人気ブログランキング |

タグ:和食 ( 418 ) タグの人気記事









吉祥寺にある大好きな定食屋「もがめ食堂」。


普段はランチでお邪魔することが多いが、


今日は珍しく、ちょっと早めの夕食を食べに。


f0232060_15493024.jpg












「美味しいご飯でお腹いっぱいに」というお店のコンセプト通り、


白飯にとても合うおかずがどれもすごく美味しい。


いつもランチは大人気で混んでて無理なお願いができないので、


今日は贅沢しちゃうよーーーーーー!!


から揚げ生姜焼きもどっちも頼んじゃったw。


f0232060_1552044.jpg













下味がしっかり付いて、サクッと揚がってるから揚げに、


濃厚な甘辛だれが美味しい生姜焼き


小鉢も充実してて、ご飯が進む美味しい定食だった。


「もがめ食堂」さんのおかずが一度に2種類も食べれるのは贅沢だなw。


ふっくらご飯は、もちろんお代わり自由!


f0232060_1554882.jpg


f0232060_15541920.jpg


f0232060_15545561.jpg


f0232060_15551356.jpg


f0232060_15552583.jpg









■「もがめ食堂」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13202037/









by meshi-quest | 2019-07-23 08:08 | 吉祥寺









何となく、ふと蕎麦気分になったので、


新宿御苑前にある名店「大木戸矢部 花園町店」でランチ。


f0232060_1232992.jpg
















新宿御苑前は観光客も多く、会社も多いのでサラリーマンも多く、


ランチはいつもどこも混んでいるのだが、


ここは蕎麦の名店でありながら、ちょっと駅から離れてて、


人通りの少ない路地にあるために入りやすく、落ち着いて蕎麦がいただける。


f0232060_12335038.jpg
















天せいろ(2000円)をいただく。


うん、ものすごく美味しいお蕎麦。


そして、出来立て、サクサクの天ぷらも軽くて、食べやすい。


f0232060_12351533.jpg


f0232060_12352949.jpg


f0232060_12393590.jpg
















甘味あって、トロトロの蕎麦湯は、


同じく御苑にある「御苑前せお」を思い出す味。美味しい。


御苑で蕎麦を食べるなら、ここ「大木戸矢部」さんか「せお」さんだなー。


f0232060_12372130.jpg










■「大木戸矢部 花園町店」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13000829/











by meshi-quest | 2019-07-18 08:08 | 新宿








最近、とても気に入っていてお邪魔させていただいてる


イタリア料理日本料理を融合させたガストロノミー、


「HaRe Gastronomia ハレガストロノミア」でディナー。


恵比寿駅近くのマンションの1室にあり、


中に入る時もお店からオートロックを解錠してもらう隠れ家スタイル。


f0232060_11315877.jpg


f0232060_1132812.jpg















店内のど真ん中には大きな木があり、


天井が高く、開放感があって、この雰囲気がすごく落ち着く。


f0232060_11325744.jpg


f0232060_1133836.jpg














ソムリエさんオススメの私が飲めそうな白ワインと、


お茶好きの私のために用意しておいてくださった


長時間水出しをした香り高い新茶


f0232060_11361188.jpg


f0232060_1136545.jpg















1品目は、豪華な先付八寸から。


イタリアンの技法や食材との技法や食材を融合させた独特な八寸。


f0232060_11413783.jpg















カプレーゼ・ビアンコ、水蛸とオクラと煎り酒のエスプーマ、


フォアグラの西京漬けなど、どれも芸術的で美味しい。


植木鉢のような


パルミジャーノ・レッジャーノのクレーマ、


すごく好みで、特に美味しかったな。


f0232060_1142532.jpg


f0232060_1143478.jpg


f0232060_11431212.jpg


f0232060_11432266.jpg















ここでシェフから振舞い酒のプレゼント。


梅酒「うぐいす」にカボスを絞り、爽やかな甘みにしたもの。


f0232060_11451165.jpg















2品目はお凌ぎ


サンダニエーレ産プロシュートとパン・オ・ルヴァン。


白いものは豆乳フォアグラ豆腐で、上にはスイカの奈良漬け。


f0232060_11474622.jpg


f0232060_11481270.jpg


f0232060_11482053.jpg


f0232060_11482758.jpg


f0232060_11483517.jpg


f0232060_11484525.jpg















3品目は佐賀牛のアニョロッティ。


コンソメも佐賀牛で取ったもので、


スープの中にもアニョロッティの中にも佐賀牛肉が入ってて、


すべて1皿丸ごと、佐賀牛が楽しめる一皿。


アクセントに花山椒の実が入ってて、いい香り。


f0232060_1151329.jpg


f0232060_1152839.jpg


f0232060_11521743.jpg















私が大好きなワイングラスで飲むお茶、


「ロイヤルブルーティー」


「FALL IN LOVE」


わざわざ取り寄せておいてくださったそうで、感激。


そして、相変わらず、本当にこのお茶は贅沢で、絶品


f0232060_11541014.jpg















4品目は、海の幸のサラダ仕立て。


季節の、メバチ、海鱒と、甘みある新玉ねぎの組み合わせ。


飲み物は新茶に梅とこんぶを加え、海の幸に合わせたもの。


f0232060_11575674.jpg


f0232060_11581647.jpg


f0232060_1158277.jpg















5品目は、小鮎のフリット。


付け合わせは青いガスパチョ


飲み物はスイカと紅茶を合わせたもので、


鮎が少し瓜のような香りがすることから、このペアリング。いい香り。


f0232060_120241.jpg


f0232060_1205531.jpg


f0232060_121686.jpg















6品目は、チンタセネーゼというイタリア産黒豚のロースト。


新生姜、甘夏、人参などの夏の野菜や果物との組み合わせ。


飲み物は、「IBUSHI」というその名の通り、


すごくスモーキーな国産のお茶。


f0232060_1231750.jpg


f0232060_1234083.jpg


f0232060_1253488.jpg















7品目の炊合せは、伊勢海老のポルペッティ(肉団子)。


上からはミントの香りがするモヒートのエスプーマ。


f0232060_127081.jpg


f0232060_1271392.jpg
















8品目のご飯が炊きあがり、


本日は生ハムとアスパラガスの炊き込みご飯をリゾット仕立てに。


上からはトリュフカラスミで、華やかなご飯。


ここでも美味しいお茶をいただく。


f0232060_1212835.jpg


f0232060_12123513.jpg


f0232060_12124714.jpg


f0232060_1213024.jpg















口直しに、トリュフが丸ごと1枚入った出汁のスープと、


青トマトのピクルス。


f0232060_1214358.jpg















9品目は、甘夏とフロマージュブランの


ビアンコマンジャーレ(パンナコッタのようなもの)。


上からはキウイのすり流し。


飲み物は、たくさんの果物を使ったフルーツデトックスティー。


f0232060_12213379.jpg


f0232060_12215769.jpg
















10品目は、ホワイトチョコとパッションフルーツムース、


マンゴーのソルベなどのデザート盛り合わせ。


f0232060_1225749.jpg


f0232060_12252299.jpg















ちなみに、HaRe特製のお箸は、使った後にお持ち帰りが出来る。


色は、黒、緑、赤など全7種。コンプリートしようかなw。


今日もとても美味しく、素晴らしいコースだった。


今後も月ごとにどんな風に変わっていくのかが楽しみ。


f0232060_12225665.jpg


f0232060_12265756.jpg









◼︎「HaRe Gastronomia ハレガストロノミア」
https://hare-tokyo.jp/

















新宿御苑前駅は、江戸時代に藩主の屋敷があった跡地に


皇室の庭園として新宿御苑という広大で美しい庭園が見所で、


連日、国内外から多くの観光客がやってくる町だ。


そのすぐ隣には、うって変わって新宿二丁目があり、


こちらも国内外で有名な広大な夜の町が広がっている。











そんな新宿御苑前に、おなべのお姉さん(お兄さんかな?)がやってる


美味しい鉄板焼きがあると聞いて、お邪魔してみた。


f0232060_12381842.jpg













店内にあるおもちゃの恐竜もせっせと子作りに励んでいるw。


f0232060_1239496.jpg













「恋するレモンサワー」は、


上にシャリシャリのはちみつレモンシャーベットが乗ってて、


炭酸飲めないけど、上のシャーベットだけ美味しくて食べてた。


お通しは、塩昆布キャベツ。


f0232060_1243690.jpg


f0232060_12432029.jpg












まずは、豚平焼


すごく丁寧に作られてて、美味しい!


f0232060_12444126.jpg


f0232060_1245867.jpg












キャベツのバター醤油焼。


キャベツの甘みと醤油バターがいい感じ。


f0232060_12455276.jpg













げそバター焼


大きなイカゲソがプリプリしてて、これも美味しい。


f0232060_12471198.jpg












牛ステーキは、好きなグラム数で焼いてもらえる。


f0232060_1248687.jpg


f0232060_1248225.jpg













ソース焼きそば


これ、干しエビや牛かすも使ってコクが出てて、太麺ですごく美味しい!!


f0232060_12495712.jpg









鉄板焼きのクオリティーが高く、どれを食べても美味しい。


特に日曜休みが多い新宿御苑にあって、


日曜も夜遅くまでやってるのがありがたい。


いろんな面で、すごく重宝しそうな鉄板焼き屋さんだった。







◼︎「あじぱん」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13152360/









by meshi-quest | 2019-07-16 08:06 | 新宿







ご縁があって、初めて千葉県の南部、御宿(おんじゅく)という場所に来た。


近くの御宿海岸は、童謡「月の砂漠」の発祥の地だそうで、


「アジアの美しいリゾート地のような白い砂浜が広がってる」と聞き、


「またまた〜〜!」なんて、ちょっと侮っていたら、


サーセン!!!本当に綺麗で、素敵な海岸で驚いた。


f0232060_2038344.jpg













千葉にこんなのどかで、いい海岸があるんだな。


f0232060_2038449.jpg


f0232060_20391066.jpg


f0232060_20392253.jpg


f0232060_20393411.jpg













さて、ランチにせっかくなので海鮮を食べようと、


ネットで調べて良さそうだった「白鳥丸」というレストランへ。


土産物屋も併設してて、観光地っぽいレストランだが、


清潔感もあり、雰囲気も良く、広々としてて良かった。


f0232060_20421056.jpg


f0232060_20422062.jpg


f0232060_20423147.jpg


f0232060_20424165.jpg


f0232060_20425385.jpg


f0232060_2043863.jpg













ちょっと遠出すると、


子供のようにウキウキして、テンションが上がってしまうたちで、


テンション上がったついでに、胃も緩んでしまう。

地魚の刺身と西京漬け焼きの満足御膳(1950円)に、


伊勢海老の味噌汁(1000円)を付けたランチがコチラ!!


f0232060_20455567.jpg












刺身も新鮮で、西京焼きも美味しく出来てて、


観光地レストラン=高くて、イマイチではない、ちゃんとした定食がいただけた。


f0232060_20473946.jpg


f0232060_20475796.jpg













伊勢海老もドーーーン!!!!


半身丸ごと入ってて、いい出汁が出てた!


これは1000円でも頼む価値あるわ〜。


f0232060_2049281.jpg












さらに、この日の私の胃袋はこれだけにとどまらず・・・、


焼きハマグリもドーーーン!!!


f0232060_2050615.jpg


f0232060_20501586.jpg












大海老フライ(1800円)も、ハイ、ドドーーーーーーン!!!


海老フライ、ここまで大きいと、先の方がパン粉でごまかされてることも多いが、


この海老は、ちゃんと先まで身があって、プリプリでめちゃくちゃ美味しかった!


海鮮大満足!


f0232060_205321.jpg








◼︎「白鳥丸」
http://www.shiratorimaru.com/









by meshi-quest | 2019-06-30 08:08










懇意にさせてもらっている


大好きな日本料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_17495744.jpg


f0232060_17501453.jpg
















最後にお持ち帰りをさせてくれる特製箸


家に「はらまさ」さんに行った回数分の箸があるがw、


軽くて使いやすくて、普段でも使わせてもらってる。


f0232060_17513923.jpg


f0232060_1751504.jpg
















1品目は、大好きなトリュフフォアグラの濃厚茶碗蒸し。


何度いただいても、全く飽きずにその度に美味しいと思う。幸せ。


f0232060_17573977.jpg


f0232060_17581816.jpg
















2品目は、鱧真薯とワカメのお椀。


ものすごく優しくて、上品で、いい出汁が出ている。


f0232060_17593277.jpg


f0232060_17594262.jpg















3品目は、絶品の特製あん肝醤油でいただくお造り。


本日はヒラメキンメ


このあん肝醤油がこの世のものと思えない旨さw。


お造りを海苔と薬味で巻いていただくのも「はらまさ」流。


f0232060_1812789.jpg


f0232060_182045.jpg


f0232060_1828100.jpg


f0232060_1821693.jpg















4品目は、太刀魚の餡かけかぶら蒸し。


これもとても上品で美味しく出来てる。


f0232060_183507.jpg


f0232060_184461.jpg















5品目は、これまた私が大好きな通称「痛風そうめん」


高尿酸値を瞬時に叩き出しそうな白子キャビア


いくらからすみなどで構成された濃厚な混ぜそうめん。


何度いただいても、ホント美味しいなあ・・たまらん。


f0232060_1861084.jpg
















6品目は、サワラの幽庵焼き。


脂が乗ってて美味しいサワラに、幽庵のいい香り。


白飯でも、お酒でも、どちらにも合いそう。


f0232060_188112.jpg


f0232060_1883539.jpg















7品目は、お待ちかね、名物のトリュフご飯!!


大将の原さんがたっぷりトリュフをかけてくれる。


出汁で炊いた炊き立てご飯に、トリュフの香りが広がる。


f0232060_18104571.jpg


f0232060_1811264.jpg


f0232060_18111264.jpg


f0232060_18112484.jpg
















「はらまさ」さんの名物ご飯はトリュフだけにとどまらず、


国産和牛のすき焼き、新鮮な生卵生雲丹がトッピング自由!


なので、ご飯のお代わりの度に、こんな感じとか・・・


f0232060_1813259.jpg















こんな感じとか・・・、ありえない絵面のご飯になるw。


いやー、ホント幸せだー。


f0232060_18141120.jpg
















8品目は、デザート。


デザートは3種あり、1品選んでもいいし、3品盛り合わせでもOK。


私はシャンパンゼリーとムースのデザートと、


黒胡麻アイスの2種を。


f0232060_18161423.jpg


f0232060_18165257.jpg


f0232060_1817150.jpg
















今日も私が好きな、食べたいものを中心をしたコース料理。


「はらまさ」さんの料理は本来季節によって色々と変わるのだが、


どうしても大好きな料理をお願いしていくと、


結局、いつも一緒の流れのコースになってしまう、我がワンパターン(苦笑)。


なので、メシクエでの「はらまさ」さんのコース料理が変わらないのは、


ひとえに注文している私のせいw。


とはいえ、トリュフとフォアグラの茶碗蒸しとか、痛風パスタとか、


あん肝醤油のお造りとか、〆のトリュフご飯とか、


やっぱり全部食べたいもんなー。









■「はらまさ」
https://pocket-concierge.jp/restaurants/243859









by meshi-quest | 2019-06-26 08:08 | 四谷









新宿御苑にある水炊きの名店「玄海」がやっている


「玄海」の味を少しお安く食べられる「げんかい食堂」でランチ。


f0232060_11314953.jpg


f0232060_1132386.jpg















小さなお庭があったり、


1人でも半個室を優雅に使わせてくれるので居心地がいい。


f0232060_11324529.jpg


f0232060_11325598.jpg














「玄海」で食べると、


ランチどころじゃない結構なお値段になってしまうが、


「げんかい食堂」では1000円ランチなどもあり、


名物の元祖水炊きも一人2185円から楽しめる。


さらに、ランチからアラカルトで焼鳥なども1本から注文できる。


f0232060_11334499.jpg















元祖水炊き(2185円)のコースの小鉢と、


アラカルトで、玄海たまごを注文。


鶏料理店の半熟卵だけあって、これがものすごく美味しい。


小鉢は鶏の煮こごり。


f0232060_11362778.jpg


f0232060_11372767.jpg


f0232060_11373514.jpg















アラカルトで、正肉つくねハツを注文。


「玄海」というと、どうしても水炊きが目立ってしまうが、


実はかなり焼鳥も美味しくて


ランチで1本から注文できるのでオススメ。


f0232060_1139953.jpg


f0232060_11393450.jpg















水炊きの準備が完了!


鍋の中に鶏のコラーゲンを投入して、鍋が煮えるのを待つ。


鶏は下茹でされているので、鍋が温まればすぐに食べられる。


f0232060_11423924.jpg


f0232060_11431971.jpg


f0232060_11433092.jpg














水炊きの鶏肉も柔らかくて美味しいが、


何より白濁した濃厚コラーゲンスープがめちゃくちゃ美味しい。


スープは全部飲み干してしまっても、


ちゃんと〆の雑炊用に別のスープが来るので安心w。


f0232060_11443514.jpg














〆は、コラーゲンスープを使った雑炊


卵を入れた、優しい味わい。


ちょっと時間がある時の優雅なランチにオススメ。


f0232060_11461283.jpg


f0232060_11462535.jpg








■「げんかい食堂」
http://genkai-group.jp/shokudo/










by meshi-quest | 2019-06-24 08:07 | 新宿







西荻窪にある大好きな魚居酒屋「しんぽ」へ。


西荻に13年間住んでいた時には、


それこそしょっちゅうお邪魔していたが、久しぶりの訪問。


それでも、大将もスタッフの皆さんも、みんな変わらず接してくれて嬉しかった。


f0232060_14494026.jpg













お気に入りの2階座敷


ほぼ直角の(笑)、急な細い階段を登ると、店の2階がロフトの座敷になってて、


足を伸ばしてのんびりくつろぐことができる。


f0232060_1452505.jpg












スッキリ辛口の日本酒と、豪華な3種のお通し


新鮮な白魚に、ブリ大根、貝の煮付け。


このお通しだけでも、1杯飲めてしまうw。


f0232060_1454524.jpg


f0232060_14543421.jpg












まずは、キャベツジャガイモのカリカリサラダ。


揚げたジャガイモがいいアクセントになってて、つまみにもなる美味いサラダ。


f0232060_14563232.jpg












いいエキスが出ている焼きハマグリと、


旨味たっぷりのメヒカリの唐揚げ。


今が旬のヤングコーンは、この時期だけの新鮮なも食べれる。


f0232060_150718.jpg


f0232060_1502348.jpg


f0232060_1503461.jpg












「しんぽ」名物の刺し盛りキターーーーー!!


この品数と、ボリュームと、厚み!!


魚専門居酒屋ならではの、魚好きにはたまらない盛りっぷり。


f0232060_15122398.jpg


f0232060_15123477.jpg


f0232060_15124378.jpg













そして、私が密かに最後の晩餐として狙っている


「しんぽ」名物の銀だらの西京焼き


漬かり方、焼き方、全てにおいて完璧な西京焼き。


こんなに柔らかく、でも、ちゃんとしっかり身は締まってて、


美味しすぎて、3人であっという間に食べ尽くしてしまったw。


f0232060_15154716.jpg


f0232060_15155853.jpg













これも私が大好きで必ず頼むカニクリームコロッケ


ほぼカニ!というくらい身が詰まってて、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_15172222.jpg


f0232060_15173474.jpg












淡路クマエビの塩焼きに、イカゲソの唐揚げ。


f0232060_1519813.jpg


f0232060_15192251.jpg












グリーンアスパラ炭火焼と、生岩ガキ


岩ガキは苦手なので、写真だけw。


f0232060_15195651.jpg


f0232060_15202149.jpg












大将には「まだ出してなかったかと思った」と笑われたが、


あまりに食べたくて、銀だら西京焼きをお代わりw。


同じ焼き魚をお代わりしてしまうなんて、どんだけ美味いかお伝えしたいw。


f0232060_1521277.jpg













最後は、にぎりずしハマグリの赤だし。


シャリがすぐ無くなってしまうので、早めに注文しておくのがおすすめ。


赤だしもアサリではなく、たっぷりのハマグリが入ってる。


f0232060_15234757.jpg


f0232060_1524163.jpg












締めは、宮崎県産のマンゴー


このマンゴーが魚屋さんで出してくれるマンゴーとは思えないくらい、


甘くて、上品で、美味しくて、甘い桃を食べてるかのようだった。


驚いた。ここ最近の中のNo.1マンゴー。


f0232060_15263615.jpg









◼︎「しんぽ」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13017401/









by meshi-quest | 2019-06-19 08:08 | 西荻窪








銀座のの名店「はっこく」佐藤大将からのお誘いで、


「はっこく」にて3日間限定で行われた


表参道の日本料理の名店「太月」との


スペシャルコラボイベントにお邪魔してきた。


f0232060_1320476.jpg


f0232060_13205458.jpg


f0232060_13212100.jpg
















「太月」さんにとっては初の他店コラボ


かつ、初の出張料理だそうで、


「はっこく」さんに「太月」さんの望月大将やスタッフの皆さんが来て、


色々と盛り付けをされたり、料理をされている姿は不思議で興味深かった。


f0232060_13233564.jpg
















「はっこく」さんは30貫寿司で有名だが、


今日は「太月」さんとのコラボということで、


「太月」さんの日本料理の間に、玉入れて計13貫のにぎりを出すコース。


まず1品目は「太月」さんのフカヒレから。


両店のコラボなので、前菜からすでにメインディッシュ級の料理が登場。


千葉のヨシキリザメのフカヒレをすっぽん出汁と生姜で煮たもの。


上品な味わいで、ものすごく好みの味。


ここ最近食べたフカヒレ料理の中で、中華含めても一番美味しかったかも。


f0232060_13315369.jpg


f0232060_13322510.jpg















2品目は「太月」さんの煮アワビ


柔らかく煮られた千葉の黒アワビを絶品肝ソースで。


f0232060_1334274.jpg


f0232060_13343775.jpg















美味すぎの濃厚肝ソースを舐めてしまいたい気分の中、


「はっこく」佐藤大将が現れて、シャリを入れてくれる


なんとも素晴らしいコラボレーションw。


f0232060_1336279.jpg















3品目は、「はっこく」さんの鮨3貫。


鮎魚女春子


「はっこく」さんの鮨は軽くて、美味しくて、


そして、何よりも本当に鮨が凛としてて、美しい


f0232060_13381223.jpg


f0232060_13384612.jpg


f0232060_13385635.jpg
















4品目は、「太月」さんの自慢の一番出汁と、


その出汁を使った天草のの葛たたき。


中には初夏を感じる秋田のじゅんさいと小メロン。


f0232060_1341739.jpg


f0232060_13412569.jpg


f0232060_1341368.jpg


f0232060_13415290.jpg















5品目は、「太月」さんの山口の甘鯛を使った興津焼き。


「興津焼き」は静岡の料理方法だそうで、


甘鯛に高温で油をかけてうろこ焼きにし、


身の部分はたれを付けてたれ焼きにする手の込んだ一品。


この甘鯛は今回印象に残って、大好きだった料理の1つ!


f0232060_13443434.jpg


f0232060_13445536.jpg















6品目は、「はっこく」さんの鮨3貫。


、余市の鮟肝小肌


鮟肝の鮨が食べれるお店はなかなかないけど、「はっこく」さんでは定番。


f0232060_1347335.jpg


f0232060_1347214.jpg


f0232060_13473051.jpg















7品目は、「太月」さんの仙台牛ヒレをつかったしゃぶしゃぶ。


中には茄子を和三盆と醤油で甘辛く煮た田舎煮が入ってる。


この料理もめちゃくちゃ美味しかった!!


f0232060_1351858.jpg


f0232060_13511764.jpg















8品目は、「太月」さんのフルーツトマトのすり流し。


上には毛蟹とキャビアが入っている。


トマトの程よい酸味と甘味があって、口直しにもちょうどいい一品。


f0232060_1353351.jpg


f0232060_13531890.jpg















9品目は、「はっこく」さんの鮨3貫。


赤身中トロ大トロ


言うまでもなく、美味しい(泣)。


ちなみに、イベントはカウンター10席ほどの2部屋で行われてて、


日本料理と鮨で変わるたびに、佐藤大将と望月大将が入れ替わり、


お客様と話をしながら料理を出してくれる。


f0232060_13561058.jpg


f0232060_13565388.jpg


f0232060_1357559.jpg















10品目は、「太月」さんの自家製からすみの飯蒸し。


からすみ、ごはん、からすみ、ごはん・・・の魅惑のサンドイッチw。


f0232060_13492737.jpg


f0232060_13494187.jpg















11品目は、「太月」さんの新作、鶏出汁玉〆


鶏がらとひき肉を使った和風のダブルコンソメで作る茶碗蒸し。


上には甘味ある生うにをたっぷりと。


f0232060_13592797.jpg


f0232060_13594556.jpg















12品目は、「はっこく」さんの鮨2貫。


車海老とフワフワの穴子


穴子、めちゃくちゃ美味しかったなー。


f0232060_1411053.jpg


f0232060_1413993.jpg















13品目は、「太月」さんの仙台牛ざぶとんの西京焼き。


肉食獣な上、最後の晩餐を西京焼きに決めてる私として、


この上ない最高の一品だった。


ここ最近食べた牛肉の料理の中で一番好きかも。絶品。


f0232060_1445551.jpg


f0232060_1451084.jpg


f0232060_1452432.jpg















14品目は「はっこく」さんの鮨と玉。


濃厚でフワフワなネギトロ巻きと、


キャラメルプリンを食べてるかのような


f0232060_146563.jpg


f0232060_1471087.jpg
















15品目は、「太月」さんのデザート3種盛り合わせ。


ビターな大人の抹茶プリン


そば粉クレープ、青梅白ワイン煮。


デザートも甘さ控えめで、とても美味しく出来ていた。


f0232060_1482576.jpg


f0232060_1484378.jpg


f0232060_1485163.jpg


f0232060_149168.jpg















通常のガッツリ30貫コースもいいけど、


日本料理と鮨を満遍なくいただけるのはもっといい。


極めた両店がお互いをリスペクトしてるからこそ出来る、


3夜限りの素晴らしい夢のコラボだった。










ゲームでも、今は色んなゲームが他のゲームとコラボをしてるが、


その昔はライバル同士でコラボするなんて考えられなかった時代もあって、


理由は色々とあるんだけど、何よりも双方がプラスになればいいじゃん、


お客さんが喜んでくれるなら細かいことはいいじゃんというのが結論で、


名店同士がコラボをするのは


本当に事前の取り決めなど大変だろうと推測するが、


ぜひこういう素晴らしい共演が増えてくれるといいなあと切に思う。








■「はっこく」
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13217157/



■「太月」
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13160021/










by meshi-quest | 2019-06-10 08:08 | 銀座









ゲーム業界ではものすごく有名な


会員制ゲームサロン「84」(ハシ)というお店があって、


住所も非公開で、


仮に初めての人を連れて行く場合も、


人を呼べる権利を有している会員しか連れていくことが出来ない。


つまり、一見さんがフラッと入ることもできないし、


1、2回来ただけでは、自分以外の他人を連れて行く権利も得られない。














そこまで厳格にルールが敷かれているのは、


オーナーでもあり、業界の大先輩でもある橋本さんに会いたくて、


ゲーム業界のレジェンド達だけでなく、芸能人、漫画家、声優など


多方面で活躍する方々がたくさんいらっしゃるからであり、


みんなが安心して楽しく飲んで食べて、


笑って、情報交換できる場を作るためでもある。














私はまだスクエニの新人の頃から橋本さんにはかわいがってもらっていて、


橋本さんが「84」をオープンされてからも何度もお邪魔していて、


正会員にまでさせてもらってるが、


聖地なので、メシクエでは記事にしないようにして控えていた。


ある時、橋本さんから「ぜひメシクエでも書いてよ!」と言っていただけたので、


禁断の聖地レポートをメシクエでも書かせてもらおうと思うw。














ちなみに、これが正会員の会員証


思えば、私もファミコンのカセットの裏に、


こんな感じでマジックで名前を書いてw、友達に貸したりしてたので、


当時を思い出して、あの頃のりえちゃんがそうしてたように名前を書いた。


f0232060_1151207.jpg


f0232060_11552340.jpg
















場所は完全非公開で、入口のドアも隠されてる


鉄の扉を開けると、ようやく「84」の看板が見える。


f0232060_1157331.jpg


f0232060_11573241.jpg















店内には、ゲーム好きにはたまらないお宝グッズがたくさんあって、


まさに大きな子供達の隠れ家だ。


初めての方を連れてくると、みんな目をキラキラさせながら、


店内のグッズを見て周ったり、写真撮ったり、昔話を始めるw。


f0232060_1212684.jpg


f0232060_1222415.jpg


f0232060_1223483.jpg















私も長年お世話になっているドラクエの堀井雄二先生のサインなど、


ゲーム好きにはたまらないレジェンドの方々のサインも多数飾られている。


これら全て、単に集めてきたようなものではなく、


レジェンドの皆さんが「84」のために書き残したものだ。


どれだけゲーム業界で「84」が愛され、守られているかが分かる。


f0232060_1234494.jpg


f0232060_125063.jpg


f0232060_125958.jpg















・・・と、こんな感じのお店なのだが、


堅苦しいことはなくて、みんな気ままに話をして、


自由に飲んで、食べて、笑っている。


お酒に合うつまみや、オーナー橋本さんが好きな家庭料理などが揃っていて、


料理はアットホームで、とても美味しく出来ている。


f0232060_128284.jpg


f0232060_1283864.jpg


f0232060_129882.jpg


f0232060_1291640.jpg


f0232060_1292773.jpg


f0232060_1293862.jpg


f0232060_1212773.jpg















味が選べる半熟卵


だいたい、私はいつもマヨと醤油。


f0232060_12102656.jpg















「84」特製肉じゃがは、


マッシュポテトを使っていて、


その上からひき肉の餡をかける創作家庭料理。


f0232060_12122121.jpg
















さらに、毎週木曜日は橋本さんが長年懇意にしている


老舗京都ラーメン「本家 第一旭」の味が食べれる日。


京都の本店の定休日である木曜だけ、本店からちゃんとお墨付きで、


本当に本店の麺とスープで本物の味が「84」で食べられる。


f0232060_12154697.jpg















「本家 第一旭」は京都で食べたことがあるが、


「84」で食べる第一旭の方がやや濃いめな気がして、


個人的には、私は第84旭の方が好き。めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_12175540.jpg














手作りデザートもあり、これも美味しく出来てる。


お母さんが遊びに来た友達に作ってくれたかのような、ホッとする味わい。


f0232060_12204917.jpg









なかなか気軽にどうぞ!という場所ではないかも・・・だが、


もし知り合いの方に正会員の方がいて、チャンスがあればぜひ!!











by meshi-quest | 2019-06-06 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ