タグ:和食 ( 359 ) タグの人気記事









金沢にヤッホー茶漬けなるものがある。









名前からして、私が好きないい感じでふざけているので、


ぜひともお目にかかりたく、東京にいる時からずっとこの日を待っていた。


正式名は、お茶漬け専門店「志な野」


f0232060_16212068.jpg













繁華街の分かりにくい裏路地にあって、


一見すると、ごくごく普通の地元の飲み屋風の門構え。


開店は、すっかり夕食時を過ぎた22時


開店と共に、その門構えとそぐわないような若者達が行列を作って並び始めた。


f0232060_16205967.jpg













ヤッホー茶漬けと呼ばれるゆえんは、


なぜかお店を切り盛りする老夫婦が


「ヤッホー」としかしゃべらないからだ(笑)。


そして、行ってみて分かったこととして、


本当に「ヤッホー」と言われる(笑)。










さらに、正確には「ヤッホー」ではなく、「ヤホー」で(笑)、


ナイツの塙さんがYahoo!を間違える時に言う


ちょっと低めのテンションの「ヤホー」の発音に近いことが行ってみて分かった。












さて、以下が店主のおじさんとおばさんと私のやりとり。


私「すみません、2名でいいですか?」


おばさん「(奥の席を指して)奥、ヤホー


私「(メニューを見ながら、色々を悩んでいると)」


おばさん「うちは99%『志な野茶漬け』だから!」











じゃあなんで鮭茶漬けとか梅茶漬けのメニューがあるんだよ!


というツッコミを入れたくなるのをグッとこらえ(苦笑)、


強制的にオンリーワンの『志な野茶漬け』が出てくる。


f0232060_16331466.jpg













お茶漬けのトッピングはカウンターの目の前で、


おじさんが盛り付けているのだが、鮭とか手でちぎってて、


かなりアバウトで、結構雑な感じ(苦笑)。


f0232060_16375943.jpg












これらを写真撮影してると、


おじさん「娘!!早く食べる!!!」



なんと怒られてしまったw。


しかも、「娘」という、なかなか相手に使わない主語を使ってw。


元々楽しんでいたが、この時点でさらにテンション上がる私ww。


「娘、食べる!!」ってww。











言われた通りに、急いで撮影を終わらせて食べようとすると、


おばさん「うちはご飯お代わり自由だから。ヤホーして。」


f0232060_16441086.jpg













なんだかゲームの世界に紛れ込んだ気分だが、


おそらく「ヤホーして」から察するに、


「ヤホー」は単なる挨拶ではなく、


「ご飯お代わり」の意味も兼ねてると思われる。


実際、この後、隣の常連さんっぽい人が、


空のご飯茶碗を出しながら「ヤホー!」と言ってたので、


ご飯お代わりで間違いないと思われる。











さて、ここまで「ヤホー」に気を取られ過ぎてて、


肝心のお茶漬けのことがどうでも良くなってしまっていたが、


お茶漬け自体は、意外と出汁が効いてて、


トッピングは雑だけと、可もなく不可もないお茶漬けに仕上がってる。


f0232060_1647958.jpg









ご飯はお代わり自由で、『志な野茶漬け』1200円


これをどう取るかにもよるが、


こんなエンターテイメントを1200円で楽しめたと思ったら、


私としては万々歳であり、


東京帰って、この話を色んな人にするだけで、


みんなが大爆笑してくれるのだから、


鉄板ネタを手にいれて、それで一気に元を取れているので大満足だったりする。









ただ、金沢に来た時に個人的にもう1度行くかと言われると、


お化け屋敷みたいなもんで、どこで何が出るか分かってしまったので、


まだ行ったことがないという人が一緒の時に自分もまた行く、という感じかな。


他人の反応はぜひとも見てみたいw。










帰りがけにぜひとも試したくて、


私「(お金を払いながら)ヤホー!」


おばさん「ありがと、ヤホー!」


「ヤホー」は「ありがとう」にも使えることが分かった。








■「志な野」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000075/







by meshi-quest | 2018-08-14 08:00 | 旅行_国内








荻窪の会社に勤めている知り合いから、


荻窪一の高いコスパを誇っているランチがあると聞き、


路地裏にある「割烹ゆず」でランチ。


f0232060_1922882.jpg


f0232060_19221951.jpg













入口のメニューからして、これは期待大!


煮込みハンバーグ、アジフライ、ヒレカツ、まぐろ刺身など、


どれもメインになりそうなおかずから好きなものを二品選んで950円


三品選んでも1300円という驚きの価格!!


f0232060_1926234.jpg












というわけで、せっかく来たので、


煮込みハンバーグ


チキンカツまぐろの刺身の三品を選んでみた。


超豪華すぎ・・・Σ(・□・;)


f0232060_19275461.jpg












ハンバーグは鶏肉メインなのかな、子供の頃に食べたような味がする。


大人なハンバーグというより、子供のお弁当的なハンバーグ。


f0232060_19302196.jpg












チキンカツは、すごいボリュームで決してまずくはないけど、


鶏肉は薄めで、チキン1つ1つのクオリティーはやや低め。


f0232060_1931573.jpg













まぐろは普通に美味しくいただけるレベル。


f0232060_19283242.jpg









ただ、この値段でここまでのボリュームと、


ちゃんと作られたおかずがお腹いっぱい食べれるのはすごい。


サラリーマンのおじさんやお兄さんが多かったけど、社会人ランチの強い味方。


確かに、このコスパはかなりすごいかも・・。







■「割烹ゆず」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13050336/

















弊社でお世話になっている顧問弁護士さんへのお礼を兼ねて、


懇意にさせてもらっている「中目黒伍燗(ごかん)」で食事。


f0232060_14263922.jpg


f0232060_14264751.jpg


f0232060_14265659.jpg












日本酒いっぱいで悩むー。


「天明」dot sake projectのゲーム風レアパッケージ、かわいくていいなw。


「伍燗」は半合からお酒を出してくれるので、ありがたい。


ちょっとづつ色々飲んでみるか!


f0232060_14283975.jpg


f0232060_14284990.jpg


f0232060_1429114.jpg












まずは、お清めの迎い酒から。


料理のスタートに迎い酒を振る舞ってくれるお店は少なく、


「伍燗」の料理が始まるスタートのこの感じがすごく好き。


f0232060_14315415.jpg


f0232060_14323385.jpg














1品目は、徳島のハモと土佐酢を使った前菜から。


ホワイトビーツやじゅんさい、オクラにトマトなど、


夏野菜がいっぱいで、見た目に華やか。


f0232060_14335737.jpg


f0232060_14343897.jpg













2品目は、名物の手作り胡麻豆腐


胡麻のいい香りと、モチモチの食感で、相変わらず、絶品!!


f0232060_14355240.jpg


f0232060_14361947.jpg












3品目は、八寸


悶絶美味しい手作りカニクリームコロッケをはじめ、


鯖の棒寿司、とり貝、和牛ローストビーフ、茶豆など。


f0232060_143951100.jpg


f0232060_1439093.jpg


f0232060_14391077.jpg


f0232060_14392030.jpg


f0232060_14393081.jpg













4品目は、山芋と野菜のすり流し


中には柔らかい蒸しアワビ。白味噌仕立ての優しい味。


f0232060_14412792.jpg


f0232060_14413773.jpg













5品目は、お造り


富山の白えびに、ひらめ、イワシの海苔巻きなど。


イワシは脂乗ってて美味しいのはもちろんのこと、断面が美しい!


f0232060_14425685.jpg


f0232060_14433885.jpg


f0232060_14434733.jpg


f0232060_14435528.jpg


f0232060_1444794.jpg













6品目は、豪華な甘鯛のお頭を使った若狭焼。


美味しくて、無言で身をほじってしまうw。


f0232060_144567.jpg


f0232060_14452784.jpg


f0232060_14453629.jpg













7品目は、大将の内藤さんの特別メニュー。


通常は炊き込みご飯のところ、私のリクエストでのフルコースを。


こんな本格的な和食を食べた上に、鮨も食べれるなんて幸せ!


f0232060_14472396.jpg


f0232060_14473416.jpg













まずは、ひらめから。


f0232060_14482836.jpg












えんがわに、あおりいか、キンメ。


f0232060_14491172.jpg


f0232060_1449257.jpg


f0232060_14493596.jpg













毛蟹は甘くてフワフワ、カニ味噌付き。


f0232060_14502647.jpg














大きな車海老に、ウニ。


f0232060_14511031.jpg


f0232060_14512725.jpg













のどぐろの炙りは、脂乗ってて、絶品。


f0232060_14515942.jpg













こはだに、穴子。


f0232060_14521876.jpg


f0232060_14522931.jpg













最後は、天然カンパチのネギトロと、かんぴょう巻。


f0232060_14531738.jpg


f0232060_14532681.jpg


f0232060_14533542.jpg













8品目のデザートは、とても甘い沖縄のマンゴーと、


「サマーエンジェル」という名前の美味しいプラム


f0232060_14544256.jpg


f0232060_14545515.jpg


f0232060_1455445.jpg










しっかり和食も食べさせてもらえて、その上鮨までいただけて、


本当にわがまま放題の贅沢な気分を味わせてもらえる貴重なお店。


いつも感謝!!!







■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44















高知出張


生まれて初めて、あの有名な桂浜に行ってきた。


f0232060_16221886.jpg












そう、あの龍馬さんが愛していた桂浜。


浜を歩きながら、これからの日本のことを色々と考えたという桂浜。


f0232060_1633543.jpg












がとてもよく似合う、日本らしい上品な浜辺で、


考え事をしながら散歩するのにちょうどいい感じ。


f0232060_16365757.jpg








日本の観光客が多いのかと思いきや、


最近、高知には中国から大型客船が到着するらしく、周りはほぼ中華系観光客。


桂浜に中国人という意外な組み合わせに驚いた。









桂浜の横の丘を上がると、教科書でよく見たあの龍馬さんの像。


想像してたより、意外と大きくて、高くて、これまた驚いた。


やっぱり教科書の知識だけじゃダメだなあ。


実際行ってみたいと分からないことだらけ。


f0232060_16395755.jpg











日本を今一度洗濯しないとあかん!!


龍馬さん、初めまして。


高知に何度かお邪魔してますが、ようやくお会いできました。


f0232060_16433882.jpg











ちなみに、1つだけ桂浜で残念だったことを言うと、


桂浜に土佐犬センターという超気になる場所があると聞き、


土佐犬見たい!!!と思って探しに行ってきたのだが、


残念ながら、動物保護の関係もあってか、土佐犬センターは閉鎖され、


その跡地はお土産物屋さんになっていた・・・。


f0232060_16484152.jpg












さて、お昼に地元の方に教えていただいた、


高知で有名な鰻屋「かいだ屋」へ。


プロペラ機の看板が目印。


f0232060_16501787.jpg


f0232060_1650412.jpg


f0232060_16505560.jpg











店内はお座敷があり、かなり席数もあり、かなり広いのだが、


さすが人気店だけあって、入れ違いにどんどんお客さんがきて、ほぼ満席。


f0232060_16524699.jpg












うな重(3300円)を注文。


サラダと肝吸い付き。


f0232060_16533195.jpg












東京の蒸すうなぎと違って、高知のうなぎは関西式で、


通称「まむしやき」という、パリッと焼くうなぎ。


タレも甘めで、関東のうなぎと違うけど、これはこれでとても美味しい。


昼から美味しいうなぎが食べれて、栄養補給万全で仕事に向かう。


f0232060_1704289.jpg









■「かいだ屋」
http://kaidaya.hp.gogo.jp/pc/







by meshi-quest | 2018-07-28 08:06 | 旅行_国内








吉祥寺駅前の、ビルの階段を上って2階にある定食屋、


「階段ノ上ノ食堂」でランチ。


駅前にあって、意外と静かで、


ちゃんとした定食を食べさせてもらえるので、ちょくちょくお邪魔している。


f0232060_16272867.jpg


f0232060_16274227.jpg













全定食に付いてくるサラダ


健康的、かつ、新鮮で昼からいい感じの野菜。


f0232060_16532944.jpg












前菜5種の盛り合わせ。


手作り豆腐、アサリの酒蒸し、豆アジのマリネ、ポテトサラダ、香の物。


f0232060_1655221.jpg


f0232060_16551461.jpg


f0232060_1655266.jpg













選べるメインは、小田原の地アジフライに。


f0232060_16564397.jpg













厚みあって、サクサクの揚げ立てのアジフライは格別。


美味しい和定食だった!


f0232060_16572255.jpg








■「階段ノ上ノ食堂」
http://kaidan-shokudo.tokyo/








by meshi-quest | 2018-07-26 08:07 | 吉祥寺








ひょんなことから、茨城県


お腹が空いたので、高速降りて「道の駅ごか」に立ち寄る。


初めて来たが、近隣の農家さんの農作物販売所もあり、お土産屋さんもあり、


小さいながら、充実している道の駅だった。










この「道の駅ごか」の中にあるレストラン「華こぶし」で本日ランチ。


f0232060_2071556.jpg


f0232060_2091417.jpg













正直、パッと見はよくある地方のパーキング食堂という感じなのだが、


なんかメニューがどれも魅力的で、写真も美味しそうw。


f0232060_20951.jpg


f0232060_2092736.jpg


f0232060_2094346.jpg


f0232060_2010535.jpg













うどんも、そばも充実している。


f0232060_20102961.jpg


f0232060_20104065.jpg


f0232060_2010499.jpg












カレーパンを蕎麦に乗せた、こんなメニューまであるw。


f0232060_20112558.jpg













まさかのラインナップに非常に悩んでいるところ、


なんと愛すべきキューピーの五霞工場があるじゃんか!!!!


成沢家を代表するマヨラーとして、なんとしてもマヨ料理を食わねば!!


f0232060_2014711.jpg


f0232060_20141616.jpg


f0232060_2014279.jpg












というわけで、私はマヨソースとんかつ丼


さらに、そこに温かい蕎麦も付けてしまう。


カロリーのことなんか、大事な飯時に気にしてられません。


f0232060_2016615.jpg













これが、お近くの五霞工場で作られた、


ほやほやのキューピーマヨネーズだと思うと、感慨深い。


個人的には、五霞工場のお膝元なのだから、


もっとたっぷりかけようよ!と思うのだが、


それは、私が異常なマヨラーだからなのか・・・。


とんかつもなかなか美味しい。(もっとマヨほしい)


f0232060_2019611.jpg


f0232060_20191664.jpg













これは別の人が注文したランチ。


五霞名物の手打ち幅広一本うどん


そこに、カレーを付けるという豪華ランチw。


一本うどんは本当に一本長いのが入ってて、驚いた。


f0232060_20203123.jpg


f0232060_20204764.jpg


f0232060_20205414.jpg












お土産には、五霞工場特製の瓶入りキューピーも。


なかなかマヨラーには楽しめる道の駅だった。


f0232060_2021358.jpg


f0232060_20214333.jpg










■「華こぶし」
https://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080601/8017293/









by meshi-quest | 2018-07-22 08:06







ランチをどこで食べようか迷っていたところ、


ホテルの人に教えてもらった老舗土佐料理店「司」へ。


高知龍馬空港の中のレストランにも入ってるくらい、高知では有名店。


f0232060_158554.jpg












そして、ここにも龍馬さん。


みんな龍馬さんが大好き。


町の中で龍馬さんを見かけないようにするのが難しいくらい、


どこでも見かけるこの写真。


この写真を見るたびに、私もこれぞ!という何度使われてもいい写真を


死ぬまでには残しておかないとなーと思う(使われないだろうけどw)。


f0232060_1583987.jpg













大正6年創業ということで、品のある、風情ある店内。


私みたいな観光客と、高齢の地元の方が多い印象。


f0232060_15104073.jpg


f0232060_15105470.jpg












今日は、せっかくなので、オール土佐料理をいただく。


まずは、土佐天から。


貝殻の形をした食べやすい練り製品。


練り物好きとしては、普通におつまみ感覚で美味しい。


f0232060_15122537.jpg


f0232060_15124081.jpg












続いて、アオサノリの天ぷら。


これも高知の居酒屋さんでよく見かける一品。


見た目よりも、意外と中はもっちり、しっとりしている。


f0232060_15135734.jpg


f0232060_1514916.jpg













メインは、名物の焼き鯖棒寿司


普通のよくある〆鯖の棒寿司ではなく、焼いた鯖がガツンと乗ってる棒寿司。


f0232060_15163239.jpg












シャリに、高知名産の柚子が使われていて、


柚子の香りで鯖の臭みを緩和している、よく出来た組み合わせなのだが、


ちょっとたまたまなのか、デフォルトなのか、焼き鯖の臭みが勝っていて、


最初の1つや2つは美味しいのだが、この量だとちょっと飽きちゃう感じではあった。


おそらく鯖と柚子の相性はいいはずなので、


他のお店だともう少しバランスいいのかな・・。


f0232060_15182523.jpg








■「土佐料理 司」
http://www.kazuoh.com/honten/







by meshi-quest | 2018-07-13 08:04 | 旅行_国内








中野に用事があったので、


知り合いに教えてもらった低温調理とんかつ「幸運豚人」でランチ。


ちなみに、「幸運豚人」は、「ついてる!ポークマン」と読むらしいw。


f0232060_1215251.jpg













名物の「レアカツ」(1000円)を注文。


ボリュームたっぷりの大きなとんかつ登場。


f0232060_12163686.jpg













低温調理でにより、中はレアで、柔らかいと聞いていたが、


硬くはないのだが、想像よりレアではなく、普通かな・・・。


低温調理とんかつという言葉で一気に自分の中のハードル上がってしまっていた。


あと、個人的にはもっと肉の味のするジューシーなとんかつが好きなのだが、


かなり淡白で、あっさりしていて、ちょっと物足りなかった。


胃もたれが怖くてトンカツ食べなかった人とかにはいいランチなのかも。


f0232060_1219586.jpg









■「幸運豚人」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13214614/

















渋谷から六本木通りを上がっていた坂の上にある


隠れ家和食「食幹(しょっかん)」で食事。


スクエニ時代、この近くの会社さんとお仕事させてもらってたこともあり、


渋谷でランチ(今はやってない)やディナーでよくお邪魔していたお店の1つ。


f0232060_15393090.jpg


f0232060_15394034.jpg













まずは、名物の「果物の白和え」から。


季節によって変わる果物は、本日はイチゴ


白和えというと野菜をイメージすることが多いが、


「食幹」では、イチゴだったり、巨峰だったり、イチジクだったり、果物を使う。


いい香りで、スタートの前菜にはピッタリ。


f0232060_1542915.jpg


f0232060_15421946.jpg













2品目は、白レバーの最中サンド。


濃厚な白レバーに、サクサク最中。


日本酒でも、ワインでも合うおつまみ。


f0232060_15432666.jpg













3品目は、前菜の盛り合わせ


ホタルイカの酢味噌和えと、釜揚げシラスとワカメのお浸し、


ワカサギのフリット、いぶりがっこのポテトサラダなど。


f0232060_1549367.jpg


f0232060_15495433.jpg


f0232060_1550426.jpg













4品目は、マグロアボカドのメンチカツ。


f0232060_1551459.jpg














5品目は、和牛とれんこんの肉団子。


上にはたっぷりのとろろ昆布。


f0232060_15524971.jpg













6品目は、炙りくんせいの盛り合わせ。


岩中ポーク、鶏せせり、半熟卵の3種。


桜チップの燻製のいい香りがする!


f0232060_15543716.jpg













7品目のメインは、黒毛和牛のステーキ。


f0232060_1556495.jpg


f0232060_15561344.jpg













8品目は、土鍋ご飯


人数が多かったので、2つ土鍋を注文。


まずは、ズワイガニカニ味噌の炊き込みご飯。


カニの濃厚な香りと味がご飯にたっぷり染み込んでて、美味しい!


f0232060_1559430.jpg


f0232060_15592240.jpg












9品目は、「食幹」名物の「ぱえりあ」


たっぷりの魚介を土鍋で炊き込んだ、豪華な和風パエリア。


お好みで、出汁を入れて、お茶漬けにも。


f0232060_1604714.jpg


f0232060_160588.jpg









和食というイメージにとらわれずに、


幅広い料理が楽しめる創作和食。


渋谷で美味しい和食を食べさせてくれるお気に入りの1軒。


仕事の接待でも、プライベートなデートでも、どんな時でも使える良店。







■「食幹」
http://discovery-t.com/shokkan-shibuya/









by meshi-quest | 2018-06-20 08:07 | 渋谷・神泉








2018年7月7日をもって、


ビルの建て替えにより閉店が決まっている「XEX代官山」。


名残惜しむかのように、頻度高めにお邪魔させてもらっている。


ああ、この気持ちの良い空が見られるテラスが無くなるのかと思うと、淋しい。


f0232060_184252.jpg


f0232060_18422392.jpg


f0232060_18414221.jpg


f0232060_18423848.jpg













「XEX代官山」には、


和食&鮨イタリアンBARの3つのお店があって、


どのお店からも好きなものを注文することができる。


今日は、和食気分だったので、和食を中心にテラスでディナー。


f0232060_18461383.jpg













まずは、茶碗蒸し


ヤングコーンが入ってて、夏仕様。


f0232060_1845236.jpg












テラスにもちゃんと本日のおすすめの魚な野菜を見せに持ってきてくれる。


活ホタテはバター焼きに、アスパラやヤングコーンは揚げてもらって、


車海老は海老フライに。


フライがすごく美味しく出来ていて、


タルタルソースたっぷり付けて美味しかった!


f0232060_18492777.jpg


f0232060_18493998.jpg


f0232060_18494914.jpg


f0232060_18495865.jpg


f0232060_1850843.jpg














お店で漬けている銀だらの西京焼


程よい漬かり方と抜群の焼き加減で、来る度に頼む一品。


f0232060_18513349.jpg













にぎりを注文。


大トロ、赤貝、シマアジ、車海老など。


青空の下で食べるにぎりは格別だーー!


f0232060_18532043.jpg


f0232060_18533988.jpg


f0232060_18534862.jpg


f0232060_18535826.jpg













デザートは、自分で作るアイス最中。


最中がサックサクで、バニラとあんこと相性抜群。


f0232060_18552511.jpg








すっかり日が落ちて、夜まで楽しんだ。


何を食べても美味しかったなあ・・・。


今まで、本当にありがとうございました!!








■XEX代官山
http://www.xexgroup.jp/daikanyama








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ