タグ:誕生日&記念日に! ( 297 ) タグの人気記事









懇意にさせていただいてる東麻布の名店「鮨 天本」で食事。


鮨好きには有名なミュシュラン2ツ星の都内有数の予約困難店でもある。


常連でも予約が取れないのだが、たまたま激運発動して伺えることになった。


今年一年の運を使い果たしちゃったのではないかと心配だ(苦笑)。


f0232060_11255372.jpg


f0232060_112719100.jpg


f0232060_1128098.jpg











旨い日本酒をいただきながら、絶品のおつまみを。


相変わらず、無洗白子がめちゃくちゃ美味しい。


白子がそこまで好きではない私が他人の白子まで食べたくなるほどw。


f0232060_11345116.jpg


f0232060_1135312.jpg


f0232060_11351759.jpg


f0232060_11352734.jpg


f0232060_11354243.jpg


f0232060_11361428.jpg


f0232060_11364250.jpg


f0232060_11365412.jpg













本日のつまみのサプライズは、くじらのレバー


すごく珍しく、滅多に手に入らないそうで、私も初めて食べた。


f0232060_11402499.jpg


f0232060_11421519.jpg













ご存知の通り、私は大のレバー嫌いであるが、


このくじらのレバー、相当味と鮮度が良いようで、


1切だけ食べることが出来る奇跡が起きた!


普通ならきっと一口でも食えないだろうな・・・。


f0232060_1142447.jpg












にぎりも、すごく美味しかった。


どれも絶品だったけど、対馬のブリアカムツは個人的に大好き。


あと、「天本」さんの車海老と穴子もホント美味しい。


f0232060_11451077.jpg


f0232060_1145201.jpg


f0232060_11461135.jpg


f0232060_11463324.jpg


f0232060_11464728.jpg


f0232060_1147113.jpg


f0232060_1147137.jpg


f0232060_11472698.jpg


f0232060_11473772.jpg














にぎりのサプライズは、白皮と呼ばれる、


貴重な白い皮をした甘鯛。


芳醇ないい香りがして、コクがあって、身が甘い。美味しい鯛。


くじらのレバーについで、初めての貴重な体験をさせてもらった。


f0232060_11495352.jpg


f0232060_1150762.jpg










■「東麻布 天本」
http://higashiazabuamamoto.com/









■今日のカメ

■「鮨 天本」
f0232060_11255372.jpg
大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分ほど。東京タワーのすぐ近くにあります。完全予約制。









■店内の様子
f0232060_1128098.jpg
カウンター8席ほどの小さな店内。大将の天本さんとの距離が近いので、しゃべりながら食べられるので、堅苦しくなく落ち着きます。







■テーブルセット
f0232060_11524130.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒①
f0232060_1135312.jpg
山形県米鶴酒造の「米鶴」。









■1品目
f0232060_11544925.jpg
糸島のもずく。ものすごく細くて繊細。









■2品目
f0232060_11345116.jpg
山口県のバイ貝の煮付。









■3品目
f0232060_11561762.jpg
大間のひらめ。









■4品目
f0232060_11565338.jpg
ほっき貝の茶碗蒸し。









■5品目
f0232060_11351759.jpg
羅臼の無洗白子。「天本」さんでこの無洗白子を食べると、他で白子が食べられなくなるくらい味が全く違うw。







■日本酒②
f0232060_11592678.jpg
山形県高木酒造の「十四代」。









■6品目
f0232060_11352734.jpg
対馬のまよいガツオ。脂が乗ってて、カツオというより、上品なブリっぽい味わい。









■7品目
f0232060_11354243.jpg
余市のあん肝。









■8品目
f0232060_11364250.jpg
青森県産のいくら。









■くじらレバー!!
f0232060_11402499.jpg
くじらのレバーなんて、食べるのも、見るのも初めて。当たり前かもしれませんが、くじらって肝臓あったんですねw。ほとんど出回らないし、耳にしないから。さすがくじらだけあって、レバーも大きい。






■9品目
f0232060_1142447.jpg
大のレバー嫌いの私が、なんと1枚食べれた貴重なレバー。もう1枚は、レバー好きな別の方に。









■日本酒③
f0232060_11361428.jpg
福島県宮泉銘醸の「写楽」。










■10品目
f0232060_11365412.jpg
佐島のタコ。









■にぎり①
f0232060_11451077.jpg
長崎県対馬のぶり。脂乗ってて、めちゃくちゃ美味しい。香りもいい。









■にぎり②
f0232060_1145201.jpg
京都丹後のサバ。









■にぎり③
f0232060_12211586.jpg
東京湾スミイカ。










■にぎり④
f0232060_1222291.jpg
函館松皮かれい。









■これが、白皮!
f0232060_11495352.jpg
滅多に捕れない皮が白い「白皮」。ホントに真っ白!









■にぎり⑤
f0232060_1150762.jpg
白皮のにぎり。普通の甘鯛よりも、甘味とコクがある。香りもすごくいい。









■にぎり⑥
f0232060_12244310.jpg
さわらの松前漬け。









■にぎり⑦
f0232060_1227956.jpg
福岡姪浜の鯛。









■にぎり⑧
f0232060_11463324.jpg
対馬のアカムツ。









■にぎり⑨
f0232060_11464728.jpg
長万部のほっき。









■にぎり⑩
f0232060_12283324.jpg
愛知県知多半島のこはだ。









■にぎり⑪
f0232060_12291825.jpg
金目鯛。









■にぎり⑫
f0232060_12294854.jpg
大間のマグロ。









■にぎり⑬
f0232060_12301614.jpg
熟成をかけた中トロ。









■にぎり⑭
f0232060_1147113.jpg
大トロ。醤油ではなく塩で。









■にぎり⑮
f0232060_1147137.jpg
ムラサキウニ。









■にぎり⑯
f0232060_11472698.jpg
大分県の車海老。









■にぎり⑰
f0232060_11473772.jpg
対馬の穴子。









■にぎり⑱
f0232060_12325223.jpg
最後は、フワフワのデザートのようなたまご。









■お椀
f0232060_12332935.jpg
赤出汁。








先日3周年を迎えた大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で冬のコース。


f0232060_11532015.jpg


f0232060_11545946.jpg


f0232060_1155980.jpg












常連特権(笑)、本日も橋本シェフの調理が目の前で見れるアリーナ席へ。


f0232060_11561572.jpg


f0232060_11562678.jpg













1品目は、冬を感じる「樹氷 コットン」


生け花が出てきたかのような、まさに冬の綿の枝。


f0232060_11581950.jpg












でも、実はこれは食べれる綿枝で、


ナッツキャラメルのわたあめ。


f0232060_1201660.jpg












こちらは食べられない本物。よく似てる。


f0232060_1204367.jpg












この枝は実は食べられる枝。


クラッカー生地で出来てて、ちゃんと樹氷のように


白く雪がかぶってるように作られてる。すごいな。


f0232060_1215586.jpg













2品目は、「毛玉 ビーツ」


真っ赤なビーツのサクサク生地の中に、西洋わさびのクリームが入ってる。


f0232060_1253723.jpg


f0232060_1254717.jpg












3品目は、「林檎」


まさに林檎の登場w。


周りは食べずに、中のマンチェゴチーズをりんご生地で巻いた部分を食べる。


f0232060_1274938.jpg


f0232060_128362.jpg












4品目は、黒米を使った料理。


黒米の上に、雲丹と馬肉、泡はシャルドネビネガーで風味付けされている。


f0232060_12111972.jpg


f0232060_12113198.jpg












5品目は、冬のコース名物の「食べられる折り鶴」


根セロリで作られた美しい折り鶴と、


付け合わせはインカの目覚めとフォアグラ。


この折り鶴、毎回食べるのを躊躇するくらい美しいのだが、


冬のコースに3年連続で来てることを考えると、


もうかれこれ、3羽くらい食い殺してしまってる気がするw。


f0232060_12125042.jpg


f0232060_12132179.jpg


f0232060_12133058.jpg














ここで、セララバアドのココットで焼き上げるパンが登場。


セララバアドのパンは、外がカリッとしてて、


中はモチモチしてて、パンだけでも売って欲しいくらい美味しい。


f0232060_23413973.jpg














6品目は、冬コース定番の「冬の大地」という一皿。


土に見立てたブラックオリーブパウダーの上に、


発酵バターで作った雪と、冬の野菜のソテーが埋まってる。


f0232060_23434852.jpg


f0232060_23435864.jpg












7品目は、カルドッソと呼ばれるスペイン風の魚介リゾット。


中には、蟹とホワイトアスパラガスと菜の花。


蟹の濃厚な風味がたまらない、とても美味しいリゾット。


f0232060_23462611.jpg


f0232060_2347336.jpg













8品目は、トリュフと百合根のムースを合わせた一皿。


トリュフのいい香りと、百合根の素朴な甘みが口に広がる。


f0232060_23484096.jpg













9品目は、セララバアドの名物にもなっている、


橋本シェフが目の前で燻製チップを焚いて作ってくれる瞬間燻製シリーズ。


今日の食材は、アンコウ


アンコウの周りにはじゃがいもをまとわせてソテーしてあるので、サクサク。


燻製のいい香りも食欲をそそる。


f0232060_23505949.jpg


f0232060_23511752.jpg













10品目は、とても柔らかく美味しい紀州鴨


ほんのり甘い紅玉りんごのピューレと合わせて。


f0232060_23555478.jpg


f0232060_2356615.jpg













11品目は、白いモンブラン


白いメレンゲの雪山の中にモンブランが隠れている。


f0232060_23575111.jpg


f0232060_2358428.jpg













最後の12品目は、白い吐息というデザート盛り合わせ。


寒い冬の日のガラス窓をイメージした入れ物は曇っていて、


f0232060_23592674.jpg













指で落書きが出来てしまうw。


f0232060_23595636.jpg












中を開けると、こんな感じ。


スノーボールというデザートは、


エルダーフラワーのジュースが入った球体の中に、


本物のスノーボールのようにキラキラした雪の結晶が入ってて、


球体を動かすと、ちゃんと中の結晶もキラキラと揺れる。


f0232060_023387.jpg


f0232060_02362.jpg












手紙を蝋で止めるシーリングスタンプは、


本物のようだが、ラズベリーソーダで出来たチョコレート。


この黒い封筒の中に何が入っていたかは秘密w。


f0232060_035738.jpg













今日も最後までワクワクとドキドキが止まらない、


楽しいセララバアドだった。


なんかフレンチと言うより、「セララバアド」という、


1つのブランドというか、いちジャンルの料理な気がする。








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















ご招待いただき、ザ・キャピトルホテル東急の中華レストラン、


「星ヶ岡」でディナー。


ここは、土・日・祝限定で、


都内で有名な高級中華オーダーバイキングをやってる人気店。


f0232060_1213131.jpg


f0232060_1214245.jpg


f0232060_122320.jpg













平日は、通常のホテル中華レストランとして営業しつつ、


土日祝は、高級中華オーダーバイキング目当てで


入口まで人が溢れている人気っぷり。


ちなみに、完全予約制で、予約ですぐ満席になる。












この「星ヶ岡」のオーダーバイキングが


なぜここまで人気かというと、


たとえば、このグランドメニューの


8400円フカヒレの姿煮


f0232060_12113128.jpg













これも注文すると、クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!


f0232060_1272270.jpg












オーダーバイキングのお値段が大人12,000円なので、


このフカヒレ姿煮を頼んだ時点で、2/3以上、元が取れてしまう。


そして、通常メニュー用のちゃんとしたフカヒレなので、


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_12101637.jpg













こんな感じで、普段だとなかなか手が出ないような高級中華を、


蒸し鶏や蒸し豚の前菜から、


f0232060_1213520.jpg


f0232060_12132547.jpg


f0232060_12133463.jpg












海老のチリソースやフワフワの卵白揚げなどの海老料理、


f0232060_12152368.jpg


f0232060_12153969.jpg












蟹身たっぷりのフカヒレスープに、


蟹爪揚げなどの蟹料理、


f0232060_12164118.jpg


f0232060_12165135.jpg













和牛のオイスター炒めや、茄子とひき肉の炒めなどの肉料理、


f0232060_12173234.jpg


f0232060_12174250.jpg












シュウマイ、餃子など、皮が厚めの本場中国式の本格点心、


f0232060_12184121.jpg


f0232060_12185027.jpg













最後は〆の麻婆豆腐にチャーハンまで、


グランドメニューにあるものがすべて好きなだけ注文できてしまう。


f0232060_12193577.jpg


f0232060_12194698.jpg












食材も高級なものを使っていて、味も美味しく、


ちょっと高級な中華で数皿頼んだ時点で、


これくらいの値段行ってしまうことを考えたら、


これだけ好きなものを食べれて12,000円はお得。











ちなみに、デザートもオーダーバイキングで注文できたのだが、


今回は特別にサプライズがあって、デザートは頼まずに、


同じ館内の「キャピトルバー」に移動。











まさかのホールケーキが出てきて、テンション上がる!


HAPPY BIRTHDAYはあれど、


HAPPY NEW YEARのチョコプレート見たのは初めてかもw。


f0232060_12253190.jpg








去年の年末に疲れ果ててた私を見かねた方からのサプライズプレゼント。


ご招待いただき、本当にありがとうございました。












ちなみに、


お茶が好きすぎて台湾やスリランカまで行った私が、


こよなく愛しているロイヤルブルーティーという


ワイングラスで飲む最高級茶があるのだが、


この『キャピトルバー』はこのロイヤルブルーティーを3種も常備してて、


しかも、グラスで飲ませてもらえる!!


f0232060_12295822.jpg













これ、お茶マニアにはたまらない話なのだが、


このマニアックなお茶が3本が常備されていることもなかなかない上、


開栓すると香りが飛んでしまうので、


ボトル売りしかしてくれないところが多い中、グラス単位で飲めるのがレア。











さらにちなむと、ロイヤルブルーティーの中でも、


私は個人的にこのFallin in Loveという名前のお茶が大好きで、


お茶の概念がひっくり返るくらい美味しい。


初めて飲んだ時の衝撃を今でも覚えてるほど感動するので、


お茶に興味があり、これに遭遇することがあったら、


ちょっと高いけど、ぜひ飲んでいただきい一品。


f0232060_12395081.jpg












■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/




■「ロイヤルブルーティー」
http://www.royalbluetea.com/






by meshi-quest | 2018-01-12 08:08








私が信頼を寄せているグルメな方からのご紹介で、


神楽坂にある一軒家フレンチ、


「Le Mange-Tout ル・マンジュ・トゥー」へ。


f0232060_10272250.jpg


f0232060_10273286.jpg


f0232060_1027433.jpg












神楽坂の路地裏にあって、雰囲気的にもカップルが多いのかと思ったら、


年齢層高めのお偉いおじ様方が商談や会食をしている席が多く、意外だった。


泡も白も苦手なので、私に合わせてもらって、みんなで赤で乾杯。


f0232060_10275240.jpg












1品目のアミューズの5品盛り合わせは、


どれも手に取って一口で食べるスタイル。


見た目にもかわいらしいが、味もしっかりしていて、美味しい。


ブロッコリーのキューブ、たらのムースを炭の生地で挟んだもの、など。


f0232060_10321983.jpg


f0232060_10323137.jpg


f0232060_10332677.jpg


f0232060_10333598.jpg












2品目は、岡山県産の足赤海老を使った前菜。


ソースは、濃厚で香り良い、アンチョビバター。


f0232060_10343741.jpg


f0232060_10344810.jpg












都内の某超有名ベーカリーから取り寄せているパン2種。


パンがめちゃくちゃ美味しくて、お代わりが止まらず。


f0232060_1036226.jpg








パンって、料理のサブ的な扱いだけど、実はすごく大事。


パンが美味しいお店は、それだけで嬉しくなる。











3品目は、ホタテのムース


フワフワで茶碗蒸しのようなホタテ。


めちゃくちゃ好きな味。


ソースは香味野菜を使ったもの。


f0232060_10383292.jpg


f0232060_10384751.jpg












4品目は、シェフのスペシャリテのエゾ鹿のコンソメ


すごくいい香りがする、澄み切った美しいコンソメ。


エゾ鹿の生ハムも添えられている。


f0232060_1040850.jpg


f0232060_10401928.jpg


f0232060_10402999.jpg












5品目は、和歌山県の石鯛


少し酸味を効かせたクリーミーなソースで。


f0232060_10412356.jpg


f0232060_10413542.jpg













6品目のメインディッシュは、


宮崎県産の網捕りをした青首鴨


柔らかくて、しなやかで、全く臭みを感じない優しい鴨だった。


付け合わせは、ラットというじゃがいもとキノコを合わせたマッシュポテト。


f0232060_10434063.jpg


f0232060_10434843.jpg


f0232060_10435778.jpg












デザートは、2種。


1つ目は、季節のイチゴを使った真っ赤なスープ。


甘さ控えめで、イチゴ好きにはたまらない一品。


f0232060_1045997.jpg













2つ目は、惑星のような球体のチョコレート。


「スターウォーズ」最新作が公開されたこともあり、


なんだかデススターにも見えるw。


f0232060_10462433.jpg


f0232060_10465687.jpg












ちなみに、デススターの中は、こんな感じ。


パッションフルーツソースやキャラメルムースが出てくる。


f0232060_10474553.jpg












食後の小菓子は、カヌレ


前菜からデザートまで内容もボリュームもちょうど良く、


すべてが安心して食べれる、完成したフレンチだった。


f0232060_10493129.jpg


f0232060_10494435.jpg











■「ル・マンジュ・トゥー」
http://www.le-mange-tout.com/








by meshi-quest | 2017-12-27 08:07 | 神楽坂








私が知る中でもトップクラスの鮨好きが集まるグルメ会にて、


広尾「鮨 心白 (しんぱく)」で忘年会。


f0232060_10375034.jpg


f0232060_103814.jpg


f0232060_10382120.jpg












日本酒の種類が豊富で、美味しいつまみラッシュに酒がやたら進む。


f0232060_1044238.jpg


f0232060_10444773.jpg


f0232060_10445741.jpg


f0232060_10451682.jpg


f0232060_10452549.jpg


f0232060_10461065.jpg


f0232060_10462128.jpg


f0232060_10463221.jpg


f0232060_10464491.jpg


f0232060_10465484.jpg












初めて見たけど、カキ専用の日本酒というのもあるらしく、


生カキとカキのための日本酒セット。


私はカキ苦手なので、写真だけw。


f0232060_10485312.jpg


f0232060_1049128.jpg












にぎりもたっぷり食べれて、どれもすごく美味しかった。


f0232060_105111100.jpg


f0232060_10512482.jpg


f0232060_10514350.jpg


f0232060_10515954.jpg


f0232060_10521176.jpg


f0232060_10522617.jpg


f0232060_10523768.jpg


f0232060_10524653.jpg












特に、めちゃくちゃ脂が乗ってたオアカムロと、


大きくて、すごく甘味があったほっき貝は絶品だったなあ。


f0232060_10553830.jpg


f0232060_10554955.jpg












大将が気さくで、美味しいだけじゃなく、楽しい鮨屋。


鮨屋さんってどうしても固くなりやすいけど、


こうやってリラックスして、笑いながら食べれる鮨は、より美味しい。









大将の人柄を表してるかのようなこの素敵なお猪口。


チャラチャチャ~チャラチャチャ~♪


日曜日のあの音楽が脳内に流れる。


これ、超欲しいw。


f0232060_1041349.jpg










■「鮨 心白」
http://sushi-shinpaku.tokyo/









■今日のカメ

■「鮨 心白」
f0232060_10375034.jpg
日比谷線「広尾駅」から徒歩10分ほど。恵比寿三丁目の交差点の近くにあります。









■店内の様子
f0232060_10382120.jpg
カウンターのみ8席ほど。席数は少なめ。予約は半年先くらいまでいっぱいの人気店。









■テーブルセット
f0232060_1111783.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒①
f0232060_10445741.jpg
宮城県金の井酒造の「綿屋」。スッキリ辛口。









■サザエさんいる!!
f0232060_1041349.jpg
サザエさんお猪口w。あまりに馴染んてて、しばらく気が付かなかったw。超欲しい。









■1品目
f0232060_114783.jpg
きのこともずくの温かい前菜。









■2品目
f0232060_10485312.jpg
生カキ。写真だけ。









■生ガキ用日本酒
f0232060_1049128.jpg
ラベルにもしっかりとカキの絵が描かれている、生ガキのための日本酒。









■3品目
f0232060_1044238.jpg
おしゃれな盛り付けの白子。









■4品目
f0232060_11103853.jpg
ナメタガレイ。わさびは2種類用意されてて、安曇野のわさびと、鳥取のわさび。色も香りも違うので、お好みで使い分け。







■5品目
f0232060_11112674.jpg
青つぶ貝。










■6品目
f0232060_10444773.jpg
ぼらの白子。ふわふわで豆腐みたい。










■7品目
f0232060_10452549.jpg
トラフグ。










■8品目
f0232060_10451682.jpg
焼きフグ。









■9品目
f0232060_10461065.jpg
カツオ。









■日本酒②
f0232060_10462128.jpg
大将が私を見て笑いながら出してくれた日本酒。山形県亀の井酒造の「ばくれん」。美味しい日本酒。

ちなみに、「ばくれん」とは方言で「すれていてずるがしこい」という意味(笑)。





■10品目
f0232060_11183420.jpg
納豆と刺身を和えたおつまみ。









■11品目
f0232060_10463221.jpg
せいこがに。甘くて美味しい!









■12品目
f0232060_11203043.jpg
ミニあんこう鍋。スープにはあんこうの身と、エキスたっぷりのスープ。横にはあん肝。









■13品目
f0232060_10464491.jpg
甘鯛のウロコ焼きと、逗子のむきたけ、えびいも。









■14品目
f0232060_10465484.jpg
赤米の上に、たっぷりイクラが乗っています。









■日本酒③
f0232060_11235188.jpg
京都木下酒造の「玉龍」。しっかりとした味わい。









■鮨①
f0232060_11243835.jpg
ひらめ。









■鮨②
f0232060_105111100.jpg
シマアジ。









■鮨③
f0232060_10512482.jpg
真鯛。









■鮨④
f0232060_1126855.jpg
アジ。









■鮨⑤
f0232060_10514350.jpg
カマス。









■鮨⑥
f0232060_10554955.jpg
ほっき。甘味あって、大きく柔らかく、すごく美味しかった。









■鮨⑦
f0232060_10553830.jpg
アアカムロ。めちゃくちゃ脂乗ってて、絶品。地魚で、なかなか生が出回らないそう。









■鮨⑧
f0232060_10515954.jpg
くえ。









■鮨⑨
f0232060_11291647.jpg
ハガツオ。









■鮨⑩
f0232060_10521176.jpg
さば。









■鮨⑪
f0232060_10522617.jpg
本マグロのとろ。









■鮨⑫
f0232060_10523768.jpg
ウニと小柱。









■鮨⑬
f0232060_11312271.jpg
キンメ。









■鮨⑭
f0232060_10524653.jpg
カステラのような素朴な甘みのある美味しいたまご。








■日本茶
f0232060_11323083.jpg
日本茶や中国茶など、鮨屋さんには珍しくお茶が選べて、お茶の種類が豊富だったのも驚いた。お茶好きには嬉しい。これは嬉野の日本茶。









都内で私が愛しているフレンチの1つ、


北参道「Sincere シンシア」でスクエニの友達とディナー。


f0232060_11552799.jpg


f0232060_11555342.jpg


f0232060_1156218.jpg












いつものように、石井シェフにすべておまかせの特別コース。


新鮮なと肝を使った「シンシア」らしい


ガッツリとした濃厚な冷菜からスタート。


f0232060_1211071.jpg


f0232060_1212274.jpg











名物の華やかな5種のアミューズ、


クロマグロをカレー風味で合わせたお料理、


甘味ある数種のを使った野菜のお料理などを経て、


f0232060_1254835.jpg


f0232060_1265766.jpg


f0232060_12773.jpg


f0232060_1275950.jpg


f0232060_1281274.jpg


f0232060_1282191.jpg


f0232060_1282966.jpg


f0232060_1284022.jpg












イタリアから届いた大好きな


生のポルチーニ茸を使ったお料理。


ポルチーニ茸を色んな方法で調理をして盛り合わせ、味の違いを楽しむ。


旬の白トリュフも添えられていて、


深呼吸したくなるくらいものすごく香りがいい。


f0232060_12113318.jpg


f0232060_121145100.jpg











メインの魚料理は、金目鯛


クラッシックなパイ包み焼きを、


日本風にアレンジして、なんとかわいいたい焼き風に。


f0232060_1213528.jpg


f0232060_12131819.jpg











肉のメインは、これまた私が好きな仔羊


南フランス・シストロン産の高級で、上質な仔羊をローストに。


f0232060_12145362.jpg


f0232060_1215456.jpg












数種から自由に選べる〆の鉄鍋ご飯は、ブイヤベース。


魚介の濃厚な出汁が効いてて、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1216149.jpg


f0232060_12162364.jpg











デザートは、和栗のスープとアールグレイのジュレを合わせたものと、


シャインマスカットとシェーブルチーズを組み合わせたもの。


最後のデザートまで、しっかり美味しいが続くコースだった。


f0232060_12184779.jpg


f0232060_12185784.jpg


f0232060_1219734.jpg


f0232060_12191688.jpg












さて、お気づきの方もいらっしゃったかもしれないが、


これ、品数は多いが、いつもの「シンシア」よりも量は格段に少ない。








実は、この日、私にしては非常に珍しいのだが、


心も体もダウンしてしまっていて、


1週間ほどまともにご飯を食べていない病み上がりの状態だった。


「Sincere シンシア」の貴重な予約が取れていた日なのに残念だったが、


石井シェフに事前に連絡をして、私のポーションをかなり少なくしてもらった。









なので、量が少ないのは元の量ではなく、本来はもっとボリューミーで


美味しい上に食べ応えのあるフレンチであることを一言伝えておきたい。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_11552799.jpg
副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。









■テーブルセット
f0232060_11555342.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_1156218.jpg
私の好みを知ってくれてるソムリエ牛嶋さんのセレクト。甘味あって、白が苦手な私でも飲みたくなる味。美味しい!








■1品目
f0232060_1211071.jpg
最初のアミューズは、新鮮な鮑と肝を使ったもの。貝殻がそのまま器になっています。









■2品目
f0232060_1254835.jpg
手に取って食べられる5種の華やかなアミューズ。









■アップ①
f0232060_1265766.jpg
軽く炙ったカマスと茄子のアミューズ。










■アップ②
f0232060_1231227.jpg
クリスピーな生地の中にイベリコ豚と栗を包んだ春巻きのようなアミューズ。









■アップ③
f0232060_12773.jpg
サーモンとクリームソースのアミューズ。小さなお菓子みたい!









■アップ④
f0232060_12335841.jpg
秋刀魚と黒米を使ったアミューズ。









■3品目
f0232060_12343977.jpg
大西洋のクロマグロを根セロリとカレーで合わせた、ちょっと変わった組み合わせの一品。マグロの刺身とカレーソースって、すごく合うんですね!ビックリ。







■パン
f0232060_1281274.jpg
お楽しみの「シンシア」特製パン選び。好きなものを好きなだけ。









■これにした!
f0232060_1282191.jpg
いつもなら3~4種行くところだが、今日は控えめに、大好きなブリオッシュと、バケット。









■4品目
f0232060_1282966.jpg
群馬県の農家の金子さんが作った甘い数種の蕪を使った料理。









■5品目
f0232060_12113318.jpg
イタリア産の生のポルチーニ茸を色んな調理法でアレンジした料理。白トリュフとポルチーニで、めちゃくちゃいい香りがします。









■かわいいたい焼き!
f0232060_1213528.jpg
フレンチのクラシックなパイ包み焼きを、たい焼き風にアレンジ。すごくかわいい!









■6品目
f0232060_12131819.jpg
本当は、1人1たい焼きだったのだが、体調を考え、頭だけいただくことに(苦笑)。めちゃくちゃ美味しいだけに、自分の体調の悪さが歯がゆい。








■7品目
f0232060_12145362.jpg
南フランス・シストロン産の仔羊のロースト。旨味が詰まってて、そして、すごく柔らかい。これも本当は、羊好きの私のためにガッツリ用意していただいていたところ、今日はほんの一口だけ。







■8品目
f0232060_1216149.jpg
数種から選べる〆の鉄鍋ご飯は、ブイヤベースを。魚介の旨味がたっぷり出ている濃厚なブイヤベースを自分でご飯にかけて、リゾット風にしていただく。これもすごく美味しい!







■9品目
f0232060_12184779.jpg
1つ目のデザートは、和栗のスープ。中にはアールグレイのジュレ、周りにはメレンゲ。









■10品目
f0232060_12185784.jpg
2つ目のデザートは、シャインマスカットとシェーブルチーズのさわやかなデザート。









■ハーブティー
f0232060_12482583.jpg
フレッシュな葉を使ったハーブティー。









■小菓子
f0232060_12485799.jpg
名物の食べられるオブジェ。この中に3つ、食べられるものが隠れてて、それを探します。楽しくて、美しくて、そして美味しいのが「シンシア」流。








吉祥寺にある人気イタリアン「ゴブラン」さん主催の


ワイン会に参加させてもらった。


場所は、いつもの通り、赤身肉の名店「肉山」の3階特別個室。


f0232060_1525274.jpg


f0232060_1531544.jpg


f0232060_1533133.jpg


f0232060_1535047.jpg













序盤は、手作りパテに始まり、豚の赤身のローストなど。


f0232060_156874.jpg


f0232060_1562315.jpg


f0232060_1564532.jpg













中盤は、牛のうちもも、牛カツ、馬ヒレなど。


牛カツは、いつもは薄切りだが、今日は厚みがあって、


個人的にはこれくらい厚みがある方が美味しいかなと思う。


馬ヒレも甘味あって、美味しかった。


f0232060_1510497.jpg


f0232060_15102320.jpg


f0232060_15104475.jpg


f0232060_15111733.jpg


f0232060_15113077.jpg













甘味噌きゅうりを挟んで後半戦。


牛ランプとイチボ。


ランプは柔らかく、イチボはジューシー。


最後は、肉山特製カレーで〆。


今日も肉をいっぱい食べた。


f0232060_15185973.jpg


f0232060_15144915.jpg


f0232060_1515455.jpg


f0232060_15151930.jpg











■「肉山」
http://www.kojin-shouten.com/wp/?page_id=29881








by meshi-quest | 2017-12-13 08:07 | 吉祥寺







プロジェクトがひと段落し、お疲れ様を兼ねて開発会社さんとの会食。


懇意にさせていただいてるカジュアルフレンチ「カラペティバトゥバ!」へ。


f0232060_17292686.jpg


f0232060_17293129.jpg












まずは、来ると必ず飲んでいる


ゲヴェルツトラミネールドメーヌトラペで乾杯。


白が苦手な私が唯一進んで飲む珍しい白ワイン。


アミュニーズは、チーズ風味のケークサレ。


f0232060_17365819.jpg


f0232060_17371468.jpg











1品目は、「栃木野菜とオマール海老のテリーヌ ソースサンジャック」。


野菜の甘味とオマールの甘味が融合した食べやすい前菜。


f0232060_17385181.jpg


f0232060_1739244.jpg












次は、赤ワインに乗り換えて、2品目は「フォアグラのロワイヤル」。


栗のムースリーヌも添えられてて、濃厚な仕上がり。


f0232060_1741384.jpg


f0232060_1741272.jpg











3品目は、魚料理。


ヒメジのポワレ ポワローのフォンダン」。


ヒメジの甘味と、ポワロー葱の甘味に、濃厚な赤ワインソースがとても合ってる。


ヒメジも皮がパリパリに焼かれてて、皮まで美味しかった。


f0232060_17443432.jpg


f0232060_17444734.jpg











メインの肉料理は、鴨胸肉のロースト


付け合せは根セロリのピューレ。


鴨は火入れが抜群で、柔らかく、美味しくできていた。


f0232060_17464012.jpg


f0232060_17465427.jpg












デザートは、シルクスイートを使った美味しいモンブラン


モンブランも甘さ控えめでとても美味しくできていたけど、


付け合せの落花生のアイスがこれまた美味しかった!


f0232060_17483292.jpg


f0232060_17484684.jpg











■麻布十番「カラペティバトゥバ!」
http://quandlappetitvatoutva.com/


















懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」へ。


今日は、友達の会社設立のお祝いを兼ねての会食だったので、


室田シェフにいつも以上に特別感満載で料理を作ってもらった。


f0232060_17231016.jpg


f0232060_17231338.jpg


f0232060_17232440.jpg


f0232060_17233376.jpg











「ラチュレ」らしい秋の前菜。


絵本を読んでいるかのようなかわいらしい料理が並ぶ。


f0232060_17233376.jpg


f0232060_17302422.jpg


f0232060_17302695.jpg


f0232060_17304217.jpg


f0232060_17304782.jpg












中盤から、どれがメインディッシュか分からないような、


高級食材を使った美味しい料理のオンパレード(笑)。


黒アワビに、猪鹿熊(蝶ではない、惜しいw!)のパイ包み焼きに、


甘鯛の鱗焼きに、ラスボスは雷鳥


f0232060_17401488.jpg


f0232060_17401621.jpg


f0232060_17402085.jpg


f0232060_17402354.jpg


f0232060_1740322.jpg











雷鳥という名前もさることながら、この手!


ファンタジックだな、雷鳥。


手も、頭(脳みそ付)も出すのは、見た目のインパクトや新鮮な証拠だけでなく


丸ごと1匹をちゃんと使った料理の証もである。


f0232060_1742631.jpg











相変わらず、すごいフレンチ。


室田シェフ、ありがとうございました!!







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/









■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_17231338.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_17232440.jpg
カウンターとテーブル。こんなに本格的なジビエ料理がカジュアルにお一人様からカウンターで出してもらえるのが「ラチュレ」の魅力。








■テーブルセット
f0232060_17233376.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_175203.jpg
私の好みを知り尽くしてくれているソムリエ山本さんが用意してくれていた白ワインが私の好みど真ん中で、白ワインをあまり飲まない私が2杯お代わりしました。美味しい〜。








■1品目
f0232060_17302072.jpg
木のオブジェに乗った、鳩の形の一口アミューズ。










■アップ
f0232060_17302422.jpg
中は鳩のリエットが挟まってます。










■2品目
f0232060_17302695.jpg
巨大な松ぼっくりの上に乗っているのは、鹿の脂を使ったケークサレ。「ラチュレ」は、ジビエの全てを大切に使い、最初から最後までジビエを楽しませてくれます。ちなみに、ケークサレはほんのり野性味を感じますが、素朴な甘みもあり、全然クセはないです。






■3品目
f0232060_17304217.jpg
濃厚な出汁が出ている熊のコンソメ。美味しい!中には熊のスネ肉も入ってます。その他、しょうげんじ茸、おおいちあお茸など珍しいキノコが入ってます。








■4品目
f0232060_184275.jpg
ジビエの箸休め。イワシと新生姜とラズベリーを使ったさわやかな前菜。









■5品目
f0232060_1845881.jpg
勝浦の黒アワビを肝バターソテーに。肝バターが濃厚で、めちゃくちゃ美味しい。アワビも柔らかい!









■6品目
f0232060_1861427.jpg
猪鹿蝶ならぬ、猪鹿熊の豪華なパイ包み焼き。中にはたっぷりフォアグラが入ってます。









■赤ワイン
f0232060_1875733.jpg
オススメの赤ワイン。これも私好みで飲みやすかった!行きつけのレストランで仲良くなると、好みを知ってプロの目でオススメしてくれるので、こういう時に本当に助かります。感謝。








■7品目
f0232060_1895087.jpg
甘鯛の鱗焼き。ソースは、モンサンミッシェルのムール貝とサフランを使った濃厚なソース。甘鯛はサクサクで、ソースもすごく美味しかったなあ。









■8品目
f0232060_1740322.jpg
大ボスの雷鳥。この時期、かつ、入荷できた時だけの限定品。かなりクセがあるので、好き嫌いは分かれると思いますが、これぞ、ジビエという味。








■9品目
f0232060_1818126.jpg
和栗のビスキュイクーラン。上には、「ハニートリュフ」という珍しいトリュフが乗ってます。この白トリュフ、めちゃくちゃ甘くて、以前も別のお店で食べたことがありますが、最初かなり驚きます。








■小菓子
f0232060_18245017.jpg
ラベンダーのフィナンシェ。










■食後の飲み物
f0232060_18252869.jpg
ホットのブレンドティー。
by meshi-quest | 2017-11-17 08:08 | 渋谷・神泉








仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース。


f0232060_1411771.jpg


f0232060_1412055.jpg


f0232060_1412365.jpg











本日も橋本シェフの料理の様子が間近で見れる


限定2席の特別席で食事をさせてもらった。


料理をしてる姿が見れると、より一層食事が楽しくなるが、


特に「セララバアド」の料理は、美術で絵を描いてるようでもあり、


理科で実験をしているようでもあり、すごく特殊なので、


近くで見れるのは他店以上の楽しさと特別感がある。


f0232060_144716.jpg











食材も、味も、温度も、色も、香りもすべてが秋仕様。


「セララバアド」の秋を満喫させてもらった。


f0232060_1445928.jpg


f0232060_145048.jpg


f0232060_145472.jpg


f0232060_145698.jpg


f0232060_14581.jpg


f0232060_1451293.jpg


f0232060_1451596.jpg


f0232060_1451831.jpg


f0232060_1452110.jpg


f0232060_1452533.jpg










途中出てきた「スケット」という料理。


スペインの魚介の煮込みをアレンジしたものだそうだがが、


濃厚な魚介出汁がめちゃくちゃ美味しくて、何杯も食べたくなる味だった。


f0232060_1465716.jpg


f0232060_1465987.jpg










アーモンドとチョコで作った食べれる松ぼっくりも、


「セララバアド」らしくてかわいかったな。


f0232060_1474958.jpg











思えば、前回の夏のコースからもう3か月が経ったのかー。


「セララバアド」には、必ず春夏秋冬でお邪魔しているので、


私の中では「セララバアドに行く=季節が変わった」という図式があって、


変わる季節の準備をするかのような感じでもあり、


次の季節を食べれる絵本で楽しんでいる感じもあり、


とにかく「セララバアド」は私にとっても特別感のあるレストランだ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1411771.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。







■店内の様子
f0232060_144716.jpg
基本はテーブル席で、限定2席のカウンターは料理が間近で見れて、シェフともお話ができる常連さん用。








■メニュー
f0232060_1412365.jpg
落ち葉の中に本日のメニューが隠れてます。









■1品目
f0232060_1412055.jpg
「イケバナ」という名前の料理。









■アップ
f0232060_1458516.jpg
枯れ枝にそっくりなクラッカーの周りに、和歌山県産生ハムが巻かれています。









■ドリンク①
f0232060_1459451.jpg
ノンアルコールでペアリングをしました。オーガニックキウイの搾りたてジュース。









■2品目
f0232060_1445928.jpg
「オブジェ」という料理。米粉に青海苔をまぶしたスナック感覚の前菜。









■3品目
f0232060_151258.jpg
二酸化炭素を注入して炭酸が入ったマスカットと、マスカットジュレ。









■3品目
f0232060_145048.jpg
「森の朝」という料理。コケに見立てた、液体窒素で固めたアボカドとピスタチオのムース。ドライアイスにひのきの香りが付いてて、まさに森の朝が再現されています。







■ドリンク②
f0232060_145472.jpg
松の葉で風味付けされたジェニファーベリーのジュース。森林浴を飲んでいる感じ。









■4品目
f0232060_145698.jpg
「落葉の森」という料理。豚が落葉の森でトリュフを探している様子が料理になっています。食べられる絵本。








■アップ
f0232060_14581.jpg
トリュフに見立てているものは豚足コロッケ、豚はクラッカーで出来ています。









■パン
f0232060_1564459.jpg
「セララバアド」の絶品パン。香り良く、外はカラッと、中はモッチリ。ホント美味しい。









■5品目
f0232060_1465716.jpg
「スケット」というスペインの魚介の煮込み料理をアレンジしたもの。真ん中には甘いホタテ。魚介の濃厚な出汁がとても美味しかった。超好み。







■ドリンク③
f0232060_1511798.jpg
人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。









■6品目
f0232060_15115479.jpg
キノコと大麦のリゾット。上には牛ハツのカツレツが乗ってます。これも美味しい!









■ドリンク④
f0232060_15124324.jpg
梨のジュース。わざと塩味を強めに効かせてて、個人的に好きな味。スイカも塩を振る派なので。









■7品目
f0232060_1451596.jpg
丹波黒鶏のボイルとローストの2種。下に、藁をいぶした煙が詰まっていて、瞬間燻製されています。ほおづきが付け合わせ。








■8品目
f0232060_15161631.jpg
セレ豚のローストと、紅玉のピューレ。セレ豚がめちゃくちゃ甘くて、美味しかった!









■ドリンク⑤
f0232060_15173574.jpg
玉露とザクロを合わせたジュース。ザクロのほのかな甘みと、玉露の渋みもあって、不思議な味わい。









■9品目
f0232060_1452110.jpg
「サルベージされた月」というデザート。柿のジュースが詰まった球体状のジュレ。









■10品目
f0232060_1452533.jpg
パリパリの栗のシートの下に、どんぐりで作った優しい甘味のアイス。









■11品目
f0232060_1520597.jpg
4種の食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_15214125.jpg
サーカスの缶の中身。ジャスミンティーのマカロン、栗のマドレーヌ、オリーブオイルのグミ。









■アップ②
f0232060_1474958.jpg
チョコとアーモンドで作った、食べれる松ぼっくり。









■ドリンク⑥
f0232060_1523985.jpg
ハンドドリップでじっくりと出す玉露。左が1煎目、右が2煎目。同じお茶なのに、色も、香りも、味も全然違う。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ