タグ:和食 ( 393 ) タグの人気記事











沖縄は、しゃぶしゃぶ天国だ。









アグー豚に代表されるように豚をよく食べることもあって、


しゃぶしゃぶ店がそこら中にあって、


ハレの日でなくても普通にしゃぶしゃぶする。


その中で沖縄三大しゃぶしゃぶ店というのがあり、


「まつもと」「みるく」、もう1つがここ「金武アグーしゃぶしゃぶ 金武」だ。


f0232060_18512368.jpg


f0232060_18513775.jpg


f0232060_1852052.jpg















普段私たちが食べている豚は在来種との混血で、


純血100%の和豚は本当に希少で、証明書が必要なレベル。


ここ「金武(きん)」はその貴重な純血100%の金武アグー豚を


手軽に食べさせてもらえるしゃぶしゃぶ店として人気がある。


f0232060_18552182.jpg














和豚の一番の特徴は、レアでも食べれてしまうこと。


在来種との混血豚は必ずしっかりと火を通さないと食べれないが、


こんな状態の赤みが残っている感じで食べれてしまう。


しかも、臭みもないので、ポン酢などは必要なく、で食べれてしまう。


f0232060_18565327.jpg















テーブルセットはこんな感じ。


お通しのジーマミー豆腐は、


琉球王朝料理を研究している料理顧問によるもので、


箸でつかんでもちぎれないくらいモチモチで美味しかった!


f0232060_19131318.jpg


f0232060_19133230.jpg


f0232060_19134221.jpg















いよいよ、しゃぶしゃぶ。


純血100%の金武アグー豚、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


金武アグー豚のつみれも一緒に、


海ぶどうは豚と一緒に塩の代わりとして肉で巻いて食べる。


f0232060_1916634.jpg


f0232060_19184543.jpg


f0232060_1919447.jpg















島野菜もたっぷり色とりどり。


黄金芋(くがにいも)、ターム、島人参、くわん草など、


東京で見たことのないものばかりで、野菜のしゃぶしゃぶも楽しみ。


f0232060_19174448.jpg


f0232060_19175859.jpg


f0232060_1918893.jpg















〆は、じゃがいものを練り込んだじゃが麺


しゃぶしゃぶの出汁のスープに煮込んでいただく。


麺がモチモチして、とても美味しい。


f0232060_19215422.jpg


f0232060_19221013.jpg















しゃぶしゃぶもすごく美味しかったが、


最後に出てきた塩パインアイスがまた絶品だった。


上のオレンジ色のものは、


謝花きっぱん店の銘菓「冬瓜漬」で、


これがまた塩パインアイスと相性抜群で、めちゃくちゃ美味しかった。


このデザートだけでもお代わりしたいし、


これ食べにまた来たいくらいのレベルだった。


f0232060_19244459.jpg


f0232060_19251061.jpg


f0232060_19251890.jpg









■「金武アグーしゃぶしゃぶ 金武」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47023328/









by meshi-quest | 2019-02-12 08:08 | 沖縄









沖縄出張









山口県「春帆楼」の機内食をいただきながら2時間半の旅。


毎回思うけど、機内食のクオリティーって、ものすごく上がってるなあ・・。


お弁当や保存の技術が上がっているとも言えるが、ちゃんと美味しい。


ホタテご飯に、メインは豆腐と山芋の蟹あんかけステーキ。


f0232060_1865718.jpg


f0232060_1874840.jpg


f0232060_1875895.jpg


f0232060_188981.jpg


f0232060_1881823.jpg


f0232060_1882832.jpg















今回は休日から沖縄入りしたので、


沖縄のスタッフと共に親睦を兼ねて、ドライブ。


那覇から高速に乗って北に向かうこと約3時間。


名護市でこの時期にやっている桜まつりにやってきた。


f0232060_18104549.jpg















山の上にあって、中腹の広場では露店が出ていたり、


沖縄民謡のイベントが開催されていたり、にぎやかだった。


f0232060_18125635.jpg


f0232060_181384.jpg














生まれて初めて沖縄の桜を見た。


沖縄に桜があること自体、初めて知った。


東京で見るソメイヨシノとは違う品種らしく、


沖縄の桜は「琉球寒緋桜」(りゅうきゅうかんひさくら)と言うらしい。


私が知っているいわゆる桜よりも濃いピンク色で、


沖縄の桜は花びらが舞い散らず、花ごとそのまま落ちてしまうそうだ。


f0232060_18151376.jpg


f0232060_18153357.jpg















こんなに濃いピンク色で花吹雪が見れたら


さぞかしキレイで幻想的だろうに・・・、花が散らないのは残念(泣)。


f0232060_18171881.jpg














暖かい沖縄では1月下旬からもう桜が見れる。


桜と言ったら、そうコレ、花見!


ひと足どころか、ふた足くらいお先に花見をさせてもらった。


f0232060_18191416.jpg









■「名護桜まつり」
https://nagomun.or.jp/event/1606/










by meshi-quest | 2019-02-10 08:08 | 沖縄









2019年の鰻初めを、


東京一、いや日本一と言っても過言ではない、


池袋にある予約の取れない名店「かぶと」で迎えるこの幸せ。


しかも、店内に1つだけある小上がりの座敷席で、


鰻を味わうにはこの上ないシチュエーション。


f0232060_22343359.jpg


f0232060_2235751.jpg
















しかも、冬は寒くて動かないため、なかなか取れない天然鰻の入荷があり、


1月から3月くらいまではほとんど養殖しか出せないというところ、


本日は、天然と養殖の食べ比べも出来ることに。超ラッキー。













まずは、養殖えり焼き(たれ)から。


f0232060_22351735.jpg
















続いて、養殖(塩)とひれ焼き


ひれ焼きは、尻尾、腹びれ、背びれを巻いたもの。


f0232060_22421572.jpg


f0232060_22444455.jpg















名物の鰻の心臓の丸飲み。


ドクドク、ちゃんと動いてる!!


動いている心臓が出せるのは、


お客さんが揃ってから生きている鰻を捌いている新鮮な証拠。


心臓は苦いので噛まずにそのまま飲み込む。


f0232060_22471378.jpg


f0232060_22481483.jpg














養殖の鰻の


肝は苦手なので、写真だけ・・・。


f0232060_22491186.jpg
















いよいよ、天然鰻の登場!


冬のこの時期の鰻は海に出る前の鰻で、


全体的に黒っぽくなり、「下り鰻」「銀鰻」と呼ばれているそう。


まずは、天然から。


f0232060_22505836.jpg















天然ひれバラ身


天然物は貴重で数が少ないので、2人で1本を分け合う。


f0232060_22521223.jpg















天然レバー


f0232060_22524785.jpg


f0232060_2253323.jpg















養殖白焼き


臭みは一切ないので、わさび醤油など使わず、そのまま塩でいただく。


養殖でも十分すぎるほど美味しくて、あっと言う間に食べ終わる。


f0232060_22544551.jpg


f0232060_22554718.jpg















食べ比べで、こちらが天然白焼き


見た目からして、厚み、色、弾力、全てが違う!


もちろん天然だから必ず美味しいというわけではなく、


天然だからこその風味の違いがあり、味にバラつきがあるが、


今日の天然は、ここ最近の「かぶと」で食べた天然の中でピカイチだった。


f0232060_22575565.jpg


f0232060_22584100.jpg















そして、最後に蒲焼きの食べ比べ。


写真の左側2枚が養殖、右の縦の1枚が天然


養殖も脂が乗っててすごく美味しいのだが、


天然は旨味と脂のバランスが良く、弾力があって、めちゃくちゃ美味しい!


f0232060_2301292.jpg


f0232060_2303191.jpg


f0232060_2303955.jpg
















あまりの蒲焼きの美味しさに、ご飯をお代わりしてしまうほどw。


蒲焼きには、やっぱり白飯だよねー。


幸せな2019年の鰻の幕開けだった。


f0232060_2314587.jpg


f0232060_2321881.jpg


f0232060_2322732.jpg









■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/


















去年2018年の末に金沢出張に行ってきた。










本当に金沢は素敵な町だ。


小京都とはよく言ったもので、町並みは京都を彷彿とさせる。


古き良きものと新しいモダンなものがうまく融合してて、何を見ても美しい。


チャンスがあれば喜んで何度もお邪魔したい町の1つだ。


f0232060_14361247.jpg


f0232060_14363967.jpg


f0232060_14365232.jpg















さすが北陸といった寒さで、冷たさが刺さる。


東京ではまだ暑い重装備で出てきたが、寒さを舐めないで良かったー。


そんなめっさ寒い北陸の冬ではあるが、


冬の幸が満載なので、全然大丈夫!!


冬の幸を満喫させてもらえる割烹居酒屋「とっくりや」へ。


18時からと20時からの2時間制のみで、大人気のため予約必須。


f0232060_14405255.jpg














早速、銘酒「手取川」で乾杯。


お通しはめちゃくちゃ美味しい梅貝の煮付。


梅貝が大好きで、別途頼もうと思ってたくらいなので、お通しラッキー。


東京じゃ、こんな大きく柔らかい梅貝食べられないな・・・。


f0232060_14433770.jpg


f0232060_14434839.jpg














まずは、名物の刺身のジェンガ盛りから。


ビールと比較すると、よりその大きさに驚く(・□・;)!


f0232060_14452571.jpg














新鮮で、分厚くて、めちゃくちゃ美味しい刺身盛り合わせ。


食べ応え、ありすぎw。


f0232060_1446258.jpg















1段目のジェンガを食べ終わると、中から2段目の刺身ジェンガがw。


表から見えなかったけど、中には水ダコや赤貝、サザエまでいた。


f0232060_1448181.jpg















続いては、解禁されたズワイガニの登場!


そして、これも、ものすごい山盛りww


f0232060_1450215.jpg















特にカニ味噌の量がヤバいww


こんなに大量のカニ味噌食べたのは初めてかも。


カニ身も、カニ味噌も、甘くてホント美味しい。


f0232060_14512111.jpg














北陸名産の白エビのから揚げ。


カラッと揚ってて、塩加減も抜群で、箸が止まらない。


f0232060_1452957.jpg















お店おすすめの、今が旬の白子の天ぷら。


新鮮なので全く臭みもなく、柔らかく甘味あって、口の中でトロける感じ。


白子だけでなく、鱈の身の天ぷらも付いてくる、すごいボリューム。


f0232060_14534183.jpg


f0232060_14535768.jpg















最後の〆は、名物ののどぐろ丸ごと1匹の塩焼き。


脂が乗ってて、ものすごく美味しい!!


東京だと、とんでもない金額になりそうな贅沢品だが(苦笑)、


北陸であれば高級品には変わりないが、一応なんとかなる範囲でいただけるw。


f0232060_14565980.jpg


f0232060_14571125.jpg









冬の北陸は、食道楽だなー。


ずっと何かしら食べ続けてしまいそうだw。


1つ1つがボリュームあって、


全くメニューが制覇できないのでw、ぜひまたお邪魔したい。






■「とっくりや」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000666/








by meshi-quest | 2019-01-11 08:08 | 旅行_国内









懇意にさせてもらっている「中目黒ないとう」の


三が日の営業日にお邪魔して外食初めをするのが


私の恒例行事となりつつある。



いつもはせわしない中目黒駅も三が日は人がまばらで、正月感が溢れている。


f0232060_23314390.jpg


f0232060_23315236.jpg














家のようなアットホームな雰囲気で、静かに、ゆっくり、


それでいて、本格的な和食が食べられるのが魅力。


本日は、お正月限定の特別コースで。


f0232060_2332557.jpg


f0232060_23334745.jpg


f0232060_2334196.jpg















1品目は、淡路のかぶら蒸し


淡雪のような甘味ある旬のかぶらが絶品。


f0232060_23404398.jpg
















2品目は、「中目黒ないとう」名物の胡麻豆腐


相変わらず、美味しいなー。


未だこの胡麻豆腐を超える胡麻豆腐を食べたことがない。


f0232060_2342483.jpg















3品目は、お正月バージョンの八寸


車海老の芝煮、筍、くわい、たらの芽、キンカンなど、


お祝いや新春を感じる食材をいっぱい使った豪華な一皿。


f0232060_23462811.jpg















手前の「ちしゃとう」(レタスの茎)は西京漬けにして、門松に。


里芋は「つるこいも」という名のの形にカットされており、


梅人参と大根は、の形に綺麗に飾り包丁がされている。


f0232060_23494842.jpg


f0232060_2350026.jpg


f0232060_23501032.jpg















4品目は、白味噌海老芋のお椀。


「中目黒ないとう」の白味噌椀がめちゃくちゃ美味しくて、


ここで白味噌が好きになり、うちでも白味噌を常備するようになった。


f0232060_23522116.jpg


f0232060_23523793.jpg















5品目は、自家製あん肝醤油でいただくクエのお造り。


あん肝醤油は、白味噌と福岡の甘醤油を使った独特の味で、


これだけ舐めながら日本酒が飲めてしまう感じ。美味しい!


f0232060_2354277.jpg


f0232060_23543711.jpg














「中目黒ないとう」自家製のくわいチップス


お正月に見かけるあの「くわい」をスライスして揚げたもの。


これが激ウマくて、特別に山盛りもらうw。


一度くわいチップスを食べると、じゃがいものチップスに戻れなくなる(笑)。


f0232060_2356272.jpg















6品目は、柚子釜蒸し寿司。


柚子を器にして、中に香箱ガニの寿司を詰めて蒸したもの。


上には、香箱ガニの外子のあんかけと、ウニ、いくらが乗っている。


器から広がる柚子のいい香りと、カニの蒸し寿司の相性抜群。


f0232060_23591152.jpg


f0232060_004039.jpg
















7品目は、マナガツオの西京焼き。


背の部分と腹の部分。


東京で西京焼きというとムツとか、サワラとか、銀タラが多いが、


関西でよく食べるマナガツオはすごく上品な味わいで、西京焼きにピッタリ。


付け合わせは、鞍掛豆、蕗味噌、なます。


f0232060_031664.jpg


f0232060_032819.jpg















日本酒の肴に、香箱ガニの外子の塩辛。


イカの塩辛のような強い塩味やクセが全くなく、すごく食べやすいおつまみ。


f0232060_051646.jpg















8品目は、聖護院大根を使った煮物。


付け合わせに、白子とばちこ(なまこの卵巣)。


美味しい出汁で柔らかく煮られてて、いい大根だった。


f0232060_065326.jpg














9品目は、おしのぎのにぎり鮨


鮨好きの私のために、通常は1、2貫のおしのぎのところ、


おしのぎどころじゃないくらい出してもらうw。


まずは、中トロと、クエ。


f0232060_083216.jpg


f0232060_09867.jpg














鯛とこはだ


f0232060_093894.jpg


f0232060_094957.jpg















ウニと、先ほどのあん肝醤油を海苔巻きに。


f0232060_0102579.jpg


f0232060_0103379.jpg















10品目は、毛蟹の土鍋ご飯。


なんと贅沢、毛蟹丸ごと、独り占めw


f0232060_0114564.jpg


f0232060_0115919.jpg


f0232060_012922.jpg















2人前以上あったので、毛蟹ご飯のお代わりは、


大将の内藤さんが味を変えて出してくれる。


出汁とチーズとトリュフとカニご飯を使った和風毛カニリゾット


f0232060_0134323.jpg


f0232060_013562.jpg















香箱ガニの外子を使ったカニあんかけご飯も。


f0232060_0145369.jpg


f0232060_015211.jpg















11品目は、新潟のブリカマ


皮がパリッパリで、脂ノリノリ、とても美味しいブリ。


残ったブリは、出汁ご飯に混ぜて、お土産におにぎりにしてもらった。


f0232060_016343.jpg


f0232060_0165042.jpg















12品目は、一口水菓子。


とブルーベリーの上に、豆腐と松の実のソース。


f0232060_0181064.jpg











今日は、冬眠か?と疑うほど(苦笑)、自分でもよく食べたなーw。


なんか昼食べずに来たら、胃腸が絶好調だったんだよね。たまにあるある。


今年も「中目黒ないとう」の美味しい和食が楽しみだ。









■「中目黒ないとう」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44

















吉祥寺・井の頭公園のすぐそばにある


老舗蕎麦屋「上杉」でランチ。


f0232060_0235644.jpg














どんどん変化をしていく若者のモダンな町・吉祥寺にあって、


お店も、雰囲気も、味も、昔ながらを残す、


文化財的な貴重な蕎麦屋さん。


f0232060_0263289.jpg














上天ぷら(1330円)をいただく。


蕎麦の味、天ぷらの味、つゆの味など、


全てにおいて個人的には「御苑前せお」さんの方が圧倒的に好きなのだが、


雰囲気とか、蕎麦の出し方とか、入れ物とか、


趣があって、ノスタルジックで、なんか正月近辺に来たくなってしまう。


井の頭公園の側、というのもまた良い。


1人で物思いにふけながら食事をするのにはちょうどいい。


f0232060_0302585.jpg


f0232060_030363.jpg


f0232060_0304649.jpg










■「上杉」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005870/










by meshi-quest | 2018-12-30 08:05 | 吉祥寺









懇意にさせてもらっている新宿御苑前の割烹、


「御苑前 せお」で蕎麦ランチ


夜のコースの〆で出てくる蕎麦がランチでも食べられる。













いつもの天せいろを。


元々蕎麦屋だった「せお」さんの出してくれる蕎麦は、


その辺の蕎麦屋さんに比べ物にならないほど美味しくて、


個人的には都内で一番好きな蕎麦


蕎麦の味、茹で加減、つゆの味、天ぷらの揚げ方、全てが最高。


f0232060_0131919.jpg


f0232060_013304.jpg
















天ぷらもボリュームがあって、種類も豊富。


何よりも揚げ方が上手で、全く重くならず、サクサクでめちゃくちゃ美味い。


天ぷらもそこら辺のお店よりずっと美味しくて、


都内の天ぷらとしても「せお」さんの天ぷらが一番好きかも。


f0232060_0142533.jpg














最後のそば湯がまた美味しい。


白く濁ったトロトロのそば湯は他にはない独独の味で、


蕎麦の甘味をしっかりと感じ、つゆとの相性がものすごくいい。


そば湯を飲みたくて、つゆをもう一度お代わりしてしまうほど。


相変わらず、「せお」さんの蕎麦は素晴らしいなあ。


f0232060_0165636.jpg








■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/










by meshi-quest | 2018-12-29 08:08 | 新宿








約1ヶ月半しか解禁されない香箱ガニ


閉漁まであとわずかに差し迫った12月下旬、


ありがたいことに金沢へ行くチャンス到来!レッツゴー!!














冬の金沢に来たら、コレ、食べたいよねー。


かに面おでん


かにを丸ごと1匹使った、香箱ガニがある1ヶ月半だけの限定おでん。


f0232060_00533.jpg















そんなかに面が金沢駅内でいただける、


駅飲食店街にある金沢おでん屋「山さん」へ。


f0232060_022192.jpg















ランチに普通にいくら丼やら、から揚げやら普通の定食を頼みつつ・・・


f0232060_03916.jpg


f0232060_032044.jpg


f0232060_033175.jpg


f0232060_034114.jpg















金沢おでんを注文。


出汁はとても美味しく、上品ないい感じのおでんだが、


1つ1つが割といい値段するのと、全体的にボリュームは少なめ。


f0232060_044773.jpg














そして、約15分後、かに面おでん登場!!


注文入ってから煮るので、提供までに少し時間が掛かるらしい。


f0232060_055740.jpg














香箱ガニを丸ごと1匹、カニ味噌も卵も一緒に煮たおでん。


カニの旨味と甘味が凝縮された一品。


おでんというより、カニを使ったこういう新しい料理な気がする。


ちなみに、1つ1600円という私おでん史上の最高額を叩き出したが、


それでも1ヶ月半の冬だけの限定メニュー、


金沢に来たなら、一度食べてみる価値はある。


f0232060_084964.jpg









■「山さん」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17001170/









by meshi-quest | 2018-12-26 08:06 | 旅行_国内








懇意にさせてもらっている山下シェフの新和食


「HAL YAMASHITA 東京」へ。


f0232060_1401098.jpg














最近六本木にあまり来ることがなかったので、


かなり久しぶりの「HAL YAMASHITA 東京」。


久しぶりにも関わらず、マネージャーの緒方さんをはじめ、


スタッフの皆さんがとても親切に変わらず接してくれたのが嬉しかった。


f0232060_1404393.jpg


f0232060_141038.jpg














黒松コース(12800円)と、


冬季限定でやっているというトマトすき焼きを別注で。


まずは、お気に入りの長野県産紅玉りんごジュース


甘味がスッキリしてて、くどくなく、食事とも合うりんご。


f0232060_1442297.jpg















コース1品目は、ボタン海老大吟醸でマリネした前菜。


上から凍らせたフォアグラを削ってかけている。


f0232060_1462999.jpg


f0232060_1465558.jpg















2品目は、鶏レバーパテの最中。


「HAL YAMASHITA 東京」印のかわいいパッケージ。


中の最中の中に、


黒糖焼酎と黒糖で作った鶏肝とレバーのパテが入ってる。


すごく食べやすいパテで、お酒が進む味。


f0232060_1485810.jpg


f0232060_150369.jpg


f0232060_1501720.jpg















サクサクの自家製パンは、


特製のクリーミーなソースに付けていただく。


f0232060_1511354.jpg















3品目は、紀伊長島直送の海鮮カルパッチョ


シマアジ、中トロ、イクラなど。


ソースはサッパリとした柚子醤油。


f0232060_153184.jpg


f0232060_1533251.jpg















4品目は、「HAL YAMASHITA 東京」山下シェフのスペシャリテ、


神戸牛の雲丹巻き、スモークキャビア乗せ。


言うまでもなく、極上、かつ、絶品。


f0232060_1561345.jpg


f0232060_1563785.jpg















5品目は、有機干し椎茸お米のポタージュ。


椎茸の香りが濃厚で、すごく美味しい。私のお気に入りのメニュー。


f0232060_158994.jpg
















6品目は、秋鮭のほう葉焼き。


味噌仕立ての秋鮭をほう葉ごと瞬間スモークしているので、とてもいい香り。


f0232060_205852.jpg


f0232060_21132.jpg


f0232060_212690.jpg


f0232060_213486.jpg















7品目は、炙り〆鯖ときゅうりを使った一皿。


ソースは、ブルーチーズとガーリックを使ったもの。


f0232060_231618.jpg


f0232060_233324.jpg















8品目のメインディッシュは、神戸牛の炭火焼き。


ソースは、バルサミコ酢を使った酸味と甘味のあるソース。


f0232060_244127.jpg


f0232060_25111.jpg















9品目は、「HAL YAMASHITA 東京」で人気という


冬季限定の神戸牛のトマトすき焼き


コースとは別に注文。


f0232060_263670.jpg


f0232060_272121.jpg














元々、「HAL YAMASHITA」シンガポール店がやっていたメニューらしく、


割り下が入った鍋に馴染みのない海外のゲストに対して、


鍋側ではなく、割り下を付けるタレの方にもってきてるのが特徴。


なので、鍋自体は、白出汁で神戸牛とトマトと野菜を煮る。


f0232060_2125319.jpg


f0232060_213967.jpg


f0232060_2131937.jpg















決してまずくはないのだが、


残念ながらトマトすき焼きという名前から来るワクワクは超えなかった。


割り下が私にとってはかなり甘かったのと、


白出汁で煮込んでしまってるため


神戸牛やトマトの旨さが薄まり、あまり感じられなかった。


f0232060_2163377.jpg














10品目は、舞茸ご飯のセット。


炊き込みご飯はかなり楽しみにしてたけど、これは普通かな。


f0232060_2182054.jpg


f0232060_2185671.jpg















11品目のデザートは、


ブランデーでマリネした干し柿の入ったティラミス


f0232060_2203222.jpg


f0232060_2204820.jpg















12品目は、鳴門金時を使った自家製スウィートポテト。


甘さ控えめで、金時の風味も良く、美味しいデザート。


f0232060_2221739.jpg


f0232060_2223580.jpg


f0232060_222498.jpg










全体的にとても美味しく、品数も多い、満足なコースだが、


後半のメインやご飯がちょっと期待と違っていたかな・・。


前半の前菜などはどれも美味しく、すごく期待感が高くなるので、


そのまま後半も盛り上がって走り抜けて終わるコースになると、さらにいいなあ。








■「HAL YAMASHITA 東京」

http://www.hal-yamashita.com/jp/



















なんだかとんかつ気分だったので、


新宿にあるとんかつ専門店「とんかつ三太」へ。


ランチのピークは過ぎてる時間だったが、


サラリーマンやOLさん、観光客でほぼ満席。


f0232060_00422731.jpg



f0232060_00425506.jpg
















ロースとんかつ定食に、


大海老フライをトッピング。


マヨラーなので、キャベツ用にマヨネーズも追加注文(プラス50円)。


定食は、キャベツ、味噌汁おかわり自由。


f0232060_00461431.jpg



f0232060_00462908.jpg















「とんかつ三太」のとんかつはちょっと変わっていて、


パン粉に特徴があり、パン粉が太くて、しっかりしている。


昨今、キメの細かいパン粉も流行っているが、


このパン粉はこのパン粉でサクサクしてて、なかなか美味しい。


f0232060_00502789.jpg







ランチに分煙無しで喫煙可能になっていることと、


大将が気難しそうな感じで、厨房でスタッフに怒っていたりするのが気になるが、


とんかつ自体はとても美味しく、


キャベツもおかわり自由で、新宿では重宝するとんかつ屋さん。







■「とんかつ三太」







by meshi-quest | 2018-12-12 08:07 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ