人気ブログランキング |










私が大好きでよくお邪魔している居酒屋「じゅん粋」


元大将タイキさんが吉祥寺の路地裏でやっている鮨居酒屋へ。


f0232060_1214656.jpg















今の吉祥寺「フジストア」がお休みの間を借りての営業は


8月末までの期間限定となってたが、



この度、少なくとも10月までは延長が確定したとのことで、


美味しい鮨やつまみがまだこの先も食べれるのは良かった、良かった!!


f0232060_12142350.jpg
















というわけで、抹茶ハイで乾杯!!


ビールの人、すでにフライングで飲んでるw。


f0232060_12135176.jpg


f0232060_12144449.jpg
















ヘビロテ中の北海道産鱒の醤油漬けとカニ味噌。


f0232060_12152795.jpg


f0232060_1215366.jpg















長芋のたまり漬けと山芋たっぷりのばくだん


f0232060_121624100.jpg


f0232060_12164093.jpg


f0232060_121732.jpg
















千葉の地蛤銀鱈の西京焼き。


f0232060_1217457.jpg


f0232060_1220944.jpg


f0232060_12201931.jpg
















大将のタイキさん手作りの穴子のツメを使った


穴子の出汁茶碗蒸し


注文が入ってから作って蒸してくれるので、アツアツのプルプル。


ツメがすごく美味しくて、玉子豆腐とすごく合う!!


f0232060_12214918.jpg
















いよいよお待ちかねのにぎり!!


まずは、五島列島の真鯛の塩〆から。


f0232060_1223878.jpg


f0232060_12232130.jpg















メキシコの生本鮪


ワサビではなく、和がらしで。


f0232060_12241152.jpg















大阪湾の脂ノリノリのイワシ


めちゃくちゃ美味しい!


f0232060_1225426.jpg
















名物のうずら


半熟卵の中に酢飯。卵と酢飯がこんなにも合うとは!!


f0232060_12354626.jpg
















根室のウニ


ご飯よりウニの方が多い幸せ。


f0232060_12365441.jpg
















穴子の細巻き。


f0232060_12371965.jpg
















あまりに美味しかったからイワシとうずらをお代わりw。


f0232060_12375347.jpg


f0232060_1238247.jpg












8月末までの営業期限が延期されて、


しばらくこの美味しいにぎりとつまみが食べれるのは幸せ。


新作メニューも考えてるそうなので、秋もまた楽しみだなー。














by meshi-quest | 2019-09-03 08:08 | 吉祥寺









懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」で癒しのオア鮨タイム。


いつもとちょっと違うのは、


8月頭に同じ高円寺内ではあるが、駅近に移転されたこと。


祝・移転&新装開店、

おめでとうございます!!




f0232060_21314754.jpg
















前の「波やし」さんと内装も変わり、


大将の林さんがお客さん全員と話せるようなコの字型のカウンターになった。


白が基調で、上品で、素敵な店内。


f0232060_21343040.jpg















早速、日本酒で乾杯。


日本酒をその日の気分で選べるように味見させてくれたり、


つまみから始まって、最後に好きなにぎりを出してくれる流れは健在。


お通しは、アジのなめろう


f0232060_21394449.jpg


f0232060_214058.jpg


f0232060_2140167.jpg















本日のお造りは戻り鰹、シマエビ、サバ、中トロ、白イカのゲソ。


f0232060_21421115.jpg


f0232060_21422030.jpg















焼物は稚鮎、マグロのハラミ、シンイカのゲソ焼きの3種。


f0232060_21433185.jpg















大好きな毛ガニは、カニ味噌付きで甲羅ごと。


カニ身もほぐしてくれてるので、すごく食べやすい。


f0232060_21445838.jpg















一口サーロインステーキとおしんこサラダ。


f0232060_21461239.jpg


f0232060_21462015.jpg















ハマグリと干しエビの酢飯リゾットとばくだん。


f0232060_21473338.jpg


f0232060_2147488.jpg


f0232060_21475724.jpg
















にぎりは、中トロから。


f0232060_2148209.jpg














メイチダイと車海老。


f0232060_2149369.jpg


f0232060_21491136.jpg
















イワシとシンコ。美しい!


f0232060_21495480.jpg


f0232060_21501891.jpg















サバと白エビ。


f0232060_21513121.jpg


f0232060_21514058.jpg















大トロとウニ。絶品。


f0232060_21521123.jpg


f0232060_21521861.jpg















穴子とトロたく。


f0232060_21525092.jpg


f0232060_21525731.jpg














お値段据え置き、いつも通り、良心的でアットホームで、


とても美味しい「波やし」鮨だった。


この先も変わらず、高円寺の鮨の名店としてご活躍をお祈りしてます!!


f0232060_21541938.jpg











■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/

*新住所は、「東京都杉並区高円寺北2-7-11」








by meshi-quest | 2019-08-26 08:08 | 高円寺










私が大好きでよくお邪魔している居酒屋「じゅん粋」


元大将タイキさんが吉祥寺の路地裏でやっている鮨居酒屋へ。


前回お邪魔してとても美味しかったので、再訪。


吉祥寺「フジストア」を借りての営業は8月末までの期間限定なので、


お店の正式な名前もまだない。


とりあえず、駆け付け抹茶ハイで乾杯。


f0232060_2221921.jpg


f0232060_2222858.jpg















まずは、酒のお供から。


のいくら醤油漬けに、


ずわいカニミソ長芋のたまり漬け。


鱒のいくら醤油漬けは、漬け方がすごく上手で、とても美味しい。


我ながらいいつまみラインナップを選択w。


f0232060_2261269.jpg


f0232060_227389.jpg


f0232060_2271537.jpg


f0232060_2273030.jpg















自信作という自家製の活〆の煮穴子


これもすごく美味しく煮られてて、日本酒に合う!


f0232060_2285753.jpg


f0232060_22941.jpg















千葉の地蛤の酒蒸し。


ほんのり甘めの出汁にバターと酒が溶け込んでクセになる味。


f0232060_22101754.jpg
















熊本天然鰻の白焼き。


皮もパリッと焼けていて、美味しい鰻。


f0232060_22122669.jpg


f0232060_22123694.jpg


f0232060_2212463.jpg















お楽しみのにぎりは、アジイサキから。


大衆酒場で出てくるにぎりのクオリティーを超えてる!美味しい!


f0232060_22134569.jpg
















赤身に中トロ、ゆでたまごをにぎった名物「うずら」


f0232060_2215501.jpg


f0232060_22155862.jpg















根室塩水ウニの海苔巻き。


今の仮店舗の営業が終わって、正式な店舗で営業が始まっても


ぜひこの美味しい鮨は出して欲しいなあ、と心から願う。


f0232060_2217592.jpg


f0232060_2218671.jpg


f0232060_22181313.jpg















by meshi-quest | 2019-08-08 08:08 | 吉祥寺








懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」でいつもの癒しのオア鮨タイム。









すでに告知がされているが、


「波やし」さんは2019年7月末をもって移転をする。


移転と言っても、同じ高円寺で、今より駅に近くなる。


去年から伺っていた話ではあったが、


とはいえ、長年何度もお邪魔したここが最後になるものちょっと淋しくはある。


ちなみに、跡地ではそのまま林さんの知人の方が和食屋をやる。


f0232060_159773.jpg















そんな「波やし」さんの現店舗での最後の食事


次に「メシクエ」でアップする時には、新しい店舗での様子になる。


お通しの磯つぶ貝「真澄」で乾杯。


f0232060_1512254.jpg


f0232060_1513462.jpg


f0232060_15131519.jpg














本日のお造り5種と焼き物3種。


お造りはボタン海老、アジ、中トロなど、


焼き物はマグロのタレ焼き、えいひれ、イカゲソ。


f0232060_15154513.jpg


f0232060_15161238.jpg


f0232060_15162238.jpg















毛ガニは、甲羅カニミソの上に、ほぐしたカニ身。


f0232060_1517538.jpg
















一口サーロインとり貝肝飯とおしんこサラダ。


相変わらず、とり貝肝飯はめちゃくちゃ美味しい。肝とバターの相性抜群!


f0232060_15181679.jpg


f0232060_15182557.jpg


f0232060_15183362.jpg














「波やし」さんの跡地で和食をやられる大将も


去年末から「波やし」さんで料理のサポートをしてて、


茄子の田楽や牛すじ煮込みは和食屋さんの味。


f0232060_15213875.jpg


f0232060_15214736.jpg















ばくだんとスモークサーモンハラスとおしこん盛り合わせ。


f0232060_15233993.jpg


f0232060_15225913.jpg


f0232060_15235226.jpg















にぎりは赤身中トロ大トロの3兄弟から。


f0232060_15243737.jpg


f0232060_15244798.jpg


f0232060_1525468.jpg















蒸し海老白エビ


f0232060_15253922.jpg


f0232060_15254946.jpg
















アジウニ


f0232060_15263829.jpg


f0232060_15264513.jpg















花形のトロたくと海老のアボカドマヨネーズ


f0232060_15281347.jpg


f0232060_15283352.jpg


f0232060_15283965.jpg













今日も深夜まで大満足のオア鮨だった。


さらなるパワーアップした「波やし」さんを楽しみに、


新店舗になってからもまたちょくちょくお邪魔します!


f0232060_15301567.jpg










■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








by meshi-quest | 2019-07-29 08:08 | 高円寺







懇意にさせていただいている広尾の熟成鮨の名店「熟成鮨 万」へ。


f0232060_22241100.jpg













まずは、1週間熟成のハマグリを使った濃厚な出汁から。


熟成のおかげだと思うが、普通のハマグリの何倍も凝縮された香りと味がする。


f0232060_22262845.jpg


f0232060_2226529.jpg











2週間熟成のカツオと、


2ヶ月熟成の酒盗との組み合わせ。


これは日本酒必須!


f0232060_22282059.jpg


f0232060_2227551.jpg












「万」では野菜も熟成!


新潟の雪室の中で2週間熟成して甘みが増した


ズッキーニの炭火焼き。


めちゃくちゃ甘くて、ホント美味しい!!


f0232060_22301483.jpg


f0232060_22302471.jpg













18日熟成のマナガツオ


f0232060_22313286.jpg


f0232060_22314553.jpg













いよいよにぎり


まずは、「万」特製の絶品ガリと名刺代わりのシャリ


f0232060_22331015.jpg


f0232060_22333869.jpg











長崎壱岐の本鮪中トロ。熟成20日


f0232060_22353456.jpg












熟成20日赤身のづけ。


わさびではなく、福井の地がらしで。


f0232060_22375593.jpg













31日熟成の沖縄はえ縄のトロ


すごい脂が乗っているが、熟成のおかげで旨味とコクだけ残って、脂っこくない。


f0232060_22401182.jpg













33日熟成の本あら


18日熟成の黒ムツ


f0232060_22414580.jpg


f0232060_2242021.jpg












5日熟成のアジ


32日熟成のキンメ


f0232060_22434987.jpg


f0232060_2244370.jpg












28日熟成のシマアジと、


50日熟成のカンパチ


f0232060_22464796.jpg


f0232060_2247358.jpg













5日熟成のケンサキイカと、


6日熟成の石川の大羽イワシ


f0232060_2249439.jpg


f0232060_22491923.jpg












10日熟成のゴマサバと、


5日熟成のボタンエビ


f0232060_2251777.jpg


f0232060_22512117.jpg












13日熟成の江戸前の穴子と、


18日熟成の甘鯛のすり身を入れた


味噌汁は旬のじゅんさい。


相変わらず、素晴らしい熟成鮨だった!


f0232060_22532596.jpg


f0232060_22533844.jpg


f0232060_22535248.jpg








■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/















懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」でいつもの癒しのオア鮨タイム。


f0232060_11275671.jpg


f0232060_11293062.jpg












早速、お通しのつぶ貝と豪華なお造り。


お造りは、ボタン海老、カツオ、中トロなど。


f0232060_11313185.jpg


f0232060_11384810.jpg


f0232060_11491173.jpg













毛ガニの甲羅ごとカニ味噌とカニ身。


ものすごくいっぱいカニ味噌食べてるが、


未だにカニ味噌がそもそも何であって、何の役に立ってるものなのかをよく知らないw。


f0232060_11502820.jpg


f0232060_11504945.jpg


f0232060_11505892.jpg












子持ちヤリイカとり貝肝飯


f0232060_11531097.jpg


f0232060_11532651.jpg


f0232060_11533626.jpg












栃木みなもと牛のミニステーキとおしんこサラダ


f0232060_129026.jpg


f0232060_12124759.jpg












海鮮がたっぷり入ったばくだんイワシの炙りぽん酢。


f0232060_12215159.jpg


f0232060_1222367.jpg












スモークサーモン焼きとホッキ貝マヨネーズ。


f0232060_1223209.jpg


f0232060_1225063.jpg











たっぷりつまみを食べた後に、お楽しみのにぎりへ。


づけほしがれい


f0232060_1227713.jpg


f0232060_12273678.jpg













こはだサヨリ


f0232060_12305150.jpg


f0232060_12313429.jpg













アジ白えび


f0232060_12355811.jpg


f0232060_12362256.jpg













炙りトロうにイカ


f0232060_12371413.jpg


f0232060_1237267.jpg












かわいい4種類のミニ穴子。


つめ醤油柚子胡椒の4つの味。


f0232060_12394710.jpg













ネギトロマヨ海老巻。


最後は大好きミョウガたっぷりの味噌汁。卵も入れてもらったw。


大満足の「波やし」さんディナーだった。


f0232060_12433531.jpg


f0232060_12434717.jpg







■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








by meshi-quest | 2019-07-05 08:08 | 高円寺







懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」でいつもの癒しのオア鮨タイム。


そして、今日は「波やし」さんでいよいよ解禁になった


旬のシンコをいただきます!!


f0232060_12543394.jpg













本日の日本酒は、「真澄 YAWARAKA TYPE-1」をいただく。


加水で度数が13%まで下がっている分、すごく飲みやすい日本酒。


f0232060_1257952.jpg


f0232060_12571959.jpg












本日のお造りは、ボタン海老、青柳、


中トロ、アジ、アオリイカの5種。


f0232060_130357.jpg













焼き物は、まぐろ筋のタレ焼き、げそわた焼き、


エイヒレ、かつお昆布煮の日本酒が進む4種。


f0232060_1325684.jpg













毛ガニは、いつものように、特別に甲羅ごとカニ味噌付きで。


毎回カニ味噌を大量に食べてると、


カニ味噌にすごく個体差があることに気づくw。


色、味、量、硬さなど、同じカニ味噌って全然なくて、


「波やし」さんでカニ味噌食べる度に、密かに新しい発見があるのを楽しんでる。


f0232060_1362910.jpg


f0232060_1382551.jpg













アサリのエキスがたっぷり出ている濃厚なアサリ汁


「波やし」さんでこういうアサリ汁が出るのは初めてだが、


実は「波やし」さんが7月末に移転が決まっていて(同じ高円寺内)、


今の「波やし」さんの跡地で営業される予定の寿司割烹の大将が


少し前からお店を手伝ってて、こういうテイストの一品料理が出ている。


f0232060_13105796.jpg












一口サーロインステーキばくだん


f0232060_13125369.jpg


f0232060_13193794.jpg













「波やし」さんの絶品とり貝の肝飯


「波やし」さんのとり貝の肝飯が大好きで、


濃厚な肝にバターが加わって、永遠にコレだけ食べられそうなくらい美味しいw。


f0232060_13133310.jpg













そして、本日のお目当て、シンコの登場!


しかも、なんと4つも!!!ああ贅沢!!!


f0232060_1315088.jpg












シンコ食べる度に、お鮨屋さんの下準備の大変さを想像して感謝


こんな小さな魚を1つのにぎりに何枚も使うので、


1日に何百枚も丁寧に骨取って、仕込みをして・・・本当に大変。


シンコの時期は短く、ホントこの時期だけのお楽しみだけど、


ひたすらお鮨屋さんに感謝しながらいただく一品。


f0232060_13183343.jpg













スモークサーモンのハラスとおしんこ盛り合わせ。


f0232060_1321256.jpg


f0232060_13212331.jpg












にぎりは、トロから。


f0232060_1322156.jpg


f0232060_13221637.jpg













のどぐろの炙り。


脂がノリノリで、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_13232916.jpg












ボタン海老蒸し海老


f0232060_1324874.jpg


f0232060_1325199.jpg












白エビとり貝


f0232060_13255583.jpg


f0232060_1326188.jpg












甲殻機動隊でもあり、雲丹人(うにんちゅ)でもある私のために、


ボタン海老の雲丹乗せ軍艦と、雲丹たっぷりにぎり。


f0232060_13285864.jpg


f0232060_13291212.jpg












穴子は、タレと塩で。


f0232060_1331549.jpg













最後は、とり貝肝飯が大好きな私のために、


お代わり肝飯で、肝飯の上にあんかけと雲丹を乗せたミニ丼。


シンコも肝飯もいっぱい食べれて大満足の「波やし」鮨だった。


f0232060_13331673.jpg


f0232060_13332792.jpg


f0232060_1333445.jpg








■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








by meshi-quest | 2019-07-02 08:08 | 高円寺









寿司グルメ界では有名な住所非公開の「ボブ寿司」。


常連でも本当に予約のなかなか取れないお店になってて、


昨年お邪魔してから約半年ぶりくらい。待ってました!














まず1品目は、プリプリの新鮮な白魚から。


f0232060_18241765.jpg















2品目は、前菜の盛り合わせ。


長崎の真蛸、マグロのづけ、かわはぎと穴子の煮こごり、


黒あわび、アジ巻き、イワシ巻きなど、豪華絢爛。


f0232060_18264720.jpg


f0232060_1827817.jpg


f0232060_1827168.jpg


f0232060_18272518.jpg


f0232060_18274477.jpg















3品目は、礼文島のバフンウニと五島列島のアオリイカ


北と南の絶品食材のコラボレーション。


アオリイカのネットリ感に、ウニの甘味が溶け込んで最高!


f0232060_18294925.jpg















4品目は、巨大なふぐの白子


こんなに大きい白子が生で1人3つも来るなんてw(影に隠れてもう1個いる)。


全く臭みなく、チュルっと喉を通る感じ。


f0232060_18315747.jpg
















5品目は、八戸で捕れた生のミンククジラ肉


調査捕鯨で年間捕獲量が決まってる貴重なクジラ。


生クジラ肉は、高級な赤身を食べているかのような味で、


ホント驚くくらい美味しいのだが、


その希少で、高級なクジラ肉を「ボブ寿司」ではこんなに厚切りで出すw。


f0232060_18344940.jpg


f0232060_18344196.jpg


f0232060_1835159.jpg















6品目は、足だけでも3kgあるという大きなミズダコ


海の中にこんな大きなタコ見たら、モンスターだと思うだろうな・・。


旬のミズダコは、身もさることながら、吸盤がめちゃくちゃ美味い!!


このみずみすしくて、コリコリした触感はクセになる。


f0232060_18391860.jpg


f0232060_18393171.jpg















ここから、いよいよにぎりへ。


「ボブ寿司」名物のシャリより大きなトロw。


普通はこんなな大きさの脂乗ってるトロを食べたら、


胃がもたれたりしてしまうのだが、


シャリの味、バランス、握り方、全てが完璧なので、


ただただ「美味しい!」だけが残る、ホントすごいにぎり。


f0232060_18422421.jpg


f0232060_18424134.jpg















お腹に近い大トロの部分も、この大きさ!


f0232060_1843822.jpg
















ヒラメタイキンメの白身もこの大きさ!!


f0232060_18441991.jpg


f0232060_18442841.jpg


f0232060_18443630.jpg















ホッキ赤貝もめちゃくちゃ大きくて、甘くて美味しかったな。


f0232060_18455029.jpg


f0232060_1846398.jpg















大きな車海老と特製の穴子


f0232060_1846529.jpg


f0232060_1847109.jpg















相変わらず、寿司愛をたっぷり感じる、唯一無二のお寿司だった。


正直家からはかなり遠いけど、そんなことも気にならず、


「ボブ寿司」だけのために足を運んでしまうくらい美味しい。


次の予約を入れてあるので、次回が待ち遠しいな。


f0232060_18484939.jpg














by meshi-quest | 2019-06-27 08:08







地元密着型の鮨屋「魚吟」で夕食。


肩の力を抜きつつも、美味しいものを気軽に食べさせてくれるお店は大事。


f0232060_15321162.jpg













まずは、焼き小魚サザエのお通し。


f0232060_15332449.jpg













甘すぎず、辛すぎず、ちょうどいい味わいの玉子焼き白子ぽん酢。


一品料理が充実しているので、日本酒飲みながら、鮨の前につまみを。


f0232060_1535961.jpg


f0232060_15353663.jpg













「魚吟」さんは揚げ物がものすごく上手で、


イカゲソの唐揚げや野菜の天ぷらがサックサクでとても美味しい。おすすめ。


f0232060_15363937.jpg


f0232060_15365036.jpg












にぎりは、好きなものをお好みで。


中トロに赤身、アジにイクラ


f0232060_15383269.jpg


f0232060_15384414.jpg


f0232060_153854100.jpg


f0232060_1539450.jpg












赤貝にウニ、鉄火に穴子


一人でも行けて、ふらっと入って、ちょっとお酒飲んで、


さっと食べて帰れる、いい感じのバランスの鮨屋さん。


f0232060_154052.jpg


f0232060_1541103.jpg


f0232060_15412540.jpg


f0232060_15414272.jpg


f0232060_15434388.jpg








■「魚吟」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13055681/








by meshi-quest | 2019-06-20 08:08 | 吉祥寺









懇意にさせていただいている広尾の熟成鮨の名店「熟成鮨 万」へ。


f0232060_1436361.jpg















いつも通りの「万」さんだが、1つだけ大きく違うのは


カウンターに白山大将がいないこと。


というのも、つい先日「万」の料理を支えてきた和食の職人さんが独立され、


料理をしばらく白山大将が自ら担当することになり、


それで序盤の料理の間は白山さんが厨房に入らないといけないからだ。


f0232060_14393363.jpg















いつもとちょっと勝手が違うので、大将いなくて少し淋しくもあるがw、


まずは辛口の日本酒「伝心」と


13日熟成のハマグリを2日炊いたスープ。


来た瞬間に、フワッと広がる熟成ハマグリの香り。


すごくコクがあって、風味もしっかりしてるのに、くどくないから不思議。


f0232060_14422984.jpg


f0232060_1443949.jpg


f0232060_14432186.jpg
















2品目は、2週間熟成のカツオに、


3ヶ月熟成させた酒盗


日本酒必須の酒のアテ的な一品。


f0232060_14442514.jpg















3品目は、11日熟成のマナガツオの焼き物。


新潟県村上市の「白いダイヤ」と呼ばれる塩と共に。


f0232060_14454279.jpg


f0232060_1446689.jpg















4品目は、41日熟成のカンパチとつまみ菜の組み合わせ。


上品な出汁が効いてて、美味しい。


f0232060_1447487.jpg


f0232060_14472398.jpg















いよいよ熟成鮨へ。


まずは、名刺代わりのシャリと絶品自家製ガリ


f0232060_1448545.jpg


f0232060_14482756.jpg















沖縄はえ縄で捕った22日熟成の中トロ


f0232060_14492682.jpg
















同じく沖縄の22日熟成の赤身


22日熟成のトロ


赤身はわさびではなく、福井の地がらしで。


f0232060_1451767.jpg


f0232060_14512544.jpg















1週間熟成の江戸前のこはだと、


28日熟成の銚子の黒ムツ


f0232060_14534440.jpg


f0232060_14535761.jpg













ブランド高級魚の大分の城下カレイ1週間熟成、


赤甘鯛23日熟成。


f0232060_1457070.jpg


f0232060_1459227.jpg


f0232060_1571632.jpg















1週間熟成の鹿児島県出水のアジと、


38日熟成のサクラマス


f0232060_1505081.jpg


f0232060_1511410.jpg















11日熟成のゴマサバと、


48日熟成のカンパチ


f0232060_1515184.jpg


f0232060_1521186.jpg














11日熟成の厚みある大羽イワシと、


8日熟成のフワフワの江戸前穴子


f0232060_1533655.jpg


f0232060_1534641.jpg
















最後は、なんと72日熟成のカジキと、


甘さ控えめ大人のかんぴょう巻きと玉。


f0232060_1562012.jpg


f0232060_1564029.jpg


f0232060_156487.jpg












今日も大満足の熟成鮨だった!


結構「万」さんにはお邪魔しているが、


今回もゴマサバとかまだ食べたことない熟成ネタが出てきて、


いつになったら私は制覇できるんだろ・・・w。









■「熟成鮨 万」
http://www.yorozu-sushi.com/wp/








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ