タグ:和食 ( 371 ) タグの人気記事









日本一と言っても過言ではない、


全国に名前が知れ渡る鰻の名店「かぶと」へ。


去年の秋に行って以来、1年間待ちに待ったこの日到来!!


f0232060_1672891.jpg













今回は私がいつもお世話になっている人達4名をお誘いして、


大将目の前のアリーナカウンター席を5人で陣取る。


晴れの良き日に、それぞれが飲みたいもので乾杯。


まずは、私はくくみ酒から。


f0232060_1611725.jpg


f0232060_1611201.jpg


f0232060_16113493.jpg


f0232060_16124254.jpg













大将の鰻捌きと焼きを見ながら、豆腐を食べて、串を待つ。


いい香りがしてきて、至極幸せなひと時。


f0232060_1616767.jpg


f0232060_16162398.jpg


f0232060_16165390.jpg


f0232060_1617620.jpg


f0232060_16171739.jpg














まずは、鰻の頭である、えり焼きのタレから。関東風


f0232060_16184029.jpg


f0232060_16191545.jpg













続いて、えり焼きの塩。関西風


f0232060_1620997.jpg















続いて、一番鰻で美味しいという


腹びれや背びれを巻いたひれ焼き


f0232060_16213580.jpg














「かぶと」名物のまだ動いている鰻の心臓


心臓は取り出して10分ほどで止まるので、


動いているのを食べれるのは捌きたて、新鮮である証拠。


苦いので丸飲みするのだが、すごく貴重な体験。


色々行ったけど、心臓食べさせてもらえる鰻屋さんは「かぶと」だけだなあ。


f0232060_16232570.jpg












胃、小腸、肝臓など色々巻き込んだ肝焼き


残念ながら、私は苦手なので、写真だけ。


f0232060_1626090.jpg













日本酒が止まらず、ぬか漬けつまみながら、追加。


f0232060_16264626.jpg


f0232060_16265764.jpg













本日は養殖鰻だけでなく、天然鰻の入荷もあったので、


大将が天然うなぎを捌き始める。


太さ(養殖は青いけど、天然は黄色い)、勢い香り


すべてにおいて違う。


f0232060_16291099.jpg


f0232060_16292941.jpg













「かぶと」恒例の鰻の生首嗅ぎ比べw。


左の養殖鰻はやや生臭いが、右の天然鰻は自然の香りがする。


魚の匂いではあるが、天然はあまり嫌な匂いじゃなくて、


生首も最後まで元気に動いていたりする。


f0232060_16314993.jpg















鰻のミニ蒲焼と、しっぽの部分。


鰻の肝臓は、1つ1つが1匹分なので、1串で10匹分ほどの貴重なもの。


f0232060_1635227.jpg


f0232060_16354483.jpg


f0232060_1636614.jpg


f0232060_16361688.jpg














いよいよ白焼き、登場!!


大将がお客さんの分の大量の串を作って、焼いてくれている。


f0232060_16381842.jpg


f0232060_16382935.jpg


f0232060_16384326.jpg













こちらが養殖


脂が乗っていて、何の違和感もなく、普通にすごく美味しい白焼き。


f0232060_16395554.jpg













こっちが天然


天然は入荷が少ない貴重なものなので、5人で少しづつ分ける。


手前が静岡、奥が岡山。養殖よりもサッパリしていて、弾力がある。


f0232060_16412630.jpg


f0232060_16413957.jpg













そして、フィナーレ。


待望のかば焼き登場!!!


養殖は1人1本、天然はみんなで少しづつ。


かば焼きの神様、かば焼きの最高峰。


この照り、たまらん!!!


f0232060_16433168.jpg


f0232060_1644823.jpg


f0232060_16441665.jpg













実に1年待ったかいのある美味しいかば焼きだった。


心からありがとう、「かぶと」さん。


f0232060_1645058.jpg


f0232060_16451287.jpg








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/















予約の取れない赤坂見附の割烹の名店「さ行(さこう)」。


常連さんのおかげで、今年2回もお邪魔させてもらった。


f0232060_15145916.jpg


f0232060_15151812.jpg


f0232060_15152971.jpg














前回の夏のコースと打って変わって、もう秋一色。


まず1品目は、秋の名月をイメージした前菜の盛り合わせ。


黄金の満月が美しい。


f0232060_15165654.jpg


f0232060_1517668.jpg


f0232060_1517206.jpg














満月に照らされながら夜の海を渡る小舟の上に、


すずきのにぎり、穴子の玉子焼き、


毛蟹とトウモロコシの煮凝りなどが乗っている。


f0232060_15194992.jpg


f0232060_15202667.jpg


f0232060_1520352.jpg














2品目は、舞鶴のはもと、ブータン産の松茸のお椀。


中には、三日月の玉子豆腐。


ちなみに、ブータンでたくさん松茸が取れるらしく、


その松茸は中国産より香りが良く、日本の和食屋でも最近よく使われる。


さすが、幸せの国!はもと松茸のいい出汁と、幸せな香りが出ていた。


f0232060_15225717.jpg


f0232060_15243365.jpg














3品目は、葡萄の葉で包まれたお造り。


中には、カツオ、鯛、赤海老。


合わせる日本酒「天吹」は、


ハロウィン仕様でかわいいカボチャのパッケージ。


f0232060_15253871.jpg


f0232060_15263657.jpg


f0232060_1526518.jpg


f0232060_1527215.jpg














4品目は、3種の焼き魚の盛り合わせ。


普通、割烹の焼き魚は1種で、多くて2種だけど、


そこそこ食べ応えある美味しい焼き魚が3種も来るなんて、泣ける・・。


f0232060_15283416.jpg














今年豊漁の脂乗っている、美味しい秋刀魚


3枚におろした秋刀魚に、秋刀魚の肝を塗って、


それを両妻折りで、両端をくるっと巻いて、焼いたもの。


f0232060_15315775.jpg














同じく脂乗っているのどぐろは、シンプルに塩焼きに。


f0232060_15325248.jpg














さっぱりしているかますは、酒盗焼きにして、酒に合う味に。


f0232060_15333427.jpg












焼き魚の台になっていたのは、本物のお米


収穫の秋。すべてにお米が入ってて、驚いた。


f0232060_15343179.jpg















5品目は、2種の肉料理。


すっぽんとキノコで出汁を取ったスープを入れて食べる和牛と、


静岡県産合鴨とネギの組み合わせ。


すっぽんのスープ、上品でとても美味しかったな。


f0232060_15361246.jpg


f0232060_15362479.jpg


f0232060_15363542.jpg


f0232060_15364579.jpg


f0232060_15365495.jpg


f0232060_1537583.jpg














6品目は、口直しの名物「揚げ胡麻豆腐」


胡麻の風味がしっかりしていて、口の中で胡麻が広がる。


f0232060_15384596.jpg


f0232060_15385779.jpg














7品目は、2種の〆物。


お椀は、松茸の切れ端などを使った親子丼


カップは、宮崎郷土料理の冷や汁カッペリーニと合わせた麺物。


冷や汁のカッペリーニは初めて食べたけど、ご飯より合うかも!


f0232060_1541587.jpg


f0232060_15413166.jpg


f0232060_15414115.jpg














8品目は、デザートの盛り合わせ。


梨と葡萄、早期みかんのゼリー、麩饅頭、


クロワッサン鯛焼き、スイートポテトマフィン。


こんなにデザートが充実している割烹もなかなかないw


f0232060_15433637.jpg


f0232060_15435471.jpg


f0232060_1544324.jpg


f0232060_15441678.jpg








ストーリー性があって、季節を感じるアートな日本料理。


どれも丁寧に作られてて、美味しい上に、ボリュームもある。


そして、こんなに食べて飲んでも1万円でおつりがくる脅威の価格。


これは予約が取れなくなるわけだ。


本当に頭が上がりません、「さ行」さん。






■「さ行」
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13118721/
















日本酒「澤乃井」





東京ではよく名前を聞く日本酒だが、


この日本酒が東京で作られているものであることを初めて知った。









そして、その日本酒を作っている小沢酒造が、


本店の近くに「澤乃井園」という


観光庭園を運営していることも初めて知った。


f0232060_144202.jpg













施設は正直そんなに大したことはなかったが、


奥多摩の清流沿いにあって、


眺めはめちゃくちゃ素晴らしかった。


f0232060_14433584.jpg


f0232060_14434873.jpg


f0232060_14435717.jpg


f0232060_1444865.jpg













澤乃井園の中にある「豆らく」という豆腐料理専門店でランチ。


f0232060_14455742.jpg


f0232060_14461254.jpg


f0232060_14462477.jpg













豆腐、湯葉、畑のお肉、うの花など、ほぼ豆製品で構成された


超ヘルシーな揚げ出し豆腐御膳をいただく。


f0232060_14465096.jpg


f0232060_14473477.jpg














揚げ出し豆腐は、酒米を精米する時に出る上粉を使っているそう。


まずくはないのだが、なんか物足りなさを感じる。


せっかく「澤乃井」に来たので豆腐ではなく、


「澤乃井」の酒粕を使った銀だら定食とか、


私だったらそういうメニュー構成にしたのになあ・・・とちょっと残念。


f0232060_14503191.jpg








■「澤乃井園 豆らく」
http://www.sawanoi-sake.com/service/sawanoien








by meshi-quest | 2018-10-06 08:05








吉祥寺・井の頭公園近くにある、


鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ専門店「あじと」でランチ。


週末だけランチから通し営業をしているので、


ランチ時間を逃した遅めのランチにすごく重宝している。


しかも、お一人様しゃぶしゃぶにも笑顔で対応してくれるのがありがたい。


f0232060_1305534.jpg


f0232060_1311879.jpg














「あじとコース」(2700円)を注文。


まずは、茹で落花生と鹿児島名産のさつまあげ


茹で落花生がなんだかめちゃくちゃハマって、止まらないw。


さつまあげも美味しい。九州の甘めの醤油で。


f0232060_1341517.jpg


f0232060_1343755.jpg













いよいよしゃぶしゃぶの登場。


黒豚バラ肉と野菜の盛り合わせ。


1人前コースでもしっかりボリュームある肉を出してくれる。


f0232060_1361493.jpg


f0232060_1365369.jpg


f0232060_137691.jpg













特徴は、出汁の効いたつゆ


白ネギをたっぷり入れたそばつゆのようなつゆに


しゃぶしゃぶをつけていただくのだが、


黒豚の甘味ある脂と出汁がよく合ってて、美味しい。


上品な蕎麦屋さんで肉そばをいただいているような感覚。


f0232060_1391517.jpg


f0232060_139248.jpg


f0232060_139351.jpg













九州に出張に行くと、好んでこの出汁つゆしゃぶしゃぶをいただくが、


個人的には、ポン酢よりもこっちの方が好き。


f0232060_13104976.jpg








■「あじと」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13040377/








by meshi-quest | 2018-09-30 08:06 | 吉祥寺








吉祥寺の駅前で美味しい定食を食べさせてくれる、


「階段ノ上ノ食堂」へランチでよくお邪魔させてもらっている。


f0232060_12432266.jpg


f0232060_12433475.jpg












まずはサラダから。


新鮮さが伝わるみずみずしいサラダ。


f0232060_12444687.jpg


f0232060_1245542.jpg













定食すべてに付いてくる小鉢の5種盛り。


手作り豆腐、生しらす、もずくなど、ヘルシーなラインナップ。


f0232060_1331672.jpg


f0232060_1332658.jpg


f0232060_1333562.jpg













メインは、高座豚のベーコンソテー&エッグ(1500円)。


食べ応えのあるジューシーな厚切りベーコンに、


トロトロの温泉卵がとても美味しくて、ご飯が進む。


f0232060_1354725.jpg


f0232060_1355719.jpg


f0232060_1361692.jpg













本日は、プラス250円で


白米をホタテご飯に変えられたので、チェンジ。


ホタテの身がたっぷり入った炊き込みご飯も美味しかったな。


良き日本の定食。


f0232060_1373389.jpg







■「階段ノ上ノ食堂」
http://kaidan-shokudo.tokyo/







by meshi-quest | 2018-09-15 08:08 | 吉祥寺








予約の取れない赤坂見附の割烹の名店、「さ行(さこう)」へ。


「さ行」常連さんが知り合いで予約を取ってくださり、


六本木→赤坂見附移転後、初めてお邪魔させてもらった。


f0232060_14574311.jpg


f0232060_14575349.jpg


f0232060_14581586.jpg














赤坂の、ちょっと奥まった路地裏にひっそりとあり、


店内はカウンターと個室で、席数は少なめ。


本日は4人個室で、日本酒スタート。


f0232060_14594138.jpg


f0232060_14595042.jpg














1品目からすごいのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


常連さんから「驚きの連続」「ものすごい量出る」とは聞いてたが、


4人で1つかと思ったら、コレ、1人で1つだったw。


大きなレンコンの葉に、氷の器に盛られた前菜。素敵。


f0232060_1523470.jpg


f0232060_1524469.jpg


f0232060_1525248.jpg













前菜の中身は、


夏フグの煮凝り

の小袖寿司

・とんぶりとスッポンのとろろの吸い物

毛蟹とトウモロコシの茶碗蒸し

・ほおずきの中には百合根とフォアグラの団子


と、豪華極まりなく、言うまでもなく美味しい!


f0232060_1561022.jpg


f0232060_1562011.jpg


f0232060_1563570.jpg


f0232060_1564457.jpg


f0232060_1565842.jpg


f0232060_157657.jpg














2品目は、一番出汁を使ったお椀。


中にはの一夜干し、アワビのくずたたき、長茄子や冬瓜など。


f0232060_1584650.jpg


f0232060_159689.jpg














3品目は、左団扇


左で団扇(うちわ)をゆっくりとあおぐように、


安楽な生活を送れるという縁起物の象徴。


f0232060_15112892.jpg













中は、弁当箱のようになっていて、


アジのたたきと、スズキのあらいが入っていた。


f0232060_15123628.jpg


f0232060_15124797.jpg


f0232060_15125567.jpg














4品目は、焼物。しかも、3種類も!!


のどぐろの塩焼き、静岡のにからすみ大根、夏の


特に鰻は焼き方が素晴らしく、


皮がものすごくパリッとしてて、美味しかった!


f0232060_1514319.jpg


f0232060_15144272.jpg


f0232060_15154349.jpg


f0232060_15155944.jpg














5品目は、お肉。しかも、これも2種類!!


千葉県のかずさ和牛のすき焼き風ライスバーガーと、


岩手県のプラチナポークと小かぶのすり流し。


f0232060_15193431.jpg


f0232060_15194789.jpg


f0232060_1520162.jpg













6品目は、名物の揚げ胡麻豆腐


中がフワッとモチモチ。上にはキャビア。


f0232060_15213187.jpg


f0232060_15214192.jpg














7品目は、舞鶴の豪華なハモしゃぶ!!


黄金色の澄んだ出汁に、たっぷりのハモ。


おひつご飯はみんなで1つではなく、


1人に1つでお代わり自由w。


ハモも美味しいし、おしんこもあるし、こりゃ、白米が止まらんよー。


f0232060_1524133.jpg


f0232060_15241293.jpg


f0232060_15242691.jpg


f0232060_15243592.jpg


f0232060_15244578.jpg


f0232060_15245353.jpg














8品目は、デザートの盛り合わせで、これも5種類


紅茶のプリン、パイナップルのタルト、水ようかん、


オレンジのゼリー、のコンポート。


f0232060_1527433.jpg


f0232060_1528829.jpg


f0232060_15281523.jpg


f0232060_15282332.jpg


f0232060_1528305.jpg










こんなに豪華な日本料理をいただいて、


日本酒もたんまり飲んで、デザートまで食べて、


お土産にあさりの炊き込みご飯おにぎりまでもらって、


なんと1人1万円以下という驚きの値段。


なんだかこちらが恐縮してしまうくらいのすごい割烹。


こんなに良くしていただいちゃって、なんかスミマセン・・・。







■「さ行」
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13118721/
















私がめちゃくちゃよくお邪魔している割烹「中目黒伍燗」が


大将の内藤さんの名前を排して、


「中目黒ないとう」としてリニューアルオープンをした。


f0232060_1065154.jpg


f0232060_1072569.jpg














看板(当然だけどw)と、入口の雰囲気が大きく変わり、


昔の、何屋さんだか分からないような隠れ家感も好きだったけど、


新規のお客さんにはこっちの方が入りやすくなった気がする。


f0232060_107556.jpg













カウンター6席の落ち着く雰囲気だったり、大好きだったメニューだったり、


大将の内藤さんや優しいスタッフさんは変わらずで、常連としては嬉しい限り。


f0232060_10101844.jpg


f0232060_10103312.jpg


f0232060_10125666.jpg














まずは、「振舞」の日本酒から。


「讃岐くらうでぃ」というにごり酒が、


カルピスにアルコールを入れたような感じで、食前にすごくいい感じ。


f0232060_10123978.jpg













「先付」は、すっぽんの冷やし茶碗蒸し。


雲丹や生姜が入っていて、コクがあるのに、さわやかな味わい。


日本酒は、いきなり2種を飲み比べ。


f0232060_10151878.jpg


f0232060_10155522.jpg













「名物」は、手作り胡麻豆腐


相変わらず、私の中のNo.1胡麻豆腐。


f0232060_10165114.jpg


f0232060_1017236.jpg














「前八寸」は、いろんな前菜の6種盛り合わせ。


新いくら、蛸のやわらか煮、鞍掛豆、京唐菜のお浸し、だだちゃ豆など。


蟹クリームコロッケは、カニ身たっぷりで、ホント絶品。


f0232060_10183453.jpg


f0232060_10202753.jpg


f0232060_10203853.jpg


f0232060_10205233.jpg














「酢物」は、石垣貝、北寄貝、つぶ貝など、


いろんな貝に生海苔や白瓜を合わせて、土佐酢ゼリーをかけたもの。


f0232060_10224527.jpg














「椀替」は、松茸の土瓶蒸し。


めちゃくちゃいい出汁が出てて、いい香り!


ちなみに、この松茸、ブータン産とのこと。


ブータンでは松茸がものすごく採れるらしい。さすが幸せの国。


f0232060_1025101.jpg













「割鮮」は、青森の平目のお造り。


f0232060_10261072.jpg














「酒肴」は、鰯巻きと、鱧の卵。


中には、ガリ、小葱、大葉など。


「ないとう」の鰯巻きはとても美味しくて、見た目にも美しく、大好き。


f0232060_1028311.jpg


f0232060_1029174.jpg













「御凌」(おしのぎ)は、


天草の新子小肌の親子にぎり。


小肌の子供が、新子。


鮨屋さんでは新子と小肌を間あけて出すところが多いが、


最近、こうやって親子で出す鮨屋さんも増えてきたのだそう。


f0232060_10301549.jpg


f0232060_10312950.jpg


f0232060_10313867.jpg












のどぐろは、そのまま手で。


脂が乗ってて、すごく美味しい!


f0232060_1033026.jpg













「主菜」は、根室の秋刀魚の塩焼きと、


北海道黒毛和牛のリブ芯・・・だったのだが、


まさかの写真撮影前に食べてしまうミス(苦笑)。


秋刀魚は骨を一度抜いてから畳みなおして出してくれるので、


骨を気にせずにガッツリかぶりつけて美味しかった。












「揚物」は、松茸銀杏のフライ。


手前が中国産で、後ろがブータン産。


確かに山がいっぱいあるところには生えそうだもんね、松茸。


中国よりブータン産の方が香りが強め。


f0232060_1040199.jpg














「温物」は、長崎のどぐろと万願寺唐辛子の揚げ出し。


脂が乗ったのどぐろを、出汁と大根おろしでさっぱりと。


f0232060_10424060.jpg













「食事」は、雲丹トリュフの土鍋ご飯。豪華!!


めちゃくちゃいい香りがするーー!


お代わり必至。


f0232060_10434857.jpg


f0232060_10445591.jpg


f0232060_1045314.jpg


f0232060_10451110.jpg


f0232060_10452395.jpg


f0232060_10453298.jpg














「水菓子」は、くるみとカシューナッツの羊羹巨峰


f0232060_10464337.jpg








リニューアル、本当におめでとうございます!


さらなる飛躍を心から期待し、楽しみにしています。







■「中目黒ないとう」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44
















高知出張






いつものように羽田第二ターミナルの「エッグセレント」カフェで、


ベンツモーニングを食べてから飛び立つ。


f0232060_1829459.jpg


f0232060_18295583.jpg


f0232060_1830346.jpg












高知到着して、早速ランチ。


地元の方に教えてもらった「土佐たたき道場」なる、


カツオのたたき専門の定食屋へ行ってみる。


f0232060_18314936.jpg


f0232060_18315810.jpg


f0232060_18324399.jpg













ここは単に食べるだけでなく、


カツオの藁焼きの体験もさせてもらえる。


f0232060_18334529.jpg


f0232060_18335846.jpg













体験付きの定食を注文すると、


おじさんが大きなカツオを切り始め、長い串に刺してくれる。


f0232060_18345844.jpg


f0232060_1835136.jpg


f0232060_18352198.jpg













それを焼き台まで持っていって自分で炙るのだが、


ちょっと斜め上を行くくらい、熱い


f0232060_18365295.jpg


f0232060_18373219.jpg













このくらい炎が出るのだが、串がそこまで長くないので、


炎と手錠で繋がれたように一定距離を保たれるので(苦笑)、


超熱い


f0232060_18424468.jpg












外側が黒くなり始めたら完成。


こんな感じ。


f0232060_18491331.jpg


f0232060_1857931.jpg













おじさんがカツオのたたきを切ってくれて、


自分で好きな薬味を入れて、たたき定食の完成。


f0232060_18513414.jpg


f0232060_18515369.jpg












さて、カツオのお味なのだが、猛暑ということもあるのか、


やや鮮度が落ちてる感もあり、


うーん、期待していたほどではなかったかな。


ただ、藁焼きの体験なんて、東京じゃまず出来ないので、


体験型定食としては1回はアリなのかも。


f0232060_1855422.jpg









■「土佐たたき道場」
http://www.tataki.co.jp/tenpo.htm







by meshi-quest | 2018-09-01 08:03 | 旅行_国内









懇意にさせてもらっている大好きな和食屋、


「並木橋 なかむら」の個室にて、打ち合わせしながらの食事。


まずは、ささみときゅうりと梅大根の、


夏らしいさっぱりとしたお通し。


f0232060_11465795.jpg


f0232060_1147630.jpg













1品目は、前菜の盛り合わせ。


「なかむら」の前菜が色々とあって、どれも美味しくて迷うので、


メニューはないが、前菜はいつも少しづつ盛り合わせをしてもらっている。


塩きんぴら、もずく、レンコン明太の3つ。


f0232060_11492223.jpg


f0232060_1149373.jpg


f0232060_11495065.jpg


f0232060_11495985.jpg












2品目は、真蛸のサラダ。


真蛸が甘味があって柔らかく、サッパリとしたサラダにすごく合う。


f0232060_11511565.jpg














3品目は、出汁巻き玉子


出来立てフワフワ!


f0232060_11522213.jpg














4品目は、ハタウニバター


ウニとバターで超濃厚なソースが、サッパリとした白身のハタに合ってる。


f0232060_11534384.jpg


f0232060_11535447.jpg














5品目は、夏の名物の穴子の白焼き


醤油とワサビで食べることが多い白焼きだが、


「なかむら」では、甘辛の昆布の佃煮とワサビを海苔で巻いて食べる。


これがめちゃくちゃ美味しくて、醤油ワサビよりもハマる。


f0232060_11554148.jpg


f0232060_11555629.jpg












6品目は、大好きな「なかむら」の揚げ物ハーフ盛り合わせ。


半分が昔ながらのコロッケ、半分が特製メンチ


すごくジューシーで、揚げ方も上手で、ご飯にも酒にも合う味。


f0232060_11581249.jpg













7品目は、油淋鶏(ユーリンチー)ならぬ、「せせりんちー」


せせりの柔らかい肉を揚げて、甘辛ソースをかけたもの。安定の美味しさ。


f0232060_1159489.jpg














8品目は、穴子の蒸しご飯。


大将の川久保さんによる特別メニュー。


ご飯にタレが染み込んでて、夏でもモリモリ食べれるご飯。美味しい!


f0232060_122420.jpg













9品目は、大トロの棒寿司


めちゃくちゃ美味しい!!!これは絶品。


にぎりとはまた違った、棒寿司ならではの引き締まった旨さと、


コンパクトな食べやすさがあって、エンドレスで食べれそうな味。


f0232060_124810.jpg


f0232060_1241848.jpg








渋谷で和食を食べようと思うと、


真っ先に「なかむら」さんにお邪魔するが、


相変わらず、めちゃくちゃ美味しい。


しかも、どれ食べても当たりばかり。


会食でもよくお邪魔させてもらうが、


誰を連れてきてもみんな喜んでくれる。


味もいいし、居心地もいいし、ホント素晴らしい。








■「並木橋 なかむら」
http://ameblo.jp/fg-nakamura/








by meshi-quest | 2018-08-27 08:08 | 渋谷・神泉








四谷三丁目にある予約困難な人気日本料理店、


「荒木町たつや」へ。


仲良くさせていただいている和食店のオーナーさんと食事。


f0232060_045972.jpg


f0232060_05977.jpg













まずは、ものすごい数の日本酒でお出迎え。


どれから飲もうか、これは悩ましいw。


f0232060_06303.jpg


f0232060_063940.jpg


f0232060_065687.jpg


f0232060_01195.jpg













悩んだ挙句、3人がそれぞれファーストインプレッションで


自分の飲みたいものを選んだのが、この3つ。


今日はだいぶ飲んじゃいそうだな・・・(苦笑)。


f0232060_074670.jpg


f0232060_08065.jpg


f0232060_08710.jpg













1品目の前菜は、ほっき貝、イカ、じゅんさいの軽い酢の物。


f0232060_092561.jpg


f0232060_093367.jpg













2品目は、琵琶湖の稚鮎


甘く煮付けたごぼうの天ぷらと共に。


f0232060_010329.jpg


f0232060_0104475.jpg













3品目は、淡路のハモと淡路の玉ねぎのお椀。


体中に染み渡る上品で優しい出汁。


f0232060_0132764.jpg


f0232060_0135132.jpg













次の日本酒は、栃木県の日本酒「仙禽」(せんきん)。


「あらばしり」が樽の一番上、


「なかどり」が樽の真ん中、


「せめ」は樽の一番下の日本酒で、


この3本が同じ日本酒なのに、全然味が違ってて驚く。


f0232060_0164174.jpg


f0232060_0172219.jpg













4品目は、お造り。


右が玄界灘のあら、左が姪浜の


f0232060_0183353.jpg


f0232060_0184552.jpg













5品目は、焼き煮穴子


下には蒸したもち米と、万願寺唐辛子。


f0232060_0201078.jpg


f0232060_0202118.jpg













6品目は、山口の甘鯛と冬瓜のスープ。


出汁が本当に美味しい!


日本酒もどんどん進む。


f0232060_021409.jpg


f0232060_0221074.jpg













7品目は、〆の前の酒飲み用おつまみ。


ハモの南蛮漬け、ハモの卵、ハモの白子のハモ尽くし


ついに、イチローズモルトも揃い踏み。


f0232060_023573.jpg


f0232060_0232986.jpg


f0232060_0233873.jpg














8品目の〆は、先ほどの甘鯛のスープで作った雑炊


サラッと食べれてしまう優しい味。


f0232060_0245551.jpg













お代わり雑炊は、味を変えて、黒胡椒風味に。


f0232060_0252957.jpg













9品目のデザートは、大人のフルーツポンチ


長野のシャルドネの白ワインを使ったジュレと、


山梨の、スイカ、ラム酒のプリンなどを合わせた


爽やかな和風のデザート。


f0232060_0271126.jpg









いいエキスが体に入ったなあ!と感じるような料理。


どれも本格的な日本料理だが、


雰囲気が良く、堅苦しくなく、気軽に食べれるのもいい。







■「荒木町たつや」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13214727/








by meshi-quest | 2018-08-22 08:07 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ