タグ:和食 ( 338 ) タグの人気記事









秋の味覚と美味しい和食をいただきに、


麻布十番の路地裏にあるミシュラン星獲得店、割烹「喜作」へ。


f0232060_13405888.jpg


f0232060_1341096.jpg


f0232060_1341378.jpg


f0232060_1341580.jpg











大将の森さんが常々、


「お客さんをちゃんとお腹いっぱいにさせてあげたい」と言うように、


「喜作」の料理は1つ1つ上品で、繊細なのだが、ちゃんとボリュームがあって、


食べ終わった頃には、しっかりお腹が膨れて、満足している。


f0232060_13451451.jpg


f0232060_13451682.jpg


f0232060_13451890.jpg


f0232060_13452099.jpg


f0232060_13452375.jpg


f0232060_13452635.jpg










茶碗蒸しのすじこのボリューム、すごかったなw。


f0232060_1347167.jpg











〆は、「喜作」名物のしっかり食べれる揚げ物付きご飯。


今日は、なんと揚げ立てのヒレカツが食べ放題!


f0232060_13482456.jpg


f0232060_13482672.jpg








ヒレカツが美味しすぎて、結局お代わりを繰り返し、3枚いただいた。


普通にコース料理の後に、ヒレカツ定食食べてるのと同じだw。


f0232060_13494596.jpg










上品な割烹にありがちな、


「なんか食べたりないから、この後、ちょっとどこかで・・・」的なことは、


ここ「喜作」では一切起きない。


ちゃんとしっかりいただいて、「喜作」だけで最後まで満足して帰れる。






■「割烹 喜作」
http://www.kappou-kisaku.com/








■今日のカメ

■「割烹 喜作」
f0232060_13405888.jpg
大江戸線、南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。路地裏にある飲食ビルの5階。









■店内の様子
f0232060_1341378.jpg
カウンターと個室の座敷。楽しい大将とおしゃべりできるので、カウンターの方が好き。









■テーブルセット
f0232060_1341580.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13553252.jpg
石川県宗玄酒造「宗玄」。










■1品目
f0232060_13451451.jpg
ムラサキウニと冬瓜のすりながし。









■2品目
f0232060_13451682.jpg
鱧と松茸の小鍋。









■3品目
f0232060_13562592.jpg
本日のお造りは、明石の鯛。









■4品目
f0232060_13571469.jpg
焼物は、のどぐろのたれ焼き。脂が乗ってて、すごく美味しい。









■5品目
f0232060_13452375.jpg
春菊と、大徳寺麩と、海老の白和え。大徳寺麩の、肉にも似たしっかりとした食感がアクセントになってます。








■6品目
f0232060_1347167.jpg
すじこの茶碗蒸し。下の茶碗蒸しが全く見えないほど、プリプリのすじこがぎっしり乗ってます。









■7品目
f0232060_13452635.jpg
三重県の黒アワビ煮。









■8品目
f0232060_13482456.jpg
「喜作」名物の揚げ物付きご飯。前回は鱧カツでしたが、今回はヒレカツ!〆に揚げ物が出る割烹は、私が知る限りでここだけかも。








■カツ、アップ
f0232060_13482672.jpg
お代わり自由のヒレカツ。お代わりの度に、ちゃんと揚げてくれます。軽くて、サクサクなので、何個でも食べれてしまう。








■タルタルソース
f0232060_1425717.jpg
しば漬け入りの手作り和風タルタルソース。タルタルソースも美味しいので、揚げ物が進む!









■9品目
f0232060_1442565.jpg
水菓子は、いちじくと、わらびもち。








懇意にさせてもらっている新宿御苑前「せお」で食事。


f0232060_12323470.jpg


f0232060_12323768.jpg












日本酒を飲みながら、絶品つまみをいただく。至福の時。


f0232060_12333942.jpg


f0232060_12334138.jpg


f0232060_12334536.jpg


f0232060_12334916.jpg


f0232060_12335384.jpg












私が都内でNo.1だと思っている湯葉


甘味があって、こんなに美味しい湯葉は他じゃなかなかない。


f0232060_12354557.jpg











手作りのあん肝も、厚切りで3切れも!


ボリュームたっぷり、日本酒がいっぱい飲めそうだ。


f0232060_12363534.jpg











そして、今日の一番のお目当てはコレ。


松茸と鱧の土瓶蒸し


f0232060_12411494.jpg


f0232060_12411820.jpg










めちゃくちゃいい香り。


松茸と鱧からしっかりと出た美味しい出汁を猪口に注いで、


ちびちび飲む瞬間がたまらなく好き。


この時期だけの、秋の大人のお楽しみ。








■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/








■今日のカメ

■「せお」
f0232060_12323470.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。新宿通りの1本裏手にあります。









■テーブルセット
f0232060_12323768.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_12334138.jpg
お店オススメのスッキリ辛口、奈良県今西清兵衛商店「春鹿」。









■1品目
f0232060_12334536.jpg
根三つ葉おひたし。









■2品目
f0232060_12354557.jpg
「せお」さんの絶品湯葉。ホント美味しいです。









■3品目
f0232060_12463587.jpg
手作りあん肝。









■4品目
f0232060_12334916.jpg
ふわふわの出汁巻き卵。









■5品目
f0232060_12335384.jpg
のどぐろ。









■6品目
f0232060_12411494.jpg
秋の風物詩、松茸と鱧の土瓶蒸し。









■中はこんな感じ。
f0232060_12411820.jpg
松茸と鱧からしっかり出汁が出ています。まずはこの美味しい出汁をちびちび飲みつつ、最後に中身の具をいただきます。

土瓶蒸しの幸福感はハンパないなーw。
by meshi-quest | 2017-10-31 08:08 | 新宿








大手グルメサイトのうなぎ部門1位、評点4.5を超える、


1年先まで予約が取れない鰻店の超有名店、


池袋「かぶと」に1年ぶりにやってきた。


f0232060_16301971.jpg


f0232060_16302252.jpg











若大将もお元気そうで、お店の雰囲気も活気も変わりなく、


f0232060_16314932.jpg











こんないい席で、いいうなぎが食べれるとあっては、こりゃ、飲むしかない!


f0232060_16323019.jpg










うなぎの神様が微笑んでくれて、


いつも運次第の天然うなぎの入荷が本日アリ!


本日は、熊本県産の天然モノとのこと。


迷わず、天然と養殖の食べ比べコースをいただくことにした。










これは、熊本県の天然頭(左))と養殖頭(右)。


香りと、太さと、色と、活き、すべてが全然違う。


f0232060_16352175.jpg










こっちが、養殖


f0232060_164012.jpg


f0232060_16404548.jpg


f0232060_16404859.jpg


f0232060_164118.jpg


f0232060_1641534.jpg












こっちが天然


f0232060_16422073.jpg


f0232060_16422483.jpg


f0232060_16422773.jpg


f0232060_16423038.jpg











事前にうなぎをさばいて置くのではなく、


新鮮なままお客さんの目の前で生きたままさばくからこそ出せる心臓


まだ動いてる心臓を丸飲み。


f0232060_16444960.jpg


f0232060_1645895.jpg










最後は、天然と養殖のかば焼きでフィナーレ。


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しかった。


f0232060_1646559.jpg


f0232060_16463246.jpg










ちなみに、予約に関する重要なお知らせ


今までは来店時にそのまま次回の予約をして、


来る方のほとんどがリピーターで予約を取り続けるので、


ちょうど一年後にまた・・・みたいな感じだったが、


今年からシステムが変わり、


月初の木曜日に電話予約にて、


1か月ごとの予約をする形に。








今年の途中までの予約分があるので、


最短でも10月月初木曜日からの電話→来年2018年9月からの予約だが、


今まで全く予約が取れなかった人に取っては、ある意味チャンス。


電話さえ繋がれば、予約が取れる可能性がある。









なお、余談だが、新システム下において、


なんとか私も無事来年9月の予約が取れたのだが、


電話が全くつながらず(苦笑)、


時間を変えながら60回近くかけたことだけお伝えしておく。


逆に言うと、それくらいかければ運良く繋がる、とも言える。








なかなか楽に行けるお店ではないが、


それだけ鰻人に愛されてて、行く価値のあるお店でもある。








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/









■今日のカメ

■「かぶと」
f0232060_16301971.jpg
JR池袋駅西口から徒歩5分ほど。1年先まで予約でいっぱいの名店。フラッとは絶対入れず、予約必須。









■店内の様子
f0232060_16314932.jpg
先代から引き継いで、若大将が切り盛りする。カウンターとテーブルと座敷があるが、席数は少なめ。本日は、若大将のうなぎさばきが見れるアリーナ席に着席。







■日本酒
f0232060_16323019.jpg
酒道庵の「くくみ酒」。うなぎには日本酒!









■豆腐
f0232060_1742497.jpg
決まっているコースのみだが、希望者だけ別注で豆腐とおしんこが頼める。豆腐が甘くて、すごく美味しい。塩で食べる。







■おしんこ
f0232060_1753777.jpg
いい味に漬かってるぬか漬け。「かぶと」の豆腐とおしんこは美味しいので、別注することをおすすめする。








■えり焼き(たれ、養殖)
f0232060_164012.jpg
養殖のえり焼き。頭の部分で、少し小骨があります。









■えり焼き(塩、養殖)
f0232060_16404548.jpg
今度は塩で。









■ひれ焼き(たれ、養殖)
f0232060_16404859.jpg
腹びれ、背びれなどを巻いたもの。









■きも焼き(塩、養殖)
f0232060_16421452.jpg
うなぎの肝。肝が苦手なので、写真だけ。









■うなぎの心臓
f0232060_1645895.jpg
噛むと苦いので、そのまま噛まずに飲み込みます。元気の源。








■えり焼き(塩、天然)
f0232060_16422073.jpg
熊本県産天然うなぎのえり焼き。

まず、香りが養殖と全然違う。いい意味で川の野生の香りがする。味も養殖より、さっぱりしてる。






■ひれ焼き(塩、天然)
f0232060_16422483.jpg
天然はそのままの香りを楽しむように、すべて塩で。入荷数も少ないので、2人で1本。









■白焼き(塩、養殖)
f0232060_164118.jpg
「かぶと」は関東の蒸すうなぎではなく、関西風の焼くうなぎ。皮がパリッとしてて、養殖でも十分美味しい。








■白焼き(塩、天然)
f0232060_16422773.jpg
養殖の後に天然食べると、違いが明らかにw。さらに天然は美味しいw。









■かば焼き
f0232060_1646559.jpg
左側が養殖、右側が天然。脂の乗り方やキレが違う。









■ご飯セット
f0232060_16463246.jpg
炊き立てご飯と肝吸い。かば焼きをたっぷり堪能しました!








美味しい出汁と、美味しい蕎麦が食べたくなったので、


新宿御苑前にある大好きな割烹「御苑前せお」へ。


f0232060_11214264.jpg


f0232060_11214447.jpg












いつものように、日本酒に合わせたつまみをいただきつつ、


f0232060_11405943.jpg


f0232060_11244623.jpg


f0232060_11245079.jpg


f0232060_1124531.jpg











お造りもいただいて、


f0232060_11252830.jpg











焼物は、のどぐろ


脂乗ってて、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_11262225.jpg













お椀は、いい出汁が出ている優しい味の


f0232060_11274150.jpg












揚げ物は、天ぷら盛り合わせと、穴子のから揚げあんかけ。


お酒飲むと、どうも揚げ物が食べたくなる。


f0232060_1128588.jpg


f0232060_11281337.jpg












〆は、ざるそば


「せお」さんならではの、トロトロの蕎麦湯が絶品だった。


f0232060_11291593.jpg


f0232060_1129193.jpg









味の美味しさはもちろんのこと、


これらの料理がすべてアラカルトで注文できるのが素晴らしい。








よくある割烹だと、ほとんどがコースになってて、


その日の気分で量だったり、内容だったりが調整できないが、


食べる時くらい何にも縛られず、


好きなものを好きなだけ食べたいし、自由でいたいw。


そんな夢を叶えてくれる大人の割烹がここなので、


私はちょくちょくお邪魔させてもらっている。









■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/








■今日のカメ

■「せお」
f0232060_11214264.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。新宿通りの1本裏手にあります。









■テーブルセット
f0232060_11214447.jpg
テーブルセットはこんな感じ。

割烹の丸盆が、「美味しい料理がどんどん来ますよ!」感があって好き。







■日本酒
f0232060_11405943.jpg
お店おすすめの飲みやすい日本酒をいただきました。









■1品目
f0232060_1142108.jpg
きゅうりとシソの実の和え物。









■2品目
f0232060_11245079.jpg
牛肉のしぐれ煮。濃いめのしっかりとした味で、お酒にも合うけど、ご飯が欲しくなる味。









■3品目
f0232060_1124531.jpg
フワフワの出汁巻き卵。









■4品目
f0232060_11252830.jpg
白イカ、マコガレイ、石垣貝など。









■5品目
f0232060_11262225.jpg
のどぐろの塩焼き。すごく脂が乗ってる!









■6品目
f0232060_11274150.jpg
鱧と季節の野菜のお椀。トマトやヤングコーンが入ってます。

トマトは旨味成分を豊富に含むので、日本の出汁とすごく相性がいいそうです。







■7品目
f0232060_1128588.jpg
天ぷらの盛り合わせ。揚げ方がすごく上手で、どれもサクサク、胃もたれしません。









■8品目
f0232060_11281337.jpg
穴子のから揚げのべっこうあんかけ。









■9品目
f0232060_11291593.jpg
ざるそば。「せお」さんの蕎麦は、ホント美味しい。









■蕎麦湯
f0232060_1129193.jpg
相変わらず美味しい蕎麦湯。他店ではあまり蕎麦湯を使わないのですが、「せお」さんに来ると必ず頼みます。
by meshi-quest | 2017-10-25 08:08 | 新宿








代々木に用事があり、久しぶりに「おひつ膳 田んぼ」で食事。


スクエニがまだ南新宿にあった頃、


ランチタイムに代々木まで歩いてよく通っていたお気に入りの定食屋だ。


f0232060_1194625.jpg


f0232060_1194612.jpg












ランチタイム終了間際だったので空いていたが、


普段は外に列が出来るほど人気店。


f0232060_11121378.jpg


f0232060_11121648.jpg











今日は、シンプルに焼鮭定食を。


いつもの私だったら、ご飯を食べるためのおかずをもっと足しそうだが、


ビックリするくらい白米が美味しいので、これで十分。


f0232060_11151218.jpg


f0232060_1115153.jpg


f0232060_1115182.jpg


f0232060_11152084.jpg








白飯だけで美味しいって、なんて素晴らしいんだろう!


「おひつ膳 田んぼ」は、自社の田んぼを持っていて、


米の販売や稲刈りツアーなども催してるくらいで、


本当にご飯が美味しいので、我こそはご飯党という方はぜひ。









■「おひつ膳 田んぼ」
http://tanbo.co.jp/
















秋の京都出張。







京都は来る度に、なんか曇っていることが多く、


歓迎されてないんじゃないかと思ってしまうくらい(苦笑)、


晴れてる京都にあまり出くわさない。


それでも、この薄暗さが妙に色気があって、似合ってしまうところはさすが京都。


f0232060_15385178.jpg


f0232060_15385494.jpg












京都に行くと、大好きな祇園白川に必ず立ち寄る。


京都の繁華街からほど近い場所にあるのに、


ここだけ時間が止まったかのような静けさと、


独特の空気感があって、すごく好きなのだ。


f0232060_15403112.jpg


f0232060_15403523.jpg


f0232060_15411733.jpg


f0232060_15412418.jpg


f0232060_15412993.jpg












さて、出張のお楽しみのご飯。


今日は、京都在住の知り合いに教えてもらった、


祇園白川の守り神・辰巳神社の側にある割烹「祇園新橋 中谷」でランチ会席。


f0232060_15451681.jpg


f0232060_15452673.jpg


f0232060_15453265.jpg


f0232060_15453673.jpg


f0232060_15453942.jpg











夜にしっかり時間が取れなくても、ランチのちょっとした時間に


先付、お造り、蒸し物、八寸、最後の土鍋ご飯に至るまで、


京都の旬の食材をふんだんに使った京料理会席がいただける割烹。


f0232060_15482098.jpg


f0232060_1548272.jpg


f0232060_15483828.jpg


f0232060_15492868.jpg


f0232060_15502183.jpg


f0232060_15503982.jpg


f0232060_15511769.jpg


f0232060_15513843.jpg










どれもとても丁寧に作られてて、写真映えもするので、


京都旅行の旅の記念にちょっとリッチなランチを楽しむには良さそう。










ただ、これは完全に好みの問題なのだが、


私にとっては、出汁も、塩加減も、少し弱いというか、薄いというか・・・。


全体的にもう少しメリハリのある味わいの方が好きかな。






■「祇園新橋 中谷」
http://gion-nakatani.kyoto.jp/








■今日のカメ

■辰巳神社
f0232060_15451681.jpg
「祇園新橋 中谷」へは、白川の守り神・辰巳神社が目印。









■ここを入る。
f0232060_15452673.jpg
辰巳神社を正面にしてすぐ右手にあるこの路地を入ります。









■「祇園新橋 中谷」
f0232060_15453265.jpg
お店は奥路地にあります。「奥路地」という文化が素敵。









■店内の様子
f0232060_15453942.jpg
カウンターと、奥に座敷もあります。










■テーブルセット
f0232060_15482098.jpg
テーブルセットはこんな感じ。5000円のおまかせランチ会席にしました。









■先付
f0232060_169445.jpg
ホタテと自家製の胡麻豆腐。胡麻の風味がすごくしっかり出てて、美味しい先付でした。









■お造り
f0232060_1548272.jpg
明石の鯛と、北海道の鮪。










■蒸し物
f0232060_16111795.jpg
鱧と焼き茄子とゆり根の茶碗蒸しです。もう少し出汁と塩気があってもいいかも。









■八寸
f0232060_15502183.jpg
京都の食材をたくさん使った彩り豊かな八寸。モロヘイヤのおひたし、壬生菜の白和え、焼き京茄子の田楽、さわらの幽庵焼き、秋刀魚の山椒煮、永平寺こんにゃく、ばい貝です。








■小鍋
f0232060_15503982.jpg
冬瓜、鴨、九条ネギの小鍋。これも、もう少し出汁と塩気が効いてる方が好みかな。









■ご飯
f0232060_15511769.jpg
丹波しめじ、銀杏の炊き込みご飯。一人でもちゃんと炊いてくれます。余ったご飯は、おにぎりにしてお持ち帰りさせてくれます。








■水菓子
f0232060_15513843.jpg
りんごのシャーベット。
by meshi-quest | 2017-10-20 08:08 | 旅行_国内








いつもお世話になっている大好きな和食屋、


「並木橋 なかむら」の個室にて、打ち合わせしながらの食事。









最初の前菜盛り合わせからして豪華絢爛!


何を食べても相変わらず美味しく、


どれから食べようか迷う、ワクワクするつまみが並ぶ。


美味しい和食が次々出てくるので、こちらも早々に日本酒スタート。


f0232060_141557100.jpg


f0232060_14141458.jpg











元々、「盛り合わせ」というものはメニューにないのだが、


「なかむら」さんの小皿料理を色々と食べたくて、いつも特別に作ってもらっている。


生本マグロの大トロ棒寿司や、朝捕れ白イカゲソのから揚げなど。


仕事でも、プライベートでも、お客さんと連れてくると、


この盛り合わせにまず感激してもらえる。


f0232060_1420758.jpg










続いてのお造りは、長崎の生本マグロをはじめ、


香川のイサキ、ヒラマサ、高知のカツオなど。


f0232060_14223768.jpg











和牛のA5ランクのランプ炭火焼き。


魚だけでなく、肉もちゃんと美味しい。


f0232060_14234910.jpg












必食の「なかむら」さん特製メンチとコロッケに、フワフワの出汁巻き卵。


f0232060_14243050.jpg


f0232060_1424321.jpg


f0232060_14243542.jpg











〆の土鍋ご飯は、


大好きな銀鱈の西京焼きが丸ごと入った豪勢な炊き込み!


くえのあら汁も上品な出汁が出て、美味しくできていた。


f0232060_14254584.jpg


f0232060_142545100.jpg


f0232060_14254843.jpg












西京焼きがそのまま入ったご飯をあまり見かけないが、


濃厚な銀鱈に、茗荷や葱の薬味がアクセントになってて、


お代わりが止まらない、めちゃくちゃ美味しいご飯だった。











「なかむら」さんの土鍋ご飯は、


季節によって具材がどんどん変わってしまうのだが、


西京焼きの土鍋ご飯は、ぜひまた食べに来たいなあ。







■「並木橋 なかむら」
http://ameblo.jp/fg-nakamura/








by meshi-quest | 2017-10-18 08:08 | 渋谷・神泉








グルメな知り合いから勧められて、


曙橋にある懐石料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_15183363.jpg


f0232060_15183685.jpg











厨房を囲むように作られた白木の小さなカウンターは、


不思議と初めて来たのに居心地よく、


京都に旅行に来て、裏路地の料亭で食事をしてるかのようなワクワク感もあり、


曙橋にいることを忘れてしまいそうな感じだ。


f0232060_15293435.jpg


f0232060_15293583.jpg














夜のコースは、2種のみで、


どれもすごく丁寧に作られてて、テンポ良く出してくれて、


噂以上に美味しい日本料理だった。


仕事帰りにフラッとそのまま寄れそうな場所で、


こんなに風情あるコースが気軽にいただけるのは幸せ。


f0232060_153050100.jpg


f0232060_1531286.jpg


f0232060_1531577.jpg


f0232060_15311046.jpg


f0232060_15311229.jpg


f0232060_15554017.jpg


f0232060_15554413.jpg












中でも3つ、個人的にすごく気に入った料理があって、


1つは、自分で手巻きをするお造り


新鮮な刺身に薬味とあん肝醤油を乗せて、海苔で巻いていただくのだが、


この濃厚なあん肝醤油が絶品で、


普通に刺身を食べるわさび醤油よりも好きかも。


f0232060_15594100.jpg


f0232060_1559791.jpg


f0232060_1559890.jpg











2つめは、カニ味噌がたっぷり乗った、濃厚なカニ茶碗蒸し


カニの風味がぎっしり詰まってて、甲殻機動隊にはたまらん一品だった。


1つと言わず、あと2つくらい食べたい。


f0232060_1623239.jpg


f0232060_1623477.jpg












3つめは、〆に出来てきた名物のトリュフご飯


出汁をたっぷり吸った炊き立てのご飯に、


たっぷりの黒トリュフを乗せた、香りだけで酔いそうな美味しいご飯。


f0232060_1642853.jpg


f0232060_1644025.jpg












大満足の懐石料理だった。


1人でも居心地よく、ちゃんと対応してくれるのが嬉しい。


またぜひ伺わせていただこうと思う。







■「はらまさ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/









■今日のカメ

■「はらまさ」
f0232060_15183363.jpg
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。









■店内の様子
f0232060_15293435.jpg
メインは、厨房を囲む小さなカウンター。他にテーブル席も。









■日本酒
f0232060_15293583.jpg
お店おすすめのスッキリ辛口の日本酒を。










■1品目
f0232060_153050100.jpg
帆立とクラゲと菊の花のお浸し。










■2品目
f0232060_15594100.jpg
マグロとヒラメのお造り。こういう懐石のコースのお造りで、海苔と薬味が出てきて、手で巻くスタイルは珍しい。写真の一番右の茶色の小皿があん肝醤油だが、このあん肝の濃厚な風味が刺身にすごく合ってて、絶品だった。






■3品目
f0232060_1627220.jpg
カニ味噌たっぷりの茶碗蒸し。甲殻類好きには、きっとたまらない一品。今年一番美味しかった茶碗蒸し!








■4品目
f0232060_1531577.jpg
甘鯛と隠元と黒アワビ茸のお椀。いい出汁が出てます。









■5品目
f0232060_15311046.jpg
これも懐石のコースで珍しい、パスタのような温かいそうめん。雲丹、キャビア、からすみ、いくら、白子と、濃厚なものだけがドーンと乗ってる、痛風まっしぐら(笑)の絶品そうめんでした。







■6品目
f0232060_15311229.jpg
大きくて、厚みある、立派な太刀魚の塩焼き。









■7品目
f0232060_15554017.jpg
意外と見た目よりさっぱりしている焼き胡麻豆腐。









■8品目
f0232060_1642853.jpg
〆の炊き立てトリュフご飯。出汁で炊いたご飯の上から、大将が黒トリュフを削ってくれます。いい香り。日本の出汁とトリュフは、相性いいですね!








■ご飯セット
f0232060_1644025.jpg
こんな感じで、よそってくれます。香の物と赤だし付き。残ったご飯はお持ちかえりできます。









■9品目
f0232060_16371347.jpg
食後のデザートは、牛乳のババロア。上には、抹茶とあんこが乗っています。
by meshi-quest | 2017-10-13 08:08 | 四谷








中目黒にあるお気に入りの日本料理店「中目黒伍燗 (ごかん)」で食事。


再開発された東急東横線の高架下オシャレ飲食街の一角にあり、


こんなカジュアルな場所なのに、


こんなに美味しい本格的な日本料理が食べれることに驚かされるお店。


f0232060_1615361.jpg


f0232060_1615722.jpg











個室もあるが、基本はプライベート空間を大事にした、


厨房を囲む6席のみで、とにかく居心地が良く、


特に壁際の端の席がたまらなく好きだ。


f0232060_16203758.jpg


f0232060_16204087.jpg











振る舞い酒は、菊の花の香りを付けた菊酒。


日本酒に菊の花を散らしたものらしいが、ものすごくいい香りがして、


一瞬、京都の料亭にでも来たかのような錯覚をおぼえる。


f0232060_1622726.jpg










料理は、単品もあるが、大将の内藤さんにおまかせがおすすめ。


日本料理は時間がかかるイメージがあるが、


実にテンポ良く出してくれて、内容も量も、安心していられる。


「伍燗」の名物胡麻豆腐に始まり、


f0232060_1630023.jpg












豪華な八寸から飯物まで、日本料理がしっかりと楽しめる。


しかも、東京の中心部で、夜23時ラストオーダーというのもありがたい。


f0232060_16254773.jpg


f0232060_16271556.jpg


f0232060_16272068.jpg


f0232060_16272328.jpg


f0232060_16272783.jpg


f0232060_16273622.jpg


f0232060_16541151.jpg


f0232060_16274351.jpg


f0232060_16275526.jpg


f0232060_16281229.jpg











最後は、松茸、栗、むかご、ゆり根を入れた、


秋の味覚たっぷりの炊き込みご飯。


f0232060_16335677.jpg











これらすべてを1人前でやってくれるのが、本当に幸せ。


基本私はここメシクエで色んなお店をどんどん進んで紹介させてもらってるが、


正直、珍しくあまり人に教えたくないお店の1軒かもしれない。








■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44










■今日のカメ

■「中目黒伍燗」
f0232060_1615361.jpg
東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。駅から続く高架下飲食街の「71番」という番号の場所にあります。








■店内の様子
f0232060_16203758.jpg
厨房を囲むカウンター6席がメイン。奥にテーブル個室が1つ。このアットホームなカウンターがすご居心地良くて、好き。







■テーブルセット
f0232060_16204087.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■「振舞」
f0232060_1622726.jpg
着席すると、大将の内藤さんが菊酒を振舞ってくれました。「丹澤山」「隆」に菊の花で香り付けしたもの。








■「名物」
f0232060_1630023.jpg
今まで私が食べた中で一番美味しかった胡麻豆腐が、この「伍燗」の胡麻豆腐。必食です。









■日本酒
f0232060_164432.jpg
すっきり辛口でおすすめの日本酒をいただきました。名前失念・・。









■前八寸
f0232060_1645521.jpg
豪華な八寸。ワクワクが止まらない!









■アップ①
f0232060_16271556.jpg
毛蟹と蔓紫(つるむらさき)のお浸し。









■アップ②
f0232060_1647144.jpg
蛸のやわらか煮。









■アップ③
f0232060_16272068.jpg
湯葉玉蒸し。上には、ウニとキャビア。









■アップ④
f0232060_16272328.jpg
新イクラ。ビックリするくらいプリプリで、全く臭みなく、めちゃくちゃ美味しい!









■アップ⑤
f0232060_16493693.jpg
蟹クリームコロッケ。これも、隠れ名物。絶品。









■「御椀」
f0232060_1651086.jpg
「名残鱧と松茸 梅肉 柚子」です。いい出汁が出てます。癒される・・・。









■「割鮮」①
f0232060_16273622.jpg
静岡県めいち鯛の刺身。甘味があって、歯ごたえもいい。









■「割鮮」②
f0232060_16541151.jpg
このいわし巻き、絶品でした。ホント今思い出しても美味しかったな。









■「御鮨」
f0232060_1656297.jpg
北海道のウニのにぎり。









■「焼肴」
f0232060_16565165.jpg
赤むつの山椒焼きとほうづき。この赤むつもすごく脂が乗ってて、最高でした。甘辛い山椒たれとの相性も抜群。








■「炊肴」
f0232060_16582482.jpg
「加賀蓮根饅頭 春菊 煮穴子 銀杏 生姜餡」です。口の中でスッとほどけるような、ふわっとした蓮根饅頭。これも絶品。








■「強肴」
f0232060_16281229.jpg
「埼玉上里黒毛和牛いちぼ 無花果 サマートリュフ 仏産蜂蜜」です。濃厚な和牛イチボに、さわやかな甘さの無花果と蜂蜜、上には削ったトリュフがたっぷりかかってます。







■「飯物」
f0232060_16335677.jpg
松茸、栗、むかご、ゆり根がたっぷり入った秋の味覚の炊き込みご飯。1人で行っても、ちゃんと炊いてくれて、炊き立てを食べさせてくれます。いい香り。







■ご飯セット
f0232060_1735224.jpg
ぬか漬けと、お味噌汁と共に。









■「水菓子」
f0232060_1754233.jpg
黄桃。









■貴醸酒
f0232060_1764338.jpg
食後の貴醸酒。甘めのデザートワイン感覚。








久しぶりに東京ミッドタウンにある


大好きな山下シェフの新和食「HAL YAMASHITA 東京」でディナー。


f0232060_125291.jpg











気温もいい感じになってきたので、


虫の音を聞きながら、本日はテラス席へ。


六本木のど真ん中のビルの狭間にあるオアシス。


外で食べる食事は、いつも以上に楽しくて、一段と美味しく感じる。


f0232060_12533636.jpg










山下シェフのスペシャリテである


「特選神戸牛の雲丹巻き」から始まり、


f0232060_12554981.jpg


f0232060_12555024.jpg












日本の食材や調理法をふんだんに取り入れた


「新和食」と呼ばれている和仏折衷の料理は、


「HAL YAMASHITA 東京」でしか味わえないものばかり。


f0232060_12584672.jpg


f0232060_1259018.jpg


f0232060_1259327.jpg


f0232060_1259725.jpg


f0232060_1259939.jpg


f0232060_1259112.jpg


f0232060_12591668.jpg












メインは、牛、羊、豚、鶏の4種の肉の盛り合わせ。


4種で計800gの豪華メインディッシュ!


f0232060_1305911.jpg


f0232060_1311273.jpg


f0232060_1311310.jpg












六本木の夜景を眺めながら、東京の夜風にあたり、


秋の虫の音をBGMにして、美味しい新和食に舌鼓を打つ。


なんとも贅沢で幸せなひと時となった。









■「HAL YAMASHITA 東京」
http://www.hal-yamashita.com/jp/










■今日のカメ

■「HAL YAMASHITA 東京」
f0232060_125291.jpg
大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。東京ミッドタウン1階にあります。









■テラス席
f0232060_12533636.jpg
通常客席のテーブル席の奥に、数席だけテラス席があります。この時期、夜風が気持ちいいので、テラスが断然おすすめ。








■ジュース
f0232060_1365784.jpg
「HAL YAMASHITA 東京」に来ると、まずこの大好きな温州みかん100%ジュースを飲みます。

「あれ?いつもの酒は?」と思われた方もいるかもしれませんが、「HAL YAMASHITA 東京」は100%ジュースがめちゃくちゃ美味しくて、常備6種くらいあり、意外かもしれませんが、ジュースおすすめです。




■1品目
f0232060_12555024.jpg
山下シェフのスペシャリテ「特選神戸牛雲丹巻きアブリューガキャビア添え」(1貫950円)です。

脂乗ってるトロトロの神戸牛に、濃厚な雲丹。甘めの醤油たれとの相性も良く、必食の1品です。







■2品目
f0232060_12584672.jpg
「稚鮎とうもろこしかき揚げ」です。天ぷらメニューが充実しています。









■3品目
f0232060_1259725.jpg
「無花果 梅山豚の揚げ出し」です。無花果のほのかな甘さと、出汁の味が合わさった不思議なお椀です。








■ワイン
f0232060_13174396.jpg
氷ワインの赤をグラスで。クラッシュアイスがたっぷり入ってるので、すごく飲みやすいです。









■4品目
f0232060_1319464.jpg
「関西風出汁巻き卵」。優しい出汁の味。上手に出来ています。

「HAL YAMASHITA 東京」に来ると、たまに、フレンチだか和食だか分からなくなることがありますが、「〇〇料理」と決めること自体がそもそもナンセンスなんだろうなという結論に達しましたw。美味しいことが大事!




■5品目
f0232060_1259018.jpg
「穴子の炭火焼き醤油添えエスプーマ」です。

醤油のエスプーマが添えられている和仏折衷の一品。ちょっと穴子の焼き加減がイマイチで、硬くて残念。






■6品目
f0232060_1259327.jpg
「京風海老真丈 新和食コンソメ」です。和ともフレンチとも言える上品なスープの中に、小さな海老真丈を落としてスープと一緒にいただきます。








■7品目
f0232060_1305911.jpg
オーストラリア産プレミアムビーフサーロイン、オーストラリア産ラム、幻の最高級豚「梅山豚」、岩手県産あべどりの4種の盛り合わせ800g。

牛、羊、豚、鶏ともに、どれも肉の味がしっかりしていて、焼き加減も良く、美味しい肉の盛り合わせでした。




■付け合わせ
f0232060_13291196.jpg
付け合わせは、トリュフ塩風味のポテトと、グリーンサラダ。









■8品目
f0232060_1259939.jpg
〆は、「特選HAL YAMASHITAカレーライス」。欧風カレー。香りはすごく良く、美味しくできてるのですが、私にはちょっと甘いかな。









■9品目
f0232060_1259112.jpg
ほうじ茶プリン。いい香り。上には黒蜜。










■食後のお茶
f0232060_12591668.jpg
フレンチで食後に美味しい日本茶が飲めるのは幸せ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ