人気ブログランキング |

タグ:和食 ( 403 ) タグの人気記事








たびたび、ここ「メシクエ」でも公言をしてるが、


最後の晩餐は銀だらの西京焼きと炊き立ての白飯と決めている。


それくらい銀だらの西京焼きが大好きだ。











最近、京都にお邪魔する度に伺っている


京都・柳馬場通りの西京焼きの名店「一の傳 本店」。


1階で西京焼きの販売をしつつ、


2階では完全予約制で11:00〜16:00までだが食事ができる。


f0232060_10143142.jpg


f0232060_10153663.jpg













食後の抹茶付きの西京焼きコース(4150円)を注文。


まずは、季節の前菜の盛り合わせから。


お皿は、「一の傳」の「一」の字を模したもの。


f0232060_1018237.jpg













コースは月によって内容が変わるようになっていて、


皐月のコースなので、


端午の節句にちなんだや鰻の柏寿司


旬のホワイトアスパラガスの茶碗蒸し、ホタテの新茶揚げ、


日本酒も飲めるのでカツオの酒盗、白魚ポン酢などの酒の肴も充実してる。


f0232060_10214243.jpg


f0232060_10221992.jpg


f0232060_10223481.jpg


f0232060_10224635.jpg













2品目は、新緑をイメージした空豆のすり流し。


中には特製の胡麻豆腐が入っている。


f0232060_10235466.jpg


f0232060_10241387.jpg












3品目は、合鴨つくねと焼き葱の鼈甲餡かけ。


ジューシーで旨味ある合鴨に、ほんのり甘い鼈甲餡がすごく合う。


f0232060_10264100.jpg


f0232060_10261917.jpg













4品目は、メインディッシュの銀だらの「蔵みそ焼」


丹波産こしひかりの炊き立て土鍋ご飯と、


合わせ味噌椀、京漬物も。


f0232060_10283864.jpg


f0232060_10285010.jpg


f0232060_1029445.jpg


f0232060_10291767.jpg


f0232060_10292646.jpg












このツヤふっくらさ!!


ああ、めちゃくちゃ美味しい!!


「一の傳」の西京焼きは1階でも買えるし、


なんならオンラインショップでも売っているのだが、


焼きが重要で、西京焼きを知り尽くしているお店が焼くのは全然違う!!


f0232060_10314024.jpg













5品目のデザートは黒糖を練り上げたわらび餅と、


京都の名店「一保堂茶舗」抹茶


バランスも良く、ちょうどいい感じの品数と満足感の食事。


銀だらが好きな方はぜひ訪れて欲しい名店。


f0232060_10351848.jpg


f0232060_10354662.jpg









■「一の傳 本店」
http://www.ichinoden.jp/









by meshi-quest | 2019-05-18 08:08 | 旅行_国内







青山にある人気居酒屋「ガラリ青山」で定食ランチ。


おしゃれな場所で、美味しい和定食が食べれるとあって、


ランチはいつも混んでて、次から次にお客さんが来る。


f0232060_11433638.jpg


f0232060_1143566.jpg













人気なのは、「組み合わせランチ御膳」(1080円)で、


を1皿づつ選ぶことができる!


せっかくなら、ランチに肉も魚も食べたいので、おかずが2皿は嬉しい。


f0232060_11511690.jpg













肉は鶏のからあげ


魚はカレイの西京焼きを選択。


どちらもしっかり作られていて美味しい。


f0232060_11533348.jpg


f0232060_11534316.jpg













ご飯はプラス150円で季節の炊き込みご飯に変更可能。


本日は、たけのこの炊き込みご飯。


f0232060_11545069.jpg


f0232060_11551163.jpg







かゆいところにちゃんと手が届く、


わがままを聞いてくれる青山のいい感じの定食ランチ。






■「ガラリ青山」
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13001335/














西京焼きという食べ物が大好きで仕方がない。


よく私が聞かれる質問の「最後の晩餐」には、


「銀だらの西京焼きと白飯」と答えている。












西京焼きのお膝元・京都にやってきたので、


当然、朝から絶品西京焼きを食べたくて、


京都・柳馬場通りにある西京焼き専門店「一の傳」本店へ。


1階が西京焼きの販売、2階が食事処となっており、


大人気店なので、数週間前から予約必至


出張が決まったその日、東京から予約をしておいた。


f0232060_1713873.jpg












完全予約&時間制で入店時間も退店時間もきっちり決められており、


席の準備が出来るまで、待合室で名前が呼ばれるのを待つ。


f0232060_1732856.jpg


f0232060_1743654.jpg













2階の客席はこんな感じ。テーブル席と座敷がある。


f0232060_17678.jpg


f0232060_1762862.jpg













食事は、コースのみで、メインに西京焼きが出てくる。


まずは、前菜の盛り合わせから。


「一の傳」の「一」の漢字をかたどった器だそう。


雲丹茶碗蒸し、ホタルイカの沖漬け、若桃酢漬け、蟹寿司など。


f0232060_1712177.jpg


f0232060_171179.jpg


f0232060_17132335.jpg












2品目は蛤真薯のお椀。


蛤とカツオの優しい出汁が出ていて、とても美味しい。


f0232060_17145961.jpg


f0232060_17152085.jpg













3品目は、のみぞれ仕立て。


ふんわり揚げた鯛に、大根おろしのみぞれの組み合わせで、美味しく出来てる。


f0232060_1717789.jpg


f0232060_17175994.jpg













いよいよ4品目のメインディッシュ、


銀だらの西京焼きキターーーーー!!


しかも、今回は特別な銀だらで、「穀熟 銀だら」というもの。


穀熟は、従来の製法の約7倍の時間をかけて熟成させた西京味噌で、


そこに最上級の銀だらを漬け込んだ、まさにキングオブ銀だら西京焼き。


f0232060_17211783.jpg












この色、香り、火加減、ツヤ、引き締まってて崩れない身。


どれをとっても完璧な銀だら


家で焼くと、どうしても味噌が焦げたり、火加減が微妙で完璧にならないんだよね。


f0232060_1722912.jpg













西京焼き一番美味しく食べれるように選ばれた最強の白飯も、


そのままで食べても甘みがあって、水加減も抜群で、とても美味しかった。


f0232060_1724392.jpg


f0232060_17253042.jpg


f0232060_17254977.jpg












食後はマンゴープリンと別注の一保堂の抹茶


こんな美味しい西京焼きを食べれて、幸せな1日の始まり。


f0232060_17273133.jpg








■「一の傳 本店」
http://www.ichinoden.jp/









by meshi-quest | 2019-05-01 08:08 | 旅行_国内









ANAを使って地方出張


機内で足りない睡眠を補ったり、仕事をするので、


プレミアムクラスを利用させてもらうことが多いのだが、


食事の度に、機内食のクオリティーは上がったなあと思う。












特に、各地の有名店とコラボして機内食開発をするようになってから、


格段に美味しくなってきて、


「機内食=ワクワクするけど、美味しくはない」


が変わって、今は、


「機内食=ワクワクして、ちゃんと美味しい」


になった気がする。














ちなみに、とある日の羽田発、行きの機内食


松山道後温泉にある料理旅館「栴檀」のとのコラボ機内食。


f0232060_111447.jpg














メインは野菜まんじゅうの煮物。


ご飯は胡麻風味の肉ご飯。


小鉢は、青海苔入り玉子焼きや鮭の塩焼き、はんぺんチーズ揚げなど。


お弁当として遜色ない、ちゃんと美味しい和食。


f0232060_1143965.jpg


f0232060_1144863.jpg


f0232060_1145898.jpg














1点、味噌汁だけ、すごくインスタント感があって、残念。


f0232060_1152797.jpg
















帰りの羽田に向かう帰りの機内食


芝公園にある「とうふ屋うかい」との初コラボ。


f0232060_1174696.jpg














うかいグループ監修だけあって、豆腐、湯葉など、豆製品多めだが、


さすが豆を知り尽くしてる豆腐専門店だけあって、どれもかなり美味しい。


メインはグリーンピースの飛龍頭


ご飯は湯葉と梅のご飯。


小鉢は、揚げと小松菜の煮びたし、空豆の白和え、鮭の幽庵焼きなど。


f0232060_126209.jpg


f0232060_1264934.jpg


f0232060_127739.jpg















全体的に美味しかったのだが、


特にこの「豆水とうふ」という


豆乳味噌汁のようなものがすごく美味しかった。


これまで結構プレミアムクラス機内食食べてきたがどれも具の違う味噌汁で、


このクリーミーな和風ポタージュのような味わいが新鮮で美味しかったな。


f0232060_1292039.jpg









■ANAプレミアムクラス機内食
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/inflight/guide/premiumclass/meal/index1.html











by meshi-quest | 2019-04-27 08:06









予約の取れない赤坂の日本料理の名店「さ行」へ。



f0232060_14355816.jpg


f0232060_14385372.jpg















人気の秘密は居心地の良さ、ものすごく丁寧で心地よい接客など、


色々とあるのだが、料理の品数盛り付けは本当に素晴らしい。













1品目は八寸


熊本の伝統工芸品花手箱を使った、とても美しい前菜の盛り付け。


f0232060_144375.jpg


f0232060_1443227.jpg


f0232060_14434692.jpg
















花手箱の中身は、の蒲焼、玉子真薯、生ハムの小袖寿司、


豆腐を巻き込んだロールチキン、カラスミ大根、島根産あん肝など。


めちゃくちゃ手が込んでて、とても美味しい!!


f0232060_1447681.jpg


f0232060_14472788.jpg


f0232060_14473675.jpg
















2品目は、のど黒が乗った筍真薯のお椀。


中には真鯛の白子豆腐と結びそうめんも。


春の食材がたくさん入ってて、出汁もやさしく、ホッとする味。


f0232060_14493077.jpg


f0232060_14494035.jpg















3品目は、旬の魚を使ったお造り


富山のホタルイカ、ヒラメ、このわた、初ガツオ、生トリ貝など。


自家製のカツオ酒盗マヨネーズ、土佐醤油、ポン酢で。


f0232060_14544565.jpg


f0232060_14552175.jpg


f0232060_14552978.jpg


f0232060_14553713.jpg















4品目は、焼物3種


通常焼物は1種、多くても2種くらいだが、


「さ行」では美味しい旬の魚の焼物が一度に3種食べれる!


蛤粥の上に乗ったサクラマスの照り焼き、


銀ダラの西京焼、桜チップスで燻製をかけたサワラ塩焼き。


どれも美味しかったけど、特に銀ダラはすごく美味しかったなー。


口直しには、沖縄県産もすく酢


f0232060_14585446.jpg


f0232060_14592318.jpg


f0232060_14593582.jpg


f0232060_14594436.jpg


f0232060_14595581.jpg


f0232060_1501058.jpg















5品目は、「和食屋が作った酢豚」


調味料含む、全ての食材を日本のモノを使い、豚は揚げずに煮豚を使用。


ちゃんと酢豚だけど、どこか優しい、和の感じがある不思議な酢豚。


まさに、和食屋さんが酢豚を作るとこうなる!という一品。


酢豚の上には新じゃが餅、素揚げした伏見唐辛子など。


f0232060_1524762.jpg


f0232060_153933.jpg


f0232060_1531766.jpg















6品目は、名物の揚げ胡麻豆腐


スッポン出汁のスープとワンタンと共に。


f0232060_1543377.jpg


f0232060_1544469.jpg















7品目は、〆のご飯とお蕎麦。


手の込んだ料理がものすごい種類と、ものすごい量で出てくるw。


蕎麦は、こんにゃく蕎麦で山形名物「だし」を乗せて。


ご飯は、埼玉県合鴨鶏肉の玉子あんかけ親子丼


超贅沢な〆の炭水化物!


f0232060_1591255.jpg


f0232060_15101644.jpg


f0232060_15102471.jpg
















8品目はデザート


グレープフルーツゼリー、スイートポテト、コーヒームース


ほうじ茶クリームが入ったシュークリーム、かりんとう饅頭など、


なんと5種類の盛り合わせ。


日本料理店でガッツリ洋風デザートが出てくるのも珍しいが、


こんなにデザートの種類が出てくるもの珍しい。


f0232060_1514191.jpg


f0232060_15144258.jpg


f0232060_15145377.jpg


f0232060_1515276.jpg


f0232060_15151091.jpg















帰りがけには、鯛めしのおにぎりのお土産まで付く。


今日の料理に鯛めしは出てないので、お土産のためだけに作られた一品。


本当に最後の最後まで驚かされるサービス精神。


f0232060_15162455.jpg











色々と予約の取れないお店はいっぱいあるが、


「さ行」はトップクラスで予約が取れないお店の1軒。


「さ行」の場合は諸事情で新規のお客様からの予約をもう取っておらず、


登録済みの常連さんでも次回は来年2020年の2月以降・・・(泣)。


でも、こんなにすごい料理を、ものすごい品数と量でいただけて、


飲んで食べて諭吉さんを超えないのだから、



そりゃ、予約は取れなくなるわけだ。


本当は毎月お邪魔したくて仕方がないけど、また来年楽しみにしてます!!








■「さ行」
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13118721/


















大好きな「もがめ食堂」でランチ。


特に休日のランチはかなりの頻度でお邪魔している。


本日は、日替わり定食のチキンカツ


f0232060_2847100.jpg
















美味しいご飯でお腹いっぱいに、をコンセプトにしてて、


ご飯のお代わりが無料でできる定食屋さん。


ジューシーで、しっかりとした味付けでご飯がどんどん進む味。


f0232060_2103059.jpg















具だくさんの味噌汁も美味しい。


f0232060_2115495.jpg















小鉢も、マカロニサラダ、煮物、マグロのブツと、


ものすごくいい感じのラインナップで、何から何まで好みの定食屋さん。


f0232060_2125654.jpg








■「もがめ食堂」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13202037/









by meshi-quest | 2019-04-21 08:07 | 吉祥寺







懇意にさせてもらっている新宿御苑前の日本料理店「御苑前 せお」へ。


すごく疲れた時に、フラッと一人で立ち寄って、


優しい出汁の美味しい日本料理で癒してもらったりしている。


f0232060_19351026.jpg


f0232060_19354042.jpg














通常、夜はコース料理がメインになっているが、


常連さんには一品料理メニューが用意されてて、


コースの方が値段的にはお得なのだが、


疲れた時にはわがまま放題、食べたいものを食べたいので一品料理にしている。


f0232060_19421596.jpg












まずは、ちぢみほうれん草のおひたし。


優しい出汁と甘みあるほうれん草で、体に栄養が行き渡っている感じがする。


f0232060_1944919.jpg


f0232060_19452544.jpg













「せお」さんの絶品生湯葉


豆の甘みがしっかり出ていて、この湯葉は本当に美味しい!


メニューにはないのだが、いつも私はそこに生雲丹も乗せてもらう。


f0232060_19471361.jpg


f0232060_19475670.jpg













フグの唐揚げとイカゲソ唐揚げ。


「成沢さん、揚げ物2つになるけど、大丈夫?」と大将に聞かれ、モーマンタイ!


フグはなんか淡白な刺身とかより、下味しっかり付いた唐揚げの方が好きだな。


f0232060_19501160.jpg


f0232060_1950378.jpg


f0232060_19504876.jpg













甘鯛大根のお椀。


なかなかこんな美味しい出汁のお椀を、


気軽に一品料理とかで出してくれるところが少ないので、ありがたや。


f0232060_19544763.jpg


f0232060_19545847.jpg












本日おすすめという太刀魚の塩焼き。


おすすめだけあって、脂ノリノリでとても美味しい!


f0232060_19563378.jpg


f0232060_19572175.jpg












最後は天ぷら盛り合わせ


元々蕎麦屋さんだっただけあって、


「せお」さんの天ぷらは本当に揚げ方が上手で、


カラッと揚がっていて、全く胃もたれしない。


天ぷらはそこまで得意じゃないので、他店だと頼まないのだが、


「せお」さんに来ると、ほぼ必ず頼んでいる。


今日も、体が癒される美味しい料理をいっぱいいただいた。


f0232060_201785.jpg







■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/










by meshi-quest | 2019-04-09 08:08 | 新宿










懇意にさせてもらっている


大好きな日本料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_13223228.jpg


f0232060_1323736.jpg
















本日のおまかせコース1品目は、


太刀魚のかぶら蒸しから。


f0232060_13235789.jpg


f0232060_1324675.jpg


f0232060_13241631.jpg
















2品目は、絶品のあん肝醤油と薬味と海苔でいただくお造り。


お刺身はヒラメキンメ


「はらまさ」さんのお造りを一度食べてしまうと、


他店のお造りが少し物足りなく感じてしまうくらい美味い!


f0232060_13255719.jpg


f0232060_13262831.jpg


f0232060_13263785.jpg
















3品目は、私が大好きなフォアグラとカニの茶碗蒸し。


黒トリュフもたっぷりで、ものすごくいい香り。


濃厚で、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_13271899.jpg


f0232060_1328810.jpg
















4品目は、ホタテ真薯新物のワカメのお椀。


優しくて、ホッとするような上品な出汁。


f0232060_13294089.jpg


f0232060_13294891.jpg
















5品目に、大きな黒アワビ登場!!


名物の白子の「痛風そうめん」は、


本日は黒アワビと肝を使った特別バージョン。


上からはたっぷりとからすみをかけて。


f0232060_13314441.jpg


f0232060_1332687.jpg


f0232060_13321597.jpg
















6品目の焼き物はサワラ


焼き物はホント火加減が難しいので、家で食べるのと大違い。


f0232060_13342095.jpg
















7品目は、名物の黒トリュフの土鍋ご飯


美味しすぎて、いつも何度もお代わりしちゃって足りなくなるので、


特別に通常の量の1.5倍を炊いてもらっているw。


f0232060_13354457.jpg


f0232060_13355520.jpg
















黒トリュフと出汁とバターの風味で、プレーンでも十分美味しいが、


トッピングの和牛すき焼き、生ウニ、新鮮な生卵を合わせると、


破壊力抜群の、こんなにものすごい絵面にw。


f0232060_13393795.jpg















ご飯お代わり自由、トッピングもお代わり自由!!


本当にご飯天国のようなひととき!


f0232060_1340830.jpg
















ここで、「はらまさ」大将の原さんから


なんとサプライズでバースデーケーキをいただきました!


日本料理屋さんでケーキがいただけるなんて思ってなくて、本当に驚きました。


原さん、本当にありがとうございます!!


f0232060_13425811.jpg


f0232060_1343849.jpg
















8品目のデザートは、「はらまさ」さんデザートの3種盛り。


マスカルポーネのムース、黒胡麻アイス、わらび餅


甘さ控えめで、どれもとても美味しく出来ている。


最初から最後まで、本日も大満足、お腹いっぱいのコースだった。


f0232060_13454998.jpg


f0232060_13461687.jpg


f0232060_13462845.jpg


f0232060_13463610.jpg











■「はらまさ」
https://pocket-concierge.jp/restaurants/243859









by meshi-quest | 2019-03-19 08:08 | 四谷









2019年、今年の鰻初めを縁起良く「かぶと」でさせてもらったが、


時を開けずに、またすぐ「かぶと」に来れる幸せ。


f0232060_12412575.jpg















何度もお邪魔させてもらっているが、


思えば、大将の焼き台の目の前の席は初めてかも。


大将から「え、そうでしたっけ?!」なんて驚かれながら、


まずは、関東風の蒸して作るえり焼きから。


f0232060_12452894.jpg


f0232060_12455917.jpg


f0232060_12461592.jpg


f0232060_12463854.jpg















こちらは、関西風の蒸さないえり焼き。塩で。


今日は天然の入荷がなく、春先4月まではほとんど養殖のみ。


なので、あの1月の天然が入った日は相当レアだったんだなあ・・・。



f0232060_12471056.jpg















「かぶと」のうなぎ以外で必食の1つ、冷ややっこ


大桃豆腐という豆腐店から取り寄せてるそうだが、


箸で掴めないほどフワフワで、トロトロで、


何よりも大豆ってこんなに甘くてうまいのか!!と感激する味。


醤油は使わず、対馬の藻塩で豆腐を味わう。


豆腐の概念が変わる豆腐なので、これはぜひ。


f0232060_1250831.jpg


f0232060_1251045.jpg















「かぶと」名物の、うなぎの動いてる心臓


捌きたての証拠で、注文入ってから捌くからこそ出せる物。


毒があって苦いので、噛まずに丸飲みをする。


f0232060_12552633.jpg















ひれ焼き肝焼き


f0232060_125618100.jpg


f0232060_12562759.jpg














一口蒲焼尻尾焼き


尻尾焼きは数がないので、2本を3人でわけわけする。


f0232060_12571582.jpg


f0232060_12575296.jpg















尻尾に近いところの身とレバー


f0232060_12585474.jpg


f0232060_1259435.jpg















いよいよ、白焼き登場!!


1人1本づつ、写真は3人分。


皮がパリッとしてて、うなぎの甘味と旨味が詰まってて、


めっちゃくちゃ美味しい!!!


f0232060_1313429.jpg


f0232060_131489.jpg


f0232060_132054.jpg
















そして、メインディッシュの蒲焼!!


f0232060_1325019.jpg


f0232060_1332020.jpg


f0232060_1333393.jpg














「かぶと」ではお重の形にはせずに、


蒲焼とご飯を別に出すことで、蒲焼でも、お重風でも、


どちらも楽しめるようになっている。


ご飯は、大・中・小が選べるのだが、当然、大で!!


f0232060_1354371.jpg


f0232060_1355565.jpg


f0232060_137403.jpg










心臓から尻尾までのフルコース。


今宵も「かぶと」のうなぎは最高だった!






■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/
















京都出張









弊社京都支社のグルメなスタッフの紹介で、


五条の路地裏にある天むす専門店「天むす 喜多」でランチ。


f0232060_19593243.jpg


f0232060_2073224.jpg













京都で天むすは非常に少ないらしい。


元々は、祇園の芸舞妓さんへの差し入れがヒントで始められたとのこと。


天むすと聞くと、どうしても名古屋のB級グルメなイメージがあるが、


よく考えたら、天ぷらも、ご飯も、非常に京都っぽいというか、相性良さそうだ。


f0232060_20102446.jpg


f0232060_20103983.jpg












注文が入ってから大将が丁寧に天ぷらを挙げてくれて、


特製のタレに漬けて、炊きたてのご飯とパリパリの海苔で握ってくれる。


ランチの天むすコースは4種で、まずは鯛の天むすから。


甘みある上品な鯛の天ぷらに、スッキリとした甘辛のタレがとても合う。


f0232060_20133066.jpg


f0232060_20141595.jpg












続いて、鮭の天むす


鯛よりも、しっかりとした味わいの天むすになる。


f0232060_201622.jpg












次は、鱈の天むす


鯛よりも、身がしっかりしてて、旨味が強い。


f0232060_2017988.jpg












最後は、海老の天むす


これまで、鯛、鮭、鱈と食べてきたが、


最後に食べて分かることは、天ぷらはやっぱり海老が一番美味いw。


f0232060_20182936.jpg







これまで何度も天むすは食べているが、


初めてB級ではなく、S級の天むすに出会った感じ。


実際、今回いただいた京都の天むすはめちゃくちゃ美味しくて、


ホント京都でもっと天むすが流行ってもいいのになあ・・・と思う次第。







■「天むす 喜多」
http://www.congratshotel.com/area/area01.html






by meshi-quest | 2019-02-21 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ