タグ:和食 ( 359 ) タグの人気記事





久しぶりに中野にある鰻の名店、


「うなぎ 味治(みはる)」へ。













高齢の大将がすごく嬉しそうにされていたので話を聞いてみたら、


どうやら18歳のお孫さんが跡継ぎに決まったそうだ。











で、「今日、お孫さんは?」と聞いたら、


今日は遊びに行っているらしい(苦笑)。












まあ、まだ若いし、若いうちは遊びたいだろうからね。


大将のような素晴らしいうなぎを出す店は他にそうそうないので、


一子相伝、お孫さんが良い跡継ぎになってくれることを祈る。















■今日のカメ

■「うなぎ 味治」
f0232060_162492.jpgJR中野駅北口から徒歩5分ほど。










■大将
f0232060_1623973.jpgいつもクールな大将が、にこやかに上機嫌。跡継ぎ決まって、良かった。









■つまみキャベツ
f0232060_1634328.jpgぶつ切りキャベツに、しば漬けを乗せたシンプルなつまみですが、これがうまい。









■短冊と肝
f0232060_1642224.jpgうなぎの短冊と、肝の串。










■白焼き
f0232060_16501.jpgうなぎの白焼き。










■白焼き、アップ
f0232060_1663464.jpg子供の頃は、タレが付いてない鰻なんて意味が分からなかったが、大人になってから白焼きとわさびの素晴らしさに目覚めた。

絶品でした!






■かば焼き
f0232060_167894.jpg美味しいので、かば焼きもいっちゃいます。










■かば焼き、アップ
f0232060_1674374.jpg白もいいけど、タレも最高。










■うな重
f0232060_1682522.jpg贅沢させていただき、うな重までいただいちゃいました。

この時点で、おそらく3匹分くらい鰻を消費していると思われる。






■うな重、アップ
f0232060_1692915.jpg味良く、香り良く、食感も良く、言うこと無しのうな重です。









■肝吸い
f0232060_16101649.jpgうな重には、やっぱり肝吸いですね。和食バンザイ!




六本木にある「御曹司 きよやす邸」へ。












ここは、老舗旅館をコンセプトとした、シックな大人の隠れ家和食。


店の真ん中に大きな中庭と池があり、


その中庭を囲むように席があって、個室が充実している。












夜は、和牛や海鮮の鉄板焼メインでちょっと高めではあるが、


ランチは、リーズナブルに鉄板焼のハンバーグやステーキが食べれる。













ハンバーグは、いいね。


大人も、子供も、いつだって、幸せになれる。












■「御曹司 きよやす邸」
http://www.tokyo-rf.com/restaurants/r01/index.html















■今日のカメ

■「御曹司 きよやす邸」
f0232060_1652465.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。六本木通り沿い、俳優座の並びにあります。









■老舗旅館風
f0232060_167476.jpg地上の暖簾をくぐると、地下へ続く階段が現れます。

コンセプトの「老舗旅館」っぽさを感じます。







■鉄板焼
f0232060_16101917.jpg靴を脱いで上がるスタイルで、ほとんど個室ですが、カウンターもあります。

カウンターでは、目の前の鉄板で料理を見ながら食事が出来ます。






■「やみつきハンバーグ」
f0232060_1612910.jpg鉄板焼の和牛ハンバーグと、サラダ、小鉢が2つ付いたランチセット(1200円)。









■ハンバーグ、アップ
f0232060_16124970.jpgやわらかく、ジューシーで、美味しいハンバーグでした。

これは、スタンダードな150gですが、肉の量を1.5倍、2倍にすることも可能。




ご招待いただき、六本木にある日本料理店、


「花ごよみ 六本木」へ。











日本料理店と聞くと、ちょっと堅苦しく、入りづらい印象があるが、


「花ごよみ」は、しっかりとした日本料理が食べれるのに、


とても入りやすく、ちょっとリッチな大人の居酒屋といった感じ。












今日は、今が旬の松茸を中心とした料理と、


大将おすすめの名物料理をいただいた。


どれもとても美味しかった。












■「花ごよみ 六本木」
http://hanagoyomi-ryu.jp/roppongi/index.html














■今日のカメ

■「花ごよみ」
f0232060_10422699.jpg大江戸線・日比谷線「六本木駅」から徒歩3分ほど。

麻布警察署裏のピラミデ3階にあります。








■店内の様子
f0232060_10443683.jpgカウンター、テーブル、個室と、席数はそこそこあります。

テーブル席もすだれで半個室になっているので、お祝い事や商談兼ねた会食にも使えそうです。






■テーブルセット
f0232060_10463172.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■じゃこのサラダ
f0232060_1048119.jpgじゃこと豆腐のサラダ。和風ドレッシングがかかっています。









■香の物
f0232060_1049257.jpg数種の野菜の自家製香の物です。

器がおしゃれで、蓋の部分が重石になっています。








■香の物、アップ
f0232060_10503580.jpg濃すぎず、程よい味に漬かっていて、美味しいおしんこでした。









■「トマトの蜜漬け」
f0232060_10513236.jpgトマトを甘めの和風出汁に漬けて、冷やした一品(500円)。

甘めの和風出汁が、あまり他では食べられないちょっと不思議な味わいでした。






■松茸お吸い物、きた!
f0232060_10531994.jpgお椀がきました。上に乗っているのは、かぼす。










■お吸い物、アップ
f0232060_105417.jpg蓋を開けた瞬間に、松茸の香りが広がる、上品な味わいのお吸い物でした。美味しかった!









■お造り
f0232060_10552349.jpg本日のおすすめ鮮魚のお造り3種盛りです。

紙に包まれて、出てきました。おしゃれ。








■お造り、アップ
f0232060_10562765.jpgカツオ、ホタテ、あと1つは失念。










■松茸の天ぷら
f0232060_10573594.jpg旬の松茸を天ぷらに。










■松茸、アップ
f0232060_111950.jpgああ、秋ですねえ・・・。

和食は、食材や味だけでなく、見た目からもとても季節感を感じさせてくれるので、大好きです。







■出汁巻き玉子
f0232060_1124498.jpg「花ごよみ」自慢の出し巻き玉子(800円)。

お店でおすすめするだけあって、フワフワで、いい感じで出汁がきいており、とても美味しい玉子焼きでした。美味しかった!






■朴葉(ほおば)味噌焼き
f0232060_1144115.jpg飛騨高山地方の郷土料理らしく、朴の葉の上に特製の味噌と具を乗せて焼く。

「花ごよみ」では、和牛を使った朴葉味噌焼き(1800円)が食べれます。






■焼き始めました。
f0232060_1175267.jpgこんな感じで、朴の葉の上に、牛肉と味噌を並べます。









■完成!
f0232060_1184381.jpgしばらくすると、こんな感じで火が入り、味噌焼きの完成。

見た目ほど濃くなく、朴の葉のさわやかな香りがとても良く、味噌とすごく合っています。






■海鮮おこげ
f0232060_1195653.jpg〆のご飯は、名物の「花ごよみ流 石焼き海鮮おこげ」(1600円)です。









■おこげの具、アップ
f0232060_1111509.jpgアツアツの石鍋の中に、細かく切られた数種の刺身と、たっぷりのネギと、白米が入ってます。

ここまで見ると、「どこがおこげ??」という感じですが・・・。






■玉子餡、登場。
f0232060_11133075.jpgスタッフの方が、ご飯の上から、アツアツの玉子餡をかけてくれます。









■完成!
f0232060_11145839.jpgこれで、完成。
私がイメージしていた、海鮮おこげと全然違うものでした。








■海鮮おこげ、アップ
f0232060_11154960.jpg食べてみると、なんとちゃんとおこげの味がして、魚の出汁もしっかりきいており、とても美味しいです!

中に揚げ米が入っているそうで、それが食感と風味のアクセントになっていました。ちなみに、ランチでもこの海鮮おこげを食べることができるそうです。



■デザート
f0232060_11175646.jpg期間限定のチョコと芋のムースです。










■ムース、アップ
f0232060_11183793.jpg甘さ控えめで、美味しくできていました。










■栗のアイス
f0232060_11193369.jpgこちらは、栗の渋皮アイスクリームです。これも甘さちょうど良く、栗が濃厚で、美味しかった。




中目黒にある有名な蕎麦屋「驀仙坊 (ばくざんぼう)」へ












ちょっと飲んだ帰りに、蕎麦つゆの香りに触れたくて


ふらっと立ち寄ったのだが、お腹はいっぱいだったので、


天抜き(蕎麦なしの天ぷらそば)を頼む。











飲んだ後って、蕎麦とか、味噌汁とか、


無性に、出汁の効いた和風なモノを飲みたくなる。












というわけで、蕎麦の名店なのに、


蕎麦の写真が一切ないが、あらかじめご了承いただきたい。












■「驀仙坊 (ばくざんぼう)」
http://www.hotpepper.jp/strJ000133502/















■今日のカメ

■「驀仙坊」
f0232060_228194.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。東山一丁目交差点の近くの路地にあります。









■店内の様子
f0232060_2293017.jpg個別のテーブル席に、相席用の大きなテーブル席。席数はそこそこあります。









■山芋の味噌漬け
f0232060_2210271.jpg蕎麦だけでなくおつまみも充実しています。

これは山芋の味噌漬け。サクサクの山芋は美味しかったが、ちょっと味噌が濃すぎかな。







■出汁巻き玉子
f0232060_2212117.jpg出汁のきき方がちょうど良く、フワフワでとても美味しい出汁巻きでした!









■天抜き
f0232060_22131766.jpg穴子の天抜きを注文。

穴子の天ぷらがとても美味しく、蕎麦つゆも風味良くて、とても美味しかったです。蕎麦はお腹いっぱいで食べれないけど、でも蕎麦っぽいモノが食べたい、そんな時は「天抜き」をおすすめします。





■穴子の骨
f0232060_22143395.jpg骨もちゃんと揚げて出してくれます。




六本木にある日本料理店「霞庭まつばら」でランチ。













最近、美味しい焼き魚が食べたくなると、


会社から近いこともあって、よくお邪魔している。











お昼でいただける銀たらの西京焼がとにかく絶品。


自家製の西京味噌に漬け込んだ銀たらを、


注文が入ってから炭火でじっくり焼いてくれる。












ご飯も土鍋で炊いていて、軽くて甘い。


お代わり自由なので、美味しい銀たらについつい食べ過ぎてしまう。











1500円とランチとしては少し高めではあるが、


その価値は十分にある素晴らしい和食ランチ。













■「霞庭まつばら」
http://kasumitei-matsubara.com/














■今日のカメ

■「霞庭まつばら」
f0232060_21485650.jpg日比谷線「六本木駅」から徒歩6分、大江戸線「六本木駅」から徒歩8分ほど。

六本木6丁目交差点から1本路地に入った飲食ビルの3階にあります。






■店内の様子
f0232060_21502737.jpg清潔感溢れるカウンター。奥にテーブル席や個室もあります。









■銀たら西京焼
f0232060_2152414.jpg銀たら西京焼(1500円)です。

銀たら大好きなので、ほぼいつもこれを頼んでいますが、他にも銀たら以外の魚や牛肉のランチなどもあります。






■銀たら、アップ
f0232060_21534926.jpg濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい感じに漬かっている西京焼き。脂乗ってて、焼き加減もバッチリ。絶品!

それ以外にも、生野菜、玉子焼き、香の物も付いています。





■土鍋ご飯
f0232060_21551336.jpg「霞庭まつばら」のご飯は、軽くて、甘くて、ホント美味しいです。お代わり自由です。









■赤だし
f0232060_2156434.jpg厚揚げと三つ葉の赤だし。これも美味しい!










■一口甘味
f0232060_21564348.jpg食後の一口甘味。日替わりで、この日は花豆のアイスクリームでした。




なんだか無性に粉モノが食べたくなったので、


西荻窪の駅前にある「広島焼 かずみ家」へ。













広島焼やお好み焼きは、東京人の感覚からすると(私だけか?)、


仲間が集まった時に、わいわい楽しく食べるモノという感じがあり、


どんなに食べたくても、夕食1人で広島焼というイメージが沸かないのだが、


広島県出身の友達に聞くと、そこらじゅうに定食屋のごとく広島焼屋があり、


普通に昼も夜も、一人でも仲間同士でも、広島焼を食べるのだそう。














まさに、ここ「かずみ家」もそんな感じのお店で、


広島焼の定食屋といった感じ。


大将も広島出身らしく、1人で夕食を食べにきている方が多かった。












とても美味しい広島焼だった。


ただ、味どうこうということではなく、


雰囲気的にわざわざ友達を遠くから招く感じにはならず、


どちらかと言うと、地元の人におすすめしたいようなお店。












いつも通っている大好きな「広島焼 カンラン」が日曜定休なので、


日曜日にやっている美味しい広島焼屋があって、良かった!












■「かずみ家」
http://r.gnavi.co.jp/8vjxmz420000/
















■今日のカメ

■「かずみ家」
f0232060_10312529.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩20秒ほど。駅前の商店街入ってすぐ。









■店内の様子
f0232060_10334666.jpgアットホームな感じ。席数も少なめです。










■豚そば玉
f0232060_10344994.jpg豚そば玉にチーズをトッピング。1100円くらいだったかな。

マヨネーズは、プラス70円で小さいキューピーを購入しないといけません。マヨネーズは、フリーにしてほしかったなあ・・・。





■豚そば玉、アップ
f0232060_10364149.jpgキャベツたっぷり、イカ天も入っていて、かなりボリュームあります。1枚で十分お腹いっぱい。









■カレーマヨ玉
f0232060_10372146.jpgカレー風味に味付けされたそば玉に、こちらは最初からマヨネーズがかかっています。









■カレーマヨ、アップ
f0232060_10381455.jpg個人的には、こっちの方が好みでした。

カレーの風味とマヨネーズは鉄板ですねー。
by meshi-quest | 2013-10-14 08:09 | 西荻窪



六本木にある鶏料理店「鶏匠 たけはし」でランチ。












ふわとろ卵の親子丼の上に、さらに卵がオン。


ダブル卵の贅沢な親子丼だった。












太るとか、コレステロールとか、


そういった単語は、この際気にしないでいこうと思う。













■「鶏匠 たけはし」
http://www.takehashi.info/















■今日のカメ

■「鶏匠 たけはし」
f0232060_2211361.jpg大江戸線「六本木駅」から5分、日比谷線「六本木駅」から3分ほど。六本木通りから路地に入ったところにあります。








■店内の様子
f0232060_22143122.jpg厨房を囲うカウンターとテーブル。席数はそこそこあります。









■親子丼
f0232060_22152076.jpgたけはし名物の親子丼。小鉢と味噌汁が付いて、900円。

中目黒にある有名な鶏専門店「はし田屋」直伝だそうです。






■親子丼、アップ
f0232060_2218411.jpg親子丼の上に、さらに卵が乗っています。ダブル卵!!

濃すぎず、薄すぎず、卵もふわふわ、鶏もやわらかく、とても美味しい親子丼でした。




ご招待いただき、東京駅八重洲北口大丸の最上階にある


レストランバー「XEX TOKYO (ゼックス トウキョウ)」へ。












色々とお祝い事があり、ご招待くださった方のご厚意で、


「XEX TOKYO」までレストラン専属のリムジンで迎えにきていただくという贅沢。













リムジンの中にはシャンパンがあって、


シャンパンで乾杯して、東京の町の夜景を見ながら、


東京駅近くにある「XEX TOKYO」に到着。













ああ、リムジン、最高!


客席の広さや乗り心地もさることながら、


この何とも言えない「贅沢」に浸っている感じがたまらん。












この場を借りて・・・、ご招待、ありがとうございました!














■「XEX TOKYO」
http://www.ystable.co.jp/restaurant/xextokyo/














■今日のカメ

■リムジン
f0232060_11319.jpg待ち合わせ場所に待機していてくれた白のリムジン。かっけー。

「XEX TOKYO」専属のリムジンで、「XEX TOKYO」有料会員のみ利用できるそうです。






■車内
f0232060_114378.jpg超おのぼりさんで、記念に車内写真を撮る私w。

客席は4人掛けで、ソファはフカフカ。クーラーボックスとシャンパンがありました。その他、電話やミニバーも。






■「XEX TOKYO」
f0232060_1173421.jpg東京大丸の最上階13階にあります。

鉄板焼、イタリアン、バーの複合レストランです。








■店内の様子
f0232060_1110104.jpg料理ごとに席が分かれていて、鉄板焼はフロアの一番奥にあり、鉄板焼を囲んで座ります。大きな窓から東京駅の夜景が見えます。








■テーブルセット
f0232060_1112479.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■前菜盛り合わせ
f0232060_11134330.jpg今日は、アラカルトで注文。他にコースもあります。

これは5品の前菜盛り合わせ。







■前菜、アップ
f0232060_11152872.jpg紫芋の豆腐、カニ味噌のペースト、青菜のおひたし、など。

どれも美味しくできていました。







■肉、きた!
f0232060_1118593.jpg本日焼いていただく肉の紹介。

北海道産「望来豚」と、国産和牛サーロイン。








■和牛、アップ
f0232060_11185877.jpg和牛の、この厚みとサシ!素晴らしい!!










■まず、豚から。
f0232060_11204545.jpgまずは、火が通りにくい豚から焼き始めます。すごい厚み!









■焼けてきた。
f0232060_11253474.jpgいい色に焼けてきました。










■続いて、和牛も。
f0232060_11262092.jpg豚に続いて、和牛も焼き始めます。いい香りがします。









■にぎり
f0232060_11195497.jpg肉を待つ間に、寿司にぎり2貫。鯛と、中トロ。










■にぎり、アップ
f0232060_11273830.jpgネタ自体は美味しかったですが、正直、2貫で1000円の価値はないかな。特に、中トロの上のアルファルファは青臭くて、余計だった。








■豚、完成!
f0232060_11334678.jpg北海道産「望来豚」の鉄板焼です。










■望来豚、アップ
f0232060_11345371.jpg見た目よりサッパリと食べられる、食べやすい豚でした。脂も重くない。









■たれ
f0232060_1136875.jpg鉄板焼のたれは、右から焦がしネギソース、九州の甘口醤油、岩塩とゆず胡椒です。お好みで。









■鬼おろしポン酢
f0232060_11371548.jpg大根を粗く削った鬼おろしが大好きで、「XEX TOKYO」の鉄板焼に来ると、いつもたっぷり大盛でもらいます。甘くて、とても美味しい!








■和牛、完成!
f0232060_11403465.jpg和牛サーロインも焼き上がりました。










■和牛、アップ
f0232060_11411826.jpgミディアムレアで頼んだのに、火が通り過ぎ。ちょっとパサついているものもありました。

今回、うちのテーブルを担当してくれた鉄板焼シェフは、焼きの手もおぼつかず、担当してまだ数ヶ月の方らしくて、正直、焼きはあまりうまくありませんでした。肉自体は、とても美味しくて、いいものを使ってるんですが・・・、残念。



■ホタテソテー
f0232060_11442837.jpgホタテのバター醤油焼きです。










■ホタテ、アップ
f0232060_11451679.jpgホタテの量に対して、バター醤油が多すぎて、ホタテの味も分からないし、ぶっちゃけ、しょっぱかったです。








■野菜、焼き中
f0232060_11463622.jpg最後は、季節の焼き野菜。










■焼き野菜
f0232060_11472297.jpg玉ねぎ、ロマネスク(カリフラワーの原種)、さつまいも、トマトなど。

たれは、ペッパーソースか、塩胡椒で。







■ティラミス
f0232060_1149423.jpg食後のデザート。鉄板焼で出している和風デザートもありますが、お隣のイタリアンからデザートを取り寄せることも可。

これは、お隣イタリアンからのティラミスセット。






■ティラミス、アップ
f0232060_11502653.jpg甘すぎず、程よいバランスの美味しいティラミスでした。









■マカロン、アップ
f0232060_1151768.jpgマカロンは、かなり甘味が強くて、イマイチだったかな。









■食後の飲み物
f0232060_1152543.jpg〆はホットのアールグレイで。
by meshi-quest | 2013-10-04 08:06 | 東京




蕎麦に詳しい友達と一緒に、


日本橋にある蕎麦屋「仁行 にぎょう」へ。












最寄り駅からも少し離れた飲食ビルの上にあり、


立地は良いといいにくいが、蕎麦界ではとても有名なお店だそうで、


サラリーマンや買い物帰りのマダムで賑わっていた。













蕎麦は、もりで1680円。


個人的には、蕎麦自体は美味しかったが、


つゆが醤油が強く、あまり好みではなかった。












蕎麦は、元々非常に高価なものだし、


もりの他に、セットで一口お椀蕎麦と小さな甘味が付くとはいえ、


正直、この内容と満足度だと、「値段が高い」という印象になっちゃうなあ。













■「仁行 にぎょう」
http://www.nigyou.sakura.ne.jp/access.html
















■今日のカメ

■「仁行」
f0232060_13553415.jpg銀座線「三越前駅」から徒歩7分ほど。

昭和通りを超えた先にある飲食ビルの4階にあります。







■店内の様子
f0232060_13565268.jpgこの日はカウンターでした。奥にテーブルや個室もあるそうです。









■テーブルセット
f0232060_13574999.jpgテーブルセットはこんな感じ。

お盆や食器は、とても素敵で、いいものを使われていました。







■お椀蕎麦
f0232060_1359683.jpgもり蕎麦セット(1680円)を注文。

まずは、ランチのセットに付いてくるお椀蕎麦がきました。胃を温めて動かす意味があるのだと思いますが、かなり薄めのやさしい味。






■もり
f0232060_1412880.jpgもり蕎麦。量はかなり少なめ。つゆは、醤油が強い印象。









■蕎麦、アップ
f0232060_142287.jpgすぐにくっついてしまうそうで、早めに食べるよう、お店の方から言われました。蕎麦自体は香り良く、美味しかったです。








■甘味
f0232060_1424442.jpgセットに付いてくる豆を使ったミニ甘味。

あまり味がよく分からず、ぼんやりした感じ。イマイチ。
by meshi-quest | 2013-10-01 08:06 | 銀座




スクエニの同僚と、


東新宿にある蕎麦屋「「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」、


通称「なぜ蕎麦」でランチ。












ラー油と聞くと、パッと餃子が思い浮かぶ人が多いと思うが、


割と万能な調味料で、「食べるラー油」が流行ったくらい、


ホントは何にでも使える。













だから個人的には「なぜ蕎麦?」ってことは全くなく、


まあ、入れる時は入れるかもね、くらいではあるのだが、


ネーミングの妙だよなあ(笑)。お上手。












肉たっぷりで、なかなかうまい蕎麦だった。


暑い時には、いいね。
















■今日のカメ

■「なぜ蕎麦」
f0232060_1249432.jpg都営大江戸線「東新宿駅」から徒歩3分ほど。

とにかく目立つ看板が目印w。








■肉そば
f0232060_12495215.jpg茹でた牛肉とネギがたっぷり乗った肉そば。700円だったかな。

その他に、鶏肉や豚肉、天ぷらもあります。







■麵、アップ
f0232060_12514555.jpgとにかくすごいボリュームです。食べ応えあり。

蕎麦や肉自体は、正直、普通ではありますが、スープと合わせると食べやすい。








■スープ、アップ
f0232060_1255367.jpg「食べるラー油」同様、見た目は赤いですが、ほとんど辛さはなく、風味だけラー油という感じ。普通のつけ蕎麦に飽きた人にはいいかも。
by meshi-quest | 2013-09-29 08:06 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ