タグ:焼き鳥 ( 54 ) タグの人気記事








西荻窪あるあるだが、西荻窪駅に降り立つと、


ホームで誰か焼いてるのかな?と思うほど、かなり強烈な焼き鳥の匂いがする。


しかも、夜からではなく、昼間っから焼き鳥の匂いがする。










その正体は、西荻窪に住んでいる人で、


おそらくこの名前を知らない人はいないと思われる、


地元に愛されている、昼から飲めるいいお店、


焼き鳥店「やきとり 戎 (えびす) 」だ。


f0232060_17353270.jpg












この「戎」、駅のすぐ側という好立地に、北口にも南口にも数店舗あって、


人気店なので、いつも混んで入るが、


混んでて入れないということはまずなくて、どっかしらの「戎」には着席できる。


いつもは南口が多いが、今日は珍しく北口に着席。


f0232060_17363465.jpg


f0232060_17365432.jpg












基本的に、オール大衆居酒屋メニューだが、


焼き鳥以外にも、刺身、煮込み、揚げ物、焼き物など、かなりメニューは豊富。


来れば、何かしらその時の気分で食べたいものがあって、


ちょっと飲んで、ちょっと食べて、しかも安いという、西荻住民の夜の憩いの場。


f0232060_17381513.jpg


f0232060_17393128.jpg


f0232060_1739499.jpg












こういう雰囲気の中で食べるソースたっぷりなメンチカツとウインナーが割と好き。


油を吸うだけ吸って、決して健康的とは言えないけどw、


たまにこれが猛烈に美味しかったりする。


f0232060_17403796.jpg


f0232060_17411648.jpg











■「やきとり 戎」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13000711/








by meshi-quest | 2017-12-19 08:05 | 西荻窪







とある休日。


ランチでも、ディナーでも伺わせてもらってる「鳥焼 晴京」へ。


f0232060_1725259.jpg


f0232060_1732139.jpg


f0232060_1734056.jpg











平日は、鶏専門店ならではの親子丼や唐揚げなどランチ定食がメインだが、


土日のランチだけは、定食の他に、


ありがたいことに、ディナーメニューの焼鳥や一品料理も注文できる。


f0232060_18372368.jpg


f0232060_18381833.jpg


f0232060_18383823.jpg


f0232060_18385259.jpg












昼間からしっかり焼き立ての焼鳥食べれるのは嬉しい。


f0232060_1842341.jpg


f0232060_18422017.jpg


f0232060_18423547.jpg


f0232060_18425173.jpg










「鳥焼 晴京」の焼鳥は、全体的に小ぶりだが、


その日特選の正肉は、かなり大ぶりで、食べ応えがある。


1本600円とちょっと高めだが、ブランド鶏ごとの旨味や味の違いを感じる。


昼からちょっとリッチに讃岐コーチン甲斐路しゃも


f0232060_18504456.jpg










平日のランチもいいが、休日のランチは優雅でまたこれもいい。







■「鳥焼 晴京」
http://www.toriyaki-harukyo.com/











by meshi-quest | 2017-12-12 08:06 | 新宿







個人的に都内で一番だと思っている焼鳥屋「床島」で食事。


いつもは迷わず日本酒をいただくのが、なんか気分で珍しくワインを。


なんか焼鳥にワインとか、おしゃれだなーw。


f0232060_1963598.jpg


f0232060_197454.jpg












喉が渇いていた上、お通しからして美味しいので、ワインが進む。


今日は、鶏のなめろうと、ぬか漬けと、ラタトゥイユ。


特に左の鶏のなめろうが秀逸で、酒好きにはたまらない味。


f0232060_19102514.jpg












まずは、焼鳥待つ間に、軽く一品料理を。


今日は知り合いと一緒だったが、メニューを任せてもらったので、


ワインに合いそうな鶏レバーペーストと、大好きなささみの燻製を。


f0232060_19131830.jpg


f0232060_19134782.jpg












肉ばかりじゃなく、ちゃんと箸休めのお野菜も。


せりのおひたしと、トマトの三杯酢。


このトマトの甘酸っぱさが、後半の焼鳥ラッシュの時にいい感じに効いてくる。


f0232060_19152614.jpg


f0232060_19155051.jpg












焼鳥は、ぼんじりだったり、うずらだったり(肉のうずらも、卵のうずらも両方)、


何を食べても「床島さん、やっぱりウマイ!」という感じなのだが、


f0232060_19184950.jpg


f0232060_19194790.jpg


f0232060_19202257.jpg


f0232060_19204690.jpg












来るたびに食べている、胸肉とは思えない柔らかさのさびや、

f0232060_1922614.jpg












全く臭みがなく、プリプリのハツ


f0232060_1923254.jpg












お店で新鮮な鶏をしめてるので、


肉の弾力や歯ごたえが明らかに他と違う手羽先


f0232060_19244073.jpg












ジューシーで柔らかい手作りつくねは、格別。


焼鳥は日常的にしょっちゅう食べてるわけではないので、


だからこそ、ここぞという時には飛びきり美味しいのが食べたくて、


私はやっぱり「床島」さんに流れ着く。


f0232060_19254545.jpg










■「焼き鳥 床島」
http://ameblo.jp/yakitoritokoshima/

















ランチでもちょくちょくお邪魔させてもらっている


「鳥焼 晴京」で焼き鳥ディナー。


焼き台を囲む広いカウンターに座り、串の焼き上がりを待ちながら乾杯。


f0232060_14264032.jpg


f0232060_14271195.jpg











お通しは、大根おろし。


個人的にキメ細かいおろしより、


粗挽きの大根の味をしっかり感じる、


いわゆる「鬼おろし」が好きなので、好みの大根。


f0232060_1429429.jpg











焼き鳥の前に、少しつまみを。


お気に入りの冷やし茄子と、ドライトマトのポテトサラダ。


どちらも、濃すぎず、薄すぎず、ちょっとつまむのにちょうどいい味。


f0232060_143128100.jpg


f0232060_14313983.jpg












大山鶏のむね肉は、わさび醤油でさっぱりと。


f0232060_14331910.jpg












全体的に上品で、若干小ぶりの焼き鳥だが、味は美味しい。


f0232060_14344954.jpg


f0232060_14352747.jpg


f0232060_14354025.jpg


f0232060_1436918.jpg


f0232060_14362983.jpg












原木しいたけなどの野菜串や、燻製チーズもある。


f0232060_14373169.jpg


f0232060_14374865.jpg












つくねは、軟骨入りの粗挽き。


うずらは、中が半熟で、トロトロしてる。


f0232060_14384750.jpg












1つ特徴として、正肉がウリになっていて、


その日仕入れた銘柄鶏の正肉が欄外メニューに出てて、


1本600円くらいするが、正肉は大ぶりで、食べ応えがある。


奥久慈しゃも名古屋コーチンを注文。


f0232060_14421581.jpg











〆は、コラーゲンたっぷりの鶏スープ。


鶏屋さんのスープは、鶏のエキスがガツンと詰まってて、ホント美味しいな。


f0232060_1444574.jpg











■「鳥焼 晴京」
http://www.toriyaki-harukyo.com/








by meshi-quest | 2017-11-30 08:06 | 新宿








吉祥寺駅前の大人の遊園地「ハモニカ横丁」内にある


焼鳥居酒屋「てっちゃん」でちょい飲み。


f0232060_20502237.jpg











ハモニカ横丁の入口近くにあって、


いつも混んでて賑やかなので、初めて立ち寄ってみた。


f0232060_20521134.jpg


f0232060_20521443.jpg


f0232060_2052156.jpg











全体的に値段も安く、半オープンなので、入りやすい。


f0232060_2105393.jpg


f0232060_210544.jpg


f0232060_2105662.jpg


f0232060_2105863.jpg









ただ、焼ける量や焼いてる人と、席数や客数が合ってないのか、


かなり出てくるまでに時間がかかるのと、


まずいわけではないんだけど、うーん、値段相応という感じで、焼鳥自体は普通かな。








■「てっちゃん」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13024975/








by meshi-quest | 2017-11-19 08:02 | 吉祥寺







新宿御苑前にあるお気に入りの焼鳥店「泰然」で、


打ち合わせ兼ねて食事。


f0232060_15123816.jpg


f0232060_15131628.jpg


f0232060_15131830.jpg










相変わらずのクオリティー高い、美味しい焼鳥。


中国にも、ベトナムにも、タイにも、インドネシアにも、


アジアには串焼きの文化が幅広くあるけれど、


日本の焼鳥は、味、見た目含め、


ちゃんと1つの「料理」として完成してるのが素晴らしい。


f0232060_15165612.jpg


f0232060_1517098.jpg


f0232060_1517263.jpg


f0232060_15171567.jpg


f0232060_15172874.jpg










そして、こんなに頻度高く、いろんな美味しい焼鳥屋さんにお邪魔してるのに、


やっぱり未だにコイツが食べれない。


見た目はプリプリで、ホント美味しそうなのだが、私にとってトラップw。


f0232060_15192384.jpg








■「泰然」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13146085/







■今日のカメ

■「泰然」
f0232060_15123816.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。御苑のはずれ、四谷三丁目寄りで、駅からはちょっと歩きます。








■日本酒
f0232060_15131830.jpg
日本酒の種類が豊富で、いつもお店おまかせで美味しい日本酒を選んでもらってます。









■1品目
f0232060_15131628.jpg
刺身の盛り合わせ。大将が釣りもされる方で、焼鳥もさることながら、刺身も充実してて、美味しいです。









■2品目
f0232060_15223489.jpg
水茄子の刺身。水茄子、大好き。夏だけでなく、年がら年中食べたい一品。









■3品目
f0232060_15223748.jpg
出し巻き卵。










■焼鳥①
f0232060_15165612.jpg
ささみのサビ。









■焼鳥②
f0232060_1517098.jpg
正肉だったかな。









■焼鳥③
f0232060_1517263.jpg
手羽とぼんじり。









■焼鳥④
f0232060_15171567.jpg
せせりと、鶏もも塩だったかな。










■焼鳥⑤
f0232060_15172874.jpg
砂肝。










■焼鳥⑥
f0232060_15192384.jpg
レバー。苦手なので、写真だけ。
by meshi-quest | 2017-10-04 08:07 | 新宿








井の頭公園が望める絶好のロケーションに位置する、


吉祥寺の老舗焼き鳥店「いせや 公園店」で昼飲み


f0232060_1805788.jpg


f0232060_181392.jpg


f0232060_1811265.jpg










吉祥寺で創業80年以上の名店で、


私が国際基督教大学の学生の頃から大学から自転車でも来れたので、


よく授業終わりに来てた懐かしい焼き鳥屋でもある。










休日に井の頭公園を散歩しながら、フラッと入って、


焼き鳥つまみながら、一杯飲む。


吉祥寺の近くに住んでて良かった!としみじみ思う、正しい休日の過ごし方だ。


f0232060_186611.jpg


f0232060_18165465.jpg


f0232060_1861286.jpg


f0232060_1862868.jpg


f0232060_1863141.jpg


f0232060_1863576.jpg











焼き鳥はどれも1本80円で、高級焼き鳥屋には味は劣るが、


井の頭公園の側でという雰囲気の良さと、


散歩がてらにフラッと食べるには十分すぎる味と値段とクオリティー。








老朽化に伴い、2013年に今の新築になってしまって、


個人的には昔の古い一軒家焼き鳥の「いせや」がむしろ好きだったが、


新しい「いせや」がどんどん時を経て、また十何年後にあの雰囲気になるといいな。








■「いせや」
http://www.kichijoji-iseya.jp/











■今日のカメ

■「いせや 公園店」
f0232060_1805788.jpg
JR吉祥寺駅公園口を出て、徒歩3分ほど。井の頭公園のまさに入口横にあります。店内は広いのですが、それ以上にお客さんが多く、いつも並んでます。








■店内の様子①
f0232060_181392.jpg
焼き場が見れます。テイクアウトも出来ます。









■店内の様子②
f0232060_18143482.jpg
井の頭公園に向かって窓があるカウンターと、テーブルと、座敷。かなり広いです。









■お酒①
f0232060_1811265.jpg
ビールと梅酒ロック。









■1品目
f0232060_18164733.jpg
野菜サラダ(400円)。









■2品目
f0232060_1817578.jpg
まぐろのブツ切り(380円)。









■3品目
f0232060_18165465.jpg
「いせや」常連が必ず頼む、手作りシュウマイ(380円)。昔よりちょっと小さくなっちゃったけど、「いせや」のシュウマイは、かなりクオリティー高いです。







■4品目
f0232060_1861286.jpg
鶏のから揚げ(500円)。









■5品目
f0232060_1862868.jpg
いつもシュウマイばかりなので、餃子(400円)は初めて食べたけど、焼き方がイマイチ。シュウマイの方が美味しいかな。







■焼き鳥①
f0232060_186611.jpg
オール1本80円。丸つくね、正肉など。









■焼き鳥②
f0232060_1863576.jpg
ハツ、タンなど。









■お酒②
f0232060_1863141.jpg
焼酎、炭酸を頼んで、自分で作るサワー。こういう雰囲気の中だと、すごく楽しげ。
by meshi-quest | 2017-09-15 08:06 | 吉祥寺








ご招待いただき、赤坂にある焼鳥店、


「Toriya Premium トリヤプレミアム」で食事。









「プレミアム」の名の通り、まるでフレンチレストランのような店内で、


ワインに合わせていただく、上品でオシャレな焼鳥。


デートにも会食にも使えそうな焼鳥屋だった。


f0232060_13313037.jpg























f0232060_13315223.jpg























f0232060_13321255.jpg

































焼鳥は小ぶりではあるが、


種類は豊富で、1本1本丁寧に焼き上げて、出してくれる。


焼鳥好きだけど、雰囲気的にデートや会食で行きづらかった、


という人にはすごく合っているお店。


ガッツリ焼鳥ではなく、静かにオシャレに焼鳥食べたい時に。



f0232060_13343261.jpg























f0232060_14283587.jpg























f0232060_14285548.jpg























f0232060_14291641.jpg























f0232060_14294045.jpg
































■「Toriya Premium トリヤプレミアム」
http://www.toriya-premium.com/shop/akasaka







■今日のカメ

■「トリヤプレミアム」
f0232060_13313037.jpg千代田線「赤坂駅」から徒歩30秒ほど。駅のすぐ側のビルの2階です。

店内は焼鳥屋さんとは思えないような雰囲気で、フレンチレストランのようです。






■テーブルセット
f0232060_13315223.jpgテーブルセットはこんな感じ。ナプキンが用意されている焼鳥屋は初めてかもw。









■赤ワイン
f0232060_13321255.jpgお店のコンセプトがワインと焼鳥らしいので、お店おすすめの赤ワインを。









■お通し
f0232060_14363899.jpg比内地鶏と菜の花の前菜。










■1品目
f0232060_14373237.jpgコーストアラカルトがあり、今回はコースで。1本1本、目の前のお皿に出されてきます。

まずは、胸肉のわさび。







■2品目
f0232060_1439130.jpgせせり。










■3品目
f0232060_14392773.jpgねぎ間。










■4品目
f0232060_14291641.jpgあわび茸。










■5品目
f0232060_14402388.jpgソリレス。










■6品目
f0232060_14294045.jpg手羽先。










■7品目
f0232060_14412941.jpg正肉。










■8品目
f0232060_14415762.jpgレバー。苦手なので、写真だけ。










■9品目
f0232060_14422513.jpgチーズ。










■10品目
f0232060_1443780.jpgここからアラカルト。ぼんじり。










■11品目
f0232060_14434526.jpgうずら。










■12品目
f0232060_1444684.jpg砂肝。








新宿歌舞伎町の風林会館近く。


新宿を知っている人であれば、


いま脳内に、ネオンがギラギラした一大風俗街の映像が流れたはずだ。










新宿に会社を構えるとある社長さんからのおすすめで、


この風俗街にめちゃくちゃ美味しい焼鳥屋さんがあるという


かなり難易度の高いメシクエストをいただき、冒険してきた。









入口もだいぶ迷って、途中、間違っていかがわしいお店に入りかけながらも、


路地裏の、さらに路地裏にようやく見つけて、たどり着いた焼鳥「道しるべ」。


結論から言うと、かつて新宿で食べたどの焼鳥よりも一番美味しく、


色んな意味で感動したので、そのメシクエ話をしたいと思う。


f0232060_1414944.jpg























f0232060_14143050.jpg

































店内は、1階と2階があって、正直かなり狭く、


1階は立ち飲みは当たり前、入れない人が外で皿持って食べてたり、


2階の座敷は身を縮めないと座れないくらいだったが、


スタッフさんがめちゃくちゃ気を遣ってくれて、親切だったのと、


新宿歌舞伎町の路地裏というこの雰囲気が、不思議と嫌にさせなかった。


f0232060_1418351.jpg























f0232060_14182810.jpg























f0232060_1419017.jpg























f0232060_1427973.jpg


































2階の座敷の一番端に通していただき、座る。


1階と2階はかなり急で狭い階段1つで繋がっているため、


店員さんも料理の注文聞きや料理のお運びがしにくい仕様になっており、


それを改善する画期的なシステムが搭載されていた。










ファッファファ~ン!(ドラえもんの秘密道具のノリで)


「しる電話」!


このパイプに向かって注文を話すと、1階に聞こえるよ!


f0232060_14221040.jpg























f0232060_1422286.jpg































そして、もう1つ、ファッファファ~ン!!


「しるベーター」!!


紐を使って上げ下げできるようになってて、料理が1階から運ばれて来るよ!


2階の不要な食器もこれで戻してね。


f0232060_14241229.jpg























f0232060_14244746.jpg



































と、まあ、こんな感じだ。


この時点でもかなりテンションが上がり、


ロトのつるぎを見つけたに匹敵するくらいの興奮だったが、


焼鳥がめちゃくちゃ美味しくて、サイドメニューもめちゃくちゃ美味しくて、感激。


歌舞伎町のど真ん中でこんな美味しい焼鳥をいただけるとはなあ・・・。


f0232060_1430688.jpg























f0232060_14303049.jpg























f0232060_14305426.jpg























f0232060_14315881.jpg























f0232060_14321883.jpg























f0232060_14324021.jpg























f0232060_1433039.jpg































久しぶりに、かなりの経験値が溜まる、素晴らしいメシクエストとなった。


またぜひお邪魔して、絶品焼鳥で胃を癒しつつ、経験値を貯めたいと思う。






■「道しるべ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13101685/








■今日のカメ

■「道しるべ」
f0232060_1414944.jpgJR新宿駅から徒歩7分ほど。風林会館近くの思い出横丁の中にあります。かなり迷う上、入るのに勇気がいる場所。赤ちょうちんが目印。








■入口
f0232060_14143050.jpgこの従業員通用口っぽいところが入口です。










■1階の様子
f0232060_1427973.jpg1階はカウンターと立ち飲み。めちゃくちゃ混んでて、外にも人がいました。









■2階の様子
f0232060_1418351.jpg2階は、4卓だけ座敷があり、靴を脱いで上がります。正直めちゃくちゃ狭いですw。









■「しる電話」
f0232060_1422286.jpg1階への注文はこの「しる電話」というパイプを使って行いますが、ここにたどり着くのも狭いので一苦労で(笑)、電話のそばに座っている人が代わりに注文をしてあげるという互助会制度が生まれてました。みなさん大人w。






■「しるベーター」
f0232060_14244746.jpg1階と2階を繋ぐ手動の食器上げ下げ機。これも近くに座った人が取って、バケツリレー方式でw。

すごくいい意味で、いいお客さんと協力で成り立っている感じのお店です。






■テーブルセット
f0232060_14182810.jpgテーブルセットはこんな感じ。グラスを4つくらい乗せたらいっぱいになりそうなテーブルがすべて。あとは、工夫と努力で乗り切るw。








■お通し
f0232060_1444509.jpg自家製のポテトサラダ。癒される優しい味。










■焼鳥①
f0232060_1430688.jpg大将のおまかせにして、ストップと言うまで出してもらうことに。

まずは、山梨の極み鶏のささみ。柔らかく、すごく美味しい。かなり大きいのに、これで180円という安さ。





■焼鳥②
f0232060_14303049.jpgせせり。これもすごくジューシー。










■1品目
f0232060_14305426.jpgトウモロコシの天ぷら。生のトウモロコシを切って揚げているので、甘くて、すごく美味しい。









■焼鳥③
f0232060_1450183.jpgこれもかなりジューシー。










■2品目
f0232060_14505092.jpgキャベツのアンチョビガーリック炒め。鉄板に美味しい。濃厚で酒が進む味。









■3品目
f0232060_14321883.jpg出汁巻き玉子。優しい出汁が効いてます。出来立てアツアツ。









■焼鳥④
f0232060_14315881.jpgつくねのたれ。肉汁たっぷりのいいつくねでした。










■焼鳥⑤
f0232060_1453715.jpgイベリコ豚の牛タン。わさびがすごく合う。










■4品目
f0232060_14324021.jpg大きな椎茸フライ。特製のタルタルソースがたっぷりかかってます。うまい!









■焼鳥⑥
f0232060_1455273.jpg外ももの中落ち。柔らかくて、すごく脂が乗ってます。









■焼鳥⑦
f0232060_1433039.jpg極み鶏の手羽中。これもかなりジューシー。










■5品目
f0232060_1457316.jpg鶏の白湯スープ。ネギがたっぷり入ってます。
by meshi-quest | 2017-05-29 08:08 | 新宿








新宿御苑前にある有名焼鳥店「泰然」で食事。


焼鳥屋や居酒屋がひしめき合う激戦区の御苑前で、


焼鳥と言ったら真っ先に名前が出てくるくらいの名店。


f0232060_0451148.jpg
































比内地鶏の焼鳥がめちゃくちゃ美味しくて、串が進む。


日本酒も数多く取り揃っていて、サイドメニューも充実してるので、


お酒も料理も止まらない。


f0232060_0473838.jpg























f0232060_048356.jpg























f0232060_049094.jpg























f0232060_0492382.jpg























f0232060_0495076.jpg























f0232060_0501481.jpg























f0232060_0504491.jpg























f0232060_051746.jpg























f0232060_0513045.jpg


































「うぐいす猪口」というのを出してもらって、


これが面白くて、飲み口に穴が開いてて、


飲むときにここに口から空気を入れると、


「ピロピロ~」とうぐいすの鳴き声がする(笑)。


なんかハマって、しばらく、ずっとこれでピロピロしてたw。


f0232060_0543244.jpg























f0232060_0545364.jpg























f0232060_0551445.jpg


































〆は、卵トロトロの特製比内地鶏親子丼


久しぶりに、美味しい親子丼いただいた。


f0232060_0564721.jpg

































■「泰然」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13146085/








■今日のカメ

■「泰然」
f0232060_0451148.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。御苑のはずれ、四谷三丁目寄りで、駅からはちょっと歩きます。








■日本酒①
f0232060_0473838.jpg日本酒気分だったので、ガンガンに日本酒いく。

まずは、福島県花泉酒造「ロ万」から。








■お通し
f0232060_101338.jpg優しくて上品な味わいの煮物。お通しからして、とても美味しく、酒が進む。









■1品目
f0232060_124833.jpg茄子とアスパラのバター焼き。野菜の甘みがすごく出てて、めちゃくちゃ美味しい。もう1皿食べたい気分。








■2品目
f0232060_048356.jpg焼鳥ささみのさび。比内地鶏です。










■3品目
f0232060_049094.jpg比内地鶏の卵を使った玉子焼き。優しい味。










■日本酒②
f0232060_0492382.jpg滋賀県松瀬酒造「楽」。










■4品目
f0232060_051746.jpg肉厚椎茸の炭火焼き。カサの部分に椎茸エキスがいっぱい出てて、めちゃくちゃ美味しい。いい香り。









■日本酒③
f0232060_0543244.jpg福島県松崎酒造「廣戸川」。










■うぐいす猪口
f0232060_0551445.jpg手前の小さな穴に空気を入れて飲むと、「ピロピロ~」と楽しい鳴き声が出ます。酒が回っているせいもあり、この音が楽しくて仕方ないw。








■徳利、アップ
f0232060_0545364.jpg徳利にもうぐいすが付いてます。










■5品目
f0232060_0495076.jpg手羽先。身が締まってて、鶏の味が濃いです。うまい!









■6品目
f0232060_1115848.jpg鶏の炙り。中がレア。










■7品目
f0232060_1125674.jpgハツ。










■8品目
f0232060_0501481.jpgつくねのタレ焼き。何本でも食べれてしまいそうないいつくねです。









■9品目
f0232060_0513045.jpg正肉。大きくて、プリプリ。










■日本酒④
f0232060_0504491.jpg山形県高木酒造「十四代」。










■10品目
f0232060_116044.jpg鶏餃子。豚よりもあっさりしていて、食べやすいです。









■11品目
f0232060_0564721.jpg〆は、特製比内地鶏の親子丼。卵がトロトロで、鶏肉もたっぷり。絶品。

ちなみに、親子丼はランチでもいただけます。
by meshi-quest | 2017-05-17 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ