「星のや富士」での待望のディナーターーーーイム!!












「星のや富士」では3つのディナーが用意されていて、


①屋外での狩猟肉ディナー

②メインダイニングでのコースディナー

③キャビン(部屋)で食べるルームサービスディナー


があって、当然①が一番人気で、


数に限りががあるので、事前予約必至












実は、予約の時に部屋には余裕があったが、


この狩猟肉ディナーの予約の空きがなくて、


結局当初予定よりも2週間先の日程にした。














そんな待ちに待った狩猟肉ディナー。


通常のメインダイニングへ行く道とは違う山の小道を入って、


フォレストキッチンへ向かう。


f0232060_21281262.jpg















フォレストキッチンは、本当に山の中にあって、


アカマツの森の間にテントを張って、


その下にキッチンとテーブルが置かれている。


各キッチンとテーブルは独立していて、


1組に付き、1人のスタッフが付いて


グラマラスなキャンピングディナーを楽しませてくれる。


ちなみに、テーブルの下に遠赤外線があって、


コタツのようになっているので、外でも全然寒くない。


f0232060_2134415.jpg


f0232060_21365326.jpg


f0232060_2137634.jpg















狩猟肉ディナーの1品目は、鹿肉のパテ


上にはジンの原料のジェニファーベリー


付け合わせはくるみとクレソン。


赤すぐりを使ったジャムと共にいただく。


f0232060_21392283.jpg


f0232060_21393481.jpg


f0232060_21395178.jpg


f0232060_214069.jpg















2品目は、ゲストで作る参加型のイノシシスープ


作ると言っても、材料はすでに用意されてて、混ぜたりするだけw。


イノシシのつみれに富士で採れた色んなキノコの組み合わせ。


香り良く、イノシシのいい出汁が出てて美味しい!


f0232060_21424944.jpg


f0232060_21431323.jpg


f0232060_2143376.jpg


f0232060_2143483.jpg


f0232060_2144248.jpg















3品目は、鹿のトリッパと里芋を使ったスキレット。


鹿のレバーを入れ、


そこに真っ白になるくらいたっぷりのチーズを削って、


火にかけて煮込むこと10分。


トロトロチーズのトリッパトマト煮込みが完成。これもすごく美味しい。


f0232060_21472236.jpg


f0232060_2148271.jpg


f0232060_21481357.jpg


f0232060_21482383.jpg


f0232060_21485080.jpg














4品目は、富士で採れた松茸と、


イノシシのベーコンとのクリームリゾット。


これも材料を炒めたり、少し参加してキャンプ気分が味わえるw


かなり好みの味!量が少なめだったので、もっと食べたかったな。


f0232060_21593316.jpg


f0232060_2216080.jpg


f0232060_2216131.jpg


f0232060_22163994.jpg


f0232060_22165424.jpg


f0232060_2217562.jpg
















5品目のメインディッシュは、


イノシシのすき焼き鍋


イノシシのもも肉(左)とロース(右)。


牛脂の代わりに、なんとフォアグラを脂として使うこの贅沢!!!


フォアグラを最初に炒めるので、ものすごくいい香りが漂い、


味としてもちょっと洋風のすき焼きになる。


温泉卵の中にすき焼き肉を入れて・・・、外で食べるすき焼きは格別!!


f0232060_22205726.jpg


f0232060_222185.jpg


f0232060_22211814.jpg


f0232060_22212920.jpg


f0232060_2221397.jpg


f0232060_22215036.jpg


f0232060_22221389.jpg


f0232060_22222398.jpg
















6品目のデザートは、


赤葡萄、シナモン、スターアニスなどを入れた


赤ワインのスパイス煮込みバニラアイス


アフォガードのように冷たいアイスの上に、アツアツのホットワインをかける。


ほんのりお酒が効いた大人のデザート。


f0232060_22263911.jpg


f0232060_22265335.jpg


f0232060_22273123.jpg











どれもとても美味しいグラマラスなキャンプディナー。


狩猟肉は秋限定らしいので、秋のディナーは注目度大。


ただ、全体的に量が少ないので、ちょっと後からお腹が空くw。













部屋に戻ると、テラスのところに簡易たき火が用意されていた。


本物の炎が出てて、近くに行くと、結構熱い。


家に居ながらたき火できるなんて、グラマラスだな。


河口湖の夜景と一面の星空もロマンチックだった。(④へつづく)


f0232060_2239288.jpg


f0232060_22392181.jpg










■「星のや富士」
https://hoshinoya.com/fuji/









by meshi-quest | 2018-11-17 08:08









山の夜は早い。


まだ時間的には夕方なのに、一気に外が暗くなる。


f0232060_1154652.jpg














「星のや富士」にはいくつものアクティビティーがあって、


無料のものもあれば、有料のものもあり、


ゲストが好きなものを申し込んで体験することが出来る。


私は事前に、夕方からの「燻製づくり」(有料)という


アクティビティを申し込んでいたので、山を登って燻製会場にやってきた。


f0232060_1193654.jpg















山の中腹のオープンエアの場所にテーブルがあり、


その横に本格的な燻製機が置かれている。


f0232060_1215136.jpg


f0232060_1363999.jpg


f0232060_122511.jpg
















まずは、本日燻製をする食材の紹介。


富士周辺で獲れるヒメマス鹿のソーセージから


定番のナッツ、チーズ、ドライフルーツ、岩塩など。


f0232060_1271369.jpg


f0232060_1282653.jpg


f0232060_1284528.jpg


f0232060_1291347.jpg














次に、燻製に使うチップを選ぶ。


選んだチップによって、薫香が変わってくる。


用意されていたのは、りんご、フジバカマ、


そして面白いのがサントリーウィスキー白州の樽を使ったハクシュウ


このハクシュウのチップが


ウィスキーのいい香りがして、個人的に好み。


結局、ハクシュウとフジバカマの2種を使って燻製することに。


f0232060_134267.jpg














ナッツやチーズなどの小さくて、比較的すぐ燻製できるものは


テーブルの上の燻製機で燻製を行う。


f0232060_135295.jpg


f0232060_1354919.jpg
















しばらくすると、チップから煙が出てきて、


蓋をして、食材に薫香を付ける。


この間、ウィスキーやワインを飲みながら、いい香りに浸る。


f0232060_1383827.jpg















さすがグランピングなだけあって、


ちゃんと「星のや富士」のスタッフさんが燻製の世話をしてくれるので、


全く失敗もせずに、いい感じで出来上がってくる。


トロトロの燻製チーズ燻製ヒメマスは特に美味しかったな。


f0232060_1415042.jpg


f0232060_1422976.jpg


f0232060_1423986.jpg


f0232060_1425499.jpg
















鹿のソーセージは、


燻製機の中に入れ、で燻す。


f0232060_1441299.jpg


f0232060_1442979.jpg














ソーセージもいい香りの燻製になった。


f0232060_1452196.jpg














残ったものを部屋で食べられるように、


キャンプ用のお弁当箱に詰めてくれたりする。


グランピングなお持ち帰り。


f0232060_1461494.jpg















燻製会場からさらに上に上がったところに、


ウッドテラスという共有スペースがある。


f0232060_1494275.jpg


f0232060_1502229.jpg


f0232060_151280.jpg


f0232060_1511492.jpg















そこでは、山梨産のスパークリングワインが自由に飲めたり、


焚火を使って、マシュマロを焼いたり、


キャンプっぽいことが色々とグラマラスに楽しめるw


これらは全部飲み放題、食べ放題で無料


f0232060_1521075.jpg


f0232060_1522439.jpg


f0232060_1524841.jpg


f0232060_1531263.jpg


f0232060_1532473.jpg


f0232060_1534055.jpg














ふと見ると、寝袋とリクライニングチェアがあるじゃないか。


秋の山は相当寒いが、寝袋に潜り込んでみると、めっちゃ暖かい。


気が付いたら、気持ち良くて、また1時間寝袋で寝てしまった・・・。


ああ、相当疲れてたんだな、私(苦笑)。


f0232060_1564931.jpg









グランピングに来て良かった!!


2回も昼寝をし、いよいよ本格的に腹が減ってきたので、


メインアクティビティーの


ダッチオーブンディナーへ行ってみる!


(③につづく)









■「星のや富士」
https://hoshinoya.com/fuji/









by meshi-quest | 2018-11-16 08:08 | 旅行_国内








吉祥寺の人気鴨料理居酒屋「藁ウ鴨ニハ福来ル」、通称「ワラガモ」へ。


2軒目行くことが決まってるので、予約時間まで軽く飲み食べ。


f0232060_16243431.jpg


f0232060_16245638.jpg












鴨じゃがや燻製カマンベールをつまみながら、


f0232060_16252692.jpg


f0232060_16253371.jpg












早速、お目当ての鴨鍋をいただく。


鴨エキスが詰まった出汁が美味しくて、居酒屋さんの鍋としてレベルが高い。


鴨鍋は1人前からやってくれるので、


鍋メインでなくても気軽に食べれるのも嬉しい。


f0232060_1628104.jpg


f0232060_16281928.jpg


f0232060_16283066.jpg


f0232060_16283819.jpg


f0232060_16284758.jpg


f0232060_16285456.jpg












■「藁ウ鴨ニハ福来ル」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13187638/









by meshi-quest | 2018-05-13 08:07 | 吉祥寺








住所非公開の会員制馬肉専門店「ローストホース」と、


恵比寿の人気焼肉店「虎の穴」がコラボをしたドリームレストラン、


「虎馬(とらうま)」で食事。


f0232060_13541967.jpg


f0232060_13543364.jpg


f0232060_13544789.jpg


f0232060_1354598.jpg












この日は、店長の金さんから期間限定でしゃぶしゃぶをやると連絡をいただき、


なかなか食べられないの豪華3種しゃぶしゃぶコースを初体験。









まずは、お通し。


手作り肉味噌と温野菜。


ドリンクは、名物の生グレープサワー。


f0232060_13582972.jpg


f0232060_1418536.jpg


f0232060_14181726.jpg














1品目は、馬と牛の生肉盛り合わせ。


f0232060_1425244.jpg












こちらがで、


ふたえご、さんかくしん、かいのみ、ロースの4種。


f0232060_1402897.jpg













こちらはで、


たん、ロース、いちぼの3種。


f0232060_1411475.jpg










たれも薬味も、馬と牛で分かれていて、


馬はニンニクや生姜と甘めの醤油、牛はさっぱり醤油で。


f0232060_1421659.jpg











2品目は、馬のたてがみ軍艦と、ロースのユッケ。


たてがみは一見脂っぽそうだけど、


上品なトロのような味わいで、とても食べやすい。


f0232060_143573.jpg













3品目は、箸休めの海老とサラダのからし和え。


f0232060_1453582.jpg


f0232060_1454845.jpg













4品目は、いよいよ待望のしゃぶしゃぶ登場。


まずは、馬のおび(お腹の肉)から。


馬のしゃぶしゃぶは初めてだが、甘味あって、柔らかくて、すごく美味しい。


野菜は、青ネギ、白ネギ、博多ネギに、しいたけやニラなど。


f0232060_1482180.jpg


f0232060_1483221.jpg


f0232060_1484521.jpg












ポン酢もさることながら、


自家製のゴマダレがめちゃくちゃ美味しくて、


今まで食べたゴマダレの中で、一番美味しかったかも。


しかも、ゴマダレに特製ゴマ油を少量垂らすのだが、このゴマ油も絶品。


しゃぶしゃぶが進む、進むw。


f0232060_14123038.jpg












続いては、糸島豚


三枚バラ、肩ロース、ロースの3種の部位に、豚の野菜巻きも!


f0232060_1417188.jpg


f0232060_1417932.jpg


f0232060_14172028.jpg











豆腐は、一丁そのままを湯豆腐のようにして鍋へ。


煮込みすぎない程度に、柔らかいうちにスプーンですくって食べる。


f0232060_14194881.jpg


f0232060_1420362.jpg












最後は、飛騨牛のほほ肉。


しゃぶしゃぶだけでこんなにボリュームあって、お腹いっぱいになれるのは幸せ。


f0232060_14205913.jpg













〆のご飯は、卵を入れた優しい雑炊


f0232060_14213173.jpg













デザートは、名物のフワフワかき氷


練乳のかき氷の上に、きなこと黒蜜。


ものすごい量に見えるが、ものすごくフワフワで軽くて、意外と食べれてしまう。


f0232060_1423106.jpg











通常メニューの塊肉焼きも美味しいけど、


しゃぶしゃぶもいいなあ。


「虎馬」は会員制で常連が多いこともあって、


来るたびにメニューが変わっているので、来ていて飽きなくて、楽しい。







■「虎馬」
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13210783/
















久しぶりに、中目黒にある「鶏鍋 はし田屋」へ。


目黒川沿いにある日本家屋の一軒家で雰囲気も良く、


何よりも深夜3時まで美味しい鶏鍋や焼き鳥が食べられるのが魅力。


f0232060_12373976.jpg


f0232060_12375094.jpg


f0232060_12375853.jpg


f0232060_123888.jpg












久しぶりに来たこともあるのかもしれないが、


去年食べた時よりも全体的にずっと美味しくなってる気がする。


特に、あまり鶏皮食べない私がとても美味しいと思った鶏皮串


豆腐をお店で揚げて作る厚揚げは絶品だった。


f0232060_12404172.jpg


f0232060_12405634.jpg


f0232060_1241683.jpg


f0232060_12414035.jpg


f0232060_12415154.jpg













名物のたまご焼きは、


お父さん味(塩)とお母さん味(甘)があって、


甘いのも好きだけど、私はやっぱりお父さん派。


さすが鶏料理専門店のたまご焼きは、焼き方も味も一段上。


f0232060_12441419.jpg


f0232060_12443396.jpg













メインは、鶏鍋。


種類がいくつかあって、まずはベーシックな「白丸」


博多風の水炊き鍋を注文。


f0232060_124712.jpg


f0232060_12473282.jpg


f0232060_12474117.jpg













スープも、ポン酢も美味しくて、サラッと食べれてしまう、いいお鍋。


f0232060_12484357.jpg













もう1つ別の鍋も注文しようということになって、


今度は味を変えて、鶏すき鍋を。


これも割り下の味のバランスが良くて、


見た目ほど甘辛くなく、食べやすい鶏すき鍋だった。


f0232060_12501642.jpg


f0232060_1250259.jpg









■「はし田屋」
http://www.hashidaya.com/

















毎日、ぶっちゃけ、超寒い。


12月ですでにこんなに寒くて、2月生き残れるのか不安だ。


こんな時には、鍋に限る。


ご招待いただき、都内唯一のあんこう鍋専門店「いせ源」へ。


f0232060_12432634.jpg


f0232060_12433984.jpg











入口で、すごい顔したあんこうがお出迎え。


歓迎されているのか、寒すぎて顔がこわばってるのか、


はたまた私を食おうとしてるのか、よう分からん形相。


f0232060_12444948.jpg













「いせ源」は、創業天保元年の由緒あるあんこう鍋屋で、


その建物は、東京都選定歴史的建造物にも指定されている。


f0232060_12472475.jpg













下足番の方がいて、靴はすべて木札で管理されている。


なんだか昔のお風呂屋さんみたいで、ちょっと楽しい。


f0232060_12482560.jpg












メニューはすべてあんこうのみだが、


鍋だけでなく、フワフワでまろやかなあん肝をはじめ、


あんこうの煮凝り、あんこうのから揚げなど、一品料理もある。


f0232060_1250919.jpg


f0232060_12502499.jpg


f0232060_12503897.jpg


f0232060_12505037.jpg













一品料理のあんこうを堪能したところで、


いよいよあんこう鍋の登場。


あんこうの身、コラーゲンたっぷりの皮、あん肝、


しいたけ、三つ葉、ウド、豆腐などが入る。


f0232060_12513333.jpg













10分ほど煮込みとこんな感じ。


しっかり濃いめの醤油出汁があんこうに染み込む。


f0232060_12531613.jpg


f0232060_12535556.jpg












〆は、当然雑炊。


あんこうの出汁がしっかり出ている濃いめのスープに、


たっぷりの青ネギと卵がたまらなく美味しい。


f0232060_125526.jpg


f0232060_12551237.jpg












寒くてどうも調子が上がらない時、


たまには日本伝統の古き良きあんこう鍋で温まるのも良し。









■「名代あんこう鍋 いせ源」
https://isegen.com/

















薬膳火鍋専門店「天香回味(テンシャンフェイウェイ)」にて、


会社の仲間と懇親会を兼ねた食事。


f0232060_17482090.jpg


f0232060_17482465.jpg


f0232060_17482993.jpg











店に入った瞬間、いや、外で店の前に立った瞬間から感じるw、


薬局のような、カレー店のような、ものすごく強烈な薬膳の香り。


入口にも多数の薬膳が飾られてて、帰る頃には相当健康体になってそうな予感。










この香りの正体である薬膳火鍋のスープは、


白いノーマルなスープと、赤い辛めのスープがあって、


f0232060_17502518.jpg











肉や魚だけでなく、大量のキノコを入れるのが特徴。


「こけしだけ」という『こけし』のような形のキノコや、


「アワビだけ」というアワビに食感がよく似たキノコなど、


珍しいキノコが山盛りやってくる。


f0232060_17554910.jpg


f0232060_1757277.jpg


f0232060_1756268.jpg


f0232060_1756762.jpg


f0232060_17561243.jpg


f0232060_17561821.jpg











この火鍋、見た目は強烈だが、かなり美味しい。


「火鍋」とはいえ、そこまで辛くなく、


薬膳の効果なのか、キノコのエキスなのか


辛さの中に風味やコクがあるので、嫌味もない。


f0232060_17555466.jpg











ただ、1つ、注意点があるとすれば、


焼肉の比にならないほど、服や髪に匂いがつくこと(苦笑)。


鍋からかなり離れた位置に避難していたバッグも、


どんなにファブリーズしても1週間近く匂いが取れず、


バッグの匂いでご飯が食べれそうなくらい主張をしていた。










かなり美味しい火鍋で、またぜひ伺いたい反面、


洗って何とかなる服と髪はともかく、


洗えない皮のバッグへのダメージに心がやれらてw、


二の足を踏むどころか、じだんだを踏んでる自分がいる。







■「薬膳火鍋専門店 天香回味 赤坂別館」
http://tenshanfayway.com/index.html














吉祥寺の赤身肉の名店「肉山」の一階に今年オープンした肉鍋屋、


その名も「肉山の一階」に行ってきた。


f0232060_17213456.jpg











仲良くさせてもらっている


吉祥寺のイタリアン「ゴブラン」さん主催のワイン会があったのだが、


ワインに紛れて、なぜか予約困難な有名焼酎「森伊蔵」も参戦w。


f0232060_1723202.jpg











「肉山の一階」自体も、アルコール飲み放題で、


日本酒にいたっては、冷蔵庫に入っているものを


お好きなものをお好きなだけ自分でついで飲めるようになっており、


ワイン会で持ち込まれたワイン、焼酎、日本酒そろい踏みの酒宴となった。


f0232060_17271698.jpg


f0232060_17271958.jpg












酒と違い、肉は残念ながら食べ放題ではないが、


「肉山」で使っている肉を使ったちりとり辛鍋が食べられる。


f0232060_17285617.jpg


f0232060_1729041.jpg


f0232060_1729430.jpg


f0232060_1729886.jpg


f0232060_1729128.jpg











予約1年待ちの「肉山」とは違い、


価格帯も半分くらいの値段で飲み放題付き、予約も取りやすいので、


ちょっとだけ肉山を経験したい人には便利かもしれないが、


「肉山」のいわゆる山盛りの炭火焼きの肉の塊を期待していた人や、


「肉山」に何度も行っている常連からしてみると、


正直、全体的に物足りなさを感じてしまうかもなあ・・・










一番、個人的に大きく差が出るなと感じたのは、


「肉山」の肉を使っていても、


プロにベストの状態で焼いてもらって出てくる「肉山」と違い、


「肉山の一階」は自分たちで鍋を作るので、どうしても素人レベルになってしまい、


かつ、辛い鍋なので、肉の味があまりよく分からない。









肉が好きで、肉の違いを感じたい人には、


やっぱり「肉山」登頂をおすすめするかな。







■「肉山の一階」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13209322/










■今日のカメ

■「肉山の一階」
f0232060_17213456.jpg
JR吉祥寺駅から徒歩15分ほど。名店「肉山」の1階にあります。緑の壁が目印。









■テーブルセット
f0232060_17393271.jpg
テーブルセットはこんな感じ。本日は、ちりとり鍋のおまかせコース(飲み放題付き、6500円)。「肉山」が肉と飲み放題で10,000円なので、価格としては抑えめ。







■日本酒飲み放題
f0232060_17271698.jpg
冷蔵庫に入っている日本酒は、自由に好きなものを好きなだけ飲むことができます。









■前菜と薬味
f0232060_1742473.jpg
キムチ、薬味、馬刺しなど。










■餃子
f0232060_17433098.jpg
肉とニンニクたっぷりのスタミナ揚げ餃子。










■鍋きた!
f0232060_1729041.jpg
鍋前の前菜は少なめで、結構早くにちりとり鍋がやってきます。野菜たっぷり。









■鍋の具①
f0232060_17285617.jpg
肩ロースと豚ロース(6人前)










■鍋の具②
f0232060_1729430.jpg
黄色と緑のズッキーニ、キノコなど。










■鍋の具③
f0232060_1729886.jpg
リブアイとサーロイン(6人前)。ちょっと全体的に肉が食べたりない感が残りました・・。前菜も少なめなので、鍋の肉はもう少し量は欲しいかな。








■煮えた!
f0232060_1729128.jpg
辛さは程よい感じなので、辛いのが苦手な人でもそんなに問題なく食べれそうな感じです。ただ、辛鍋なので、せっかくの肉山の肉の味はあまり分からないかな。







■〆の麺
f0232060_17505196.jpg
〆は、麺かご飯が選べて、ちりとり辛鍋のスープの中で煮込みます。









■まさかのハーフ&ハーフ!
f0232060_17515024.jpg
ご飯と麺のハーフ&ハーフも可能らしく、うちのテーブルは6人でハーフにしてみました。ご飯と麺が一緒に入るのは初めてかもw。
by meshi-quest | 2017-08-30 08:03 | 吉祥寺








だいぶ肌寒くなってきたので鍋でも食べに、


久しぶりに神楽坂の関西料理店「鳥茶屋」へ。


f0232060_1865313.jpg

































ここの名物は何といっても「うどんすき」


関東ではあまり見かけないが、


極太うどんと具を関西風のさっぱりとした出汁の中に入れて食べる鍋料理。


f0232060_189979.jpg























f0232060_1893471.jpg





























京都にあるうどんすきの老舗で食べた時は、


うどんがちくわぶのように太くて驚いたが、


「鳥茶屋」のうどんは常識サイズの太うどん。










関西出汁でさっぱりしているので、


鍋と言っても、気軽に食べれて、昼から楽しめる。


寒くなってきたので、ちょうどいい感じのランチ。








■「鳥茶屋 本店」
http://www.torijaya.com/









■今日のカメ

■「鳥茶屋本店」
f0232060_1865313.jpgJR飯田橋駅、大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩3分ほど。早稲田通り沿いにあります。









■店内の様子
f0232060_18183728.jpg今日は掘りごたつ式のお座敷。その他、カウンター、テーブル席も。別館もあります。









■テーブルセット
f0232060_1819376.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、うどんすきコース(2850円)にしました。小鉢は切り干し大根。







■前菜
f0232060_1821245.jpgしそ大根と、玉子の湯葉巻き。










■お造り
f0232060_18215014.jpg本日のお造りは、まぐろとイカです。










■煮物
f0232060_18223476.jpgサトイモと高野豆腐の鶏そぼろ餡かけです。優しい味。









■うどんすき、きた!
f0232060_189979.jpgいよいよメインのうどんすき。具だくさんで豪華です。









■煮えた!
f0232060_1893471.jpg関西風出汁で、すごく優しく、さっぱりしています。具の下に極太うどんが隠れています。









■デザート
f0232060_18245910.jpg巨峰のシャーベットです。
by meshi-quest | 2016-11-07 08:06 | 神楽坂








夏の暑い時こそ、あえての


鶏専門店の鍋で、冷房で冷えた体を、中からじんわり温める。



f0232060_11143891.jpg
























f0232060_111508.jpg

































鶏料理専門店ならではの鶏尽くしと、


夏らしく万願寺とうがらしや、ヤングコーンをつまみに。


f0232060_11172343.jpg
























f0232060_1118584.jpg
























f0232060_11183989.jpg
























f0232060_11185831.jpg































■「はし田屋」
http://www.hashidaya.com/










■今日のカメ

■「はし田屋」
f0232060_11192518.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩5分。目黒川沿いにある、趣ある日本家屋。









■テーブルセット
f0232060_11234536.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■鶏の箸置き
f0232060_11261080.jpg鶏料理店らしい、ニワトリのかわいい箸置き。










■1品目
f0232060_11172343.jpg夏らしく旬の万願寺とうがらし炭火焼き。適度な辛みと甘みがあって、美味しい。









■2品目
f0232060_1118584.jpgヤングコーンの炭火焼き。ヒゲの部分も甘くて美味しく食べれます!









■3品目
f0232060_11183989.jpg「はし田屋」名物の出汁巻き玉子。

「はし田屋」の出汁巻きは2種類あって、「お母さん味」という甘い玉子と、「お父さん味」という塩味の玉子があります。私は、お父さん派!






■4品目
f0232060_11302454.jpg『心のこり』の串焼き。

『心のこり』は、ハツ(こころ)の周りにある肉。








■5品目
f0232060_1131236.jpg新玉ねぎの炭火焼き。










■6品目
f0232060_11313995.jpgぼんじり。










■7品目
f0232060_113295.jpg「比内地鶏の生つくね石焼き」です。

スタッフの方が、熱した溶岩の上に、生でも食べられるつくねを乗せてくれます。







■アップ
f0232060_11185831.jpgお好みで、炙る程度でも、しっかり焼いてもOK。










■8品目
f0232060_11143891.jpgコラーゲンたっぷりの鶏鍋登場。火を入れると、固まっていた鶏出汁が、スッと溶け出します。









■アップ
f0232060_111508.jpg最初に、鶏のもも肉と、足の骨付きをいただき、後から野菜が入ります。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ