「星ヶ岡」でディナー。


ここは、土・日・祝限定で、


都内で有名な高級中華オーダーバイキングをやってる人気店。


f0232060_1213131.jpg


f0232060_1214245.jpg


f0232060_122320.jpg













平日は、通常のホテル中華レストランとして営業しつつ、


土日祝は、高級中華オーダーバイキング目当てで


入口まで人が溢れている人気っぷり。


ちなみに、完全予約制で、予約ですぐ満席になる。












この「星ヶ岡」のオーダーバイキングが


なぜここまで人気かというと、


たとえば、このグランドメニューの


8400円フカヒレの姿煮


f0232060_12113128.jpg













これも注文すると、クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!


f0232060_1272270.jpg












オーダーバイキングのお値段が大人12,000円なので、


このフカヒレ姿煮を頼んだ時点で、2/3以上、元が取れてしまう。


そして、通常メニュー用のちゃんとしたフカヒレなので、


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_12101637.jpg













こんな感じで、普段だとなかなか手が出ないような高級中華を、


蒸し鶏や蒸し豚の前菜から、


f0232060_1213520.jpg


f0232060_12132547.jpg


f0232060_12133463.jpg












海老のチリソースやフワフワの卵白揚げなどの海老料理、


f0232060_12152368.jpg


f0232060_12153969.jpg












蟹身たっぷりのフカヒレスープに、


蟹爪揚げなどの蟹料理、


f0232060_12164118.jpg


f0232060_12165135.jpg













和牛のオイスター炒めや、茄子とひき肉の炒めなどの肉料理、


f0232060_12173234.jpg


f0232060_12174250.jpg












シュウマイ、餃子など、皮が厚めの本場中国式の本格点心、


f0232060_12184121.jpg


f0232060_12185027.jpg













最後は〆の麻婆豆腐にチャーハンまで、


グランドメニューにあるものがすべて好きなだけ注文できてしまう。


f0232060_12193577.jpg


f0232060_12194698.jpg












食材も高級なものを使っていて、味も美味しく、


ちょっと高級な中華で数皿頼んだ時点で、


これくらいの値段行ってしまうことを考えたら、


これだけ好きなものを食べれて12,000円はお得。











ちなみに、デザートもオーダーバイキングで注文できたのだが、


今回は特別にサプライズがあって、デザートは頼まずに、


同じ館内の「キャピトルバー」に移動。











まさかのホールケーキが出てきて、テンション上がる!


HAPPY BIRTHDAYはあれど、


HAPPY NEW YEARのチョコプレート見たのは初めてかもw。


f0232060_12253190.jpg








去年の年末に疲れ果ててた私を見かねた方からのサプライズプレゼント。


ご招待いただき、本当にありがとうございました。












ちなみに、


お茶が好きすぎて台湾やスリランカまで行った私が、


こよなく愛しているロイヤルブルーティーという


ワイングラスで飲む最高級茶があるのだが、


この『キャピトルバー』はこのロイヤルブルーティーを3種も常備してて、


しかも、グラスで飲ませてもらえる!!


f0232060_12295822.jpg













これ、お茶マニアにはたまらない話なのだが、


このマニアックなお茶が3本が常備されていることもなかなかない上、


開栓すると香りが飛んでしまうので、


ボトル売りしかしてくれないところが多い中、グラス単位で飲めるのがレア。











さらにちなむと、ロイヤルブルーティーの中でも、


私は個人的にこのFallin in Loveという名前のお茶が大好きで、


お茶の概念がひっくり返るくらい美味しい。


初めて飲んだ時の衝撃を今でも覚えてるほど感動するので、


お茶に興味があり、これに遭遇することがあったら、


ちょっと高いけど、ぜひ飲んでいただきい一品。


f0232060_12395081.jpg












■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/




■「ロイヤルブルーティー」
http://www.royalbluetea.com/






by meshi-quest | 2018-01-12 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ